うだつの町並みに藍商の栄華を見る。足元を優しく照らすライトアップは叙情的

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: kana

徳島県出身。徳島県を中心に、四国と住んだことがある大阪府、愛知県の記事を書いています。旅行は夫か母、友人などとの二人旅がメインです。神社仏閣や歴史が好きなので、そのスポットにまつわる豆知識をふまえて見どころをご紹介します。

脇町のうだつの町並みはいろんなとこにうだつが上がっとるでよ

うだつとは、隣の家との境につける防火壁のこと。「うだつが上がらない」ということわざの語源となった街並みがここにあります。歴史ある街で、タイムスリップしたような気分を味わってみませんか。

江戸時代の風情が残るうだつの町並み

「うだつが上がらない」の語源となったと言われている うだつという防火壁と、その歴史と風情を感じられる町並みが今も残っています。

四国のまほろばと呼ばれて

徳島県美馬市脇町にある うだつの町並みは、江戸中期から昭和初期にかけての歴史的建造物が立ち並び、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。昔は脇城というお城もあった城下町で、藍の商いで財をなした商家がたくさんありました。

最古の建物は宝永4年の棟札が残る国見家住宅で、四国のまほろばといわれるノスタルジックな光景が見られる人気の観光スポットです。まほろばとは素晴らしい場所、住みやすい場所という意味の古語です。

「うだつが上がらない」の語源

うだつとは、隣の家との境につける防火壁で、屋根がせり上がった部分のことを指します。とても高価なものなので、財をなした商家は隣家と競うように豪華なうだつを上げました。うだつがないことは成功していない証拠であったため、ことわざの「うだつが上がらない」の語源となったと言われています。

貴重なうだつの町並み

小規模なうだつの町並みは各地の城下町などで見られますが、大規模なものは、この写真の岐阜県美濃市の うだつが上がる町並みと徳島県美馬市の うだつの町並みの2か所だけです。同じ うだつといっても地域によって装飾や形などに違いがあるので、見比べてみるのも面白いですね。

目を奪われる豪華な装飾

うだつには虎や鬼などの豪華な装飾が施されています。その装飾は家ごとに異なり、それぞれに個性が見られます。

「うだつが上がる」を体感

屋根瓦やうだつの装飾には家ごとにちがった個性がみえます。白い壁に屋根瓦の銀色が映えるうだつの町並みは、昔ながらの日本建築の良さも再確認できることでしょう。豪華なうだつには虎や鬼などの装飾が施されているものもあるので、いろいろなお屋敷を見比べてみましょう。

https://www.instagram.com/p/Bp_8oKrBRLI/

うだつは、とても手が込んだ装飾がされていることがわかり、出世しないとうだつを上げることが難しかったのも頷けます。どのお屋敷にも立派なうだつが上がっていて、当時の繁栄ぶりがうかがえます。

豪商 吉田家住宅は必見

母屋は江戸中期から後期に建てられた歴史の古い住宅で、現在では、假屋崎省吾氏が手がける華道展や将棋の王位戦の舞台にも。

当時の豪勢ぶりを思わせる屋敷

View this post on Instagram

うだつの町並み 吉田家住宅

A post shared by Takashi Yabuuchi (@takashi_yabuuchi) on

脇町のうだつの町並みでトップクラスの豪商、吉田家の屋敷の内部を見学できます。屋敷は敷地が600坪もある大豪邸で、母屋は江戸中期から後期に建てられたという歴史あるもの。敷地には母屋のほかに4棟の建物や、吉田家専用の船着き場まであります。現在、吉田家住宅ではいろいろなイベントが行われていて、将棋の王位戦が開催されたことも。

華道展「うだつをいける」

毎年1月上旬~2月中旬にかけて、華道家の假屋崎省吾氏が手がける華道展「うだつをいける」が吉田家住宅で開催されます。歴史を感じるお屋敷と假屋崎氏の感性の競演は必見。華道展のテーマは毎年変わるので、何度見ても楽しめます。

住所|〒779-3610 徳島県美馬市脇町大字脇町55
営業時間|9:00-17:30
定休日|なし(年末年始は休館)
電話|0883-53-2333
公式サイトはこちら

気軽にタイムスリップ気分が味わえる

どこか懐かしい雰囲気がただよっていて、映画のロケ地にもなったレトロな劇場も文化財として残されています。

レトロな脇町劇場 オデオン座

メインストリートの南町通りには、古いうだつの町並みが残っています。江戸時代から昭和初期にかけての歴史的な建造物や昭和時代の看板などが見られ、どこか懐かしい雰囲気の風景を楽しめます。

脇町劇場は、木造の芝居小屋としては徳島県に唯一残されてもの。老朽化により取り壊しの予定でしたが、山田洋次監督の映画「虹をつかむ男」のロケ地になったことで、建築当時の姿に修復され脇町の文化財として保存されました。オデオン座は劇中に登場する名前で、撮影後もそのまま看板が残されています。 内部は一般公開されているのでいつでも見学できるほか、大衆演劇などの芝居や映画の上映などでも利用されています。

住所|〒779-3602 徳島県美馬市脇町大字猪尻西分140
営業時間|9:00-17:00
定休日|毎週火曜日
電話|0883-52-3807
公式サイトはこちら

時間で表情が変わる

夕方から夜の時間帯のうだつの町並みはとても幻想的です。マジックアワーや夜間のライトアップなど、自然の光と人が灯す明かりと歴史ある町並みが作り出す情景を堪能してください。

日没前後のマジックアワー

日没前後のマジックアワーには、うだつの町並みが幻想的な姿を見せます。白い壁にぼんやり灯る明かりがなんともいえない雰囲気を作り出します。夕方は観光客も少なくなるので、写真を撮影するにも絶好のタイミングです。

夜はライトアップも

夜間にはライトアップされ、さらに美しい光景が広がります。うだつの町並みでは、ほとんどの街灯が高さ80cmくらいの低い位置に設置されていて、足元をやさしく照らしてくれるのが特徴。昼間とは違う光景が楽しめるます。ただし、うだつの町並みは、今もそこに住む人が日常生活を営む場所でもあるので、夜の観光はお静かに。

藍で栄えた町で藍染を体験

美馬市観光交流センター藍染工房では藍染体験もできます。ハンカチやストールなどを自分で染めることができ、染める物の持ち込みもできます。絞る形で模様が変わるので、どんな仕上がりになるかは染め上がってのお楽しみ。藍染の所要時間は1時間程度、予約制で1日8名までの受付です。

住所|〒779-3610 徳島県美馬市脇町大字脇町45
営業時間|9:00~17:00(体験受付は15:00まで)
定休日|第2水曜日
電話|0883-53-3066
公式サイトはこちら

レトロなカフェでひと休み

うだつの町並みを訪れたら、ぜひ立ち寄ってほしいショップなどをご紹介。ひと休みしながらゆっくりうだつの町並みをながめるのもおすすめです。

古民家カフェ フナトト

フナトトは、築120年以上の古民家を改装したショップで、味噌など地場製品の産直コーナー、美馬市の無農薬野菜やはちみつのコーナー、雑貨コーナー、カフェコーナーがあります。フナトトのカフェコーナーではアアルトコーヒーが飲め、コーヒー好きに人気です。藍染め製品や食用藍を使った珍しい麺やお茶なども販売されています。

フナトトといえばかき氷

夏の人気メニューかき氷は、山もりでインパクト抜群。定番のいちごや宇治金時のほか和三盆みぞれ金時やブルーベリー、すももなど珍しいフレーバーもあります。人気のある種類は売り切れることもあるので、早めの時間に行くのがおすすめ。

住所|〒779-3610 徳島県美馬市脇町脇町156
営業時間|9:30-18:00
定休日|毎週火曜日
電話|050-3433-8411
公式サイトはこちら

うだつの町並みを眺める特等席 藍蔵

View this post on Instagram

? . うだつカフェ② 絶対行く、絶対食べるやつ✧ . 藍蔵の地鶏のせいろ飯? 阿波尾鶏×山菜は最強すぎる?✨ 古民家をリノベーションしてて2階のおっきな窓から見えるうだつの町並みの景色が大好き?? . 帰りは絶対に1階でみまからアイス☝︎1回食べたらリピしたくなるみまからの辛さとバニラの甘さ?? . #徳島#徳島カフェ#古民家カフェ#古民家#リノベーション#脇町#うだつの町並み#阿波尾鶏#地鶏#せいろ蒸し#おしゃれカフェ#カフェスタグラム#景色最高#四国のいいとこ巡り#❤???#カフェめぐり#紅葉シーズン前#cafe#脇町カフェ#カフェ好き

A post shared by Mana⌣̈⃝♡ (@mnmot.613) on

道の駅 藍ランドうだつ2階に藍蔵(あいぐら)というカフェがあります。ここでは、うだつの町並みと隣接する吉田家住宅を見ながら休憩することができます。カフェメニュー以外にも徳島の地鶏を使ったせいろ飯などごはん物もあり、ランチにもおすすめのお店です。

藍蔵では珍しいご当地アイスも

藍蔵では珍しいアイスが人気です。美馬市特産のブルーベリーや、青唐辛子を使った調味料みまから、藍、はったい粉など種類はいろいろ。すだち、ゆず、鳴門金時など徳島県の名産品を使ったフレーバーもあります。カップ入りとモナカの2種類からチョイスして。

住所|〒776-3610 徳島県美馬市脇町大字脇町55
営業時間|9:00~17:30
定休日|なし(年末年始は休業)
電話|0883-53-2333
公式サイトはこちら

うだつの町並みへのアクセス

電車での行き方

最寄り駅はJR穴吹駅で、そこからは歩くと30分くらいかかります。

車での行き方

徳島市内からうだつの町並みまでは車で約1時間、徳島自動車道脇町インターからは約10分です。駐車場は道の駅藍ランドうだつと共通で無料で利用できます。駐車場からうだつの町並みへは歩いてすぐ。

住所|〒779-3610 徳島県美馬市脇町大字脇町55
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0883-53-8599(美馬市観光協会)
公式サイトはこちら

まとめ

うだつの町並みは歴史的建造物が立ち並び、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていています。タイムスリップしたような街並みや、藍染め体験やご当地アイスなどを楽しんでください。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ