薦神社の御神体はなんと池。神が宿る神秘的な池で心を落ち着かせよう

トラベルパートナー: yuri

出身地は福岡です。現在も福岡県に住んでいて、二児の母です。 福岡県を中心とした九州の様々な観光スポットに、家族四人で出かけては遊び倒しています。子供がまだ小さいので、子供でも退屈せず、興味を持てたり、思いっきり遊べたりする場所を探し出すのが、今の楽しみです。

ほんなこて不思議な力のある神社やけん、来てみんねー!

明治維新の立役者である福澤諭吉。その出生の地である大分県中津市には、平安時代から続く由緒正しい神社があることを知っていますか。大分県の蔦神社は、国の重要文化財である朱色の神門が美しい、歴史あふれるパワースポット。周囲には緑豊かな八面山を望む温泉など、見どころもりだくさん。そんな蔦神社の魅力に迫っていきます。

長い歴史を持つ由緒ある神社

 

薦神社(こもじんじゃ)は大分県中津市にある八幡宮で、別名 大貞八幡宮とよばれています。全国八幡宮の総本宮である宇佐神宮の祖宮といわれており、承和年間(834-848年)につくられたといわれる歴史ある神社です。木々に囲まれた場所に立地しており、その佇まいは神秘的なものを感じさせ、悠然とした雰囲気に包まれています。

古の雰囲気漂う美しき神社

朱色の神門

蔦神社は、古の雰囲気が漂う美しい神社です。本殿の裏にある三角池は池そのものがご神体とされ、池が内宮で神殿が外宮とされています。美しい朱色の神門は、江戸時代初期のもので国の重要文化財。重厚感ある壮観な作りが、これから聖域に入ろうとする薦神社の格式を感じさせ、神聖な空気を漂わせています。

ご神体である三角池

本殿の裏に位置する三角池は、池そのものがご神体とされており、池が内宮で、神殿が外宮とされているのが特徴的です。720年の隼人の乱の際に、三角池に自生する真薦(まこも)という植物で枕を作り、宇佐八幡宮の御験として神輿に祀られたという言い伝えが残されています。

池に凛と佇む赤い鳥居は、長いあいだ神が宿る池として崇められてきたことを感じさせる、神秘的な美しさがあります。本殿から三角池に続く木々が茂る道には、八幡宮の神様が三歳の子どもの姿で現れた際に残したといわれる子供の足跡があり、パワースポットとされています。

歴史を感じる呉橋

こちらは、朝廷からの勅使を迎えるときに利用していたといわれる橋です。現在は老朽化のために、渡ることはできませんが、全国的にも珍しい屋根つきの橋として今に形を残しています。和洋建築には珍しい曲線を使った橋はまさに古の芸術作品ですね。

薦神社を彩る菊の花

View this post on Instagram

中津市 薦神社菊花展

A post shared by Katsumi Akihiro (@sora.tsuki.kaze) on

菊花展は、中津市に秋の訪れを感じさせるイベントで、毎年11月に開催されています。数多くの菊が飾られ、あたりには菊の香りが漂います。ひとつひとつが大ぶりで見事な菊の花ばかりなので、その迫力に圧倒されます。いつもの蔦神社とはまたひと味違った華やかな雰囲気で楽しむことができますよ。

薦神社で祈祷を受けてみよう

蔦神社は、市の中心地から少し離れているため、そこまで混雑することもないので、落ち着いてお参りができます。一人ひとりしっかりと祈祷してもらえるのもありがたい点です。もらえるお札の種類もほかの神社よりも多く、祈祷の充実度が高いのでおすすめです。ぜひ一度、全国八幡宮の総本宮である宇佐神宮の祖宮といわれるありがたい蔦神社で、ご祈祷を受けてみてはいかがでしょうか。

八幡宮の総本山

宇佐神宮は、全国で4万社以上ある八幡さまをお祀りする八幡宮の総本宮です。薦神社ともゆかりが深く、薦神社とセットでお参りすると、より歴史を感じながら観光することができます。敷地も広く、さすが総本宮と感じさせるだけの貫録があります。薦神社から車で25分程度で行くことができます。

住所|〒872-0102 大分県宇佐市南宇佐2859
営業時間|AM5:30-PM7:00※10月~3月はAM6:00-PM7:00
定休日|不明
電話|0978-37-0001
公式サイトはこちら

幕末明治ファンは必見

福澤諭吉旧居・福澤記念館で明治の風を感じよう

明治維新の立役者である福澤諭吉はここ中津藩の出身で、諭吉が昔住んでいた家が現在残っているものです。諭吉はその存在の大きさから、暗殺されそうになることが幾度もありました。この家でも刺客に狙われたことがあったと、諭吉の自伝「福翁自伝」に記されています。

記念館には福澤諭吉だけでなく、幕末から明治にかけて活躍した歴史上の有名な人物たちの解説などがあり、歴史好きにはたまらない穴場スポットとなっています。福澤記念館は、薦神社から車で15分ほどのところにあります。

住所|〒871-0088 大分県中津市留守居町586
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|12月31日
電話|0979-25-0063
公式サイトはこちら

温泉でゆったり

蔦神社の近くには、温泉施設もあります。八面山金色温泉は、緑豊かな八面山の斜面に沿うように露天風呂があるので、四季で色々な景色を見ることができます。家族風呂もあり、食事もできるので、みんなでゆったりとした時間を楽しむことができる温泉です。薦神社からは車で12分ほどです。

住所|〒871-0103 大分県中津市三光田口字金色584-1
営業時間|AM10:00-AM0:00
定休日|無休
電話|0979-26-8065
公式サイトはこちら

秋は紅葉狩り

耶馬渓(やばけい)は日本新三景に指定されている美しい渓谷で、紅葉の名所としても有名です。毎年秋になると、紅葉を見に各地から多くの人たちが訪れます。山国川に沿って、赤や黄に染まった木々が美しく、彩り豊かな光景が楽しめます。耶馬渓は水がおいしいことで有名で、その水を使って作られた蕎麦は絶品です。ぜひ訪れた際には、味わってみてください。

中津といえば唐揚げ

超有名店のもり山

中津といえば唐揚げが名物グルメ。もり山は、からあげグランプリ塩ダレ部門で5年連続最高金賞を受賞したからあげの名店です。塩だれの味はしつこくなく、それでいてしっかりした味つけでニンニクの香りが食欲をそそります。味のバランスよく、いくつでも食べられるような美味しさです。もり山は、薦神社から車で8分ほどのところにあります。

住所|〒871-0025 大分県中津市万田566-5
営業時間|AM11:00-PM8:00
定休日|不定休
電話|0979-24-2222
公式サイトはこちら

醤油ダレならげんきや

げんきや醤油ダレの唐揚げが人気です。味はがっつりニンニクが効いていて、しょうゆ味もしっかり目で、とにかくおいしいです。ビールのおつまみなどにもぴったりの一品。こちらは、薦神社から車で約5分です。

住所|〒871-0013 大分県中津市金手35-2
営業時間|AM11:00-PM9:00
定休日|1/1-1/3
電話|0979-24-1933
公式サイトはこちら

薦神社へのアクセス

車での行き方

豊前ICから車で20分です。神社には、無料駐車場もあり、80台まで停められるようになっています。

バスでの行き方

JR中津駅南口より大交北部バス田中行き、または少年学院官舎前行きに乗って約20分、薦神社前で下車します。

住所|〒871-0153 大分県中津市大字大貞209
営業時間|不明
定休日|不明
電話|0979-32-2440
公式サイトはこちら

まとめ

平安時代から続く大分県の蔦神社で、毎年11月に開催される菊花展は華やかな雰囲気。明治の偉人である福澤諭吉出生の地としても知られ、現存する福澤諭吉旧居も見どころの一つです。ぜひ大分のパワースポットに一度訪れてみてください。