日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて

長崎県南東部、有明海に大きく突き出した島原半島にある島原城。もともとあった建物は明治維新の際に解体されてしまいましたが、1960年代に入ってから古い資料をもとに復元され、その日本屈指の高さを誇る白亜の天守は観光スポットとしても大変人気があります。周囲を取り囲む石垣も堀も実に壮麗で見応え抜群。そんな島原城の魅力と城下のオススメスポットをたっぷりご紹介いたします。

島原城の歴史

松倉重政と島原城

松倉重政と島原城

image by PIXTA / 30457846

島原半島一帯は戦国時代、肥前有馬氏という氏族が入り込んできて幅を利かせていました。
現在の島原の市街地より南、半島の南端部分の小高い山の上に築かれた日野江城(ひのえじょう)という城があり、有馬氏はここを居城としていたようです。
江戸時代に入ると、日野江城はそのまま、島原藩の藩庁として機能することになります。

しかし間もなくして、有馬氏が身内のゴタゴタなどから別藩への移動を願い出たため、1616年(元和2年)、徳川家臣の松倉重政(まつくらしげまさ)が藩主として島原にやってきました。
松倉重政は関ヶ原の戦いで徳川方に味方して手柄を立てたことで、大和五条藩(奈良県)に1万石を与えられて藩主をしていましたが、大坂夏の陣でも功績を上げ、4万3000石で島原藩に移ってくることになった人物。
城や街づくりには定評があったといいます。

日野江城を手狭に感じた松倉重政は、藩入りしてまもなく、島原城の築城を開始。
1624年(寛永元年)には城を完成させます。

総石垣に巨大な堀、独立式層塔型5重5階の荘厳な天守、櫓が49棟。
4万3000石の外様大名にしてはかなり豪華な造りの城と思われます。
ただでさえ相当な出費だったと思われますが、これに加えて松倉重政は、徳川幕府への中世を証明するべく、江戸城の改修費用も負担していました。
重なる出費に、島原の領民は大変苦労したと伝わっています。

島原の乱と島原城

島原の乱と島原城

image by PIXTA / 32797557

そんな松倉家の締め付けに、ついに領民たちが決起。
1637年(寛永14年)、島原の乱が勃発します。
乱の指導者の中には、かつて島原を治めていた有馬氏の家臣の姿もあったのだそうです。

時を同じくして島原および周辺諸国では、藩によるキリシタンの弾圧が激しさを増しており、これに反発する動きも活発化していました。
過酷な取立てに宗教弾圧と、庶民の怒りは頂点に達し、大規模な一揆へと発展していったのです。

一揆の勢いは留まるところを知らず、危険を感じた島原藩が島原城に篭城すると、領民たちが一気に押し寄せ、城下は火の海と化したといいます。
島原の騒動を受けて天草でも一揆が始まり、天草四郎を中心に反乱が激化。
一揆は半年以上続きましたが、幕府が鎮圧に乗り出し、大軍による包囲や兵糧攻めを受けて食料や弾薬が底を尽き、一揆軍は陥落。
島原の乱は終息します。

過酷な取立てが乱を引き起こしたとして、松倉家は処断。
天草を治めていた寺沢家も責任を問われて領地没収となります。
さらにこの一揆の影響で、幕府はキリスト教布教のために来ていたポルトガルとの国交断絶を決定。
やがて鎖国が始まります。

松倉家が処断された後、1638年に藩主として島原にやってきたのが、武蔵岩槻藩(埼玉県)だった高力忠房(こうりきただふさ)でした。
忠房は徳川家光から大変信頼されていたそうで、この人物に島原の乱の後の復興や長崎の警備、周辺の外様大名たちの監視などを任せるに至ったようです。

幕末~現代の島原城

幕末~現代の島原城

image by PIXTA / 13525141

島原は雲仙岳のお膝元。
火山地帯のため土地が痩せていて、作物が思うように育たなかったことも、島原の乱につながっていったと思われます。
収穫高の少ない地域を治めるのは一筋縄ではいかないこと。
そんなこともあって、以後の島原城には、松平氏、戸田氏と徳川譜代の大名が入り政務を執り行いました。

1792年(寛政4年)雲仙普賢岳が噴火し、島原一帯は大きな地震に見舞われます。
山は大きく崩れ、津波が町を襲い、大量の土砂が島原城下を通って有明海に流れ込みました。
対岸の熊本にまで影響が及んだという「寛政の大地変(島原大変)」。
亡くなった人の数は1万5000人にもなったといいます。
城下は土砂で埋まり大変な被害が及びましたが、島原城は倒壊することなく残ったのだそうです。

様々な苦難を乗り越えつつ時を過ごしてきた島原城にも、時代の波が押し寄せます。
幕末から明治へ。
1874年(明治7年)、廃城令により、島原城は廃城処分となります。
土地は民間に払い下げられ、天守をはじめ建物は全て取り壊されることに。
城内は畑や学校などに利用されていきました。

それから100年ほど後、1960年代に入ってから、島原城を復元しようという声が高まります。
1964年(昭和39年)には5重5階、資料に基づいて忠実に造形を再現しつつ現代の建築技術を駆使した鉄筋コンクリート構造の天守が誕生。
島原の新しいシンボルが誕生しました。

島原城の見どころ

大迫力!白亜の天守閣

大迫力!白亜の天守閣

image by PIXTA / 29568041

島原駅を出て正面の道をまっすぐ進むとすぐ、島原城の大きなお堀と石垣にぶち当たります。
駅とは反対側に入口があるため、

お堀沿いの位置をぐるりと半周。
大きな天守閣は外回りの通りからもよく見ることができます。

島原城の入口は、城によくありがちな石段ではなく上り坂の車道。
S字にカーブした坂道を上がっていくと目の前が急に開けて、目の前にドン!と天守閣が現れます。
本丸の中は駐車場になっていて、まるで駐車場の中に天守が建っているかのような、かなり唐突な印象。
もちろん江戸の頃は、アスファルトでもないし駐車場でもなく、何か他の建物が建っていたのかもしれませんが、広く開けたところに建っているので、天守がより一層大きく感じられます。

天守は5層構造。
土台部分に石垣(天守台)があって、石段を上がって天守の中に入ります。
5層の一番下部分が大きく、一番上部分が小さく、ピラミッドのように裾広がりな形状をしていて、下から見上げるとかなりの迫力。
青い空によく映えます。

天守閣の中は展示スペースに。
1階はキリシタン史料、2階と3階には島原藩の所蔵品や庶民の生活に関するものを展示。
5階が最上階で、展望フロアになっています。

展望フロアからの眺望は文句なしの絶景。
天守台も含めると島原城の天守は33mほどの高さになるそうで、その分、柵が高く創られていますが、5階に上がった人はみんな、柵の隙間からカメラを突き出して、写真撮影に余念がありません。
島原の街はもちろんのこと、海の向こう側に熊本を望むこともできるのです。

城内をぶらり散策

城内をぶらり散策

image by PIXTA / 33576880

島原城内には、天守以外にも様々な施設が建てられています。
敷地も結構広いので、ぶらぶら散策するのも楽しいです。

まずは天守閣の目の前にある売店を覗いて、お土産をチェックしましょう。
中には軽食をいただけるスペースもあるので、座って一休み。
うどんやおにぎりといったメニューと共に、島原スイーツ”かんざらし”をいただくこともできます。

売店の並びにある建物は「観光復興記念館」。
1991年(平成3年)前後の雲仙普賢岳の噴火活動に関する展示や記録映像を見ることができます。

「観光復興記念館」の先は少し高くなっていて、小道が続く梅園になっていました。
中には築城主・松倉重政を祀った「松倉重政の祠」がひっそりと建っています。

城内は道が入り組んでいてちょっとした迷路のよう。
奥には菖蒲園もあるため、花の季節に合わせて訪れると、城内散策も一層楽しくなりそうです。

天守閣の裏側の、ちょっと入ったところに復元された櫓の中は「西望記念館」となってします。
北村西望(きたむらせいぼう)という島原出身の彫刻家の記念館。
長崎市平和公園の『平和祈念像』を造ったことで知られる、日本を代表する芸術家のひとりです。
躍動的で力強い作品がずらりと70点余り。
屋外にも大作がいくつか展示されているので、くまなく散策してもれなく鑑賞したいところです。

島原城の堀と石垣

島原城の堀と石垣

image by PIXTA / 28847397

島原城を訪れたら是非注目していただきたいのが、石垣と堀です。
堀端にはたくさんのソメイヨシノが植えられていて、春にはお花見客が大勢訪れます。
ライトアップもあるので夜桜を楽しみにやってくる人も多いのです。

また、堀にはたくさんのハスが植えられています。
江戸時代にはおそらく、籠城の際に役立つよう食料として植えられていたのではないかと思われますが、今では貴重な観光資源に。
夏は白いハスの花を楽しむことができ、秋には堀に入ってレンコンを引っこ抜く「レンコン堀大会」が催され、多くの人で賑わいます。

そして、ダイナミックな石垣も島原城の魅力のひとつ。
城内には、堀の縁まで降りることができる小道が何か所かあるので、是非低い位置まで降りていって、石垣を見上げてみてください。
水の影響か、石垣の間から草や苔が生えて緑一色に染まっている個所もありますが、これはこれで見ごたえがあります。

堀の周囲だけでなく、城内に張り巡らされた小道や梅園(梅苑)の中にある石垣も秀逸。
残っているものだけでも、石はかなりの数が使われています。
かなり大きな石が使われているので、どうやって積み上げたのか想像しながら散策するのも楽しいです。

島原城にまつわるオススメ歴史的スポット

澄んだ湧水が流れる城下・武家屋敷を巡る

澄んだ湧水が流れる城下・武家屋敷を巡る

image by PIXTA / 21234550

島原城の西側の一帯は「鉄炮町」と呼ばれており、鉄砲組と呼ばれる徒士(歩兵)の住まいがあったためそのように呼ばれるようになったと言われています。
松倉重政は島原築城の際、70石以下の下級武士たちの住まう街をこの場所に築かせました。
当時はまだそれほど広い範囲ではなかったそうですが、後に藩主が変わり、街はさらに整備され、町筋は7町、碁盤の目のように道が並び、屋敷は700戸近くも立ち並んでいたのだそうです。

松倉重政はこの武家屋敷街を作る際、生活用水として活用できるよう、2㎞ほど離れた場所から水路を引き、街中の道に沿うようにして張り巡らせました。
その水路は400年経った今も湧水を貯え、地元の人々によって大切に保存され、街中に清流をもたらし続けています。
水路は街中に水をもたらすだけでなく、風情ある光景をも生み出し、島原を代表する名所として観光客を呼び込むことにもなりました。

現在、武家屋敷として保存されているのは、400mほどの長さの道に面する範囲のみ。
山本邸、篠塚邸、鳥田邸という3つの屋敷が一般公開されており、江戸時代の下級武士たちの生活の様子を見ることができます。
道の真ん中に、センターラインのようにまっすぐ流れる水路の流れも実に美しく、江戸時代にタイムスリップしたような感覚に。
休憩所も併設されていて、島原スイーツ”かんざらし”をいただくこともできますので、散策の途中に是非立ち寄ってみてください。

島原藩最初の藩庁「日野江城跡」

島原城下から離れて島原半島を南へ。
戦国時代、島原半島一帯を支配していた肥前有馬氏が築き、江戸時代に入ってから最初の島原藩藩庁となった日野江城の跡が、現在の南島原市に残っています。
建物は壊され石積みが残るだけですが、宣教師ルイス・フロイスの1584年の書簡「日野江と称する有馬の城があり…」との記述が残されていて、この城の名前はヨーロッパにも伝えられていました。
ここは、キリシタン大名であった有馬氏とポルトガル宣教師たちの交流の場でもあったのです。

場所は南島原市の中央部分、有馬川と大手川という二つの川に挟まれた、河口付近の小高い山の上。
地形を活かし、二ノ丸、三ノ丸、北ノ丸に三方向を守らせるように本丸が築かれている様子が、近年の発掘調査で明らかになってきています。

今は石垣が残るだけの状態なので、その分、広く感じられ、守りの硬い城のようにも見えますが、初代藩主・松倉重政はここを手狭に感じて島原城を築いたのだそうです。
よそから移ってきた松倉重政には、手狭というより、交通の便の悪さを感じたのかもしれません。
もし、松倉重政が城を移さず、島原藩がここで藩政を行っていたら、島原の街の様子はどのようになっていたのでしょうか。
平成に入ってからの発掘調査では、金箔瓦や外来技法の石垣なども発見されているらしく、もしかしたら豊臣秀吉とのつながりがあるかも、と言われています。

さらに南下したところに「有馬キリシタン遺産記念館」があり、島原周辺のキリシタンの伝来や弾圧の様子を今に伝える展示が行われているので、少し足を延ばして、是非見学なさってみてください。

絶品スイーツと島原の歴史

絶品スイーツと島原の歴史

image by PIXTA / 31796055

島原の乱の後、荒廃してしまった島原藩を何とか建て直そうと、産業を復興させるため、藩主たちは様々な対策を執り行います。
そのうちのひとつが「ハゼの木(櫨の木)」の植林。
ハゼはウルシの中まで、木蝋(もくろう)を採取することができる樹木。
果実を絞って脂肪を抽出し、取り出した蝋はロウソクなどに使われ、島原藩の財政を大いに支えました。
藩の記録には、1744年(延亭1年)、松平忠刻がハゼの木を10万本植えるよう指示した様子が残されているのだそうです。

木蝋は人々の手によって改良が重ねられ、高品質なものを世に送り出すことに成功。
生産量も増えていきます。
雲仙岳噴火による島原大変の後の島原復興の資金にもなりました。
現在でも市内には、木蝋を使った”和ろうそく”を今に伝える工房があります。

400年経った今も、ハゼの木は島原にたくさん群生しており、秋には赤く染まって紅葉を楽しむことも。
また、5月頃には黄緑色の小さな花を咲かせ、美味しいはちみつをもたらしてくれるのです。

島原では、全国でも珍しい「ハゼのはちみつ」を出していることでも知られています。
爽やかでさっぱりとした後味が特徴だという、この貴重なはちみつは、お土産品として買うこともできますし、島原スイーツ”かんざらし”のシロップとして提供しているお店も。
先人の遺構は、現代に受け継がれ、今も島原の街に豊かさをもたらしています。

大迫力の城内と城を囲む静かな武家屋敷

現在の島原城の天守は鉄筋コンクリートでできていますが、400年も前に同等の大きさの天守が建っていたのかと思うと非常に感慨深い。
豪華すぎる城を建ててしまったがために、領民たちを苦しめ一揆を招いた、というのも頷ける気がしました。
天守閣は大迫力で目が回るようですが、城から外へ出て城下町を歩くと、島原の明るい日差しを浴びて流れる湧水と静かな町並みに心が落ち着きます。
歩き疲れたら、甘くて冷たいかんざらしをつるっとどうぞ。
photo by PIXTA