戦国時代の名武将・武田信玄を右腕として支えた弟「武田信繁」とは?

戦乱が頻発した激動の戦国時代に活躍、圧倒的な存在感から「甲斐の虎」と呼ばれた戦国武将・武田信玄。その信玄は有名な「風林火山」の旗印を掲げて圧倒的な強さを示したこと、最大のライバル・上杉謙信と「川中島の戦い」で戦ったことは歴史上有名ですが、その信玄には彼を支えた優秀な弟・武田信繁がいました。それではその武田信玄の弟・武田信繁とはいったいどのような人物であったのでしょうか。

兄・武田信玄より評価された幼少期

兄・武田信玄より評価された幼少期

image by PIXTA / 6702335

戦国時代の記録資料『高白斎記(こうはくさいき)』によれば、武田信繁は1525年(大永5年)に甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名・武田信虎(たけだのぶとら)の子として誕生。
幼名を次郎と名乗っていた信繁は幼少期から父・信虎の寵愛を受け、信虎は「晴信(後の武田信玄)を廃して信繁に家督を譲ろうとしていた」との話もあるほど高く評価。
歴史上最高クラスの戦国武将である晴信をしのぐ評価を受けていたのは驚きですね。

しかし信繁が家督を継ぐ計画が実現することはありません。
父・信虎は領民に軍資金調達のための重税を課すなど悪政を展開しており、これに武田家の重臣たちは危機感を抱くように。
これを受けて父との関係が良好でなかった晴信は父親の追放を計画、1541年(天文10年)に「海野平の合戦」で勝利した信虎が駿河国・今川氏のもとに行くところを利用して追放。
晴信が武田家の家督を継ぐことに。
晴信からすれば「跡を継ぐはずの長男である俺に後継ぎの話が来ないのはおかしい」というモヤモヤした気持ちもあったでしょう。

こうして晴信が武田氏の家督を継ぐと、信繁は晴信の補佐役として晴信を支えることに。
父親は信繁を寵愛していたわけですから晴信との間でわだかまりができる危険もあるでしょうが、そうしたことは起こらなかったとのこと。
兄弟はは信繁が晴信を慕い、また晴信は信繁をかわいがる関係であったとされ、晴信にとっては「自分以上の評価を受けた信繁が補佐にいる」とは大助かりでしょう。

交渉でも才能を発揮

交渉でも才能を発揮

image by PIXTA / 33182862

こうして兄・晴信の片腕的存在として活躍する信繁は、戦いでも実績を挙げていきます。
1542年(天文11年)の「諏訪侵攻」においては大将として宿老(しゅくろう。
武家時代の高官)・板垣信方(いたがきのぶかた)とともに諏訪出兵を主導。
同じ年9月の「高遠頼継(たかとうよりつぐ)の反乱」でも鎮圧の大将を務めることに。
また晴信からの勘気(かんき。
主人・父親の怒りに触れとがめられること)を受けた長坂虎房(ながさかとらふさ)が頼継の弟・頼宗を討ち取った際には信繁が取次となり赦免された逸話も。
交渉ごとに入っても才能はありますね。

こうした活躍を見せる信繁は武田の姓を名乗ることが許される「御一門衆」の筆頭であり、配下として諏訪衆(諏訪氏の一族と郎党)を同心(どうしん。
武家に仕える下級の武士)として牽引。
官名「左馬助(さまのすけ)」の唐名から「典厩(てんきゅう)」と呼ばれた信繁は対外交渉にも携わり、1544年(天文13年)には信虎の高野山参詣時に宿坊となった引導院へ礼状を発給。
戦わせても、交渉させても成果を上げるわけですから、現代の会社で右腕を務めさせれば「最高のブレーン」になり得る存在ですね。

川中島の戦いで無念の戦死

川中島の戦いで無念の戦死

image by PIXTA / 9245803

信玄の右腕として活躍する信繁ですが、その死はあまりに早すぎるものでした。
1561年(永禄4年)に入ると信玄が信濃の強敵・村上義清を葛尾城から追い落としますが、その結果として越後・上杉謙信との「川中島の戦い」が勃発することに。

こうして始まった戦いは9月10日、5次にわたって行われた戦いで最も激しい「第4次」に突入、武田軍の夜襲を察知した上杉謙信は妻女山(さいじょさん。
長野市松代町と千曲市土口の境にある山)を下ると、夜明けと同時に信玄本隊へ攻撃。
この戦いでは武田軍約4000、上杉軍約3000の損害を出し、信繁は上杉軍の突撃で武田軍が劣勢に立つと上杉軍へ斬り込み。
しかし力及ばなかった信繁はここで壮絶な戦死を遂げることに。
37歳の早すぎる死でした。

戦いで命を落とした信繁の首については上杉家に取られてしまいますが、武田家の家臣が取り戻すことに成功。
戻ってきた信繁を兄・信玄は泣きながら首を抱きしめたとされ、敵将の謙信もその死を惜しんだとのこと。
信繁は命と引き換えに武田家のプライドを守り通した「真の武将」であったのですね。

信繁が残した「九十九ヵ条」の家訓と名言

信繁が残した「九十九ヵ条」の家訓と名言

image by PIXTA / 11725825

あまりにも短い生涯を終えた信繁ですが、その生涯では語り継がれる「信繁家訓九十九ヵ条」を残しています。
そこには「家臣に対しては慈悲肝要のこと」「人を召使う時はその適正を考えて命ずること」「家来が勝手に離反して他者に仕えても、反省したなら事情に応じて許し再び家来とすること」といった条項を記載。
この家訓は時代が進んだあとも活用され、江戸時代にも武士の心得として読まれることに。

こうした家訓を残した信繁は「何ごとにつけても、つねに堪忍の二字を忘れてはならぬ。
また「一時の怒りのために身を滅ぼす」というような例もあるのだ」とする一方で「合戦が近くなったら、兵を荒っぽく扱え。
そうすれば兵はその怒りを戦いにつなげて激しく戦う」との言葉を残しており、こちらは現代まで残される名言に。
ここでは「人々が怒りを感じることは自然なことであるが、それに振り回されてはいけない。
怒ったときにその感情をどのように活用するかが大事」と言っているように見えますね。

他にも「武士として戦場にのぞんだならば、少しの卑怯未練の振る舞いがあってはならない。
『呉子』という書物にも「命を惜しむ者はかえって死ぬ羽目に至り、死をいとわぬ者はかえって生を全うするもの」だと教えている」という言葉も残しており、これは信繁の最期と関係する言葉でもあるでしょう。

名前は「真田信繁」にも残る

名前は「真田信繁」にも残る

image by PIXTA / 14412065

若くして命を落とした信繁ですが、その名前ははるか先まで影響を与えることになります。
兄・信玄に可愛がられ、信繁の事を尊敬していた武田家臣・真田昌幸(さなだまさゆき)は生まれた次男に信繁の字を取って「真田信繁」と名乗らせるほど影響を受けることに。
昌幸としては「尊敬している信繁公の魂を受け継いだ子どもになってほしい」との思いを込めたのでしょう。

こうして名前を付けられた「信繁」は後に「真田幸村」と呼ばれ、安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍。
1582年(天正10年)の「第一次上田合戦」では徳川軍約7000人に対し約1200人の軍勢で闘い、地の利を活かした戦法で徳川軍に1300人もの戦死者を出させる大健闘(一方真田軍は40人ほどの犠牲で済んだ)。
1600年(慶長5年)に勃発した「関ケ原の戦い」時の「第二次上田合戦」では徳川秀忠率いる3万8000人の軍に3500人の兵力で臨み、結果は真田軍の大勝。
これには徳川軍もお手上げでしょう。

その後も徳川家との闘いを続けた真田は、戦国時代最後の戦いとなった「大坂の陣(1614年と1615年の2回)」では徳川家康から「十万石を与える代わりに寝返る」よう言われながら拒否。
家康を相手に戦いを繰り広げ後一歩まで追い詰め、最後は「大坂夏の陣」で討ち取られ49歳で亡くなってしまいましたが、こうした姿は「日本一の兵(つわもの)」と評価されるように。
勇敢な姿には信繁の魂が宿っていたのでしょうね。

信繁の子どもたち

信繁の子どもたち

image by PIXTA / 23749413

父と同じ戦いで戦死した信頼・家督を相続した信永

信繁の子どもの1人である望月信頼(もちづきのぶより)は、1544年(天文13年)に信繁の長男として誕生。
母は望月盛昌の娘で元服後は「武田義勝」を名乗りますが、1560年(永禄3年)に武田氏に従っていた信濃佐久郡の名族・望月氏の武将で望月城主・望月信雅(もちづきのぶまさ)の養子となり、望月姓を名乗ることに。

信頼はその後1561年(永禄4年)9月10日に父が壮絶な死を遂げた「第4次川中島の戦い」に参陣しますが、戦いから11日が経過した9月21日に18歳の若さでこの世を去ることに。
死因は病死、戦いによる傷が原因と言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。
信頼は若くして亡くなったため子どもがおらず、家督は弟・信永が望月信雅の養子として望月家に入った後に継ぐこととなります。

1551年(天文20年)に信繁の三男として生まれた望月信永(もつづきのぶなが)は、1561年(永禄4年)に兄・望月信頼が亡くなったことで望月信雅の養子となり、名を「望月太郎」または「望月殿」と呼ばれるように。
やがて元服して「望月左衛門尉信永」と名乗るようになると望月信雅から家督を相続、望月城(もちづきじょう。
長野県佐久市に存在した城)主として武田一門の60騎を率いて武田氏の戦いに参戦することに。
しかし1575年(天正3年)に参戦した「長篠の戦い」で不運にも戦死してしまいました。

信繁の次男・武田信豊

武田 信豊(たけだ のぶとよ)は1549年(天文18年)信繁の次男として生まれ、1571年(元亀2年)に武田勝頼が武田本家の後継ぎに定められると、武田氏家臣・穴山信君(あなやまのぶただ)と共に武田勝頼を支える役目に。
1572年(元亀4年)の遠征「西上作戦」では信濃・高遠城の留守居役を務め、武田勝頼の代になると1575年(天正3年)には三河黒瀬(現在の愛知県新城市作手黒瀬)で奥平貞能(おくだいらさだよし)・信昌(のぶまさ)父子の動向を監視する役割に。

しかし参戦した「長篠の戦い」では武田勢が劣勢になると早々と退却。
これに勝頼や武田氏家臣・高坂昌信(こうさかまさのぶ。
春日虎綱(かすがとらつな)とも言う)が怒り、高坂は意見書5箇条で信豊と穴山信君を切腹させるよう願い出たとも。
高坂は「家の威信がかかっているのに早々と逃げ出すやつがいるかよ」と思ったことでしょう。
しかしその後は交渉ごとに関わり活躍、将軍・足利義昭の仲介による相模・越後との同盟においては交渉役、上杉謙信の死後に発生した家督争い「御館の乱」では上杉景虎の支援を目的に出兵、上杉景勝との交渉を進めることに。
ここではしっかりと役割を果たしていますね。

しかしその信豊の最期は不本意なものでした。
1582年(天正10年)2月、織田信長による武田攻めが開始されると、3月には勝頼に臣従していた木曾義昌(きそよしまさ)が反旗を翻すことに。
これに対して信豊は討伐軍大将として木曾へ向かいますが、織田信忠の援軍を得た木曾義昌に「鳥居峠の戦い」で敗北。
家臣と共に小諸城(こもろじょう。
長野県小諸市に存在した城)へ逃れ立て直しを図りますが、3月12日に城主・下曾根浄喜(しもそねじょうき)に裏切られ二の丸に火を掛けられると信豊はここで自害。
信豊の首は信長のもとへ届けられ、臨済宗の僧・南化玄興(なんかげんこう)により妙心寺(みょうしんじ。
京都市右京区花園)に葬られました。

信繁と川中島戦死者が祀られた「典厩寺」

信繁と川中島戦死者が祀られた「典厩寺」

image by PIXTA / 7012035

典厩寺(てんきゅうじ)は1500年(明応9年)頃に創建されたと伝わる寺院で、信繁は「川中島の戦い」でこの寺を本陣として出陣したとされています。
もとの名前を「鶴巣寺」としていましたが、合戦から60年後の1622年(元和8年)に初代松代藩主・真田信之(真田幸村の兄)がかつて武田の重臣であったことから、典厩(信繁)の菩提を弔うため名前をとって典厩寺と改称。
戦いで戦死した信繁、同合戦で亡くなった6000人を弔い供養しています。

敵から奪い返した信繁の首を洗ったとされる「首清め」の井戸、1906年(明治39年)に戦いから350周年を迎えた際に甲越戦死者の弔魂のため建立された。
「甲越弔魂碑(こうえつちょうこんひ)」は境内にあり、8代藩主・幸貫が1860年(万延元年)に戦いから300年を記念して建立した「閻魔堂」には、日本一の大きさを誇る「閻魔大王像」が安置。
このほか敷地には信繁の兜などを展示する「川中島合戦記念館」、触ってから頭をなでるとご利益があるとされる「ボケ封じの石」もあり、パワースポットとしても注目ですね。
住所:長野県長野市篠ノ井杵淵1000

その生き方は人材活用術にも参考にできる

若くして才能を発揮して武田信玄を右腕として支え、最期は37歳の若さで戦火に散った武田信繁。
彼の生涯は非常に短いものではありましたが、彼の存在はその後の人々にも影響を与え、彼が残した家訓、名言には生き方のヒントになるものもあります。
こうした彼が残した言葉は現代でも通用しそうなものと言えますし、ぜひ人材活用術のヒントとして学んでみたいものですね。
photo by PIXTA