高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将

戦国時代の九州には、勇将と呼ばれるにふさわしい人材がたくさんいたんですよ。関ヶ原の戦いで敵陣を中央突破した島津義弘(しまづよしひろ)、豊臣秀吉にその武勇を称えられた立花宗茂(たちばなむねしげ)などなど…。しかし今回は、その立花宗茂の実父にスポットライトを当ててみましょう。彼の名は高橋紹運(たかはしじょううん)、大友家臣という立場を貫き、壮絶な最期を遂げました。その生き方は、まさにサムライと呼べるものだったんですよ。さあ、紹運はどんな生涯を送ったのか…一緒に見ていきましょう。

大友家重臣・吉弘家に生まれる

大友家重臣・吉弘家に生まれる

image by PIXTA / 1820956

紹運が生まれたのは、天文17(1548)年のこと。
豊後(大分県)の戦国大名・大友義鑑(おおともよしあき)に仕える吉弘鑑理(よしひろあきまさ/あきただ)の二男として誕生しました。

のち、義鑑の息子・義鎮(よししげ/後の宗麟)の「鎮」と父・鑑理の「鑑」の字をもらって、吉弘鎮理(しげまさ/しげただ)と名乗るようになります。
ややこしくなるので、ここではずっと「紹運」で通しますね。

父の鑑理は知勇兼備の名将として大友家では重宝されていましたが、紹運もまたもれなくその才能を受け継いでいたようです。

初陣は苦い敗戦から

初陣は苦い敗戦から

image by PIXTA / 5795425

永禄4(1561)年、13歳の時に初陣を飾ります。
大友義鎮対毛利元就の戦いで、「第四次門司城の戦い」というものでした。

毛利元就は中国地方から筑前・筑後(福岡県)を狙ってきていましたが、一方、大友義鎮は実弟の大内義長(おおうちよしなが)を毛利に殺されていたため、復讐心に燃えていました。

この戦いは両軍のせめぎ合いが続き、なかなか戦況が好転せず、結局は大友軍の敗戦で終わっています。

おそらく、紹運は父の悔しがる様子や、敗戦の厳しさもちゃんと見ていたことでしょうね。

これから彼が名将となっていくのに、重要な戦いだったと思います。

高橋家の名跡を継ぐ

高橋家の名跡を継ぐ

image by PIXTA / 513068

永禄10(1567)年、紹運20歳の時、大友家の重臣で信頼厚かった高橋鑑種(たかはしあきたね)が謀反し、毛利方に寝返りました。

大友宗麟には何度も「高橋に謀反のきざしがある」と知らされていたんですが、宗麟は「奴は忠節無比の人だから…」と信じようとしなかったんだそうですよ。

しかし、やはり謀反が露見すると、鑑種は周辺の豪族と呼応して挙兵します。

この謀反の鎮圧のため、紹運は父や兄・鎮信(しげのぶ)、後に自分の息子を婿養子にやることとなる戸次道雪(べっきどうせつ/立花道雪)らと出陣しています。

戦は2年に及びましたが、やっと鎮圧に成功。
高橋鑑種は降伏し、家督を剥奪されて豊前小倉に移されました。

となると、主がいなくなった高橋家は、このままで断絶してしまうことになります。

そこで、大友宗麟は紹運に高橋家の名跡を継ぐように命じたのです。
ちょうど紹運は二男でしたし、若いながらも着実に戦功を重ねてきた重臣の家系ですから、ぴったりだったんでしょうね。

加えて、高橋家の家臣たちは、鑑種についていくことを拒み、家に残りたいと申し出たそうなんです。
将来有望な紹運になら、ついていってもいいと思ったんでしょう。

こうして、紹運は高橋家の岩屋城(いわやじょう)の主となり、名を「鎮種(しげたね)」と改めたのでした。
22歳の若き城主の誕生、そして新生高橋家の出発です。

ひとりの「男」としても魅力的

この頃、紹運は結婚しています。
お相手は同じ大友家臣の斎藤鎮実(しげざね)の妹(もしくは娘とも)・宋雲院(そううんいん)です。

婚約自体はもっと早くから決まっていたようですが、何せ紹運が戦・戦・戦…と忙しくしていたもので、祝言を挙げる暇がなかったんですって。

ところが、その間に宋雲院が疱瘡にかかってしまったんです。
おそらく顔にも痕が残ってしまったのでしょう…。

鎮実はそれを理由に、この話を破談にしてほしいと紹運に持ちかけました。

しかし、紹運はきっぱりと、「私は彼女の見た目ではなく心に惚れたのですから、問題など何もありません!」と答えたんだそうですよ。

素敵な話ですよね。
二人の仲は睦まじく、二男四女をもうけました。
そして現在は同じ墓所に葬られ、位牌は対になっているんだそうです。
亡くなっても素敵な夫婦仲…羨ましいですね。

ちなみに、この手の話は明智光秀や吉川元春(きっかわもとはる)にも同じものがあるんですが、愛妻家には必須の条件なんでしょうか。
まあ、今回は、それを追究するのはやめておきましょうね。

強敵・島津家の急成長と大友家の苦境

強敵・島津家の急成長と大友家の苦境

image by PIXTA / 3215544

筑前の要衝・岩屋城を任された紹運は、同じく筑前の立花城を任された立花道雪と共に、北九州各地の戦国武将たちと戦いを繰り広げることになりました。

しかし、すでに大友家は斜陽の時代に入っていたんです。
当主・大友宗麟は老境に差し掛かるにつれて暴君化しており、道雪や紹運ら譜代の家臣の力だけが頼りになっていたんですよ。

そして、九州の南、薩摩(鹿児島県)からは大きな勢力が攻め上って来ていました。
島津義久(しまづよしひさ)を当主とした、島津家です。
義久と3人の有能な弟らから成る「島津四兄弟」の力によって、島津家は大友家を飲み込もうとしていたんですよ。

天正6(1578)年、ついに大友家と島津家が対決します。
これが耳川の戦いです。

結果は大友側の大敗に終わり、紹運の実兄・吉弘鎮信、義兄の斎藤鎮実らなど、多数の大友重臣が戦死してしまいました。
これによって大友家の戦力は大幅にダウンすることとなり、斜陽化が一気に加速していきます。
そして、それに乗じた周辺勢力は大友領へ侵入を図り、大友家は苦境に立たされることとなってしまったんですよ。

この年、紹運は31歳で剃髪し、これで「高橋紹運」が正式に誕生しました。

道雪に頼まれては断れず…長男を養子に出す

立花道雪は、紹運にとっては頼もしい同僚でした。
彼はもともと「戸次」姓を名乗っていましたが、やはり紹運と同じような経緯があり、大友家に謀反した立花鑑戴(あきとし)の名跡を継いでいます。

紹運と道雪は、親子ほども年が離れていましたし、「軍神」と称される彼は雲の上の存在のようなものだったことでしょう。

ところが、ここで道雪が思いもよらない頼みごとをしてきたんです。

「頼む!長男の統虎(むねとら)をくれ!」

道雪には幼い一人娘・誾千代(ぎんちよ)しかおらず、彼女の婿になぜか紹運の長男・統虎を望んできたんですよ。

なぜに長男…?と戸惑った紹運、丁重に断りましたが、道雪は聞いてくれません。
何度も頼み込んできます。
なんせ、雷に打たれても斬り返したという逸話を持つカミナリ頑固親父ですから…ほとほと困り果てた紹運は、ついに統虎を養子に出すことに決めたのでした。

家を離れる息子に、紹運は「道雪どのを実父と思って仕えよ。
もし私と道雪どのが争うことになれば、これで私を討て」と言って刀を授けたそうですよ。

そして、立花家へ婿入りしたこの統虎が、後の立花宗茂(むねしげ)となり、豊臣秀吉に「天下無双」とまで褒めたたえられる勇将に成長していくんです。
やはり、勇将の子は勇将なんですね。

「義」こそ貫くべき武士の道:大友家を見捨てない

「義」こそ貫くべき武士の道:大友家を見捨てない

image by PIXTA / 2556247

大友家は宗麟が隠居し、息子の義統(よしむね)が家督を継いでいましたが、宗麟の隠居は形ばかりのものだったため、二頭政治となり家内が不安定となっていました。

そして、追い打ちをかけるかのように耳川の戦いでの大敗があったため、家臣団の中には大友家を裏切ろうとする者も出始めていたんです。

高橋家の家老・北原鎮久(きたはらしげひさ)は、紹運に「大友家はもうダメですから見限りましょう」と進言しますが、紹運はそれを受け入れることはしませんでした。

すると、これに目を付けた反大友の武将・秋月氏が北原をそそのかし、紹運追放のクーデタを企てたんです。
しかしすぐに事は露見し、北原は紹運によって誅殺されました。

一方、紹運は何も知らなかった北原の息子・北原種興(たねおき)に事の次第をしっかりと説明し、種興をとがめずに父の領地を継がせて重臣に取り立てています。

その恩に感激した種興は、秋月氏に内応したふりをして秋月方の兵を呼び寄せ、そこを紹運が殲滅しました。
何があっても大友家を裏切らない、という姿勢を示したわけです。

筑後出兵と道雪の死

筑後出兵と道雪の死

image by PIXTA / 17292342

その後、島津家の圧力がさらに強まると、紹運は義統の求めに応じて立花道雪と共に筑後へ出兵します。
この時、9,800の兵で3万の相手を退ける奮戦ぶりを見せました。
この強さはひとえに、大友家への忠誠から来ていたんでしょう。

ところが、こうした周辺勢力との戦いのさなかの天正13(1585)年、道雪が陣中で病没してしまったんです。
紹運の必死に看病や回復祈願も実りませんでした。
大友側の戦力ダウンは避けきれず、筑後出兵はここで中止となってしまったんですよ。

共に大友家を支えてきた道雪の死は、大友家以上に紹運にとってショックだったはず。
道雪の後を継いだ実の息子・統虎はまだ若く、紹運は立花家も守らねば…という思いを強くしたに違いありません。

763人で2万の島津軍に挑む覚悟を決めたわけ

763人で2万の島津軍に挑む覚悟を決めたわけ

image by PIXTA / 25703976

九州平定をもくろむ島津家の勢いを止められる者は、もはや誰もいませんでした。
そして彼らにとっては、大友家が最後の邪魔な存在だったんです。

薩摩から攻め上って来た島津軍は、天正14(1586)年に筑前へ迫り、紹運のこもる岩屋城やもうひとつの彼の城・宝満山城付近を取り囲むように布陣します。
その数2万をゆうに超えていたといいます。

一方、紹運率いる岩屋城の兵はたったの763名。

出ようと思えば岩屋城を出て捨てることもできましたし、そうしろと周りに勧められてもいたのですが、紹運はあえてこの城に籠もることを決めていました。

というのも、彼がここを捨てれば、島津の大軍が息子・立花統虎の守る立花山城に向かう恐れがあったからなんです。

命を捨ててでも、息子も守らなくてはという思いがあったのかもしれません。

数だけ見れば、はなから勝敗は決しています。

それをわかっている島津軍からは3度の降伏勧告がありましたが、紹運は丁重に拒否しました。
また、息子の統虎なども降伏を勧める使者を送ったそうですが、それでも紹運は首を縦には振りませんでした。

武家に生まれた者の心得

降伏を勧めに来た島津方の使者に、紹運はこう言ったそうです。

「主家が栄えている時なら、忠節を尽くすものはいくらでもいるでしょう。
しかし、主家が衰えた時に命を懸けて尽くす者は滅多にいません。
武家に生まれた者が、恩を忘れるのは鳥獣以下ではありませんか」

この言葉は、後に、敵味方を問わず賞讃されたといいます。

紹運の胸の内には、主家・大友家への忠誠しかなかったんですね。

もう大友家がダメだろうということはわかっていても、恩を忘れるわけにはいかない…武家らしい覚悟のもと、紹運以下、城を守る兵たちは、最初から運命を受け入れていたんです。

激戦!岩屋城の戦いと壮絶な玉砕劇

激戦!岩屋城の戦いと壮絶な玉砕劇

image by PIXTA / 3235432

降伏勧告を断った紹運は、763名の兵を率いて半月の間籠城して抵抗を続けました。
兵たちはここを死に場所と定めていたため、一歩も引くことはなかったといいます。
また、昼夜問わず鉄砲の銃声と兵士たちの雄叫びが絶えることはなかったそうですよ。

文字通り命がけの戦いを演じた紹運たちによって、島津軍は3,000もの被害を出しました。
これは島津にとっては大ダメージであり、戦後に体制を建て直すのに時間をかけねばならなくなって、九州平定の夢も消え去ることとなったんです。

圧倒的不利な兵力で戦い続けてきた紹運ですが、やがて力尽きる時が来ました。

彼は割腹して果て、残された城兵はすべて敵に突撃し、763名全員が玉砕したのでした。

敵すらその死を惜しんだ名将・高橋紹運

敵すらその死を惜しんだ名将・高橋紹運

image by PIXTA / 2509061

紹運はまだ39歳。
その才は敵にも惜しまれました。

彼の首実検の際、島津軍の大将・島津忠長(しまづただなが)は、紹運の首を見るなり地面に正座し、「我々は類稀なる名将を殺してしまったのだ…!紹運となら、最高の友になれただろうに…」と手を合わせて泣いたそうです。

また、この時、大友家の要請に応じて九州征伐のため上陸していた豊臣秀吉は、岩屋城の戦いの翌年の天正15(1587)年に島津家を降伏させると、紹運の息子・立花統虎を呼び寄せ、「高橋紹運こそ乱世の華よ」とその武勇を称え、早すぎる死を惜しんだほどでした。

紹運は、サムライのあるべき姿を見せた

傾く主家を見捨てることもせず、忠義を貫き通して鮮烈に散った高橋紹運の人生は、心ある武士にとってはまさに理想のものだったかもしれません。
それだけでなく、妻を大事にする姿や息子に対する姿勢もまた、魅力的でした。
侍として、男として、父として…すべてにおいてこれほど魅力的な戦国武将は、なかなか他にはいないのではないでしょうか。
立花道雪や立花宗茂、そして高橋紹運。
大友家に仕えた武将たちはみな、カッコいいとしか言いようのない姿で時代を駆け抜けていったのです。
photo by PIXTA