もみじ回廊の紅葉を満喫しよう。関東近郊の紅葉はここで決まり

公開日:2018/12/26 更新日:2019/11/6

トラベルパートナー:山梨在住トラベルパートナー

山梨県在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

赤色に囲まれた美しい世界に浸るべし

暑い夏が過ぎ去って秋になると楽しみなのは、なんといっても美しく色鮮やかな紅葉です。山梨県にある河口湖のもみじ回廊には、紅葉に囲まれてついつい見惚れてしまう魅力があります。そんな東京からも行きやすい河口湖のもみじ回廊の見どころをたっぷりとご紹介します。

もみじ回廊に行ってみよう!

素朴な看板を目印に、もみじに包まれるもみじ回廊へ行ってみましょう。

この看板を目印にもみじ回廊を探そう

河口湖の周辺を車で走っていると、もみじ回廊の文字が見えてきます。目立つような感じではなく、よく見ていないと通り過ぎてしまうような看板なので注意深く探してください。最初は一本道のような雰囲気で少々驚きますが歩みを進めてみましょう。

もみじ回廊はもみじが近い

木々の間に少し水が流れていて、両岸からもみじがしだれかかるように紅葉していてそれが長く続いています。まるでもみじに囲まれた、もみじのトンネルができているように感じられます。高い木もありますが中には小さい木もたくさんあるので、近くで葉を撮影することも可能です。

小さい木に近寄ってもみじを撮ってみよう

「富士河口湖紅葉まつり」は11月初めから終わり頃まで開催されていますが、タイミングよく紅葉に合わせていくと、真っ赤に色づいた美しいもみじに出会うことができます。葉のボリュームもあるので、人を避けてシャッターチャンスを狙えばきれいな一枚を撮ることも可能です。

もちろん木についているもみじもとてもきれいですが、葉が下に落ちて真っ赤な絨毯のようになるので上だけでなく下にも注目してみてください。

紅葉まつり前でも緑と黄色と赤のミックスがきれい

富士河口湖紅葉まつりは11月から始まりますが、河口湖周辺の紅葉は10月下旬から徐々に色づき始めます。もみじ回廊は閉鎖されているわけではないので10月でも通ることができます。この時期には屋台などの出店はありませんが、その分観光客も少ないので思う存分写真を撮ることができて穴場な時期です。

夜のライトアップも見逃せない

もみじ回廊は富士河口湖紅葉まつりの期間中には夜間ライトアップも行われています。照らされる時間は午後4時半頃の日没から午後10時ごろまで。ライトに浮かび上がる赤いもみじのトンネルは、明るい時間帯とはまた一味違った雰囲気を醸し出します。夜になると寒くなりますが、ライトアップされたもみじは一見の価値があります。

屋台も楽しみの一つ

もみじを見て回ったあとは屋台でクレープややきそばを買って小腹を満たすこともできます。

紅葉まつりの期間中には飲食やお土産、クラフト市などの出店で賑わいます。会場内にはステージも設置されて、期間中様々なイベントも行われます。山梨県ならではの特産品を食べたり、お土産に購入したり、食べ物だけではなく多様な工芸品も購入することができて楽しいお祭りです。

会場には座るスペースもありますが、祭り期間中は来場者が非常に多く混み合いますので、早めに行って席をとっておきたいところ。下は砂利のため白い靴で行くと汚れてしまうので、気を付けると良いでしょう。

紅葉の近くでゆっくりとした時間を過ごす最適な空間

周辺にある美術館やカフェで一息いれてはいかがでしょうか。

紅葉まつり会場の近くにある美術館エリアはココ



もみじ回廊から徒歩10分程度のところにあるのは河口湖木ノ花美術館。ここはとてもキュートでファンタジックな魅力にあふれたスポットです。オルソンさんのイチゴというレストランカフェなどが建ち並びお洒落な空間が広がっています。河口湖の湖畔に出ることもできて、湖の優美な風景を楽しむことができます。

苺好きにはたまらないオルソンさんのイチゴでケーキタイムはいかが?

オルソンさんのイチゴという店の名前のレストランカフェでは、イチゴ好きにはたまらないイチゴを使ったスイーツが味わえます。もちろん、料理もなかなかの充実度。おすすめの一品が甲州牛のハンバーグステーキです。上質な甲州ビーフ100%のハンバーグに、10日間かけてじっくり丁寧に調理した濃厚でまろやかな、シェフ秘伝のデミグラスソースがたっぷりかかった極上ハンバーグは絶品です。

ゆったりとした店内はほんわか温かい光を投げるクラシカルな照明が素敵で、日当たりのいいテラス席からはイングリッシュガーデンを思わせる景色が広がっています。晴れた日は、お日さまに誘われて優雅にのんびりお茶を楽しむのも良いでしょう。

猫のダヤンを見に行こう

河口湖木ノ花美術館には猫のダヤンというキャラクターのミュージアムがあります。有料ですが、ダヤン好きにはたまらないスポット。館外には素敵な雰囲気のイスなどが置いてあり、SNS映えするようなオシャレな写真が撮影できるので、多くの方がお気に入りの一枚を撮っています。かわいらしい不思議な国の世界観に魅了されるのも楽しいです。

Address 〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町3026-1
Hours 3月~11月9:00-17:00 12月~2月10:00~16:00土日9:00-17:00
Closed なし
Tel 0555-76-6789
Web http://www.konohana-muse.com/konopg/cafepg/cafetop.html

紅葉まつり入口近くの石ころ館に行ってみよう

天然石の魅力や手作りブレスレットを作ることができます。

石ころ館は、主に天然石を扱ったお店。建物は2階建てで1階にはすでに作られた商品が販売されていて、2階は手作り体験コーナーという自分で好みのアクセサリーを制作できるスペースとなっています。一つ一つの石にしっかりと意味が記載されており、石の意味を学びながら見ることができます。

世界に一つしかない自分好みのブレスレットを作ろう

天然石のブレスレット作りはおすすめの楽しみ方です。2階の手作り体験コーナーで、まずはどんな石が良いのか自分で選んでいきます。店員さんに腕の太さを計ってもらい、石の数が何個程度必要か教えてもらい好きな石を組み合わせます。

自分好みに石を並べて、最後は店員さんに結んでもらって完成。値段は選ぶ石により差がかなり出てきますが、自分だけのブレスレットが作れるのは貴重な体験です。

Address 〒401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立1221-1
Hours 4月~10月9:00~18:00 11月~3月9:30~17:30
Closed なし
Tel 0555-73-4000
Web http://www.tanzawa-net.co.jp/shop/13.html

富士吉田の紅葉まで足を延ばしてみよう

趣を感じる旧武藤家邸の紅葉は、もみじ回廊とはまた違った魅力を見せてくれます。

河口湖に向かう途中で見つける紅葉祭りは、旧武藤家邸に

河口湖に向かう途中、富士吉田を通ると紅葉祭りの文字が見えてきます。旧武藤家邸のところに紅葉が並ぶ通りがあります。比較的高い木が多いので空に向かって紅葉を見上げると、とても美しい景色を見ることができるので写真に収めるのも良いでしょう。



旧武藤家邸も紅葉ついでに見に行こう

紅葉がある通りから一本はいるとそこにあるのは歴史を感じる旧武藤家邸。この中をのぞくと土間があり、なんだかホッとするような昔ながらの空間が広がっています。家の外側には縁側もあって座って写真を撮ると、まるで昔にタイムスリップをしたような不思議な感覚を体感することができます。

Address 山梨県富士吉田市上吉田2288-1
Hours なし
Closed なし
Tel 0555-21-1000
Web なし

もみじ回廊へのアクセス

車でのアクセス

もみじ回廊は車やバスを利用した方が行きやすいため、おすすめです。車でのアクセスの場合は河口湖インターチェンジから6km、富士吉田インターチェンジからは6.5kmです。河口湖に向かっている途中から「富士河口湖紅葉まつり」の幟が見えるので目印になります。通り沿いに紅葉まつりの仮設駐車場ができるので、そこに無料で駐車することができます。

バスでのアクセス

バスでのアクセスの場合は河口湖駅から河口湖周遊バスで25分程度で、久保田一竹美術館で下車します。また富士急行線路線バス大石プチペンション村行きでも行くことが可能でこちらは約20分程度で広瀬・久保田一竹美術館前バス停下車です。

Address 〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口
Hours なし
Closed なし
Tel 0555-72-3168(富士河口湖町役場)
Web https://kawaguchiko.net/event/fujikawaguchiko-momijimatsuri/

まとめ

紅葉は日本の四季の醍醐味の一つ。東京からも行きやすい場所にあり、赤のもみじ越しの富士山を拝むことができる河口湖周辺は、大変景観の良いスポットで特におすすめです。近くから紅葉を見てみたり遠くから眺めてみたり、秋は自然を楽しむにもってこいの時期ともいえます。秋ならではのもみじ回廊の絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか。