恋人岬はグアムのシンボル!絶景を満喫しよう

美しく広がる青い海が魅力の南国の島グアム。その中でも恋人岬は他では見られないような絶景の宝庫です。そしてこの素敵なロケーションで美味しいグルメもたくさんあります。そんな恋人岬の楽しみ方をたっぷりとご紹介します。

グアムのシンボルの一つ 恋人岬

グアムで一番に出てくる観光スポット、それが恋人岬です。ここはタモン湾の北、海抜123mの高台に位置しています。英語ではTwo Lovers Pointと呼ばれているロマンチックなポイントです。展望台からの眺望は素晴らしく、タモン湾の海岸線、イパオ岬からオロテ岬までの絶景を見ることができます。そしてなんと恋に効くパワースポットとも言われているのです。

恋人岬の伝説

伝説の壁画

展望台のふもとには、恋人岬の伝説を表した壁画があります。恋人岬には今でも語り継がれる情熱的で美しく悲しいストーリーがあり、物語を知った上で見るとなるほどと思える壁画になっています。

お話は諸説あるそうですが、公式サイトに載っているのはスペイン占領時代のお話です。父にスペイン将校との結婚が決められた女性が、チャモロ人の普通の青年と恋に落ちてしまい、許されない愛で結ばれた恋人たち、お互いの髪を結び合ってタモン湾の断崖から身を投げてしまったという悲しいお話です。2人が飛びおりた場所が、恋人岬なのです。

恋人岬を散策してみると

LOVEの文字とハート型のオブジェ

恋人岬の駐車場の近くにはハート型のフォトスポットがあります。ハートの内側に入ることができるので、多くのカップルや家族連れがハートの中で写真を撮ります。他にもハート型をした植木やハート型の赤い椅子もあり、フォトロケーションが豊富です。いろんなポーズで素敵な写真を撮ってみましょう。

アマンテス像

アマンテス像は恋人岬のシンボルの一つです。断崖に身を投げた2人をイメージした像で、伝説の通り髪の毛が一つになっていて永遠の愛を誓うシンボルになっています。この像は2002年に台風の影響で消失してしまいましたが、2015年に再建されて再び恋人岬の伝説を伝え続けています。

公園内のショップ

恋人岬の公園内には小さなショップがあります。スムージーやフレッシュフルーツドリンクなど、飲み物などはここで買うことができます。他にも恋人岬のオリジナルグッズやグアムの雑貨が売っているギフトショップもあります。意外に安い商品もあるので見て回るのもおすすめです。

タイミングによっては、地元の方がヤシの実のジュースやヤシを編んだ帽子をお店の外で販売している場合もあります。公園内の至る所にひと休みできる椅子が設置されているので、そちらでゆっくりと休憩するのも良いでしょう。

展望台

岬の先端には有料の展望台があります。展望台に登らなくても風景は楽しめますが、展望台の景色は別格です。恋人岬まで来たなら是非展望台にも登って壮大な景色を見てみてください。また公園には日陰が少ないので、紫外線対策は必須です。帽子や日焼け止めなどお忘れなく。

恋人岬の魅力の一つハート・ロック・ウォール

ハート・ロック・ウォールは色とりどりの南京錠が

ハート・ロック・ウォールは恋人岬でも見逃せないスポットの一つです。ここには色とりどりの南京錠が無数に付けられています。今ではたくさんの錠が付けられていますが、もともとは旅行者がかけた数個のハート型の南京錠からはじまったそうです。

お互いの名前を書いて愛を結ぶ

ハート型の南京錠はギフトショップで購入することができます。この南京錠にお互いの名前、お願い、思いなどを書いてフェンスに鍵をかけると、永遠の愛で結ばれるのだそうです。恋のおまじないですが、試してみるのも良いかもしれません。

インスタ映えするスポットの一つ

ハートであふれるカラフルなフェンスと、青い海や青い空とのコントラストが最高にきれいです。展望台にある大きなLOVEの文字との相性も抜群で、写真栄えもバッチリです。今流行りのインスタ映えするフォトスポットなので、お気に入りの1枚を撮ってみてください。

魅力的なスポット ラブコールベル

ラブコールベルをならすと幸せになれる

恋人岬にはラブコールベル(愛の鐘)と呼ばれる銀色の鐘が設置されていて、カップルで3回鳴らすと恋愛が成就するといわれています。この鐘は、グアムの恋人岬と伊豆の恋人岬との間に提携関係を結んだ際に送られたものです。金色の伊豆鐘と銀色のグアムの鐘の双方の鐘を鳴らすと、その人にはより一層幸せが訪れるらしいので2つの鐘を制覇してみるのも良いでしょう。

展望台からの風景

断崖からの眺めは壮観

どこまでも広がる美しい水平線はもちろん、澄みわたる青空、真っ青な海が広がるこの景色はまさに絶景です。お金を払って展望台に登るだけの価値はありますので、是非この風景を見て美しい青さを感じてください。南国なので暑さはありますが、天気の良い晴れた日に来られることをおすすめします。

女性の顔にも見える景色

これは展望台からのタモンの風景です。一見普通の海岸線ですが陸地と海の境界線をよく見てみると、女性の顔に見えるともいわれています。これは伝説の女性の顔ではないかともいわれています。そういわれてみると何となく女性の顔に見えるから不思議です。

夕方の恋人岬は美しい

ハート・ロック・ウォールからサンセットを見よう

夕方の恋人岬はドラマチックなサンセットを眺めることができる絶景スポットです。太陽が沈んでゆく風景を見ていると昼間とは一味違っていてとても美しくて引き込まれます。夕方は昼間とは違って訪れる人が少なめなので、落ち着いて過ごすことができるのもポイントです。

公園内も昼間とは違った雰囲気に

日が落ちると公園内の雰囲気はがらりと変わります。展望台もほんのりライトアップされて、昼間とは違った景色が楽しめます。ロマンチックな時間を過ごすのに最適なロケーションです。気を付けることとしてはバスの時間があるので、この風景を見られたい方は夕方にあるツアーで来られるか、自動車で来るほうが良いでしょう。

恋人岬にあるカフェで楽しもう

テラザ・アット・ドス・アマンテスへ行こう

恋人岬の公園の高台には2016年にオープンしたテラザ・アット・ドス・アマンテス(Terraza at Dos Amates)というおしゃれなカフェがあります。お店は高台にあるのでロケーションは最高です。食事をとるなら絶好のスポットといって良いでしょう。

海側の席で食事を楽しもう

カフェにはオープンエアのテラス席が用意されていて、展望台も見渡せます。店内にはチャモロミュージックのBGMが静かに流れていてとても素敵な雰囲気です。展望台とはまた違った角度で美しい海を眺めながら、心地よい風を感じて食事やお酒が進みます。席を選ぶならやっぱり景色の良い海側の席がおすすめです。

絶景を見ながらのハンバーガーは絶品です。他にも、数種類のアぺタイザーやアジアンサラダなどのサラダ類、チキンウィングなどの軽食、アルコールドリンクからコーヒーまで楽しめるので是非立ち寄ってみてください。

住所| Tumon Bay, Tumon, Guam 96913
営業時間|8:00AM~7:00PM
定休日|なし
電話|671-647-4424
公式サイトはこちら

恋人岬へのアクセス

バスでのアクセス

グアムでは赤いシャトルバスが複数路運行されています。運行エリアは恋人岬の観光スポットや、旅行者が宿泊する施設のあるタモンとタムニンエリア、ショッピングモール行きなどです。料金は一回ずつ乗車するときに払う方法と、チケットを購入する方法があります。

恋人岬に行くなら、恋人岬展望塔入場券付きの恋人岬シャトルトクトクチケットがお得です。様々なスポットに行くなら1日乗り放題、2日乗り放題などを買うのがおすすめです。恋人岬行きは1日12本ほどなので、乗り遅れたりしないように時間を確認していくほうが良いでしょう。

車でのアクセス

恋人岬まではタモンの中心から4キロほどの距離です。レンタカーだと15分ほどで着きます。途中で看板が出ているので必ず確認して行きましょう。レンタカーにはカーナビが付いていない場合が多いので、グーグル等で地図を見ながらの方が安心です。駐車場は無料ですが、昼間は満車の場合が多く待つこともあるため注意が必要です。

住所| Two Lovers Point Tumon Bay ,Tumon, Guam
営業時間|7:00AM~7:00PM
定休日|年中無休
電話|671-647-4107
公式サイトはこちら

まとめ

恋人岬には目の前に広がる大パノラマの絶景、恋人の鐘、ハート・ロック・ウォールなどインスタ映えするフォトスポットが沢山あります。グアム市内からバスで数十分の距離なのでアクセスも良好です。カップルはもちろんのこと、家族連れも沢山来られているので、グアムへの旅行の際は是非訪れてみてください。大パノラマの絶景は特にイチオシですので、この素晴らしさを感じてみてはいかがでしょうか。