青葉山公園で仙台を一望。伊達正宗像に会いに行こう

公開日:2018/12/12 更新日:2019/11/5

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Nana
北海道出身・東京在住で、歴史を感じられる観光名所が大好き。本州をメインに一人旅をする事と、城や寺院など建築物を見る事が好きなので各名所の見どころや魅力を多くの方々にお届けできればと思っています。
青葉山公園は仙台城があった場所!絶景を見ながら休憩すっぺ

独眼竜・伊達政宗の名前を一度は聞いたことがあるでしょう。ドラマや映画だけではなく、ゲームや漫画など多くのメディアでもその活躍が描かれています。その伊達政宗の像と対面できるのが青葉山公園です。居城・仙台城があったとされるのが青葉山公園で、政宗像に会えるだけではなく伊達氏や仙台の歴史を知ることができる場所になっています。



緑あふれる青葉山公園その長い歴史とは

歴史好きなら知らな人はいない伊達政宗。そんな彼が治めていた城があったとされる場所が青葉山公園です。しかし、都市公園となるまでには長い道のりがありました。

青葉山公園には伊達正宗の居城、仙台城があった

青葉山公園とは、戦国時代の仙台藩主である伊達氏の居城である仙台城があった場所です。

その為、青葉山の麓から広瀬川にかけては、仙台藩重臣の屋敷や馬場があったと言われています。仙台藩主にとっては住み慣れた場所だったようです。しかし、戊辰戦争後は青葉山の敷地はすべて官軍に占領されてしまいました。

陸軍施設となった青葉山は20世紀に市民に開放

青葉山にある仙台城の本丸は明治初期に取り壊されましたが、仙台城の二の丸跡は陸軍の施設が設置されていました。

それまでは一般の市民には立ち入ることができなかったのですが、20世紀初頭に仙台城本丸跡が市民に一般開放されることになったのです。

青葉山公園は大正14年に開園された

青葉山公園はその後、大正14年に開園されました。しかし太平洋戦争があったため、連合軍に一度敷地を奪われた歴史があります。

ようやく公園として再開したのは昭和28年になってからなので、青葉山公園は長い歴史を経て再開に至ったことがわかりますね。

戦後は都市計画として仙台市が青葉山公園を総合運動公園として一般にも広く使用してもらうため、整備を始めました。

青葉山公園の見どころをご紹介

青葉山公園と言えば、伊達政宗騎馬像を連想する人も少なくないでしょう。彼の像以外にも本丸や櫓などおすすめの場所があります。

まずは伊達正宗騎馬像から

仙台市と言えば有名なのが伊達政宗像です。旅行パンフレットでも一番に出てくるのではないでしょうか。

実は、騎馬に乗った凛々しくインパクトのある現在の像は二代目にあたる伊達政宗像になります。

初代の像は第二次世界大戦時、鉄や銅の回収によってなんと撤去され、代わりに白いセメントでできた像が建設されていたという経緯があります。

初代伊達正宗は博物館に

現在が二代目だとすると、初代伊達政宗像はどこに行ってしまったのでしょうか。初代の像は漁港・塩竃に捨てられていました。

馬や政宗像の下半身は見つからなかったため、当時溶かされたものだと思われますが、奇跡的に胸部から上は残っている状態です。

初代の像は、青葉台の下にある仙台市博物館の庭で見ることができるので、青葉山公園に立ち寄った際はぜひ訪れてみてください。

最高17m約70度の勾配が特徴の本丸石垣

本丸の石垣は角部が弓を引いたような美しい勾配が特徴です。石と石の間にすき間が一切なく、横目地が水平に通る切石整積みという特殊な技法を用いて作られています。

現在のものは復旧工事によって再建され、より当時の技法がキレイに見ることができるようになっています。



仙台城跡で唯一復元された脇櫓を見に行こう

貴重な建物の一つに脇櫓があります。これは、壁や柱を白漆喰で塗った総白壁造の櫓のことです。美しい色合いが魅力でしたが、もともとあった立派な大手門は太平洋戦争の空襲で焼失してしまいました。

現在では、大手門の中の脇櫓だけが唯一復元できた建物になるので、ぜひじっくりと見学してみてくださいね。春にはキレイな桜景色、夜はライトアップされた幻想的な風景を体験することができます。

仙台を一望!高台から眺める景色に癒される

仙台城の高台には展望台があるので、日本の四季折々の美しい大パノラマを眺めることができます。

天気の良い日は仙台駅から遠い国見方面まで眺めることができるので、素敵な自然風景を撮影することができます。

昼間の日中はもちろん、夕日がきれいな日暮れ時やきらびやかな夜景もおすすめで、時間帯によって変わる青葉公園の違った絶景をじっくりと楽しむことができます。

青葉城資料展示館で仙台城の歴史を知る

仙台は伊達政宗にだけ収められていたわけではありません。歴代の伊達藩主がいます。そうした仙台城の歴史を知ることができるのが、青葉城資料展示館です。

仙台城の模型や甲冑が展示されている

資料展示館には仙台城の歴史や当時身に付けていた甲冑などが鑑賞できます。当時の仙台城の面積は約2万坪あり、徳川家康の江戸城に次ぐ全国で最大級の大きさの城だと言われています。

歴女の方はもちろん、仙台城や昔の暮らしを深く知りたい方にもおすすめなスポットです。

大画面シアターで再現CG映像を見てみよう

青葉城資料展示館には、当時の創建の様子がわかりやすいCGシアターも見どころの一つです。このCGシアターはなんと17年の歳月をかけて完成させたという、こだわりが詰まった映像が満載のシアターとなっています。

伊達政宗と家臣とのやり取りのエピソードやかつての仙台城の立地の様子などがハイビジョンで映し出される、お子さんも楽しむことができる17分間となっています。映像のナレーションは声優の若本則夫さんが務める豪華なムービーとなっています。

宮城縣護國神社と本丸会館でのんびり散策

青葉山公園内には仙台城本丸以外にもさまざまなスポットがあります。神社やお土産屋、名物の牛タンを味わえるお店まであるのです。

本丸跡にある宮城縣護國神社とは

仙台城の本丸には宮城県関係あるいは縁のある戦死者を祀っている宮城縣護國神社があります。

戊辰戦争に敗戦して賊軍となった仙台藩、伊達家関係者は祀られておらず、伊達政宗公は青葉神社という別の神社に祀られています。

本丸会館では伊達正宗グッズやお土産が買える

お土産や伊達政宗グッズを見るなら本丸会館がおすすめです。こちらでは、仙台銘菓や戦国武将グッズなど旅の思い出になるお土産が揃っています。

特に人気の商品は萩の月で有名な菓匠三全・笹かまぼこの鐘崎などになります。会館前には伊達政宗の甲冑も展示してあるので、写真撮影もできますよ。



牛タンをはじめとした仙台グルメを味わうことも

仙台と言えば牛タン。老舗の「伊達の牛たん本舗」も青葉城にあるので、本場の味をいただくことができます。

こちらのお店では厚切りの牛たんのお土産も取り扱っています。塩味・味噌味など詰め合わせもあるので、お土産にもいいかもしれません。

青葉山公園へのアクセス

 青葉山公園はるーぷる仙台で行こう

青葉山公園までの一番の王道ルートは「仙台駅→仙台城跡までの周遊バス」がおすすめ。るーぷる仙台を利用して約30分で1本で到着することができるので、ぜひご活用ください。るーぷる仙台では、1日乗車券があるので周辺を散策する時は断然お得になります。

また、他のタクシーや電車を使うよりもバスの運転手さんが名所をガイドしてくれるので、ガイドツアーのような感覚で利用でき、こちらもお得感があります。

Address 〒980-0863 宮城県仙台市青葉区川内追廻無番地
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web なし

まとめ

仙台城や仙台の魅力がたくさん詰まった青葉山公園は、個性的なカリスマ性を持つことで人気の伊達政宗公の歴史やそれを取り巻くエピソードを深く感じることができるスポットでもあります。

また、牛タンや笹かまぼこなどの美味しい仙台グルメや仙台城から見下ろせる大パノラマの絶景は、どこか懐かしい気分にさせてくれる癒しの場所として観光客から人気を集めています。ぜひ仙台を知る一歩として青葉山公園をゆったりと散策してみてはいかがでしょうか。