信長よりも先に「天下人」となった男がいた!?その名は、三好長慶

戦国時代というと、織田信長や豊臣秀吉などが活躍したあたりを思い浮かべるかもしれませんが、それより以前から戦国時代は始まっていたんです。特に、室町幕府を巻き込んだ周辺諸国の武将たちによる戦は、その後の数々の戦いよりも激しいものだったかもしれません。そして、その中で頭角を現し、いち早く実権を握った戦国武将がいたんです。その名は三好長慶(みよしながよし/ちょうけい)。実は、彼こそが、戦国時代で最初に天下人となった人物だとも言われているんです。いったいどういうことか気になりますよね?それでは、気になる三好長慶という人物の生涯を、これからご紹介したいと思います。

父の壮絶な最期

父の壮絶な最期

image by PIXTA / 31330579

室町時代も末期、大永2(1522)年に長慶は阿波(徳島県)の戦国武将・三好元長(もとなが)の息子として誕生しました。

父・元永は当時の幕府管領(幕府のナンバー2)である細川晴元(ほそかわはるもと)に仕える重臣でした。
そして、晴元の政敵だった細川高国(たかくに)を滅ぼすという大功を立てて、本拠地阿波の他に山城(京都府南部)にも領地を与えられ、勢力を広げていきます。

しかし、元長と折り合いの悪かった同じ三好一族の三好政長(まさなが)らが晴元に讒言(ざんげん/嘘の悪い評判など)を吹き込んだんですよ。
加えて、晴元自身も元長の勢いを危ぶみ、両者は一向一揆(浄土真宗本願寺教団の信徒による一揆)を起こさせ、これに乗じて元長を討ち取ってしまったんです。
出る杭は打たれる…ひどい話ですね。

父が亡くなってしまったため、享禄5(1532)年、11歳の長慶は母と本国・阿波へと逃げ延びました。

父・元長の最期は、腹をかっさばいて内臓を引き出し、天井に投げつけるという壮絶なものだったそうです。
きっと、長慶はそれを耳にしたことでしょう。
悔しさと悲しみに震えながら、母と阿波への道のりを急いだんでしょうね。

12歳で一揆の調停!?

12歳で一揆の調停!?

image by PIXTA / 2556247

さて、長慶の父を自害させるまでになった一向一揆ですが、収まるどころか火がついてしまい、享禄・天文の乱という大乱に発展します。
一揆勢力は奈良に突入、鹿や川の鮭まで食い尽くしたとか…。
というか、晴元一派、そこまで見越してなかったんでしょうか。
きっと、あわあわしてたと思いますよ。

しかも、一揆に加えて晴元が追い落とした仇敵・高国一派や殺した元長の残党なども参戦し、まったく収拾がつかなくなってしまいました。

誰かおらんのか!という晴元の魂の叫び(たぶん)に応じて、救世主が現れます。

それが、12歳となった長慶でした。
この時はまだ元服もしていないので、幼名の千熊丸のままだったようですが…。

そして、たった12歳の少年が仲介役となり、一向一揆の本部・本願寺勢力と和睦が成立したんです。
他にも、和睦を受け入れない一揆勢力を蹴散らしたりもしています。

12歳って、小6とか中1くらいですよ。
周りの大人の助けもあったでしょうが、そんなことって今できますかね?

父のむごい死などを見てきたからこそ、長慶は年齢よりも大人だったのかもしれませんね。
それにしてもすごい。

無念はこらえ、父の仇に仕える

無念はこらえ、父の仇に仕える

image by PIXTA / 10488027

元服を済ませた長慶は、なんと、父の仇である細川晴元のところへ戻り、仕えるようになりました。
晴元の側近の口添えや、長慶がまだ若すぎるからという理由で許されたんだそうです。

父の仇に膝を屈する長慶の気持ちは、悔しさもあったでしょうね。
しかし今はここでやるしかないと覚悟を決めていたんだと思います。

それにしても晴元、若いからという理由で許すと、たいていの場合後で復讐されるんですよ。
人材不足でもあったんでしょうが、それにしても考えが甘いような気がしませんか?もしこれが織田信長だったら、容赦なく殺してますよ。

晴元の家臣に加わった長慶、その後の天文5(1536)年には15歳で一揆勢を全滅させています。
調停などの外交力だけでなく、武将としての才能もあったんですね。

しかしやはり父のことを忘れたわけではなくて、かつて父が任命されていた代官職を自分に与えて欲しいと晴元に願い出たりもしています。
その当時、その代官職には父を攻めた同族の三好政長が就いていたんですから、それはちょっと引き下がれませんよね。
けれど晴元には、それは聞き入れてもらえませんでした。

苦い思いはあったでしょうが、それを表に出すことはなく、それ以降も長慶は時に政長と協力しながら晴元をサポートしていきます。
忍耐力、半端なし。

晴元配下でナンバーワンの武将となる

晴元配下でナンバーワンの武将となる

image by PIXTA / 513067

管領細川晴元の地位は盤石のように思えましたが、それを不満に思っていた時の室町幕府将軍・足利義晴(あしかがよしはる)は、晴元のかつての政敵・細川高国の親類である氏綱(うじつな)らと結ぶと、晴元排除の動きを見せ始めます。

義晴・氏綱勢力に対して、長慶はいったん形勢不利となり撤兵しますが、三好家の本国である四国から援軍を得ることができました。
その援軍とは、頼もしい弟たち:三好実休(じっきゅう)、安宅冬康(あたぎふゆやす)、十河一存(そごうかずまさ)だったんです。

彼らが到着すると長慶は途端に盛り返し、義晴は近江に逃亡してしまいました。
そして、将軍職を義輝(よしてる)に譲っています。
剣豪将軍として知られる、あの義輝です。

こうして、長慶は晴元配下の武将の中ではトップの実力を誇るようになっていました。
一向一揆で多くの戦国大名を悩ませたあの石山本願寺ですら、彼の実力を認めていたくらいなんですよ。
信長には徹底抗戦したのに。

しかしこうなると、主の晴元が長慶の力を危険視するようになってきたんです…。

避けられなかった晴元との対立

避けられなかった晴元との対立

image by PIXTA / 27824515

天文17(1548)年、長慶は三好政長の追討を晴元に願い出ます。

三好政長、覚えていますか?長慶の父・元長の讒言を晴元に吹き込んだり、元長の後の代官職にちゃっかり就いてたりしていた、同じ三好一族の人物ですね。

父の仇であったこともそうですが、長慶が政長を討ちたいと申し出た理由としては諸説あるそうです。
政長とその息子の不祥事があったからという説もあるんですよ。

しかし、やっぱり、一族でありながら父を死に追いやったヤツを許したくはありませんよね。

ところが、晴元は首を縦に振りませんでした。
政長は彼にとってはお気に入りの家臣だったからです。

すると、長慶は強気に出ました。

晴元が政長を庇うなら、晴元でさえも敵だ!と軍議で決定し、挙兵したんです。

手を組んだのは、かつて敵対した細川氏綱。
三好・細川一族が2つに分裂し、刃を交えることになったのでした。

今や晴元の下で一番の実力を誇っていた長慶に加え、有能な彼の弟たちの軍がいては、晴元・政長らは敵ではありませんでした。
長慶は政長を討ち取ってついに父の仇を討ち、晴元は将軍・義輝を連れて近江へ逃亡していったのです。

三好政権の樹立!事実上の天下人に

三好政権の樹立!事実上の天下人に

image by PIXTA / 19522404

晴元を追い払った長慶は、その後釜にはもちろん氏綱を据えました。
将軍も管領も京に不在でしたので、長慶に立ちはだかる者はいません。

こうして、三好政権が誕生したのです。
天文19(1550)年、長慶29歳の時のことでした。
30前でここまでの力を手に入れるとは、彼がどれだけ非凡な人物だったかわかりますよね。
それにしても晴元、殺しておけば良かったのに…。

一方、追われた将軍・義輝や晴元らとの小競り合いは続いていました。
しかし、これに関しては、頭角を現してきた部下の松永久秀(まつながひさひで)らによって撃退しています。

それだけではなく、義輝の刺客による暗殺未遂事件にも何度か遭遇したんですよ。
でも無事でした。

しかし、このような中でも長慶は将軍らとの和睦交渉を進めていたんです。
ちょっと驚きますよね。
追い払ったならそれでいいのに…と思いますが、長慶的には良くなかったみたいです。

そして、天文21(1552)年に、晴元は氏綱に細川家の家督を譲ること・晴元の子を取り立てること・義輝を上洛させることなどの条件で和睦が成立したのでした。

長慶の威光に不満を抱く将軍

長慶の威光に不満を抱く将軍

image by PIXTA / 1286115

将軍・義輝は京都に帰還し、管領の座には細川氏綱が就きました。
長慶はこの時から、細川家臣ではなく将軍の直臣となります。

将軍と管領がようやく都にそろったわけですが、実権はいまだ長慶のものでした。
血気盛んな義輝は、その実状に不満を募らせていったんです。
まあそうですよね、せっかく帰って来たのに、何もすることがないんですから。

そんな若き将軍の思いを知ったか知らぬか、帰還の翌年、晴元がまたも挙兵します。
義輝もすぐそれに呼応し、2人は再度長慶に反抗することになったんですよ。

そして同じように2人は長慶に撃退され、近江へ逃げ込んだのでした。
しかし、本当に懲りない人たち…。
以後5年間、将軍は都に戻って来られなくなってしまったんです。

長慶が取る最善の策はいつも「和睦」

長慶が取る最善の策はいつも「和睦」

image by PIXTA / 20555783

それでも、長慶は和睦の道を模索していました。
前回も戦いを続けながら和睦交渉をしていましたが、今回もそうだったんです。

義輝が近江に逃亡してから5年、ようやく和睦が成立し、義輝と晴元が帰京すると、何と長慶はわざわざ出迎えに行っているんですよ。
晴元のことも殺さず、人質として自分の元にいた彼の息子も殺さなかったんです。
そして、再会した途端に涙まで流したとか。

なんで相手を許せるんでしょうね。
本当に優しいのか、もしくはそれ以上の打算的な何かがあったのか…思わず勘繰りたくなるほどの寛大さです。

こうして、長慶は自身の実権をがっちりと固めたのでした。

当時の長慶の勢いは飛ぶ鳥を落とすほどかそれ以上。
京都を含む周辺諸国「畿内(きない)」をほぼ手中に収めており、領土の大きさとして対抗できるのは、遠く関東で勢力を張っていた北条氏康(ほうじょううじやす)くらいだったと言われています。
しかし、世の中の政権の中枢は畿内ですから、長慶がいかに大きな力を持っていたかがわかりますよね。

今や管領を抑え、将軍にやんわりと睨みをきかせた長慶に、敵はいないかのように見えました。
戦上手の弟たちや、将来を期待する息子・義興(よしおき)が彼の強固な支えでもありました。

弟たちの死、揺らぐ三好政権

弟たちの死、揺らぐ三好政権

image by PIXTA / 19109039

ところが、長慶の全盛期は永禄4(1561)年の弟・十河一存の急死により終わりを迎えます。
彼はまだ30歳でした。
そして「鬼十河」と敵から恐れられた勇将の死により、三好政権の戦力は大幅にダウンすることになってしまったのです。

すぐさまそこに付け入って来たのが反三好勢力。
そして不運なことに、その戦で弟・三好実休が戦死してしまったんです。
悪いことは重なるものですね…。

しかし、ここで何とか形成を立て直しています。
その中心となったのは、三好家重臣の松永久秀でした。
松永久秀、彼をご存知の方は「やっと出てきたか…!」とお思いでしょう。
やがて、彼によって三好家は支配されていくんですが、それはまた別の話。

さて、またも不運が続きます。
永禄6(1563)年、長慶が後継者として期待を寄せていた嫡男の義興が、22歳の若さで急逝してしまったんです。
後継ぎがいなくては話にならないので養子を迎えましたが、長慶の落胆ぶりは、それは激しいものでした。

そして、長慶は徐々に精神のバランスを崩してしまうのです…。

最後の砦だった大切な弟を手にかける

最後の砦だった大切な弟を手にかける

image by PIXTA / 18283454

永禄7(1564)年のこと、長慶は残った弟・安宅冬康を誅殺してしまいました。
最後に残った大切な弟だったのに、何があったんでしょう。

一説には、松永久秀の讒言を信じてしまい殺したとも言われています。
そして、後でそれが嘘だったことに気付きましたが、時すでに遅し…というわけで。
長慶が精神のバランスを崩し、冷静な判断ができなくなっていたことがわかりますよね。

冬康は穏やかな人物だったそうです。

ある時、彼は兄に鈴虫をプレゼントしました。
そして、「夏の虫である鈴虫だって、大事に飼えば冬まで生きることができます。
人間ならなおさらですよ、兄上」と、戦に明け暮れる兄をやんわりと諌めたんだそうです。

そんな、兄を思ってくれる大事な弟を殺してしまったことは、長慶にとってとどめの一撃となりました。

同年、長慶は病没します。
43歳でした。
29歳の若さで天下人となった彼は、その最期もまた早すぎるものでした。

三好家の行く末

三好家の行く末

image by PIXTA / 8111574

長慶の亡き後、養子の義継(よしつぐ)が家督を相続しますが、若年ということで、「三好三人衆」と呼ばれる3人の重臣たちと、家宰(かさい/家老のような立場)の松永久秀が補佐するような形となります。

しかし、ほどなくして三好三人衆と松永久秀の対立が起き、義継はそれに巻き込まれて両方を行ったり来たりの状態になってしまうんです。

やがて、台頭してきた織田信長により、彼らすべてが滅ぼされることとなりました。
長慶が築いた三好家の全盛時代は、あっという間に消え去ってしまったんです。

もっと「イヤな奴」でいられたら、結果は違った?

親族の結び付きが強かったため、強大な軍事力を誇った三好家と長慶ですが、ひとりの弟の死によってそれにほころびが生じた途端、坂を転げ落ちるかのように衰退してしまいました。
一説には、長慶はうつ病だったとも言われています。
真面目で几帳面な性格だったそうですから、他人に言えない権力者としての苦労が彼を苛んでいたのかもしれませんね。

となれば、何度も将軍や細川晴元を許したのも、その真面目さからだったのかなとも思います。
もう少しイヤな奴、ワルい奴を演じることができたら、三好政権はもっと永らえることができたかもしれませんね。

photo by PIXTA