異国情緒漂う由布院ステンドグラス美術館で鑑賞と製作を楽しむ

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Tomoki

日本国内をメインに、一人旅をするのが好きです。特に関東地方と九州地方が好きでよく行きます。とても寒がりなので、冬はあまり旅行しませんが、春〜秋にかけては活発になります。桜や新緑・紅葉の名所の写真を撮るのにハマっています。

由布院ステンドグラス美術館に行かんかぇー

温泉街として知られる由布院には、美しいステンドグラスが展示されている由布院ステンドグラス美術館があります。光を受けて輝くステングラスは思わずため息がでてしまうほど。また、美術館の建物や内装にもこだわりがあり、由布院ステンドグラス美術館そのものに美を感じられます。

西欧の香り漂う由布院で誕生した由布院ステンドグラス美術館

由布院は17世紀初頭、今から400年も昔にキリシタンの桃源郷であったとされています。その流れからか、いまでも由布院では西欧の香りが漂います。

そんな由布院にこの美術館があり、ヨーロッパを代表するステンドグラスが数多く展示されてます。こちらの建物はイギリス式の建築方法で建てられているため、作品だけでなく建物からも気品を感じられます。

由布院ステンドグラス美術館は2つの建物に分かれている

由布院ステンドグラス美術館は2つの建物に分かれ、それぞれ展示している内容が異なります。また建物自体が貴重な木造建築になっているものもあるのであわせてチェックしてみてください。

世界最高峰の作品が数多く展示されているニールズ・ハウス

こちらのニールズハウスでは、ヨーロッパのステンドグラス作品の名作が多く展示されています。

ステンドグラスのみならず、工芸品や美術品も展示されています。エミール・ガレの最高傑作といわれる作品も展示もあり必見ですよ。

めずらしい完全木造建築の聖ロバート教会

外観はレンガ建てですが、骨組み部分は完全木造建築となっていて、いまでは珍しい造りです。その骨組みの木は由布院の近くで伐採された日田杉が用いられています。

こちらの館内では、スケールの大きいステンドグラス作品が多く必見です。もとは教会としてのみ利用を許可されていましたが、今はステンドグラス作品を眺めることができます。

展示の見どころをたっぷり紹介

展示されているステンドグラスにはどのようなものがあるのでしょうか。教会と相まって神聖な美しさがある作品や素朴で可愛らしい作品などどれも見逃せません。

聖ロバート教会内の作品

「聖母マリアと天使たち」は幻想的な雰囲気を放ち、訪れる人を虜にしています。天井に向かって広がっていく大作は圧巻。

写真を撮ることができるので、撮影する見物客も多いです。骨組みの木とガラスのコントラストも美しいです。

ステンドグラスは明るい色の物が一般的に目にすることが多いかもしれませんが、このような寒色系を多く用いた作品もあります。

一口にステンドグラスといっても、さまざまな表現方法があることが作品を通して体感することができます。展示作品を見比べながら、ステンドグラスの色や表現の奥深さを感じ取ってみてください。

スケールが大きいとその迫力に圧倒されがちです。しかし、よく見ていくときめ細やかに構成されていることが分かります。

例えば黒い縁をうまく活用することで、立体感のある作品に仕上がるそうです。このようなステンドグラスならではの表現方法を体感してみてください。

ニールズハウスで楽しみたい小作品

ニールズハウスではおもに、中世のステンドグラス作品を展示しています。聖ロバート教会内の展示作品と比べると、小物が多く小さな空間を活かした展示になっています。

また色彩豊かな作品が多く、楽しませてくれる魅力的な作品ばかりです。

ステンドグラス以外にも工芸品や美術品の展示されています。数ある展示品の中には、かつての巨匠が製作した知られざる名作も隠れているんだとか。

スケールの大きい作品を見た後は、小品を見るとまた違った見方ができそうですね。

ステンドグラス製作体験も楽しもう

由布院ステンドグラス美術館では、ステンドグラスを自分で作ることのできる体験も可能です。

自分の好きなガラスを選んで、組み合わせて世界に1つだけの作品を作りましょう。旅の思い出にもなるので時間が許すのなら申し込みをして体験してみてください。

製作体験は少なくとも1時間以上かかるので、体験に参加したいときは予め余裕を持っていきましょう。

ガラスや薬品など危険なものを使用しますので、服装は汚れていいものなどを着ていくことをおすすめします。当日の申し込みも可能なことが多いです。

カフェやおみやげ屋さんも

美しいステンドグラスを見学した後は、カフェでゆっくり休憩をしたりおみやげ屋さんでグッズを購入してはいかがでしょうか。

見学や体験の後はカフェで休もう

由布院ステンドグラス美術館内には、カフェも併設されています。カフェスペースでもステンドグラスの作品が飾られています。

全ての飲み物が美術館のカフェとしてはお値打ち価格で有り難いところです。見学や体験のあとに、ステンドグラスに囲まれながらまったりしてみるのもおすすめです。

お土産屋さんにも立ち寄ってみよう

美術館内にはおしゃれな雰囲気のミュージアムショップも設置されています。ショップでは、ステンドグラス製のパネルやランプなど、さまざまな手作り作品が販売されています。

製作体験に参加しなかった方でも思い出の一品を買うことができるので、ぜひ最後に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

由布院ステンドグラス美術館へのアクセス

電車での移動

JR由布院駅前から由布見通りを直進し、変則の5差路の鳥居をくぐり600mほど直進します。ホテル秀峰館手前の道を斜め左に進むと300m先右手にアンティークレンガの建物が見えてきたら到着です。徒歩およそ15分かかります。

自動車での移動

由布院I.Cで下車し、湯布院I.C入口で県道216号線へ進みます。そのあと湯布院入口を右折してしばらく進してください。街中に入る交差点を右折し、駅前の由布見通りに出たら左折して県道617号線 との変則の5差路をくぐり直進します。ホテル秀峰館手前の道を斜め左に進むと300m先右手にステンドグラス美術館が見えてきます。およそ9分の道のりです。

住所|〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上2461−3
営業時間|AM9:00 ~ PM6:00
定休日|なし
電話|0977-84-5575
公式サイトはこちら

まとめ

もとは海外で生まれたステンドグラスが日本でこれだけ集まる場所は多くありません。厳選された本場の作品をじっくり楽しめるのもは湯布院ステンドグラス美術館くらいでしょう。しかも、自分の手で世界に1つだけのステンドグラス作品まで作ることができます。西洋の風を感じながら美しい作品たちを堪能してみてください。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ