サンタモニカピアは一日中遊べる巨大テーマパーク。多くの映画のロケ地にも

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

SNS映え間違いなしのサンタモニカピアに釘付け

サンタモニカ・ステート・ビーチにあるサンタモニカピアは、美しいビーチと歴史ある遊園地や水族館など自然と都会が融合した魅力的なスポットがたくさんあります。海辺ではマリンスポーツや釣りもできておいしいグルメも。そんなサンタモニカピアの楽しみ方と見どころをたっぷりとご紹介します。

サンタモニカピアは世界一有名な桟橋

サンタモニカピアはカリフォルニア州ロサンゼルスにある100年以上の歴史をもつ桟橋です。世界一有名な桟橋といわれていて、ロサンゼルスを代表するランドマークの一つになっています。ビーチまで突き出たピア(=桟橋)の上には、遊園地や水族館、レストランなどが建ち並んでいます。ロケーションの良さもあって、世界中から観光客が絶えない人気観光スポット。映画「ラ・ラ・ランド」のロケ地としても有名です。

パシフィック・パークで思い切り遊ぼう

パシフィック・パークはサンタモニカピアの上にあります。色も鮮やかなパシフィック・パークで絶対に乗っておきたい乗り物を紹介します。

ピアの上にある遊園地 パシフィック・パーク

サンタモニカピアの中でも特に人気スポットなのがこのパシフィック・パーク。カラフルなアトラクションが目を惹く遊園地です。小規模な遊園地ですが、年齢問わず楽しめる場所です。ジェットコースターや観覧車など、全部で14ものアトラクションがあります。まるで映画のワンシーンのような雰囲気の遊園地で、夜のライトアップもとてもきらびやかで見逃せません。

太陽光で動く観覧車はマスト

遊園地といえばやはり観覧車です。ここにはなんと世界でまだひとつしかない、太陽光エネルギーで動く観覧車があります。高い所が苦手でなければ友達同士でもカップルでも家族でも楽しめるアトラクションです。

ビーチが近いので海風が吹いていると爽やかで心地よく感じます。天気のいい日はもちろんのこと、ロマンチックなサンセットの時間帯もおすすめです。日本の観覧車と比べると回転速度が速いので、その速さに驚くかもしれません。

ロサンゼルスのランドマーク!木製メリーゴーランド

パシフィック・パークの目玉ともいえるこの木製のメリーゴーランドは、1916年にできたとても歴史あるものです。1975年にはアメリカ政府によってロサンゼルスの歴史的ランドマークに認定されました。このメリーゴーランドは映画「スティング」にも登場しています。とても古いメリーゴーランドですがもちろん稼働するのでしっかり乗ることができます。

意外な穴場 サンタモニカピア水族館

充実した展示があるサンタモニカピア水族館。ただし入口は少し分かりにくいので注意しましょう。

サンタモニカピア水族館はメリーゴーランドの下にある

サンタモニカピア水族館は、パシフィック・パークのメリーゴーランドのすぐ下に位置しています。ここではおよそ100種類の在来種を鑑賞することができます。12歳以下は入場無料なので、お子さん連れにおすすめのスポットです。ピアにまつわるお話を聞ける無料のウォーキングツアーも行われていて人気を博しています。

毎日実施される教育プログラムが人気

View this post on Instagram

is that what you call a getaway?

A post shared by @ olivia.bruh on

水族館では日替わりでイベントが開催。スタッフの付き添いで生き物に触れてみたり、サンタモニカ山地の水の経路を勉強したりもできます。内容もバラエティに富んでいるので、子どもから大人まで楽しく学ぶことができます。

釣り好きは必見 ピアで釣りを楽しもう

サンタモニカピアのアーチにはSport Fishing(スポーツフィッシング)という文字が書かれています。その文字が示すとおりでピアの先端では釣りを楽しむことができます。特別な資格は必要ないので、釣りの初心者の方でもおすすめです。ここは家族連れでのんびり釣りをしている人が多いスポット。釣りに必要な道具はレンタルが可能なので、手ぶらで行けて気軽に釣りが楽しめるところがポイントです。

サンタモニカピアはルート66の終着点

ルート66は、かつてイリノイ州シカゴからカリフォルニア州ロサンゼルスまでを結ぶ全長3,755km(2,347マイル)の大陸横断国道でした。この道はアメリカ西部の発展を促進した重要な国道でしたが、現在では州間高速道路の発達によりその役目を終えて廃線となっています。

このルート66の終着点がサンタモニカピアにあります。「End of the Trail」と書かれた看板はまさにアメリカの歴史を物語るもので、観光客に人気のフォトスポットです。サンタモニカピアに行ったら必ず写真に収めておきたいところで、インスタ映えすること間違いなしのスポットです。

ずっと眺めていられるサンタモニカビーチ

美しい砂浜と海が長く続くサンタモニカビーチは海水浴はもちろんのこと、その景色を眺めているだけでもカリフォルニアの雰囲気を満喫することができます。

ローカルと観光客で賑わうサンタモニカビーチ

カリフォルニアで一番有名といわれているのがサンタモニカビーチです。どの時間帯も賑わっていますが、比較的空いている穴場の時間帯は朝。パドルボードなどのレンタルもあるので、マリンスポーツを楽しむのも良いでしょう。サンタモニカビーチから見るサンセットはとても美しくまさに絶景です。

サンタモニカビーチからピアを見た景色

パシフィック・パークの観覧車から見る景色もとても良いのですが、サンタモニカビーチからピアを眺めるのもおすすめの楽しみ方です。自然と都会が合わさったような景色が楽しめるのはサンタモニカビーチならではの光景。パシフィック・パーク全体の写真を撮るならビーチからのアングルがきれいに納まっておすすめです。

サンタモニカピアの美味しくてお洒落なお店

サンタモニカピアにはお洒落で美味しいお店がたくさんあります。海辺で食べたい手軽なご飯はハッピーな気分にさせてくれるでしょう。

まさに西海岸の雰囲気!ピア バーガー

このレトロポップで可愛らしい雰囲気のハンバーガー屋さんがピアバーガーです。お店の人もフレンドリーで、観光客に大変人気のお店となっています。もちろん店内で食べることも可能ですが、テイクアウトにしてビーチや外の海沿いのベンチで食べるのが景色を楽しめて特におすすめです。

海を見ながら食事ができる マリアソル

View this post on Instagram

Tuesdays are good for #beach food!

A post shared by Mariasol Cocina Mexicana (@mariasolofficial) on

マリアソルは、ピアの先端近い場所にあるメキシカンレストランです。海を間近で見ながらボリューミーなメキシコ料理を楽しめるのが特徴。目の前で調理してくれるワカモレはこのお店の定番です。サンセットの時間帯になると夕陽を見ようとする人で海側のテラスが混雑するので注意が必要。混雑する時間帯を避けて利用するのも良いかもしれません。

サンタモニカピアのババガンプシュリンプは定番

ババガンプシュリンプはエビ料理を中心に楽しめるエビ好きにはたまらないシーフードレストランです。アカデミー賞受賞映画「フォレスト・ガンプ」をテーマにしたレストランで、サンタモニカピアでも人気店のため行列ができることもあります。日本人好みの味で、ビールと一緒に軽食として揚げたてのうちに食べると最高に合います。併設されたショップではオリジナルグッズも販売しているので、記念に購入するのも良いでしょう。

サンタモニカピアへのアクセス

サンタモニカピアまでは電車が通っていないため、バス利用がおすすめの方法です。ロサンゼルスダウンダウンからビックブルーバス(10番サンタモニカ行)で約40分、ブロードウェイ オーシャンで下車します。バスではお釣りが出ないので、ちょうどの金額を用意すると良いでしょう。

住所| 200 Santa Monica Pier,Suite A Santa Monica, CA 90401
営業時間|0:00〜23:59
定休日|なし
電話|310-458-8900
公式サイトはこちら

まとめ

古き良きアメリカの雰囲気を存分に楽しめる場所がここサンタモニカピアです。歴史ある遊園地や水族館で遊んだり、映画の舞台になった場所に思いを馳せるのもまた良いでしょう。海風を感じてオーシャンビューを見ながらの食事も最高です。ロサンゼルスに来た際はこの世界的な人気観光スポットに是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。