古湯温泉は38度のぬる湯だから長時間じっくり入ってリラックスできる

トラベルパートナー: Rinka

福岡出身大分在住、得意エリアは九州全域。どこまでも自動車で行っちゃいます。 夫婦で温泉好き、週末はどこかしらの温泉に出没してます。 甘いものとお魚も大好き、現地のグルメスポットは必ずチェックします。 身体を壊して山登りができなくなったのが、今の悩みのタネ。

きゅうなったら古湯でゆっつらーとつかってくるんよ

福岡にある古湯温泉をご存知ですか。なんと2000年もの歴史がある温泉で、明治の歌人や画家たちも愛した温泉街なんです。泉質はアルカリ性のぬる湯が嬉しい美人の湯で、福岡市から1時間程で行けるアクセスの良さも魅力の一つです。今回はそんな古湯温泉の見どころをたっぷりご紹介していきます。

福岡市から日帰りできる極楽の湯治場

背振山を臨む自然のなかにある古湯温泉は、古くから佐賀の湯治場として親しまれてきました。

福岡からも近い古湯温泉

古湯温泉は、背振山を臨む佐賀県佐賀市にある温泉地で、古くから佐賀の奥座敷として湯治に訪れる人が多いです。九州一の大都市である福岡市からは1時間とアクセス良好なのも魅力のひとつ。

お湯はぬるめの38度

近くにある熊の川温泉しかり、お湯の温度がぬるめなのが特徴で、長時間じっくり入りやすいです。38度は母胎と同じ温度といわれ、リラックスするのに最適な温度です。泉質はアルカリ性単純温泉で、なんとPHが9.5。しっかりめのアルカリ泉で、肌のクレンジング効果抜群。美人の湯としても名高いです。

2000年以上の歴史を持つ伝統ある湯治場

古湯温泉のルーツは、なんと秦の始皇帝。2000年以上もの長い歴史を持つ温泉もあるんです。そんな温泉郷は、明治の文豪や画家にも愛されてきました。

発見はなんと紀元前 徐福により開かれた

この温泉は、今から2200年前、秦の始皇帝に命じられ不老不死の薬を探しに来た徐福が、湯の神に導かれ発見したという言い伝えがあります。しかし、名湯として発展したものの、地震と洪水で一時、温泉がふさがってしまいました。

鶴により再び復活した神秘の湯

それから時は流れ1791年。怪我をした鶴が湧き水に浸かっているうちに傷がふさがっていました。それに気がついた村人が、あたりを掘り起こしたところ、ぬるめの湯が湧いていることを発見。温泉が再び復興することになったのだそうです。

明治の文豪や画家も愛した古湯温泉

古湯温泉は、歌人 斎藤茂吉が療養のために滞在した地としても知られています。湯治を続けるうちに徐々に病気が癒え、38首をここで記したとされています。また、日本画家の青木繁もまた療養として訪れており、明治の文豪や画家たちが愛した名湯としても有名です。

魅力がたくさん。いろんなお風呂に入り比べ

種類豊かな温泉があり、お風呂の入り比べができるのも古湯温泉の楽しみのひとつです。トルマリンの砂蒸しや砂湯などユニークなお風呂を試してみましょう。

様々な宿を楽しめる立ち寄り湯

View this post on Instagram

地元巡り #古湯温泉 #oncri

A post shared by Sakaguchi_Yuki (@sakaguchi_23) on

古湯温泉のエリアは、宿と立ち寄り湯をあわせて全部で14軒の温泉があります。街を歩いてさまざまなお湯を比べて楽しむことができるのも、温泉街の楽しさですね。また、温泉水を汲んで持ち帰ることができる温泉スタンドもあります。お茶やコーヒーに最適で、店舗によってはお茶を楽しむこともできます。

大自然からの感謝を込めたくつろぎの湯 古湯温泉ONCRI

2012年にオープンした古湯温泉ONCRIは、四季折々の自然の恩恵への感謝を込め、おんくり(=恩を送る)と名付けられた旅館です。檜湯や歩行浴など15種類のお風呂が楽しめるほか、最大の特徴は、トルマリンなどの自然の素材を65度に加温した砂蒸し風呂があることです。砂の中に埋まっていると、思わずそのまま眠ってしまうほどの心地よさ。

住所|〒840-0501 佐賀県佐賀市富士町古湯556
営業時間|AM10:00~PM8:00(立ち寄り湯)
定休日|なし
電話|0952-51-8111
公式サイトはこちら

全国でも珍しい天然砂湯温泉 鶴霊泉

古湯温泉復興のきっかけとなった、鶴への恩返しということで名付けられた宿がこの鶴霊泉(かくれいせん)です。ここのお風呂は、砂蒸し湯ではなく砂湯。源泉からお湯とともに湧いてくる砂をそのまま浴槽に敷き詰めたもの。岩盤を保護すると共に、足裏に心地よい砂の刺激を与えてくれます。

住所|〒840-0501 佐賀県佐賀市富士町古湯875番地
営業時間|AM11:00~PM2:00(立ち寄り湯)
定休日|なし
電話|0952-58-2021
公式サイトはこちら

古い温泉宿と新しい風の混じり合う町

長い歴史をもつ古湯温泉ですが、女将が経営する食堂や、古民家を改装した図書館のお宿など、一風変わった新しいお店も増えています。新たな古湯温泉の魅力です。

古い家を改装した新しい店が並ぶ

湯治場といえば山の中の静かな温泉地、という鄙びたイメージが強いですが、ここの湯治場はひと味違います。古湯温泉の湯治場は、おしゃれなカフェのような雰囲気のお店など、新しいタイプの店が増えてきています。

お風呂巡りの途中で美味しいご飯 古湯キッチン10

古湯温泉は、お宿以外の食事処が乏しく、休憩場所も不足していました。そこに着目して女将が考えたのが、空き家をリノベーションして作った食堂 古湯キッチン10です。地元産の素材にこだわったメニューは、どれもホッとするような優しい家庭の味です。一番のおすすめは定番の唐揚げ定食。ジューシーな唐揚げのほかにも、たくさんの小鉢がどれもとても美味しい大満足のメニューになっています。

住所|〒840-0501 佐賀県佐賀市富士町古湯855
営業時間|AM10:30〜PM5:00
定休日|不定休
電話|0952-58-2075
公式サイトはこちら

読んで休んで泊まって 泊まれる図書館 暁

築110年の古民家を改装して作られたカフェ付き図書館もおすすめです。温泉にゆっくりと浸かり癒やされたあとは、本好きの人が集まり、新しい本と出会って欲しいという思いから作られた図書館です。なんと夜には、一日一組限定で宿泊できる宿になります。図書館まるごと独り占めという、本好きにはたまらない贅沢が楽しめますよ。

住所|〒840-0501 佐賀県佐賀市 富士町大字古湯761-1
営業時間|PM0:00~PM3:00
定休日|毎週火・水曜
電話|0952-58-2105
公式サイトはこちら

古湯温泉へのアクセス

車での行き方

車で行く場合は、下記のとおりです。ICからは少し離れていますが、佐賀大和ICから降りるのが一番近いルートになります。
・長崎自動車道佐賀大和ICより約15分
・福岡都市高速環状線橋本ICより県道560号線に入り約45分
・佐賀市役所より国道323号線を通り約25分

電車・バスでの行き方

電車で行く場合は、佐賀駅で降りて、そこからバスに乗り換えましょう。約50分で到着です。

飛行機で来る場合

飛行機の場合、羽田空港から佐賀空港まで約120分です。空港からは、空港連絡バスで佐賀駅まで約45分で着きます。佐賀駅からはバスに乗り換え約50分で古湯温泉へ到着です。

住所|〒840-0501 佐賀県佐賀市富士町古湯2685
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0952-58-2860
公式サイトはこちら

まとめ

福岡にある古湯温泉は、2000年もの歴史がある文化人も愛した温泉街でした。アルカリ性のぬる湯が嬉しい美人の湯で、福岡市から1時間程で行けるアクセスの良さも魅力の一つです。山の中の川沿いの温泉地でぬる湯ということもあり、夏でも涼しく過ごしやすいです。ぜひ一度行ってみてください。

 

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ