あじき路地は多くの作家が集まるノスタルジックな木造長屋

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

京都に行かはるんやったら、あじき路地がええよ~

ドラマの舞台のような京都らしい風情のあるあじき路地。パンやコーヒー、レザーや帽子など、それぞれこだわりを持った職人さんたちが構えるお店が並んでいます。定番の観光スポットもいいけれど、築100年の長屋の雰囲気と若手作家たちの逸品を味わってみてはいかがでしょうか。

あじき路地は職人達がモノづくりをしながら暮らしている空間

京都を象徴するような街並みが魅力のあじき路地は、職人が集まる街としても有名です。ここではどのようなモノづくりが行われているのかを紹介します。

あじき路地は昔ながらの路地を生かした創り手の製作場

あじき路地とは京都の東山区にある路地で、築100年の長屋が並んでいます。若手作家が集まる場所でもあり、ここに暮らしながら制作、販売を行っています。販売は基本的に週末で、平日は作家の製作の時間となっています。世界に一つだけの物も多く、個性豊かなものを探しに訪れる人も多くいます。

一時は空き家だらけだった路地ですが、今では観光客も多く京都の観光スポットになっています。アートが好きな人、かわいいものや人とは違ったこだわりのものを探している人におすすめの場所です。

こだわりの作品を購入出来る場所

View this post on Instagram

一乗寺にある プセットさんに行って来ました。 Spicaの庭の布を がま口やさんのプセットさんに仕立ててもらう。 お互い、得意なところを生かして いきましょうという コラボ作品のサンプルです。 ただのハギレのパッチ、 されどパッチ ただのがま口、 されどがま口、 お互い、ものづくりにかける 思いはそれぞれあって 自分だけの世界では、決してできない 人と人との出会いでしか生まれない 世界に1つだけのがま口が 出来上がる予感です^ ^ #がま口#プセット#コラボ#カードケース#パッチワーク#一乗寺#リネン#カラフル#京都

A post shared by Spicaの庭 (@spicagarden) on

本格的な革小物に素敵なアクセサリーなど、いろんなジャンルのお店がありどの作品にも創り手のこだわりがつまっています。作品はオーダーできるものもあり、自分だけのオリジナルのアイテムが欲しい時にぴったり。逸品を求めに足しげく通うファンも多いとか。

作家さんが一つ一つ心を込めて作った作品なので、大量生産できない分、一つずつ違うものも多いため、気に入ったものはその日に買うことがおすすめです。

おしゃれな小物を身に着けたい方におすすめのお店

あじき路地ではレトロな雰囲気の中で今どきのおしゃれなアイテムを見つけることができるでしょう。ここでは是非ともおすすめしたいお店について紹介します。

MATSUSHIMA

レザー小物のハンドメイドを行っている革製品専門のお店です。上質のレザーを使用していて、すべての工程が手縫いというこだわりで、一つずつ丁寧に作られており、あじき路地でも人気があるお店です。

予算や希望に合わせてフルオーダーも可能で、特にスマホケースは機種のサイズに合わせたり開く方向を決めたり相談できます。男性にも人気で店内にはおしゃれでスタイリッシュな作品が揃っています。

pousseutte

がま口をメインに扱っているお店で、バッグタイプやキーケースなど大きさや形がさまざまなアイテムを販売しています。お店に置いてあるものはその場で購入できますが、好みの生地から選べるオーダー品も受け付けています。

レトロな脚踏みミシンが置いてあり、実際に作業する様子を見ることができるでしょう。作家さんは丁寧な仕事をされると評判が高く、レトロな柄や北欧柄などが好きな人にもおすすめのお店です。

evo-see

View this post on Instagram

電気消してても大丈夫なくらい格子から陽の光りが射し込んできて視覚的にはとても暖かい……貧ぼっちゃまが目の前で両人差し指を交差させてウインナーに見えたソレをおかずに米食う……みたいな感じ(๑・̑◡・̑๑) . ところで、節分の豆って40粒も入ってたっけ???( ・∇・) . 3月生まれやと、まだ39粒でええんやっけ???( ・∇・) . . #節分 #ファッション #fashion #EVOSEE #帽子 #帽子屋 #鴨川 #東山五条 #清水五条 #あじき路地 #京都 #kyoto #京都好き #オーダー #オーダーメード #オーダーメイド #カスタムメイド #帽子コーデ #帽子好き #バケットハット #中折れハット #ハンチング #キャスケット #ワークキャップ #ベレー帽 #飛行帽 #ポークパイハット

A post shared by evo-see (@evo.see) on

こちらは帽子のオーダー専門店で、職人さんが細かくオーダーを受けて作ってくれる帽子の心地よさが評判です。デザインからサイズ、帽子の形にまでこだわれ、丁寧に相談に乗ってくれます。フルオーダーのため値段は高めですが、自分の頭の形に合わせたぴったりの帽子は一度かぶると手放せません。

帽子はベーシックなデザインのタイプをアレンジしたものが多いのですが、個性が出る魅力的な帽子や、イヤーマフラーなども置いています。ほかの作家さんの作品なども置いていて、いつ行っても雰囲気が楽しいお店です。

Passageはあじき路地にあるパン屋

フランス人の職人が作るパン屋さんは天然酵母を使用したパンやフランスパンがおすすめのお店です。おすすめはなんといってもフランスあんぱんでしょう。以前はあじき路地の手前にありましたが、現在は一番奥に移転し、イートインスペースも広くなって利用しやすくなりました。パン以外に雑貨も販売していて、休日でも午前中なら比較的ゆっくり過ごせます。

Dongreeで一休憩するのがおすすめ

歩き疲れたらちょっと一休みするのに最適なDongreeと人気のメニューについて紹介します。

Dongreeはコーヒー専門店

ちょっとした休憩におすすめのコーヒー専門店で、店主こだわりのドリップコーヒーがとにかく美味しいと評判のお店です。イベントに出店することも多い人気店なので、休日は店の前に行列が出来ることもあるようです。

カフェオレやソイカフェラテ、オレンジジュースも用意されているので、苦いコーヒーが苦手な方や子どもでも楽しめます。微炭酸のスパークリングアイスコーヒーは特に暑い日におすすめのメニューです。

イートインもできる

早くから開店しているので、モーニングで立ち寄る人もいます。入り口を入ってすぐの席は忙しい朝も気軽に飲めるスタンドタイプとなっており、奥にはゆったりくつろげる座敷も用意されています。ホットサンドイッチも提供しているので、ぜひドリンクと合わせて食べてみてください。

テイクアウトもできるので外で飲むことも可能です。オリジナルブレンドのコーヒー豆は販売も行っているので、ご自宅でも楽しめます。

生活を豊かにしてくれるイイモノが欲しい方におすすめのお店

マスキングテープと日々のいろ

View this post on Instagram

【 10月のアトリエショップ】 ・ 来月は祝日を含めた3日間オープンします。 ・ 欠品していたマスキングテープも販売再開です。 前回と少しデザインを変更して巻きも10メートルに増えました☺︎どーん! ・ 母の作る「nonbiriya」オリジナルハーブティーも新作が仲間入り🌿併せてご覧ください〜ご来店をお待ちしています。 ・ ————————————————————— 🏡アトリエショップ マスキングテープと日々のいろ ・ ⚫︎日時 10/6(土)〜8(月・祝)12時〜18時 ⚫︎場所 あじき路地 南2 京都市東山区大黒町通松原下ル2丁目山城町284 ・ ————————————————————— 詳しくはHPの「アトリエ」をご覧ください。

A post shared by 田村美紀 |miki tamura (@miki_tamura) on

マスキングテープちぎり絵作家の田村氏のアトリエで、あじき路地にでも今話題になっているお店です。その人気ぶりから本も出版しています。マスキングテープでデザインされた雑貨は、かわいいものが好きな女性から絶大な人気を誇っています。イベントに出店することもあるのでアトリエは不定休ですので、公式インスタグラムなどを見てオープンしている日をチェックしましょう。

お土産にもおすすめのお店

ここではあじき路地で買えるおみやげについて紹介します。自分用としても買ってしまいたくなる魅力的な商品ばかりです。

とことこ

こちらはアイシングクッキーを中心とした焼き菓子を販売しているお店です。 クオリティの高いアイシングクッキーが大人気で、店内はいつも商品を選ぶ人で混み合っています。おすすめは看板娘というオリジナルクッキーと季節によって変わるクッキーのセットです。舞妓さんなど京都らしいクッキーもあるので、京都土産にもおすすめです。

すずめ家

手製本のノートや小物などを製作販売しているお店です。丈夫で品質の良いすてきなノートが買えるので、お土産やプレゼントにもおすすめです。すずめ家の職人、村松氏の手掛ける作品はどれも優しくほっこりとします。レトロでかわいい雰囲気の作品が多く、ロゴのすずめもかわいいと評判です。一人で製作と販売をしているので、イベント出張時などはお店が休みとなるため注意しましょう。

ponponjam

フクロウをモチーフとした雑貨がメインのお店です。こじんまりとしたお店の中はフクロウグッズがきれいに並べられていて、色彩豊かなイラストやかわいいアクセサリーなどが並んでいます。縁起の良いフクロウは好きな人も多く、特に女性に人気があり、自分へのお土産に買っている人も多いようです。

祇園きななはあじき路地すぐ近くの甘味処

大人気の甘味処である祇園きなな本店は、あじき路地から徒歩10分ほど。店内は落ち着いた雰囲気で、京都らしさを十分に味わえます。常に満席のお店なので人数によっては相席になることもあります。大人気のパフェはもちろん、出来立てのきなながとても美味しいので、あじき路地に来たら是非寄ってみてはいかがでしょうか。

住所|〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-119
営業時間|AM11:00-PM19:00
定休日|不定休
電話|075-525-8300
公式サイトはこちら

あじき路地へのアクセス

車でのアクセス

View this post on Instagram

060 #京都のスキマ 京都には、レトロで趣のある路地がたくさんあります。大通りから一本入るだけで、ちょっとミステリアスな世界に連れて行ってくれる路地の魅力を、京都の路地に詳しい光川貴浩さんに伺いました。 「大通りのすき間を縫うようにひしめく路地。その数、なんと約13000本もあります。見逃しそうなほどの細い路地に迷い込み、思わず隠れた名店や社寺を見つけると、京都という街の深さを体感できるはずです。数ある路地のなかでも最も有名な路地が、ここ『あじき路地』。築100年の長屋に菓子職人や帽子職人、切り絵作家などが集うクリエイター路地です。店をもつ職人さんたちは、大家さんのことを『お母さん』と慕い、路地を通じて家族のような繋がりがあります。京都の路地めぐりの第一歩におすすめです」 職人さんが集う路地、一つ一つのお店を覗きたくなっちゃいますね♪ 光川さん、 @moron_nonさん、ありがとうございました! Photo by @moron_non #そうだ京都行こう#京都の路地 #長屋 #格子#あじき路地 #路地 #京都 #kyoto

A post shared by そうだ京都行こう (@soudakyoto_official) on

下記の住所を参考にカーナビなどを設定してください。あじき路地の周辺にはコインパーキングがいくつかありますが、どのコインパーキングも数台ずつしか停めれません。平日ならタイミングがよければ空いていることもありますが、休日は常に満車となっていると考えていた方がよいでしょう。京都の中心にあるため渋滞することや細い道も多いので、公共の交通機関またはタクシーで向かうことをおすすめします。

電車でのアクセス

京阪本線清水五条駅から徒歩5分。あじき路地の入り口はわかりにくいのでまずは大黒屋の煙突を目印にしてください。駐輪場はあじき路地の一番奥にあるので、自転車の方はこちらを利用してください。

住所|〒605-0831 京都府京都市東山区山城町 大黒町通松原下ル2丁目山城町284
営業時間|店舗によって異なります
定休日|店舗によって異なります
電話|なし
公式サイト|なし

まとめ

さまざまなジャンルのこだわりのお店が並ぶエリアです。路地の雰囲気を楽しみながら散策したり、ご家族や友達へのおみやげを探したりして過ごせるでしょう。もちろん、自分へのごほうびを見つけることもできます。