小早川隆景ってどんな人?毛利家内でいちばんの切れ者

毛利家の名君・毛利元就(もうりもとなり)が3人の息子を呼び、「三本の矢は一本ずつならすぐ折れるが、三本合わされば折れることはない。お前たちもそんなふうに助け合うのだ」と言った逸話は有名ですが、その三本の矢のひとりが、今回ご紹介する小早川隆景(こばやかわたかかげ)です。毛利家を支えた彼の武器は、並外れた思慮深さでした。豊臣秀吉からも気に入られ深い信頼を寄せられた、知謀の名将の生涯を一緒に見ていきましょう。

毛利元就の三男、小早川家の養子へ

毛利元就の三男、小早川家の養子へ

image by PIXTA / 27981440

隆景が生まれたのは天文2(1533)年のこと。
父は毛利元就、母は正室の妙玖(みょうきゅう)。
長兄が毛利家を継ぐ隆元(たかもと)、次兄が吉川に養子入りする元春(もとはる)です。
そして三男だった隆景が、後に小早川家へ養子に入ることになります。

ところでこの小早川家、毛利と同じく大内氏に従う豪族でしたが、本家の沼田小早川家と支流の竹原小早川家、2つの家がありました。
そのうちの竹原小早川家とは、毛利家は姻戚関係にもあって友好的な間柄だったんです。

すると、竹原小早川家の当主、興景(おきかげ)が23歳の若さで亡くなってしまいます。
当然、後継ぎがないので、重臣たちは毛利とのつながりで隆景をぜひ養子にと言ってきました。
そして、主筋の大内義隆(おおうちよしたか)もそれをすすめたので、隆景は天文12(1543)年に竹原小早川家に養子に入ることとなったんですよ。

2つの小早川家の合同当主に!

2つの小早川家の合同当主に!

image by PIXTA / 31499726

さて、本家の沼田小早川家ですが、当主となった繁平(しげひら)は若く、その上盲目だったといいます。
そのため家を治めるのは無理だとして、沼田と竹原は対立することとなってしまいました。
すると、大内義隆と毛利元就の主導の下、繁平は出家させられ、そして竹原小早川家の当主となっていた隆景が合同小早川家の当主となることになったんですよ。

まあ、体よく大内・毛利傘下としちゃったわけです。
と言っても、繁平の妹・問田大方(といだのおおかた)と隆景が結婚したので、一応は合同だよという体裁は整っていたんですよ。
上手ですよね、さすが戦国大名。

ちなみに、隆景と問田大方は政略結婚でしたが仲睦まじく、子供はできませんでしたが、隆景は側室も持たないままでした。
こういう所、父・元就に似ています。
元就も、正室の妙玖が亡くなるまでは側室を置かなかったんですよ。

小早川水軍を率いて毛利家を支える

小早川水軍を率いて毛利家を支える

image by PIXTA / 11106863

この頃の毛利家は安芸(あき/広島県)を拠点とし、周防(すおう/山口県)の大内義隆に従う地方勢力でした。
そんな中で父の元就はどんどん力を付けている途中だったんです。

そして、隆景の初陣は大内義隆に従ってのものでした。
わずか15歳でしたが、小早川軍だけで敵の砦を落とし、義隆から激賞されています。
すでに名将の片鱗が表れ始めていたんですね。

小早川家は水軍で有名な一族でしたが、隆景はそれをそっくり受け継ぐことになりました。
そして小早川水軍は毛利の勢力拡大に一役以上買うことになっていくんです。

一方、吉川家を継いだ次兄の元春もまた、その武勇で毛利家を支えます。

吉川家と小早川家、この2つの家は「両川(りょうせん)」と呼ばれるようになっていくんですよ。

世界遺産で大戦!厳島の戦い

世界遺産で大戦!厳島の戦い

image by PIXTA / 23361610

この頃、大内家ではひと騒動ありました。
義隆は養嗣子を失って以降、戦に興味をなくしてしまい、武断派の家臣・陶晴賢(すえはるかた)がクーデタ「大寧寺(だいねいじ)の変」を起こして義隆を討ち取り、権力を握ったんです。

これが天文20(1551)年のことで、以後、大内家の影響が衰え、毛利家としては独立を考えられる状況になったんですよ。
そして、この機に乗じて安芸から大内勢力を一掃しようとしたんです。

しかしここで大きな戦が起こりました。
弘治元(1555)年、厳島の戦いです。
今では世界遺産の、あの厳島ですよ。

毛利・吉川・小早川連合軍でも数は4,5千。
一方、大内家を半ば乗っ取った陶晴賢の軍勢は2,3万の大軍で、兵力だけ見ればどうやっても勝てません。

ただ、隆景はここで一計を案じます。

家臣を通じて、瀬戸内海の海賊衆である村上水軍を味方に引き入れたんですよ。
ベストセラー「村上海賊の娘」で知られる、あの村上水軍です。

このことと、厳島の狭く険しい地形を利用した奇襲などによって、毛利連合軍は見事に相手を打ち破り、陶晴賢を切腹にまで追い込みました。
奇跡のような大勝利だったんです。

長兄・隆元の急死を乗り越えて

長兄・隆元の急死を乗り越えて

image by PIXTA / 30287253

厳島の戦いの後、大内家は弱体化したため、毛利家が周防を手に入れるのに隆景は尽力します。

ちょうどその頃、父・元就は家督を長兄の隆元に譲りました。
隆景は次兄・元春と共に長兄をサポートしていくつもり満々だったのですが…大事件が起きます。

長年の宿敵・尼子(あまこ)氏との第二次月山富田城(がっさんとだじょう)の戦いの最中である永禄6(1563)年、隆元が急死してしまったんですよ。
食中毒とも、毒殺とも言われています。
後継ぎの輝元(てるもと)はまだ11歳でしたから、隆景は元春や元就らと懸命に毛利の屋台骨とならなくてはなりませんでした。

そして、元就の「隆元の追善のために尼子を滅ぼすのだ!」という檄に従い、隆景は元春らと共に戦いを継続し、尼子氏を滅ぼすことに成功したんです。

その後、武勇に優れた元春は軍事面を担当し、頭の切れる隆景は主に内政や外交を担当しました。

隆景は、主とはいっても甥でもある幼い輝元に厳しく接したようです。
叔父として、家臣として、将来は毛利を背負って立つ人間になってほしいからこその厳しさだったんでしょうね。

それから毛利家は勢力拡大につとめ、伊予(愛媛県)出兵や豊後(大分県)の大友氏との戦いに乗り出しました。

強敵・織田信長との戦い

強敵・織田信長との戦い

image by PIXTA / 15310938

元亀2(1571)年、元就が死去すると、隆景は「両川」の片翼として毛利家内でいっそう重きを成していきました。

伊予や豊後への出兵を進めていた毛利ですが、ここで方向転換を迫られることになります。

輝元が、織田信長と揉めて追放された室町幕府将軍・足利義昭(あしかがよしあき)を保護したため、義昭の提唱する「信長包囲網」に毛利家が参加することとなってしまったんです。
つまりは、小早川家もそこに巻き込まれていったわけですね。
輝元、余計なことしちゃったんじゃないですか…?

信長は石山本願寺勢力と敵対していたため、毛利は自動的に本願寺を助ける方向になります。
第一次木津川口(きづがわぐち/大阪湾の木津川河口)の戦いでは、織田方の九鬼(くき)水軍に対して隆景の小早川水軍と村上水軍連合が勝利しますが、2年後の第二次木津川口の戦いでは、大砲や火縄銃を装備し、火矢を防ぐ鉄甲船を用意してきた九鬼水軍に敗北を喫することとなってしまいました。

その間に、信長包囲網の大きなピース・上杉謙信の死去により包囲網が崩壊、石山本願寺も信長と講和します。
そして信長の部下・羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の中国侵攻により、毛利方はだんだんと押され気味になっていったのでした。

え、全部、輝元が悪い…?そんなわけないと思いたい。

隆景はそんなふうに思っていたかもしれません…。

秀吉の侵攻を食い止め切れず

秀吉の侵攻を食い止め切れず

image by PIXTA / 15649778

毛利家の苦境は続き、家臣だった宇喜多直家(うきたなおいえ)が離反します。
そして天正8(1580)年、反織田を掲げた別所長治(べっしょながはる)が三木(みき)合戦で秀吉に敗れ、その翌年には毛利家臣・吉川経家(きっかわつねいえ)が守る因幡鳥取城が経家の自決と引き換えに開城させられてしまいました。

さらにその翌年の天正10(1582)年、家臣の清水宗治(しみずむねはる)の守る備中高松城が水攻めに遭ったんです。

この後、信長の本隊が来るのは確実だったため、隆景はその前に和睦交渉をすることにしました。
しかし実はこの最中に本能寺の変が起き、信長は討たれていたんですよ。

秀吉はそれを知っていて、講和を早く進めたんです。
そして、その条件は清水宗治の自刃でした。

本能寺の変を知らずにいた毛利側は、やむなくその条件を受け入れ、清水宗治は見事な切腹を遂げました。
そして、秀吉はあっという間に京都へ帰って行ったのです。

宗治の自刃後に詳細を知った毛利側の中には、秀吉の追撃を強硬に主張する者もいました。
そりゃそうですよね。
いろいろ隠して講和しようとして、挙句の果てに大事な家臣が死んでしまったんですから。

しかし、それを隆景が制します。

「誓紙に押した血判が乾かぬうちにその約束を反故にするのは、武士の恥だ!」と。

カッコいい…!サムライの心…!

しかし、よく考えるとこの隙に追撃したら結構いい線行ったんじゃないかと思うのですが、その突っ込みは止しましょう。

同年、隆景は苦渋を舐めたがゆえか、水軍強化に努め、居城を瀬戸内海に面した三原城(みはらじょう/広島県三原市)に移したのでした。

秀吉に従属する道を選ぶ

秀吉に従属する道を選ぶ

image by PIXTA / 13506082

秀吉が賤ヶ岳の戦いで柴田勝家に勝利を収め、天下統一路線がほぼ確実なものとなると、毛利家は秀吉に従属する道を選びました。
多くの戦国大名がそうしたように、隆景もまた、養子としていた弟(元就の九男)の秀包(ひでかね)を秀吉の人質として差し出します。
兄・元春も、息子の広家を人質に出していました。

この秀包、容姿端麗で武勇に優れたいい人材だったんですよ。
結局、小早川家を継ぐことはなかったのですが(詳細は後で述べます)、この人が当主になっていれば小早川家はあんなことには…(詳細は後ほど)と思います。

あくまで「主家は毛利家」の姿勢を貫く

あくまで「主家は毛利家」の姿勢を貫く

image by PIXTA / 30287244

天正13(1585)年の秀吉による四国攻めで隆景は功績を挙げ、秀吉に気に入られます。
直々に伊予一国を与えようと提案されたのですが、隆景は固辞し、「秀吉が伊予を輝元に与え、輝元からもらう」という姿勢を貫きます。

直接秀吉から国を与えられてしまえば、小早川家は独立した大名となってしまい、これでは主家に申し訳が立たないから、というのが理由でした。
あくまで、「小早川家は毛利家の家臣」というのを秀吉にも明らかにしたんです。
うーん、なんてできた部下。
そしてこういう隆景の姿勢を、秀吉は気に入ったのでした。

伊予統治でも隆景は名君ぶりを発揮し、宣教師フロイスは著書「日本史」の中で、彼の治世をべた褒めしています。
「伊予では騒動も反乱もない。
これは激レアだ!」と。

秀吉のお気に入り

秀吉のお気に入り

image by PIXTA / 12797209

九州征伐にも参加した隆景ですが、ここで兄・元春が陣没し、その翌年には元春の嫡子・元長(もとなが)までもが病死してしまいました。
これは毛利家にとっては「超」痛手。
吉川家は広家が継ぐこととなります。

さて、九州征伐でも隆景は武功を挙げ、秀吉のお気に入り度はさらに高まります。
今度は筑前・筑後・肥前の一部(ほぼ福岡県)合わせて37万石を隆景に与えようとしました。

上記の理由により辞退しようとする隆景に対し、秀吉はあの手この手で懐柔を試みます。

今度は「じゃ、この部分は豊臣の直轄地にするから、お前が代官になってくれまいか?」と言うんですよ。

「そんなことをしたら輝元の側にいることができないし、それならもう一人別の大名と交代で九州に来るので、それで勘弁してほしい」と答えた隆景ですが、秀吉は「ダメ。
隆景が良いのじゃ!」と。

天下人を怒らせるわけにはいきませんから、やむなく隆景は筑前・筑後へ移ることとなりました。

一方の秀吉は「日本の西は隆景に任せておけば安泰じゃ!」と大満足で、さらに隆景に羽柴と豊臣の姓を与えています。
どれだけお気に入りだったんだか。

「運命の子」小早川秀秋を養子に迎える

「運命の子」小早川秀秋を養子に迎える

image by PIXTA / 1589877

朝鮮出兵でも大活躍を見せた隆景ですが、この頃、彼にとっても豊臣家にとっても大きな転機が訪れました。

文禄2(1592)年に秀吉に実子・秀頼が生まれたのです。

すると、秀吉は今までに迎えた自分の養子たちが邪魔になり、他へ養子に出そうと考え出したんですよ。

そして、目を付けたのが、40を過ぎても子供のない毛利輝元だったんです。
「わしのとこの秀俊(ひでとし/後の小早川秀秋)、養子にどう?」とまずはやっぱり隆景に相談してきました。

「このままでは秀吉傘下の、毛利とは縁もゆかりもない奴に毛利を乗っ取られてしまう…!」と危機感を抱いた隆景は、「輝元の養子にはもう従兄弟の秀元が決まっております。
ならば実子のいない私にいただけないでしょうか?」と返したんですよ。
もう、捨身です。

そして、養子としていた秀包は毛利家の別家を立てさせて小早川家から出し、豊臣秀俊を養子に迎えたのでした。
彼こそ、関ヶ原の戦いで伝説の裏切り劇を演じることとなる、後の小早川秀秋なんです。

そして隆景は秀秋に家督を譲り、隠居します。
秀吉が秀秋につけた家臣団が小早川家に入り、かつての毛利色はまったくなくなってしまったんですよ。

隠居してから2年後の慶長2(1597)年、隆景は65歳で亡くなります。

それから3年後、関ヶ原の戦いが起こるというわけです。

もう少しだけ、隆景が長生きしていたら…秀包をそのまま後継ぎにしていたら…と思ってしまいますね。

「よく考える」ことがモットー

「よく考える」ことがモットー

image by PIXTA / 31499725

これだけの名将でありながら、逸話というものが少ない隆景。
つまりは、逸話になるような英雄譚はすべて事実だったということでしょう。

いくつか残る逸話と、そこから感じ取れる隆景の人柄を見ていきましょう。

争いは好まず、リスクを避けてできるだけ知謀に頼った彼は、病床の父・元就に「争いは欲から起こります。
欲を出さず義を守れば、兄弟に不和など起こりませぬ」と約束していたほどでした。

また、名軍師・黒田官兵衛(くろだかんべえ)とは仲が良かったようです。

官兵衛に対し、「あなたは頭が良すぎてすぐに結論を出せるからこそ、失敗や後悔も多いことでしょう。
しかし、私はそこまで切れ者ではなく、よくよく考えるため後悔は少ないんですよ」と言っています。

そして、隆景の訃報に接した官兵衛は、「これで日本から賢人が消えてしまった…!」と嘆いたそうです。

一方、官兵衛の息子・長政(ながまさ)に「分別とは何でしょう?」と尋ねられた時には、隆景は「長く考え、遅く決断することです」と答えています。

深謀遠慮の知将、その形容が最も似合う男

毛利家の「両川」として、毛利の全盛時代を支えた小早川隆景。
彼の存在が毛利家の存在でもありました。
事実、関ヶ原の戦いの後に毛利家は領地を大幅に減らされています。
そして小早川秀秋は、関ヶ原での裏切り者という評価を変えることはできないまま病没してしまい、小早川家は途絶えることになってしまったんです。
家を犠牲にしてまで毛利を守ろうとした隆景の心意気は美談にふさわしいものでしたが、その思いが実を結ばなかったことは、本当に残念ですね…。
photo by PIXTA