太田道灌って何をした人?文武両道・江戸城を築いた名将の生涯とは

皇居内に「道灌濠」という濠があることをご存知でしょうか。普段は一般公開されていない場所ですが、2014年から、春と秋の数日間だけ(2017年は秋のみ)、皇居乾通りが一般公開されたときに「道灌濠」という立札を目にした人も多いはず。道灌とはもちろん、江戸城の築城にも携わったとされる武将、太田道灌のこと。実はこの太田道灌、名前はよく聞くけどいつの時代の何をした人なのか良く知らない、という人、少なくないのです。知っているようで知らない太田道灌の生涯。一体、どんな経歴の人物なのでしょうか。

太田道灌の生涯(1)

家は代々、関東管領上杉氏の家臣

家は代々、関東管領上杉氏の家臣

image by PIXTA / 12056638

太田道灌が生まれた年は1432年。
日本は室町時代(1336年~1573年)の後半に差し掛かっていました。
幼名は鶴千代と名乗っていたそうですが、生誕の地がどこであるかは不明。
現在の神奈川県の伊勢原市のあたりか、東京都品川付近か、埼玉県入間市ではないかとの説もあります。

父は太田資清(おおたすけきよ)といい、相模守護代を務めていました。
また、太田氏は代々、扇谷上杉家の家宰(かさい:家長に代わって家の中のことを取り仕切る職責の一種)を務める家柄。
資清は学のある人物として知られており、山内上杉家の家宰を務めていた長尾景仲と共に「関東不双の案者(知恵者)」と呼ばれていたほど。
道灌も幼いころから学問に励んでいたそうで、鎌倉にある建長寺や、足利学校でも学んだと言われています。
後々の話ではありますが、和歌を詠んだり歌合せを行ったり、歌の世界でも名を馳せた、文人としても知られる人物だったのです。

ところで、”道灌”という名前は通称で、鶴千代の後、元服後は資長(すけなが)と名乗っていました。
本来なら太田資長と表記するべきところですが、ここでは「太田道灌」という呼称で綴ってまいります。

扇谷上杉家と山内上杉家

扇谷上杉家と山内上杉家

image by PIXTA / 33476302

太田道灌の生涯を語るうえで、避けて通れないのが上杉家の内紛。
この時代の上杉家は分家や宗家がたくさん出てきてややこしいのですが、太田道灌に関係しそうなところを中心に見ていきましょう。

太田一族が使えていた上杉氏とは、鎌倉幕府時代に京都から関東にやってきて将軍に仕え武家化した一族で、もとは藤原氏の流れを汲むとも言われています。
室町から戦国時代、江戸時代に至るまで名を遺した名家で、越後(新潟)・上野(群馬)・武蔵(埼玉と東京の一部)・相模(神奈川)一帯を統治していました。
また、鎌倉時代後期には足利氏に姻戚関係を結び後に足利尊氏が誕生するなど、着々と勢力を伸ばしていきます。

しかし勢力を広げ過ぎたのか、室町時代に入ると身内同士で争いが起きるように。
特に、鎌倉幕府に仕えて関東に拠点を置いていた山内上杉家と、初めは室町幕府に仕えて京都にいた扇谷上杉家が、関東での主導権を争って度々衝突するようになっていきます。
上杉家の力は次第にすり減り、力をつけ始めた他の大名や豪族たちに付け入るスキを与えてしまうことになるのです。

太田道灌が生まれた頃に、力を持っていたのは山内上杉家のほうでした。
扇谷上杉家は押され気味でしたが、父資清と道灌がその才覚と人望を持って扇谷を盛り立てたことで、扇谷は次第に力をつけていくのです。

享徳の乱と太田道灌

享徳の乱と太田道灌

image by PIXTA / 29265128

1454年(享徳3年)、関東管領を務めていた山内上杉憲忠が、対立関係にあった鎌倉公方(室町幕府の出先機関のひとつ)足利成氏に暗殺されるという事件が起きます。
上杉家は挙兵し、武蔵高安寺(現在の東京都府中市)にいた成氏を攻めますが激しい抵抗に合い、扇谷家の当主であった上杉顕房が討たれるという事態に。
駿府今川氏が室町幕府の使者としてこの時代の制圧に乗り出すと、成氏は下総古河城(茨城県南部)に立てこもり、上杉家を良く思わない関東周辺の領主や豪族たちの支持を集めて”古河公方”などと名乗り始める始末。
関東は利根川を境に分断された状態になってしまい、この争いの構図は以後、享徳の乱(きょうとくのらん)と呼ばれ、28年にも渡って続くことになります。
この争いは、関東における戦国時代突入の要因になったと言われています。

道灌が父から家督を譲られたのは、そんな最中の1456年(康正2年)のことでした。
以後、道灌は、扇谷上杉家を支え、結果的に28年も続いてしまった古河公方との争いに対処していくことになります。

太田道灌の生涯(2)

古河公方との争いと江戸城築城

古河公方との争いと江戸城築城

image by PIXTA / 33129681

古河公方に対抗するために、道灌は防衛拠点の設営に奔走します。
城作りの達人としても知られる太田道灌。
利根川流域を中心に城を築き、守りを固めていきます。

話は少し逸れますが、当時の”城”とは、立派な天守閣や土壁の櫓などがある居城としての城ではなく、戦闘時に籠るための山城スタイルが主流の時代。
地形を活かし、狭い街道を隔てた小高い山などに郭や馬出しを設けたシンプルなもの。
山の麓に館を建て、普段はそこで過ごし、敵が来たときに山へ上がって、下を通る敵に矢を浴びせ一網打尽にするという、実質重視のものがほとんどでした。
こうしたスタイルの山城が、関東一円にはたくさん残されています。
一見すると単なる小高い山ですが、ところどころに郭の跡があり、発掘調査によって無数の矢尻や人骨が見つかることも。
古河公方と上杉家との争いが、関東にこうした山城をたくさん残す要因になったとも言われています。

利根川を中心に防衛拠点を固め進めていた道灌にとってどうしても気がかりになっていたのが、利根川下流地域でした。
地元の有力武将であった千葉氏が古河公方側についたため、ここを抑えなければならないと考えたのです。
そこで道灌は江戸氏(えどし:武蔵国の領主)の領地に城を築城します。
これが「江戸城」。
つまり、現在の皇居のある場所。
古河公方に睨みを利かせるため、太田道灌はここに城を築いたのです。

道灌が築いた江戸城と徳川家康

道灌が築いた江戸城と徳川家康

image by PIXTA / 33442651

現在の東京都の地図では分かりにくいですが、江戸城は”麹町台地”と呼ばれる小高い台地の東側に造られた丘城(平山城)でした。
後に徳川氏によって大改修工事が行われたため、道灌が築いた城の全景を見ることはできませんが、残されているいくつかの文書によれば、城は「子城」「中城」「外城」の三重構造となっていて、さらにその外側には水堀や切岸が巡らされていたとか。
単なる山城ではなく、かなり本格的な造りの城であったことが伺えます。

ところで、現在の皇居といえば東京のど真ん中。
かなり内陸にありますし、「利根川防衛のためにこの場所に築城と言われてもピンとこない」という人も多いでしょう。
実は道灌が築城した当時の地形は現在とは違い、日比谷のあたりは深い入り江になっていて、江戸城の目の前は海でした。
現在はビルが建ち並び鉄道や道路が張り巡らされて、平らな土地と錯覚しがちな東京ですが、江戸氏が治めていた頃は何もないススキの原であり、東側は海、西側には武蔵野の山の裾野が広がっていて、平坦な土地が少ない、都市に不向きな地形だったのです。

道灌の目には、狭く、細く、限られたスペースを通るより他ない地形が防衛拠点に適していると映ったのかもしれません。
しかしその後、なぜか家康も、街づくりに適しているとは言えない江戸城を居城に選びました。
道灌の生きた時代より少し後のことになりますが、家康は土地を確保するため日比谷の入り江を埋め立て、江戸城のまわりに大きな城下町を作り、それが現在の東京都の原形となっていきました。

扇谷上杉家の家宰として

扇谷上杉家の家宰として

image by PIXTA / 360135

とはいえ、江戸城が日本一の巨大城郭に生まれ変わるのはまだ先のこと。
話が前後してしまいましたが、時はまだ、古河公方との攻防の真っ最中で、道灌はその対応に日々追われていました。
1458年(長禄2年)には、八代将軍足利義政の異母兄・足利政知が関東にやってきて堀越公方と名乗り始めます。
当初は勇んで鎌倉入りするつもりだったのが入り込むことができず、伊豆の堀越に留まることになったため、やむなくそのように名乗ったととか。
あっちこっちでてんでバラバラに○○公方が誕生し、争いの火種に。
事態はどんどん複雑になっていきます。

さらに1467年(応仁元年)になると、京都では応仁の乱が勃発。
世の中は混乱し、斎藤道三や北条早雲(伊勢盛時)など、低い身分から腕一本でのし上がった武将が辣腕をふるい始めます。

1471年(文明3年)、古河公方が堀越公方の伊豆へ進軍を開始。
これに乗じて上杉家は古河公方の軍に襲撃を図ります。
一度は優勢となりますが古河公方側の反撃を受け、若くして家督を継いだばかりの扇谷上杉政真が討ち死に。
道灌は主君を失ってしまいます。

まだ子供がいなかった政真。
お家の混乱は必至です。
道灌は素早く重臣たちをまとめ、政真の叔父にあたる上杉定正を扇谷家当主に迎え、混乱を回避。
このような時代、内紛はできる限り避けるべきですが、他の大名家では、軋轢を生んでしまうケースも多々あったようです。

太田道灌の生涯(3)

長尾景春の乱

長尾景春の乱

image by PIXTA / 3538980

古河公方との攻防が続く中、ひとつの事件が起きます。
山内上杉家の家宰だった長尾景信が亡くなり、息子の長尾景春と弟の長尾忠景の間で跡目争いが起きてしまいます。
主君である山内上杉顕定が弟の忠景に家宰職を与えてしまったのです。

長尾景春と道灌は親戚であったため、景春は道灌を引き入れて反乱を起こそうとします。
危険を感じた道灌は、忠景を一時退けるべきと混乱を避けるための策を上杉顕定に進言しますが、全て却下。
争いに発展しそうな雲行きでしたが、同じころ、駿河の今川家でも当主が早逝したためお家騒動一触即発の状態に陥っており、道灌は上杉家の諸家のひとつである犬懸の上杉政憲と共に兵を率いてこの仲裁に向かいます。

道灌が駿河へ出向いている間に、景春は鉢形城に籠城。
反旗を翻した景春の前に、山内も扇谷も敗走。
上杉を良く思わない領民たちがここでも景春に味方して、上杉家は大ピンチに陥ります。
道灌は複雑な思いを抱いていたに違いありませんが、それでも上杉家のため、駿河から急いで戻り、景春に味方する小磯城(神奈川県大磯市)、溝呂木城(厚木市)などの出城を次々攻略。
この攻防の決着には数年を要しました。
城という城をことごとく道灌に攻め落とされ、景春は最後には古河公方の元へ逃げ込みます。
そしてこの後、古河公方と上杉家との間で和議が成立。
28年にも及んだ享徳の乱にも終わりの時が訪れました。

長い戦いの末~道灌暗殺

長い戦いの末~道灌暗殺

image by PIXTA / 360121

太田道灌は関東一円で巻き起こった上杉家にまつわる数々の合戦を実に30回以上も勝ち抜き、上杉家の危機を救い続けてきました。
文武両道。
知略にも長け、武芸にも通じ、城造りの名人であると共に城攻めの達人でもあった太田道灌。
彼の活躍で、扇谷上杉家の勢力は増大していきました。

30年近くも身を粉にして働き続けてきましたが、いくら功績があるといっても所詮は上杉家の家臣のひとりに過ぎません。
当然、出る釘は打たれます。
あるいは道灌自身が「もう少し高く評価されてもいいはず」と漏らしてしまったのかもしれません。
現に「太田道灌状」(おおたどうかんじょう:1480年(文明12年)に道灌が山内上杉氏の家臣に出した書状)にも、正当評価されない苛立ちや不満が書き綴られており、よもや山内家の家臣にそんな愚痴を漏らすとは、どうやら新しい主君となった扇谷上杉定正との関係も決していいものではなかったようです。

力が強くなりすぎた太田道灌。
1486年(文明18年)夏、定正の糟屋館(現在の神奈川県伊勢原市)を訪れた際、風呂上りを襲われ、暗殺されてしまいます。
享年55。
力を持ちすぎた道灌を恐れた扇谷定正の動きか、扇谷の力を削ぐために山内が画策したか、道灌への不満を募らせた上杉家臣たちによるものか。
道灌は散り際に「当方滅亡」(自分がいなくなれば扇谷上杉家に未来はない)と言い残したといいます。

その予見が的中したのか、関東に進出してきた北条早雲(伊勢宗瑞)によって扇谷は殲滅。
山内も追われて越後の長尾景虎の元へ逃れ、関東から上杉の名は消えてなくなります。

太田道灌と山吹の歌

太田道灌と山吹の歌

image by PIXTA / 23654118

太田道灌は武将としてだけでなく、歌人としても名が知られており、様々な和歌が残されています。
道灌が歌の道を究めるきっかけとなったという「山吹の里」というエピソードが今も伝えられています。

いつの頃か、道灌が父を訪ねてやってきた越生(埼玉県の中央)の地で、突然にわか雨に遭い、蓑(みの)を借りようと一軒の農家に立ち寄りました。
しかし家の中から出てきた娘は蓑ではなく一輪の山吹の花を差し出してきたのです。
蓑を借りようとしたのに花など出されて内心腹を立てた道灌。
後に家臣たちにこの話をしたところ、そのうちの一人が「後拾遺集」の兼明親王(かねあきらしんのう)の歌のことかもしれません、と言い出したのです。

「七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだになきぞ悲しき」

兼明親王とは平安時代中期の皇族で、客人が帰るとき貸す蓑が無くて山吹を渡したことがあり、それを詠んだ歌なのだとか。
蓑のひとつさえ持てない悲しさ、申し訳なさを、奥ゆかしく山吹の枝に託したのではないか、との家臣の話に、道灌は深い感銘を受け、自分の無学を恥じ、以後、歌道に励み、歌人としても名を遺すまでになったのだそうです。
太田道灌を知らなくても山吹の話は聞いたことがある、という人も多いかもしれません。

この話が史実かどうかは不明です。
単なる上杉家の一家臣に過ぎなかった道灌に、こうした伝承があるのは、それだけ民衆に人気があった、ということなのかもしれません。

太田道灌にちなんで~伊勢原観光道灌祭り

太田道灌が命を落とした神奈川県伊勢原市では、毎年10月、「道灌まつり」が行われます。
メインイベントは人気俳優さんが太田道灌に扮して馬に乗り、通りを闊歩する「太田道灌公鷹狩り行列」。
2017年の太田道灌役は、道灌の子孫だという北村有起哉さん。
母方が道灌の子孫に当たるのだそうです。
毎年大変な盛り上がりを見せる、小田急線伊勢原駅周辺の通り2.4㎞を練り歩く壮大なパレード。
2017年はより一層、見ごたえのあるまつりになりそうです。
photo by PIXTA