足利義輝の生涯を追う。室町幕府末期に鮮烈に散った剣豪将軍

室町幕府末期の将軍のイメージってどんな感じですか?正直、印象ないですよね。最後の足利義昭(よしあき)が織田信長(おだのぶなが)に追い出されたっていうイメージくらいでしょうか。しかし、その義昭の実兄にして13代将軍だった義輝(よしてる)は、小説やミュージカルの題材となるくらいドラマチックな人生を送った人物でした。剣豪将軍と呼ばれたとか…!?そんな彼の波乱の生涯、ぜひ追いかけてみることにしましょう。

すでに地に落ちていた将軍の権威

すでに地に落ちていた将軍の権威

image by PIXTA / 1158463

義輝が生まれたのは天文5(1536)年。
12代将軍足利義晴(よしはる)の嫡男でした。
15代の義昭は1つ下の同母弟に当たります。

この頃の室町幕府の状況について、簡単にご説明しましょう。

応仁元(1467)年から約11年間続いた応仁の乱(おうにんのらん)は終わっていましたが、それを収拾できなかった将軍の権威は地に落ち、幕府のナンバー2ポジションの管領(かんれい)などの有力大名が力をどんどんつけていました。
そのため、将軍は彼らと対立しては都落ち…というのが多かったんですよ。

11代義澄(よしずみ)や義輝の父・義晴もそうで、2人共、結局は都ではなく近江(滋賀県)で最期を迎えています。

このように混乱した政局の中、父が近江へ逃れている間に、義輝は生まれたのでした。

わずか11歳で将軍の座に

わずか11歳で将軍の座に

image by PIXTA / 10488027

義輝の父・義晴は、管領の細川晴元(ほそかわはるもと)と争いを続けていました。
しかし、戦っては負けて近江へ逃げるという繰り返しだったんです。
父もそうでしょうが、幼い義輝にもまた、屈辱感があったはず。

そんな中、天文15(1547)年、義輝は11歳で元服し、13代将軍となります。
かなり早い将軍職就任ですが、しばらくは父が大御所として後見しています。

ちなみに、元服当初は「義藤(よしふじ)」と名乗っていますが、便宜上、この記事では「義輝」で統一しますね。

元服から2年後の天文17(1548)年、父と細川晴元が和睦し、義輝も京都へ戻ります。

さあ、これでやっと管領ともうまくやっていけるし、将軍として政治にも携われる…と思いきや、そうも行かなかったんですよ。

いったい、どうしてなんでしょうか?

三好長慶との因縁のはじまり

三好長慶との因縁のはじまり

image by PIXTA / 19522404

それは、細川晴元の家臣だった三好長慶(みよしながよし)の存在が原因でした。

実は、晴元は長慶と仲が悪くなってきており、長慶は細川氏の同族・氏綱(うじつな)を担いで晴元を攻めたんですね。

そのため、この時晴元とは和睦し共に行動していた義輝と父・義晴は、またも近江へ逃げなければならなくなってしまいました。
これが、義輝が将軍となった翌年のことでした。
そして、父は近江の地で無念を抱いたまま亡くなってしまったんです。

父の無念を引き継いだ義輝は、まだ15歳。
何とか三好勢力と戦おうとしますが、なかなかうまくいきません。

それでも彼の執念はすさまじく、天文20(1551)年には部下を長慶暗殺(失敗に終わる)に派遣しています。

ところがその翌年、義輝は長慶と和睦を結びます。

ただ、これは決して対等なものではなく、長慶の言いなりである細川氏綱を管領として認めるのが、義輝に提示された条件でした。

このため、義輝は都に戻ってきたものの、当時の幕府は実質上三好長慶による政権となってしまったんです。

負けても、逃亡しても、それでも三好に挑む

負けても、逃亡しても、それでも三好に挑む

image by PIXTA / 34879870

歴代将軍の屈辱を見てきた義輝は、それに甘んじることのできない誇りを胸に強く秘めていました。

そして天文22(1553)年には、三好長慶に追放された細川晴元と連携し、三好勢力に戦いを挑みます。
しかしあっさりと敗北を喫し、義輝はまたも近江へ逃れざるを得なくなってしまったんですよ。
いったい何回目でしょう。

以後5年間、義輝の近江生活は続きました。
この間に、正式に「義輝」と改名しています。

近江では、父ともどもかつて世話になっていた六角(ろっかく)氏を頼ります。

その支援により再度、三好方に挑みますが、他勢力にも兵力を割かなければいけなくなった六角氏側の事情で支援を打ち切られてしまい、やはり三好勢力に勝つことはできませんでした。

三好長慶との和睦

三好長慶との和睦

image by PIXTA / 513068

しかし、運命が好転する時がやってきました。

六角義賢(ろっかくよしかた)が間に入ってくれることとなり、義輝は三好長慶とついに和睦し、京都へ戻ることとなったんです。

まあ、和睦とはいっても、今までの経緯が経緯なだけに、両者は距離を置きつつ穏便に行こうと考えていたんでしょうね。

義輝は長慶の息子・義長(よしなが/のち義興/よしおき)に自分の名前の一字を与え、御供衆(おともしゅう/将軍の出行に付き従う側近)に取り立てます。

一方、長慶を牽制するかのように、長慶の重臣・松永久秀(まつながひさひで)もまた御伴衆としたんですよ。

名前の一字を与える「偏諱」

義輝は、自分の名の一字をたいへん多くの武将に与えています。
これを偏諱(へんき)と言います。
本当はもう少し複雑な説明になるんですが、ここではそれは省略しますね。

時代が進み、特に室町以降の歴代将軍になると、上の者から下の者へ偏諱を与える風習が出てきました。
つまりは、主従関係の証になったんですよ。

義輝は偏諱を多くの武将に与えることで、将軍としての自分の権威を高めようと考えていたわけです。

「輝」なら伊達輝宗(てるむね/政宗の父)や上杉輝虎(てるとら/後の謙信)、ついには偏諱でない方の「義」の字まであげています。
九州の勇・島津義久(しまづよしひさ)や三好長慶の後を継いだ三好義継(よしつぐ)、東北の大名・最上義光(もがみよしあき/政宗の伯父)など、列挙していったらきりがないくらいなんですよ。
ざっと数えれば、3,40人はいたかもしれません。

将軍権威の回復に奔走

将軍権威の回復に奔走

image by PIXTA / 31801990

武田信玄と上杉謙信が川中島(かわなかじま)の戦いで何度も対戦したのは有名ですよね。
あの調停や、九州でのライバル・島津家と大友家の調停、徳川家康と今川氏真(いまがわうじざね/義元の息子)の調停などなど…本当に多くの戦国大名との接点を持ち、将軍の名の元に調停をすすめることで、幕府の権威を復権し高めようとしたことがわかります。

また、幕府の財政を司っていた政所(まんどころ)執事を代々務め、牛耳っていた伊勢(いせ)氏を排除し、代わりに自分の親戚筋を充てて、財政に関しても将軍の力が及ぶようにしたんですよ。

目の上のたんこぶ・三好長慶の死

目の上のたんこぶ・三好長慶の死

image by PIXTA / 27824515

そして、頑張る義輝に、チャンスが巡って来ました。

三好家に衰退の兆しが表れてきたんです。

事実上の天下人となっていた三好長慶ですが、それを支えていた弟たち、嫡男までもが相次いで戦死・病死してしまったんですよ。

すると長慶は途端にやる気を失ってしまい、そのまま亡くなってしまいました。
これが永禄7(1564)年のことです。

長慶の言いなりになること約6年、「ついに俺の時代が来た!」と義輝は思ったことでしょう。

しかし皆さん、思い出してください。

三好長慶には、とんでもなく頭の回る部下がいましたよね。
一度だけ名前を出しましたが…それが、松永久秀。
義輝の御伴衆でもある人物です。

そして、「三好三人衆」と呼ばれる三好家の重臣3人もまだ健在でした。

彼らにとっては、義輝はまだまだお飾りでいてもらわなくてはならなかったんです。

もしお飾りでいる気がないのならば、力づくで「排除」しなくてはならないと彼らは考えていました。

何やら、不穏な空気が立ち込めて来ましたよ…。

永禄の変

永禄の変

image by PIXTA / 7663005

永禄8年5月19日(1565年6月17日)、義輝の御所を、突如として1万もの軍勢が取り囲みました。
それを指揮するのは三好三人衆と松永久通(ひさみち)。
久秀の息子です。

なお、松永久秀が義輝暗殺を首謀し実行したというのは厳密には違います。
というのも、久秀自身はこの時、領地の大和国(奈良県)にいたんですね。
とはいえ、息子が実行犯に加わっているんですから、何らかの事情は把握していたのでしょうが…。

三好三人衆と松永久通らは「将軍に訴訟がある」と取次ぎを求めました。
しかし、訴訟有と言う割には連れている兵が多すぎます。
そして、彼らは取次ぎを待つことなく、御所の四方から攻め入って来たのでした。

異変を知った義輝らですが、そこにいる側近たちはわずか30余名。
大軍に対抗できるはずもありません。

もはやこれまでか…。

義輝は、自分の力ではもうどうにもならないことを悟ったのでした。

剣豪将軍義輝、壮絶なる最期

剣豪将軍義輝、壮絶なる最期

image by PIXTA / 22476746

別れの盃を交わした主従は、おのおの武器を取ると、打って出ました。

ある者は1人で数十人を討ち取るほど奮戦したといい、側近らはすべてが討死しています。

義輝もまた、自ら薙刀(なぎなた)を奮い敵に応戦しました。

生涯無敗の剣聖・塚原卜伝(つかはらぼくでん)に師事し、奥義「一之太刀(いちのたち)」を伝授されていたという義輝。

その腕を、人生の最後に存分にふるったというわけです。

足利将軍家伝来の名刀を畳に刺しておき、刃こぼれを起こすと次の刀、そして次の刀…と引き抜き、敵を斬り続けたという伝説が残されています。

あまりにも義輝が強すぎるので、三好・松永方の兵は四方から畳で押しかかり、その動きを封じてから刺し殺したといいます。
また、槍で足払いをかけ、倒れたところにとどめを刺したとも言われているんですよ。

足利義輝、享年30。

無念の残る、壮絶な最期でした。

この時、御所にいた彼の実母・慶寿院は自害しています。
そして、彼の子を身ごもっていたという愛妾もまた、殺されてしまいました。

三好・松永方のやりようは容赦なく、義輝のもう一人の弟で僧侶だった周暠(しゅうこう)も殺害しています。
唯一、残されたのが、後の15代将軍となる義昭(当時は僧侶だった)でした。

剣豪伝説の由来

義輝が武芸に優れていたという剣豪伝説が生まれた由来は、後世の書物によるものだとも言われています。
成立年代が不明であり、軍記物(ときに通俗小説)の「足利季世記(あしかがきせいき)」や、江戸時代、頼山陽(らいさんよう)によって記された「日本外史(にほんがいし)」には先程のような描写が出てくるのですが、それが歴史史料として信憑性があるのかと言えば、そうでもないんですよ。

けれど、やはり剣豪将軍という姿に夢を見たいですよね。

一方、江戸時代の歌人で豊臣秀吉にも仕えた松永貞徳(まつながていとく)による「戴恩記(たいおんき)」には、義輝について「とんでもない悪御所で、刀に黒い紙を巻き、夜な夜な辻斬りをしていた。
だから三好家に討たれたのだ」と書かれています。

しかし、この松永貞徳は松永久秀の血筋に当たるとも言われており、だとすればこのような書き方になるのかもしれませんね。

本当のことは、その時、その場に居合わせた人にしかわからないのでしょうが、やっぱり、次から次へと刀を取り換えては相手に挑み続け、力尽きたという最期を想像したくなりませんか?

散り際の美学!カッコ良すぎる辞世の句

散り際の美学!カッコ良すぎる辞世の句

image by PIXTA / 23719199

側近たちと別れを交わす際、義輝は辞世の句を詠みました。
辞世の句とは、この世を去る間際に詠む漢詩や和歌のことですね。
武士が切腹する時など、多くの句が戦国時代には詠まれてきました。

「五月雨は 露か涙か 不如帰(ほととぎす) 我が名をあげよ 雲の上まで」

(しとしとと降り続く五月雨は、ただの雨なのか、それとも無念の思いを残して死にゆく私の涙だろうか。
ホトトギスよ、誇りを捨てずに戦い死んでいった私の名前を、どうか雲の上にまで届けてくれ)

これは、ぐっとくるものがありますよね。
義輝の人生をここまで追ってくると、より心にしみるものがあります…。

足利将軍家の誇りを持ち合わせた最後の将軍

将軍の権威をその手に取り戻そうという一心で戦い続けた足利義輝。
その思いは、残念ながら叶いませんでした。
そしてこの後、室町幕府は滅亡への一途をたどります。
一方、三好氏も松永氏も戦国時代の渦に飲み込まれて消えていきました。
もし義輝が殺されなかったら…と考えましたが、うーん、この後、織田信長が出てくるんですよね。
2人は絶対合わない感じがしますし、やっぱり義輝は生まれてくる時代がまずかったのかなとも思います。
けれど、義輝の短くも鮮烈な生涯は、皆さんの心にしっかりと残ったのではないでしょうか。
それこそ、彼の辞世の句の通りになったような気もしますね。
photo by PIXTA