【島原の乱とは?】飢饉と重税とキリシタン弾圧が原因?宗教というものを考えさせられる…

みなさんは「島原の乱」についてどのくらいご存知ですか?

「キリシタンが蜂起し、天草四郎を担いで幕府と戦った」くらいではないでしょうか?

私もそうでしたが、実はその一言で語りつくせないほど、激しい戦いと、人々の宗教への思いがあったのです。

ここでは、島原の乱の詳しい戦況と、

なぜこの乱は起こったのか?

天草四郎とはどんな人?

などのことについて触れていきたいと思います。

島原の乱は何が原因で起こった?

乱以前の天草・島原でのキリシタンの取り締まりは?

乱以前の天草・島原でのキリシタンの取り締まりは?

image by PIXTA / 27086161

天草地方はかつてはキリシタン大名であった小西行長の領地でした。
豊臣秀吉は伴天連追放令で領主が住民にキリシタン信仰を強制することを禁止していましたが、秀吉に重用されていた行長の領国では大して意味を持たず、寺社がキリシタンによって破壊され、キリシタンに帰依しないものが処刑されたりしていました。

その後小西行長が関ヶ原の戦いで、石田三成に味方して破れて処刑された後の慶長6年(1601年)に寺沢広高が入部。
広高はキリシタン大名ではありませんでしたがキリシタン信徒の勢力を無視することはできず、容認する方針に。

しかし、広高は幕府の禁教令を受けてキリシタンに対する迫害を開始。
ただし、天草のキリシタンは数が多く厳重な取り締まりはできませんでした。

一方、乱より前の島原では、キリシタン大名有馬晴信が領民にキリシタンへ立ち帰るのなどキリシタン政策を推進し、宣教師に乗せられ、仏教など「異教徒」たちを迫害。

岡本大八事件で晴信が刑死すると実子直純が後継者となり、直純は晴信の時代から180度転換し、キリスト教を禁止。

直純が日向国へ去った後、元和2年(1616年)松倉重政が入部。
重政は当初キリシタンを容認しましたが、寛永2年(1625年)になると島原中でキリシタンの摘発が行われ、改宗を拒んだキリシタンが温泉山(雲仙岳)の「地獄」に沈められました。
マグマの中に放り込まれることを思うとゾッとしますね。
このキリシタン迫害により、キリシタンの勢力は大人しくなったそう。

飢饉による重税の苛政がキリシタンの蜂起へとつながった?

飢饉による重税の苛政がキリシタンの蜂起へとつながった?

image by PIXTA / 30368175

一方、キリシタンの隆盛と一揆蜂起の最大の原因は、島原・天草地方が当時見舞われていた深刻な飢饉と、それを顧慮せずに島原・唐津両藩で領民に重税を課したことが原因と考えられてきました。

重政の子・勝家は領民には取れる限りの税を課し、彼らはほとんど餓死寸前で木の根、草の根で命を保っていたそう。

また松倉家では未納の年貢を取り立てるために川の中に「水籠」というものを作り、年貢を納めない百姓の母親や妻子を捕らえて水籠に入れて拷問し、年貢を督促したといいます。

口之津村の大百姓与三左衛門の未進米30俵を取り立てるために、妊娠中だった与三左衛門の嫁が水籠に入れられ、嫁は死んでしまいました。

怒った与三左衛門は頭百姓と語らい、天草領にいた嫁の実父など親類などを加え700〜800人が同心。
天草でも年貢の取り立ては厳しく、天草領の百姓たちが加わり、さらに百姓の中にキリシタンが多かったため、残らずキリシタンとなって蜂起したといいます。

またこのキリシタンの蜂起は幕府への全面対決ではなく、むしろ幕府の役人に現状を訴えるための手段だと考えられていたそう。

島原での一揆勢ははどのように蜂起した?

島原のキリシタン達はどのように蜂起した?

島原のキリシタン達はどのように蜂起した?

image by PIXTA / 27086151

17世紀前期の寛永14年(1637年)、100年に渡って続いた戦乱の気配もようやく遠のき、江戸幕府の統治も安定を見せ初めていた時期に、九州の一角で突然起こったキリシタンの武装蜂起は、幕府や各地の大名をはじめ、多くの人々に強い衝撃を与えました。

まずこの乱は寛永14年(1637年)10月25日、肥前国高来郡(たかくぐん)島原領(現長崎県島原市・南高来郡)で蜂起したキリシタンにより、島原藩の大名松倉勝家(かついえ)家中の代官林兵左衛門(はやしへいざえもん)らが殺害されたことから始まりました。

有馬村では三吉・角内という2人の百姓が天草大矢野に行って益田四郎(天草四郎)に帰依(きえ)してキリシタンが礼拝する絵像を授与され、村に持ち帰り村人を集めて布教する会合を行い、そこでは700名の男女が「立ち帰った」(仏教などの他の教徒からキリシタンになること)といいます。

翌日松倉家中の代官がこの2人を捕らえ、島原城に連行して処刑。
しかし、キリシタンたちは集会をやめず「三吉・角内は天上し、自由の身となった」と称して礼拝。

25日、これを解散させるために向かった林兵左衛門をキリシタンたちは殺害し、蜂起。
キリシタンたちは村々に触れ状を回して「代官・僧侶・神官らを殺害せよ!」と蜂起を訴えたといいます。

これに呼応した村々のキリシタンの手により、口之津などで代官、僧侶、行きがかりの旅人までが斬殺されたり、磔(はりつけ)にされたり、馬に乗せられて村々を引き回された上斬殺されたという知らせが島原城に届きました。

領内を2分する内乱に

領内を2分する内乱に

image by PIXTA / 30369498

島原城下もかつてはキリシタンだった者が多く、無条件で藩方に味方したわけではなく、すでに家財を非難させ、妻子は一揆方に人質として送り、自分たちだけ家に残っている町人もいたそう。

一方城下町では町奉行の差配により町の別当(町役人)、乙名(おとな)たちを糾合し一揆に対する防備を固め、松倉家の武士たちに「味方するから武器を貸して!」と申し入れ、武士たちは彼らの人質を城に入れ、鉄砲・長柄(ながえ)などを貸し与え、味方に。

10月26日に島原藩の武士たちが深江村に総勢200人で向かい、さらに島原近くの安徳村を味方につけ(村の勢力は藩側にもキリシタン側にもどちらにもつく可能性がある勢力とみなされていました)、深江村の一揆勢を村の中に追い込み、激戦の末、藩方は村のあちこちに放火し島原城へ帰還。

しかし、すでに一揆勢は島原藩士たちの予測を超えて方々に広がっていました。
26日早朝、7ヶ村のキリシタンが蜂起し、城下へ押しかけ、島原城方は大手口4門を防いで籠城。

また、一揆の中には女性もいて、籠城態勢の島原城に放火しようとした一揆勢20〜30人の死骸がさらし者にされていた中に4人ほど女性がいたそう。

島原城は毎日毎晩のようにキリシタンの攻撃にさらされ、松倉家の家老田中宗夫らは豊後目付に事態を知らせ、熊本の細川家や佐賀の鍋島家に加勢を願いました。
また島原城下の村々も、場内に入って一揆勢と戦ったり、一揆勢に加勢したり様々だった模様。
領内を2分する内乱となったのです。

「この世ならぬカリスマ」天草四郎とは?

「この世ならぬカリスマ」天草四郎とは?

image by PIXTA / 15188701

三吉・角内のような布教集会は島原藩領の中でかなり広く見渡せる事件で、また城方となった人々が籠城している島原城で大量の「立ち帰り」キリシタンが摘発される事件も。

またこの26年前に追放された「伴天連」(バテレン、宣教師)が「今から26年後に『善人』が出現する。
文字に精通し、その出現が天にも現れる」と予言。

この「善人」が「習わないのに文字に精通する利発さ」で人々を驚かせた、小西行長に仕えていたと言われる牢人益田甚兵衛好次(じんべえよしつぐ)の子・益田(天草)四郎時貞とされたのです。

彼は稽古なしに読書をし、諸経の講釈を行い、空を飛ぶ鳩を手の上に招き寄せ、そこで卵を産ませた上、卵を割ってキリシタンの経文を出してみせたといいます。

この四郎の奇跡を聞き、キリシタンに帰依したものが集まり、一揆の人々は四郎を不死身だと信じ、この世ならぬカリスマとしてキリシタンから崇められていたといいます。

天草での戦いはどう展開した?

天草での蜂起の原因は不思議な出来事?

天草での蜂起の原因は不思議な出来事?

image by PIXTA / 33484167

天草で一揆の蜂起が起こったのは、まず島原地域の日野江で古い裾の破れた御影の表具がひとりでにし直されたという、この不思議な出来事を聞いて大矢野のうちの湯島(天草と島原のキリシタンが談合した場所で、後に「談合島」と呼ばれます)の者6人が島原へ行ったところ、3人が殺され、3人が湯島に戻ってきたといいます。
島原に行ったらキリシタンの摘発に出くわしたのでしょうか?

その後大矢野村の庄屋渡辺小左衛門が大矢野の住民40〜50人を連れて栖本(すもと)にいた代官の石原太郎左衛門の所に行き、「島原で不思議なことが起こったから我々は残らずキリシタンに立ち帰る」と宣言したことから一揆が起こったといいます。

大矢野には天草四郎もいたことから、島原での一揆蜂起に呼応して天草でも蜂起したということに。
蜂起した大矢野のキリシタンが周囲に対し改宗を迫り、またこちらは年貢の減免などが目的ではなく、キリシタンたちが神社や寺院などを標的にしていたため、信仰問題を全面に出したものだったそう。

蜂起から2日後の10月29日、富岡城代三宅重利は本渡(ほんど)に軍勢を派遣し、後に自ら本渡へ。
重利は天草48ヶ村のうち14ヶ村の「頭百姓」すなわち主だった住民から人質を取って蜂起の波及を抑えようとしましたが、大矢野・上津浦では蜂起が見られ、重利は熊本藩に加勢を要請。

この後も蜂起したキリシタン一揆はそれぞれの属する村を拠点に立てこもり、これらを鎮圧するためには人数が少ないため、三宅重利は出撃しかねており、唐津藩軍が到着し本渡で交戦が行われる11月中旬まで両者は対峙することに。

本渡の戦いの結果、富岡城の軍はどうなった?

本渡の戦いの結果、富岡城の軍はどうなった?

image by PIXTA / 7467285

一揆の攻撃がひとまず止んだ島原城では豊後目付に書状を送り、現状を報告。
さらに天草での蜂起も江戸に知らせが届きました。

また、天草の富岡城では唐津藩の援軍が到着し、富岡城でも戦闘態勢を整えましたが、14日に島子(しまご)・本渡(ほんど)でキリシタン一揆と交戦し、富岡城代三宅重利をはじめ有力な寺沢家臣が討ち死にするなど、大敗。
富岡城に籠城することに。

この一揆方の勝利で天草はキリシタンが制圧することとなりました。

栖本には唐津藩の代官石原太郎左衛門が孤類を守っていましたが、一揆勢が攻めてくればひとたまりもないほどに、人数は少なかったそう。
また、この唐津藩軍の中にも百姓がたくさんいたといいます。

幕府と各藩の援軍が到着し、戦況はどう変わった?

幕府と各藩の援軍が到着し、戦況はどう変わった?

image by PIXTA / 27993567

本渡で唐津藩軍を破った一揆勢は連日富岡城を攻め立て、三宅重利に代わり指揮を取っていた原田伊予は、人数の問題で広い場所を守備できないため、二の丸に火をかけて本丸に軍勢を集中させることに。

一揆方はこれを見て二の丸を占領したと思い込み、多くの軍勢が二の丸へ向かった所、城方から大砲・鉄砲などを打ち込み、大量の一揆勢を討ち取ったといいます。

大打撃を受けた一揆勢は撤退し、これを城方が追撃し、一揆勢にさらに大きな被害が。
大矢野・上津浦など天草のキリシタンも島原に撤退し、以後戦いの舞台は島原に移ることに。

島原では藩方の軍勢は依然島原城に籠もったままでしたが、ここで島原藩主の松倉勝家が帰国。
しかも、佐賀鍋島藩の援軍がすぐそこまで来ているというので、一揆方と城方の力関係はここで逆転!

さらに幕府の派遣した上使板倉重昌(しげまさ)と石谷貞清(いしがやさだきよ)が九州に到着し、熊本藩軍が天草へ出撃することに。
幕府の命令により大名たちが組織的に動き出し、島原の一揆も天草の一揆も島原半島の南有馬地域にある原城に籠城することになりました。

原城の籠城戦はどう展開した?乱の結末は?

板倉重昌が原城を攻めた結果は?

板倉重昌が原城を攻めた結果は?

image by PIXTA / 24282015

原城は有馬晴信が建設し、有馬氏が転封になった後は放置され、3層の大型の櫓があるもので、有馬氏の統治の中心になるはずの城だったそう。

また、一揆勢は原城にすべて籠城し、後に原城跡からは銃弾を鋳溶かして作った十字架も見つかっています。

一揆勢は1万5〜6千、幕府軍は4万5〜6千ほどの人数。
板倉重昌らが率いる幕府軍(島原藩と諸藩の連合軍)は原城を包囲・攻撃。

12月20日に鎮圧軍は原城の天草丸・三ノ丸を攻撃しますが、三ノ丸の攻めかけた立花勢への砲撃と石つぶてが激しく退却し、270名の死傷者が。
この一揆方の迎撃は巧みで一揆方の大勝利。
しかし一揆方にも痛手を与えてはいたそう。

また、天草四郎は城中に「持ち場をぬかりなく固めよ。
そうすれば天国に行けるだろう。
さもなくば地獄に落ちるだろう」と鼓舞したそう。

年明けの寛永15年(1638年)正月元日に鎮圧軍は原城に総攻撃をかけましたが、多数の戦死者・負傷者を出す大敗し、総大将の板倉重昌が討ち死にするという事態まで。
これは将軍徳川家光が「ぶざまな敗北と」怒るほど。

乱の後、社会はどう変わった?

乱の後、社会はどう変わった?

image by PIXTA / 23862301

このため戦後処理のために重昌を追って島原へ派遣された松平信綱が代わって指揮を取り、原城を包囲して兵糧攻めにする方針に。

また、正月13日から信綱はオランダ船に原城を砲撃させましたが、これは「一揆の鎮圧のために外国の手まで借りるのか!」と敵味方から「姑息だ」と言われたそう。

そして、この兵糧攻めにより原城は餓え、旧島原藩主の有馬直純などの工作で両者に矢文が交換され、また籠城側からの落人も多く、そして2月28日には12万と言われる大軍の攻撃により、ついに原城は陥落し、総大将天草四郎も討ち死にし、一揆は鎮圧されたのでした。
キリシタンはことごとく撫で斬りにされたそうです。

この乱が幕府に与えた衝撃は大きく、島原城主松倉勝家は大規模な蜂起を許した責任を取らされ、領地を没収され斬罪に。
寺沢広高は天草を没収され後に自害。
島原・天草共に戦乱で荒廃したため、近隣の藩から住民入植を募らなければいけないことに。

また幕府の外交政策・対宗教政策も厳しくなり、寛永16年(1639年)にポルトガルと断交し、オランダ商館を出島に移し、キリスト教の宣教は厳禁とされ、全国的にキリシタンの摘発が始まりました。

宗教を考えさせられ、島原・天草を訪れてみたくなった

島原の乱は飢饉による重税やキリシタンの弾圧、もしくは仏教などとの対立により起こり、島原・天草のキリシタンが蜂起し、「この世ならぬカリスマ」天草四郎を担ぎ上げ、城を襲ったもの。

原城に籠城した一揆勢は幕府の上使板倉重昌を討ち死にさせるなど抵抗しましたが、後に来た松平信綱が兵糧攻めを行ったことにより陥落し、その後の幕府の外交・対宗教政策に大きな影響を与えました。

無神論国と言われる日本人ですが、細かく調べてみて「宗教がこれほどまでに大きな乱を起こすのか!」と驚くばかりです。

また島原や天草を実際に訪れてみたくもなり、ただすいません、天草が島だということも知りませんでした。

宗教というものを少し考えさせられる内容になったかな?と思いますが、みなさんはいかがでしたでしょうか?

それでは最後まで読んでいただいてありがとうございます!

photo by PIXTA
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ