「後三年の役」ってどんな戦い?東北地方の覇者によるお家騒動

平安時代中期、東北地方で起きた「安倍頼時(あべのよりとき)」「安倍貞任(あべのさだとう)」による前九年の役は「源頼義(みなもとのよりよし)」により平定されたのでした。そして「安倍貞任」の代わりに蝦夷地の統治を任されたのが「清原光頼(きよはらのみつより)」らを代表とする「清原氏」。しかし東北地方の平和も長くは続かず、「清原氏」により再び東北地方は戦乱の渦に巻き込まれたのでした。そしてこの戦いによる結果、源氏のきずなはより強固なものになり、またこの戦いの勝者が築いた建造物は、世界遺産に登録されるほど立派なものであり、力の象徴でした。それでは後三年の役とはどのような戦いだったのか、簡単にまとめてみました。

東北地方の覇者であった清原氏

清原氏とは

清原氏とは

image by PIXTA / 15276856

歴史の表舞台に出てくることになった「清原光頼」は、前九年の役が起こっていた時は出羽国(秋田県)の統治者でした。
陸奥国(岩手県辺り)の統治者であった「安倍貞任」とは敵対関係もなく、前九年の役では中立を守っていました。

しかし前九年の役に苦戦する「源頼義」からの再三の要請により、「源頼義」の味方に。
そして「清原光頼」の援軍のおかげで前九年の役は終わらせることに成功したのです。

その功績として「清原光頼」は「安倍貞任」が治めていた陸奥国も任され、出羽三郡と陸奥奥六郡の計九郡を支配する、東北地方の覇者となったのでした。

陸奥国は金や馬の産地、出羽国だけでなく、陸奥国も得た「清原光頼」は「安倍貞任」よりも強大で、朝廷とも対抗できる力を持ったのです。

しかし「清原光頼」は「安倍貞任」とは違い、朝廷に逆らうことなく、税を納め、良好な関係を作っていったのでした。

前九年の役は「安倍貞任」が朝廷に逆らったためにおこった戦争でしたが、朝廷との関係も良好であった「清原氏」が、なぜ後三年の役の原因となったのでしょうか。
それは「清原氏」の複雑な血縁関係にあったのです。

複雑な兄弟関係

複雑な兄弟関係

image by PIXTA / 3348837

1083年に勃発する後三年の役の頃には「清原氏」の当主には「清原武貞(きよはらのたけさだ)」が就いていました。
そしてその「清原武貞」には三人の息子が居たのです。
その息子の名は「清原真衡(きよはらのさねひら)」「清原清衡(きよはらのきよひら)」「清原家衡(きよはらのいえひら)」と言い、どこにでも居る普通の三兄弟でした。

しかしこの三兄弟は、非常に複雑な血縁関係にある三兄弟で、それぞれ父が違ったり母が違ったりしていたのです。

「清原真衡」は前九年の役以前に誕生しており、後継者とされていました。

弟である「清原清衡」と「清原家衡」は、前九年の役の敗者である「藤原経清(ふじわらのつねきよ)」の妻が母であったのです。

「藤原経清」の妻は「安倍頼時」の娘であったため、新たに獲得した陸奥国の奥六郡の安定化をはかるためには「安倍氏」の血を利用しようとの事で、「清原武貞」は政略結婚をしたのでした。

末弟の「清原家衡」の父は「清原武貞」です。
しかし「清原清衡」の父は「藤原経清」で母は「安倍頼時」の娘であり、「清原氏」の血を持たない人物でした。

「藤原経清」は前九年の役により処刑されてしまいましたが、息子である「藤原清衡」は、政略結婚と同じような理由で命を助けられ、そして「清原武貞」の養子となり、「清原清衡」となったのです。

三兄弟は親も違う上、生い立ちも違ったためそれほど仲が良いわけではなく、そして周りも巻き込んでのお家騒動に発展していくのでした。

清原武貞の跡を継いだ清原真衡

清原武貞の跡を継いだ清原真衡

image by PIXTA / 513067

「清原武貞」の死後、跡を継いだのは長兄である「清原真衡」でした。

子供に恵まれなかった「清原真衡」は、出羽国の国司であった平氏の一門から「清原成衡(きよはらのなりひら)」を養子に迎え、またこの「清原成衡」の妻に「源頼義」の娘を妻として迎えたのです。
武勇に優れ、皇室の血を持つ源氏との結びつきを強くすることで権力を得ていったのでした。

しかし「清原真衡」のやり方は、今までの「清原氏」の運営方法を見直したもので、長兄の血筋のみを大事にし、棟梁としての権力を集中させるよう行動だったのです。

「清原真衡」以前の「清原氏」の運営方法は「清原氏一族が一致団結して頑張っていこう」と言うものであったのに、「清原真衡」になって「俺が清原氏のトップであり、他の清原氏を引っ張っていく、言うことを聞くように」と言うものに変わったのでした。

これが戦国時代の大名であれば問題なかったのですが、当時の「清原氏」では受け入れがたいものでした。
上から目線で命令をしてくる「清原真衡」に不満を持つ者があらわれてくるのは当然のことだったのです。

後三年の役のきっかけは兄弟ケンカ

清原真衡に対する不満

清原真衡に対する不満

image by PIXTA / 7809819

「清原真衡」と子の「清原成衡」のみを重視するその姿勢に、他の「清原氏」は不満がつのり、そして「清原真衡」と他の「清原氏」との確執が、表に現れてしまったのです。

その出来事は「清原成衡」と「源頼義」の娘との婚礼の時でした。

「吉彦秀武(きみこのひでたけ)」と言う人物が、「清原成衡」の成婚を祝いに「清原真衡」の館を訪れたのです。
そして祝いの品として用意していた砂金を大杯の盛り、頭上に掲げ「清原真衡」を庭先で待っていたのでした。

しかしあろうことか「清原真衡」は、法師との碁に夢中になっており、「吉彦秀武」を完全に無視をしたのです。

「吉彦秀武」の名字は「清原氏」ではありませんが、妻は「清原武貞」と兄弟関係のあった女をめとっていた人物で「清原真衡」から見れば叔父にあたる人物でした。
この時「吉彦秀武」は出羽国を任されていたため、「清原真衡」の居る陸奥国まではるばる奥羽山脈を越えてやってきたところ、この仕打ちを受けたのです。

もともと「吉彦秀武」は「清原真衡」に不満を持ち、また「清原氏」と血縁関係もない「清原成衡」と「源頼義」の娘との婚姻も反対でした。
しかしここは大人の対応で祝おうとしていた矢先にこのようなことをされたのです。

とうとう堪忍袋の緒が切れ「吉彦秀武」は持ってきた砂金を庭にぶちまけ、出羽国に帰って行ったのでした。

清原真衡VS吉彦秀武

清原真衡VS吉彦秀武

image by PIXTA / 5795425

「吉彦秀武」の砂金ぶちまけ事件を聞いた「清原真衡」も大激怒。
「清原氏」のトップに逆らった者として討伐することにし、兵を集めたのでした。

「清原真衡」に対する怒りが頂点に達した「吉彦秀武」も兵を集め、戦いに備えることにしたのです。
しかし1日で8000もの兵を集めた「清原真衡」に対し、先に号令をかけていても「吉彦秀武」のもとには6000もの兵しか集まりませんでした。

「このままでは「清原真衡」の大軍に勝ち目はない。」と考えた「吉彦秀武」はある人物に声をかけたのです。
その人物は「清原清衡」と「清原家衡」でした。
「清原清衡」と「清原家衡」も普段から「清原真衡」に不満を抱いていたのです。
そしてその二人に「吉彦秀武」はこう提案するのでした。

「怒り狂った「清原真衡」が出羽国に攻めてくるとの事。
おぬしたち二人はこちらにやってきて空っぽになった「清原真衡」の領土を攻めてくれないか」と。

「清原真衡」を倒せるチャンスとばかり「清原清衡」と「清原家衡」は二つ返事で了承。
留守となった陸奥国に攻め込んだのです。

「俺に逆らう者は「吉彦秀武」のみ。」と思っていた「清原真衡」は驚き、急いで兵を引き返し、「清原清衡」と「清原家衡」との決戦に兵を進めたのでした。

内輪もめに源氏の棟梁が参戦

内輪もめに源氏の棟梁が参戦

image by PIXTA / 14739383

急いで兵を引き返し決戦に臨んでくる「清原真衡」に対し、空き巣狙いに徹していた「清原清衡」と「清原家衡」は直接対決を避け、撤退することにしたのでした。
要らぬ邪魔者に妨害された「清原真衡」でしたが、体制を整えたのち、再び「吉彦秀武」のもとに兵を送ったのです。
しかしまた留守となった「清原真衡」の本拠地を「清原清衡」と「清原家衡」は狙うのでした。

ただ前回の失敗で懲りた「清原真衡」は空き巣狙いの「清原清衡」と「清原家衡」を抑えるべく、大物に援軍を依頼していたのです。

その大物の名は「源義家(みなもとのよしいえ)」と言い、前九年の役で大活躍した「源頼義」の息子にあたる人物で、この時点での源氏の棟梁でした。
源氏の棟梁に援軍を依頼できたのは「清原成衡」と「源頼義」の娘との婚姻で、親せき関係になったのが大きかったのです。

留守にした「清原真衡」の本拠地に「源義家」の兵を置き、守らせたのでした。
そこに「清原清衡」と「清原家衡」の兵が攻め込んできました。
しかし「源義家」の兵は非常に強く、「清原清衡」と「清原家衡」は惨敗。
「源義家」には勝てないと踏んだ二人は、降伏するのでした。

その結果、「清原真衡」の本拠地は守られましたが、兄弟の内輪もめに「源義家」が深く介入することになってしまうのです。

清原清衡VS清原家衡

清原清衡VS清原家衡

image by PIXTA / 20026262

「清原清衡」と「清原家衡」の降伏で、一旦戦いは終了したのです。
そして「清原真衡」がトップとして「清原氏」を動かしていくということになったのですが、その「清原真衡」は突然病により亡くなってしまったのでした。

ほくそ笑んだのが「清原清衡」と「清原家衡」です。
義父が亡くなり、力を急速に弱めた「清原成衡」を蹴落とし、二人でお家騒動を始めるのでした。
そしてそこに「清原氏」に大きな影響力を持つことになった「源義家」が入り込むのです。

どちらが「清原氏」の後継者となるか、「清原清衡」と「清原家衡」とお互いに譲らなかったのでした。
そこにケンカにならないよう「源義家」が入り、「清原真衡」が所有していた陸奥国の奥六郡の半分である三郡ずつをそれぞれ「清原清衡」と「清原家衡」とが分け合う形に決めたのです。
しかしこの決定に納得いかなかったのが「清原家衡」でした。
「清原氏」の血が流れていない養子の「清原清衡」となぜ領土を分配するのか、不満だったのです。

そしてその不満が形となって現れました。
「清原家衡」が「清原清衡」の館を襲撃。
その際に「清原清衡」の家族は全て殺され、「清原清衡」のみがかろうじて逃げ出せたのでした。
そしてその詳細を事細かに「源義家」に報告、「救ってほしい」と頼み込んだのです。

原因はわからないが一方的に攻め込んだ「清原家衡」を「源義家」は許すことはできませんでした。
「源義家」は「清原清衡」を助け、「清原家衡」と対決することになったのです。

清原氏の運命は

清原氏の運命は

image by PIXTA / 15159256

「源義家」参戦の報を聞いた「清原家衡」は沼柵と言う基地で徹底した防衛線を展開、気候と地の利を活かし、「源義家」を撃退するのでした。

一度は敗れた「源義家」でしたが、再び「清原清衡」と共に「清原家衡」が籠る金沢柵を攻め込んだのです。
しかしその金沢柵は難攻不落と呼ばれていた非常に防御に優れていた基地であり、何度攻め込んでもびくともしませんでした。
二度の失敗は許されない「源義家」は力攻めが無理と見るや金沢柵を包囲し、食料を枯渇させる兵糧攻めへと戦い方を変えるのです。

その効果は非常に高く、食料の供給が止まってしまった金沢柵内部では飢餓に苦しむ人たちがあふれ出してきたのでした。
そしてその飢餓に耐えられなくなった女子供が投降してきたのです。
「源義家」は非戦闘員である女子供の命は助けようとしたのですが、それに反対したのが「吉彦秀武」でした。
「吉彦秀武」は投降者を処刑することで、投降を志願する者を減らし、金沢柵内部の食料消費スピードを安定させるよう進言したのです。
「吉彦秀武」は「清原清衡」側についており、「清原家衡」側の人々は危険人物であり、殲滅を考えていたのでした。

「源義家」は「吉彦秀武」の意見を採用。
その結果これ以降投降するものは現れませんでした。
そして食料を切らし、戦意もなくなった「清原家衡」軍は敗走、金沢柵に残った人々は兵だけでなく老人や子供、女までもが皆殺しにされてしまったのです。

そして金沢柵から逃亡し、再起を図る為に隠れていた「清原家衡」も見つけ出され、処刑されたのでした。

その結果後三年の役が終結を迎えたのです。

後三年の役が与えた影響

「源義家」の活躍により、後三年の役は終結を迎え、東北地方は再び平和が訪れました。
そして後三年の役を終わらせた「源義家」は多大な恩賞を期待し、敵兵の首を持って京都に向かいました。
しかし朝廷は「源義家」に恩賞を与えるどころか、戦っている間の税金を滞納していると言ったのです。
朝廷としては「源義家」が勝手に「清原氏」の内部抗争に参加して戦っただけと言う認識だったのでした。
「源義家」にとって後三年の役は、恩賞はなく、負債が増えた戦いだったのです。
しかしそのような状況に追い込まれた「源義家」でしたが、一緒に戦ってくれた部下には自費で恩賞を与え、それに感動した武士たちは「源義家」を崇めるようになったのでした。

そして後三年の役の勝利者となった「清原清衡」は、奥六郡の統治を任され、さらに「清原氏」が所有していた全ての財産を引き継ぐことになったのです。
一番おいしい思いをした人物だったかもしれません。
さらに「清原氏」が滅亡したことにより、「清原姓」を捨て、元々の姓である「藤原姓」に戻し、「藤原清衡」を名乗るのでした。
その「藤原清衡」こそが奥州藤原氏の祖であり、中尊寺金色堂を建設する人物です。
奥州藤原氏は「源頼朝(みなもとのよりとも)」に滅ぼされるまで、東北地方で栄耀栄華を極め、平和をもたらしたのでした。

photo by PIXTA