高松城は日本3大水城の1つ。堀で真鯛が泳ぐユニークなお城を見に行こう

トラベルパートナー: nanoha

出身地は広島。得意なエリアは中国地方です。パワースポットや食べ歩きが好きなので、神社仏閣やグルメが楽しめるスポットの紹介が得意。列車での旅はもちろん、サイクリングやドライブでのお出掛けも好きです。

天守閣はなくても見ごたえある場所やきん!

日本には多くの城がありますが、高松市にある高松城は、その中でも特記すべき魅力の多い城の一つです。古くから残る建築の素晴らしさはもちろん、堀に流れている海水では鯛が泳いでいるなど、日本の数ある城の中でもここでしか見ることのできない光景がたくさん。日本の城が好きだという人には絶対に見逃せない高松城の魅力をたっぷりとご紹介します。

日本3大水城の1つ

玉藻城とも呼ばれている

香川県の県庁所在地である高松市にある高松城は、讃岐一国の領主となった生駒親正によって1588年に建てられた城です。高松城周辺の海は玉藻の浦と呼ばれているため、玉藻城という呼び名も。

堀に海水が流れ込んでいる水城という造りをしており、愛媛県の今治城、大分県の中津城に並んで日本三大水城に数えられています。

現在の姿は江戸時代に松平頼重によって改修されたもので、天守閣は現存せず一部の建物と堀が残されています。

現存する建築物にロマンを感じる

重要文化財の月見櫓

江戸時代の改修で建てられた月見櫓は、海面を埋め立てて造られており、海から城へ出入りする船の監視に使われていました。着き見という城主の船が着く様子を見ることを表す言葉から、月見櫓と名付けられたそうです。現在では国の重要文化財に指定され、保護されています。

かつて玄関だった水手御門

水手御門はかつて高松城の玄関口として使用されていた門です。もともとは門の周りも海水で満ちていました。ここには大きな船を泊めておけないため、この場所から小舟に乗って城を出発し、沖で大きな船に乗り換えて外出していたとされています。

貴重な建築の艮櫓(うしとらやぐら)

1671年に隅櫓として建てられた艮櫓(うしとらやぐら)は、国の重要文化財にも指定されている貴重な建築です。千鳥破風(ちどりはふ)という特徴的な造りが見どころです。

北東の隅櫓として建てられたことから、北東の方角を意味する丑寅(うしとら)にちなんで名付けられています。もともと別の場所にあったもので、1965年に現在の場所に移築されました。

屋根が珍しい鞘橋

刀の鞘を模して造られていることから鞘橋と呼ばれるこの橋は、本丸と二の丸を唯一繋いでいる橋です。木造ですが、腐食を防止するために橋脚には石が使われています。現在は側壁や屋根が付いている珍しい造りですが、建築された当初はなかったもので、江戸時代の中期以降に取り付けられたと考えられています。

現在、一般の通行はできないようになっていますが、神事の際には実際に使われている現役の橋です。

斜めにかかっている旭橋

城の東側の入り口となるのが趣のある美しい橋、旭橋です。松平家別宅として使われていた旧披雲閣が移動したことに従って造られました。特徴は筋違橋という門に対して斜めにかかった構造。敵に対して横方向から攻撃するための工夫です。

この橋を通ると、現在でも桜が見事に咲き誇る名所として知られる桜の馬場に続きます。

昭和天皇も宿泊した披雲閣

現存する披雲閣は、1917年に松平家の高松別邸として再建されたものです。再建後には昭和天皇が宿泊されたこともあります。江戸時代はさらに大きな建物だったとされ、現在はその2分の1程度となっています。

2012年に国の重要文化財に指定されました。各部屋の名前は、松の間、槙の間、波の間など、その部屋から実際に見える風景から名づけられているのが特徴です。

披雲閣庭園は芸術的な庭

現在見られる美しい庭は、披雲閣の再建の際に造られたものです。枯山水の様式の落ち着いた雰囲気で、周りに広がる豊かな自然をゆっくりと感じることができます。芸術上の価値の高さから、国の名勝にも指定されています。

今はなき天守閣に思いを馳せる

復元された天守台

城内東側に位置した天守閣は、老朽化のため明治時代に取り壊されましたが、2013年に7年の歳月をかけて土台のみ復元されました。かつてこの場所にあった天守閣は、3重4階地下1階、石垣の基礎から一番高いところまでで43メートルという壮大な造りであったとされており、現在見ることのできる大きな土台からも感じることができます。

鯛が泳ぐ珍しい堀

流れているのは海水

周囲に川が流れる城は珍しくありませんが、高松城の周りに流れているのは海水です。そのため、潮の満ち引きで水位が変わったり、養殖の真鯛などの海洋生物が生息していたりと、非常に珍しい光景を見ることができます。

泳いでいる鯛に願いを込めてエサをあげると、その願いが叶うとも言われており、隠れたパワースポットにもなっています。堀の周りを回遊する船もあり、壮大な城の周りをゆっくりと見て周ることができるのでおすすめです。

馬場だった地が桜の名所に

その名も桜の馬場

江戸時代には馬場があり、虎櫓などもあったとされている場所ですが、現在は桜の名所として知られています。非常にたくさんの桜の木が植えられており、春になると満開に咲き誇る光景は見事です。地元住民にはお馴染みの花見スポットになっています。

フォトジェニックな風景がたくさん

白い壁に映える桜

桜の馬場の桜の木は、例年3月下旬ごろから見頃を迎えます。写真を撮るときには、櫓を一緒に収めるアングルがおすすめです。櫓の白い壁や、その凛とした佇まいと、鮮やかなピンク色が、とても美しい風景を作り出しています。

紅葉に包まれる披雲閣

桜の時期も美しい高松城ですが、秋の紅葉シーズンもおすすめです。例年11月下旬ごろにモミジなどの色づきがピークを迎えます。広い城内をのんびり歩きながら紅葉を眺めるのも非常に風情があって人気です。写真を撮るときは、披雲閣周辺がおすすめ。色づいた紅葉と披雲閣のコントラストの美しさが魅力です。

夜の櫓は幻想的な表情

日が落ちると、街の明かりに照らされた櫓が幻想的な姿に。櫓の白い壁が真っ暗な空間に浮かび上がり、白と黒のコントラストが美しく現れます。昼の櫓も存在感があって見ごたえがありますが、夜のミステリアスな表情も魅力的です。

高松城へのアクセス

電車でのアクセス

電車でのアクセスが便利です。

・JR高松駅より徒歩約5分

・ことでん高松築港駅から徒歩約1分

車でのアクセス

来城者のみ利用できる無料の駐車場は57台分用意されています。

・高松自動車道 高松中央I.Cより約20分

・高松自動車道 高松西I.Cより約30分

住所|〒760-0030 香川県高松市玉藻町2番1号
営業時間|西門は日の出~日没(季節により変動あり)、東門はAM8:30~PM5:00(4~9月はAM7:00~PM6:00)
定休日|12月20日~12月31日
電話|087-851-1521
公式サイトはこちら

まとめ

国の重要文化財や名勝に指定されている貴重な建築も多く、見どころの多い高松城。堀の周りで真鯛が泳いでいるという珍しさもあり、数ある日本の城の中でも唯一無二の存在です。歴史ある建築の美しさと、周囲の豊かな自然が作り出す風景は、心を落ち着かせて和やかな気持ちにさせてくれます。日常の忙しさから離れて、素晴らしい風景の中でゆっくりと流れる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。