安曇野おすすめの観光スポット。定番スポットから地元で人気のお洒落カフェまで

雄大な北アルプスと、自然豊かな田園地帯が広がる人気のスポット「安曇野」。全国的にも人気の長野県安曇野には、年間通して多くの皆さんが観光に訪れます。今回は安曇野エリアの定番観光からアートに地元で人気のグルメ・体験スポットや女子に人気のお洒落なカフェなどを中心にご紹介していきます。これを見たらあなたもきっと安曇野に出かけたくなるはず!?

【地元民がオススメする旅ガイド】

【長野】北アルプスをバックにチューリップと菜の花が満開!国営アルプスあずみの公園堀金・穂高地区に行こう!

1.安曇野の旅は穂高駅からスタート!

102405:1.安曇野の旅は穂高駅からスタート!

撮影/橋詰 真紀

長野県在住、旅ライターの橋詰真紀です。
今回は長野県安曇野エリアにやってきました。
子供の頃から何度も訪れている大好きな安曇野エリア。
最近は女子に人気のお洒落なカフェやスポットも急増中!今回は女子力アップのため”安曇野で過ごす大人女子旅”をテーマに、まずはJR大糸線穂高駅前からスタートです。
ちなみに穂高駅周辺〜穂高神社〜禄山美術館〜大王わさび農場〜安曇野アートヒルズ周辺ぐらいでしたら、レンタルサイクルで周ってみても楽しいです。
特に天気の良い日は気持ちいいですよ。
寒い冬はオススメできませんが。

その他のエリアに行くならば、公共の交通機関だとちょっと不便かも。
広〜い安曇野エリアを効率よく周るにはマイカーかレンタカーを利用して頂いた方が良さそう。

2.パワースポットとしても人気!穂高神社(ほたかじんじゃ)に参拝

102404:2.パワースポットとしても人気!穂高神社(ほたかじんじゃ)に参拝

撮影/橋詰 真紀

JR大糸線穂高駅から徒歩3分。
駅からもアクセス抜群の穂高神社に参拝。
長野県内にはパワースポットが多く点在していますが、ここも最近人気のパワースポットのひとつとなっています。
広い境内をゆっくりと巡りながらしっかりとパワーチャージしちゃいましょう。
大人女子旅には神社巡りはかかせません。

2-1穂高神社ってどんな神社?

102402:2-1穂高神社ってどんな神社?

撮影/橋詰 真紀

ところで穂高神社ってどんな神社?早速調べてみました。

穂高神社の御祭神は穂高見命(ほたかみのかみ)。
穂高見命は海神族 (かいしんぞく)の祖先の神様で、その末裔にあたる安曇族は北九州に栄え海運を司っていたそうです。
大陸方面とも交渉をもち、文化の高い氏族であった安曇族は信濃の国の開発に大功を樹てたと伝えられています。
また穂高神社の奥宮は、北アルプス穂高岳のふもと上高地の明神池にあり、嶺宮は北アルプスの主峰奥穂高岳の頂上に祀られています。
「アルプスの総鎮守」とも呼ばれています。

なるほど海の神様が山深いここ信州に、祀られているという訳なんですね。
地元民なのに全く知らなかったです。
それにしてもなかなか興味深い話ですね。

102401:

撮影/橋詰 真紀

穂高神社のご利益は交通安全・家内安全・健康長寿・病気平癒試験合格・商売繁盛・良縁・厄除・八方除・事業繁栄・心願成就等。
おおご利益たくさん。
地元民的には「車を買ったら、穂高神社に交通安全祈願」という交通安全が有名なイメージだったのですが、こんなにもパワーの溢れる神社だったんですね。
これはしっかりお参りしていかねば。

2-2.平成生まれの健康長寿『メタル道祖神』が斬新

102428:2-2.平成生まれの健康長寿『メタル道祖神』が斬新

撮影/橋詰 真紀

境内で見つけたのが、平成生まれの健康長寿『メタル道祖神』ステンレスでできている日本唯一の健康長寿を叶える道祖神なんですって。
そうそう。
安曇野にはあちこちに道祖神があるので、道祖神巡りをしてみても楽しいかも。
なんだか古いものと新しい物が入り混ざっている感じの「メタル道祖神」なかなか斬新!
102429:

撮影/橋詰 真紀

お守りの種類も豊富です。
学業成就のお守りがランドセルの形でとってもかわいい!
102465:

撮影/橋詰 真紀

こちらは無事かえる守。
みんな元気で無事に帰ってきてね~。

2-3.穂高神社の御朱印は2種類

102466:2-3.穂高神社の御朱印は2種類

撮影/橋詰 真紀

穂高神社で今回もありがたく御朱印を頂きました。
やはり達筆です。
この日は平日だったので御朱印の順番待ちもほとんどありませんでした。
御朱印は2種類。
道祖神の御朱印って珍しいですよね。

3.東洋のロダンと呼ばれた「碌山美術館」へ。

102407:3.東洋のロダンと呼ばれた「碌山美術館」へ。

撮影/橋詰 真紀

102399:

撮影/橋詰 真紀

穂高駅から徒歩7分。
安曇野にはアートスポットが点在しています。
まずは東洋のロダンと呼ばれた「碌山美術館」へ。
102396:

撮影/橋詰 真紀

11月初めに訪れた時は、ちょうど紅葉も見頃を迎えていました。
正面の教会風の建物が碌山館で安曇野のシンボル的な存在です。
私も小学生の写生大会で来た思い出があります。
子供の頃はイマイチ分からなかったのですが、こうして改めて訪れてみるとレトロで素敵な美術館ですね。
102432:

撮影/橋詰 真紀

うん。
確かに考える人のロダンっぽいかも。
102431:

撮影/橋詰 真紀

碌山美術館は日本近代彫刻の礎を築いた明治の彫刻家、荻原守衛(おぎはらもりえ)(碌山 ろくざん)の作品を公開しています。
碌山の作品以外にも高村光太郎を始め、交流のあった作家の作品も多く展示されています。
たまにはゆっくりと散策しながら、アートに浸るのもいいですね。
102440:

撮影/橋詰 真紀

館内には「ホッと」ひと休みできるスペースもあります。
懐かしの薪ストーブもあり、ゆったり過ごすのにちょうどいいですね。
美術館の中は撮影禁止のためご紹介できませんでしたが、それぞれの作品がかなり近く目の前で鑑賞できるため親しみやすさも感じました。

4.わさびの生産量日本一!「大王わさび農場」に行こう

102395:4.わさびの生産量日本一!「大王わさび農場」に行こう

撮影/橋詰 真紀

「大王わさび農場」と言えば、もはや安曇野観光で必ず立ち寄ると言っても良いほど、定番中の定番スポット。
やはり地元民的には、定番すぎて立ち寄るのも何年ぶり。
広い敷地を誇る施設内では、わさび園を巡りながら散策をする事ができます。
この他にも体験工房やレストラン等ではわさびを使ったフード類もあり、さらにお土産も充実。
102393:

撮影/橋詰 真紀

ところでここ安曇野はわさびの生産量が日本一だという事、皆さんご存知でしたか?さすが日本一の生産量を誇るわさび田。
見渡す限りの美しい湧水。
そしてわさびがたくさん。

4-1.おいしいわさびは北アルプスの雪解け水(伏流水)で育まれる

102394:4-1.おいしいわさびは北アルプスの雪解け水(伏流水)で育まれる

撮影/橋詰 真紀

わさび田の湧き水はすべて北アルプスの伏流水です。
きれいな水だからこそ、わさびが元気に育つんですね。
いつでもきれいな水が飲めるのは、周辺を山で囲まれた長野県だからこそ。
「ああー長野県民に生まれてよかった~~~~~~!」(笑)
102388:

撮影/橋詰 真紀

わさびのモニュメントも。
子供達が乗るのにちょうど良い形のようで。
記念撮影などもされている方もいました。
102433:

撮影/橋詰 真紀

やっぱり水きれい、絶景のわさび田。
こういう風景が普段から普通に見られるのは、ある意味贅沢なのかもしれないですね。
ちなみにわさびは根の部分だけを食べるというイメージが強いかもしれませんが、春になるとわさびの花も地元ではおひたしにして食べるんですよ。
これも絶品!大好き。

茎や葉も食べられるわさびは、実は捨てるところがないぐらいなんですよ。
ぜひ春になったら、わさびの花を食べてみて下さい。

102389:

撮影/橋詰 真紀

大王わさび農場の人気スポット「幸いのかけ橋」ここをカップルで渡ると幸せになれるそうなんです。
ちなみにわさびの花ことばは「幸せを運ぶ花」「目覚め」「うれし涙」なんですって。
知らなかった。
ここからカップルで絶景のわさび田を眺めたら、きっと幸せになれる事間違いなし?!

4-3.黒澤映画「夢」の舞台。水車小屋

4-3.黒澤映画「夢」の舞台。水車小屋

image by PIXTA / 16311894

1989年黒澤映画「夢」の舞台となった水車小屋。
ここも有名なスポットで当時のままの姿を残しています。
4月下旬から10月にはクリアボート体験(1,200円)もできます。
春から秋にかけて観光客の方に大人気の体験スポットとなっています。
透明感溢れる湧き水の上をボートで水上散歩。
安曇野の水の清らかさを体験する事ができます。
デートにもおススメ。

4-4.人気の「わさびソフトクリーム」と「わさびコロッケ」

102386:4-4.人気の「わさびソフトクリーム」と「わさびコロッケ」

撮影/橋詰 真紀

ここで食べたいのは「わさびソフト」と「わさびコロッケ」手軽に食べられるとあって観光客に大人気。
という私も実は初めて。
「わさびソフト」はわさびの香りはするものの、全く辛くないのでお子さんでも食べられそう。

「わさびコロッケ」はコロッケの中にわさびの茎が入っています。
こちらも上にわさびマヨネーズ等をかけると、ツ~ンとしたわさびの辛味も少し感じられます。
くれぐれもマヨネーズの掛け過ぎにご注意くださいね。

他にもレストランにはあつあつご飯に鰹節の上とすり下ろした、本わさびをのせてお醤油を垂らした大王名物「本わさび丼」も人気です。
わさび好きにはたまりません。

4-5.わさびを使ったお土産がたくさんで迷っちゃう。

102385:4-5.わさびを使ったお土産がたくさんで迷っちゃう。

撮影/橋詰 真紀

大王わさび農場にはわさびの特産品がいっぱい。
あまりの豊富な種類に迷ってしまいそう。
でもご安心ください。
試食などもたくさんあるので、実際に食べてみて気にいったものをお土産にどうぞ。
102435:

撮影/橋詰 真紀

この日は生のわさびの販売は残り1本のみ。
2,500円は地元民的にはちょっぴりお値段お高め?でもこのわさびのサイズが半端なく「でかっ!」お店で見るサイズのものの3倍以上はあるんじゃないかな。
もちろん普段はもう少しサイズ小さめのお手頃価格のものもありますので、ご安心くださいね。
102384:

撮影/橋詰 真紀

人気のわさび漬け。
売店の隣では「わさび漬体験工房」もあるので、旅の思い出にわさび漬けを自分で作ってみるのも良さそう。
(体験はお一人様1,030円。
要予約)久々に立ち寄った印象はとってもきれいに整備されていて、確かに人気というのも良く分かるといった感じでした。

5.天然酵母を使った石窯パンが人気「パンカルモ」

102467:5.天然酵母を使った石窯パンが人気「パンカルモ」

撮影/橋詰 真紀

車を走らせていたら、お洒落なパン屋さんを発見!ここは自家製酵母を使ったパンが人気のお店。
早速店内のお邪魔しました。
安曇野にはおいしいパン屋さんが多いのも特徴です。
102471:

撮影/橋詰 真紀

お洒落な店内には様々なパンが並んでいます。
ハード系のパンからスイーツ系の物まで盛り沢山。
みーんな美味しそう。
102469:

撮影/橋詰 真紀

102468:

撮影/橋詰 真紀

看板商品はこちらの「パンカルモ」地元りんごの自家製酵母を使い生地にはくるみ・やまぶどう・オレンジ・いちじく・クランベリーのドライフルーツが入っています。
こういうハード系のパン大好きなんですよね。
もちもちのパンにクリームチーズを合わせたりして、ワインとも相性良さそう。
102490:

撮影/橋詰 真紀

「パンカルモ」ではこの日に使われている原材料がすべて表示されています。
地元産の食材も多く使われているので地元愛が感じられますね。
原材料表示がされているので、安心して食べられます。
102470:

撮影/橋詰 真紀

お洒落なテラス席も。
お天気のいい日はこんなテラスで過ごせたら最高ですね。
オーナーさんもとっても気さくな方で、たくさん買っちゃいました。
女子が大好きなお店ですね。
これはリピ確実です。

6.「安曇野アートヒルズミュージアム」でガラスアートに親しもう。

102377:6.「安曇野アートヒルズミュージアム」でガラスアートに親しもう。

撮影/橋詰 真紀

安曇野アートヒルズミュージアムには、エミール・ガレの作品を展示する美術館や吹きガラス工房、ガラス制作体験を行うワークショップがあります。
他にもガラス製品を扱ったショップ、イタリアンレストラン、他にもお土産所にカフェ等。
お子さんから大人まで楽しめる、安曇野の人気スポットです。

102376:

撮影/橋詰 真紀

102369:

撮影/橋詰 真紀

美術館はもちろんですが、特に人気なのがガラスの体験工房。
吹きガラス体験や砂を吹き付けてガラスに絵をデザインするサンドブラストやトンボ玉等、子供達と一緒に家族も楽しめるとあって年間通して大人気です。

image by PIXTA / 19516940

吹きガラス体験は、スタッフの方がしっかりとアドバイスしてくれますので安心。
小学生以上ならば体験できますよ。
自分で作ったガラスアートは、きっと素敵な思い出の品になるはずです。

7.「apple&roses(アップルアンドローゼス)」でカフェタイム

102370:7.「apple&roses(アップルアンドローゼス)」でカフェタイム

撮影/橋詰 真紀

安曇野アートヒルズミュージアムの敷地内にある「apple&roses(アップルアンドローゼス)」。
ここは信州産のりんごを使ったデザートで人気のショップです。

102374:

撮影/橋詰 真紀

102436:

撮影/橋詰 真紀

一度訪ねてみたいと思っていた「apple&roses(アップルアンドローゼス)」こちらでは様々な賞を受賞したこのバラの形をしたタルトが有名です。
ただしショップではこちらのタルトは予約販売になります。
102367:

撮影/橋詰 真紀

ショーケースにはまさにフォトジェニックなりんごのタルトたちがお出迎え。
もちろんお持ち帰りもOK。
せっかくなので今回は、奥のティールームで頂くことにしました。
102360:

撮影/橋詰 真紀

中に入るとティーサロンはなんと10席しかない、なんと贅沢な。
お洒落な空間となっています。
奥の席ではデートらしいカップルが楽しそうに話していました。
ここはデートや女子会等にもおススメですね。
102365:

撮影/橋詰 真紀

「どうぞ香りをどうぞお楽しみください。」と茶葉を出してもらいました。
手前は安曇野産ジャーマンカモミールをアッサとブレンドした「カモミールアッサムティー」奥は「ローズティー」夏摘みのアッサムとモロッコ産のピンクローズペダルをブレンドしたもの。
バラの香りには抗ストレス作用などもあるそうで、女性におススメとのこと。
どちらも良い香りです。
102361:

撮影/橋詰 真紀

こちらの紅茶はダージリンをはじめ、スリランカから直接買い付けしているセイロンティー。
香り高い紅茶がセレクトされています。
紅茶に800円?!と初めはちょっとセレブだわぁと思ったのですが、いやいやポットの紅茶は約3杯近くもありコスパも味も◎
102364:

撮影/橋詰 真紀

見てください。
この鮮やかな「クラッシックタルト」(450円)上に乗っているりんごは季節の信州産のりんご。
コンポートされたおおぶりのりんごは、口の中に入れると「シャキシャキ」。
りんごそのもののが味わえます。
タルト生地もサクサク。
102363:

撮影/橋詰 真紀

「りんごとベリーのタルト」(560円)りんごとブルーベリー、ラズベリーがコンポート。
シナモンの香りと歯ごたえの良いヘーゼルナッツが、相性抜群です。
ちょっと大人のタルトって感じですね。
「apple&roses(アップルアンドローゼス)」では、ちょっと贅沢な気分でゆったりと過ごせて大満足。

8.「国営アルプスあづみの公園」で安曇野の自然に親しもう!

102437:8.「国営アルプスあづみの公園」で安曇野の自然に親しもう!

撮影/橋詰 真紀

以前にもご紹介しました「国営アルプスあづみの公園」北アルプスのふもと安曇野地域の堀金・穂高地区、大町・松川地区の2か所に位置し「自然と文化に抱かれた豊かな自由時間活動の実現」をテーマに、県内外から多くの方々が訪れる公園です。

102438:

撮影/橋詰 真紀

「国営アルプスあづみの公園」堀金・穂高地区の展望台からは、安曇野の懐かしい田園風景が広がります。
(写真は2017/4月撮影)また施設内では様々な自然体験ができるプログラムも豊富に揃っています。
季節の移り変わりによって、自然の豊かさを感じられるのも魅力の一つ。

8-1.毎年恒例のイルミネーションが大人気!

102642:8-1.毎年恒例のイルミネーションが大人気!

撮影/橋詰 真紀

なんといってもこの季節「国営アルプスあづみの公園」で行われる毎年恒例のツインイルミネーションが大人気!「国営アルプスあづみの公園」堀金・穂高地区、大町・松川地区の2か所では「光と森のイルミネーション」と題して今年は2017/11/18(土)~2018/1/8(月)まで開催されます。

102634:

撮影/橋詰 真紀

こちらは大町・松川地区の入口。
電車に乗ったかわいいクマのサンタが出迎えてくれます。
イルミネーションのロマンチックな雰囲気、女子は大好きなんですよね。
102635:

撮影/橋詰 真紀

今年はスマートフォンを使って、公園内にある7つの宝石を集めるアトラクションが行われていました。
堀金・穂高地区、大町・松川地区と2か所の公園内にあるQRコードを読み取って7つの宝石を全部集めると、とっても素敵なメッセージが現れます。
さらに7つすべてを集めると抽選で宿泊券等、豪華なプレゼントが当たるとのこと。
これはぜひコンプリートしなくっちゃ。
またイルミネーションとスマートフォンが連動しているので、こちらも注目です!
102658:

撮影/橋詰 真紀

ここのイルミネーションの素敵な所は広い公園内を散策しながら、ゆっくりと楽しめるところ。
周辺に民家などの街灯がないため、イルミネーションの光と共に星空も楽しめます。
またここはペットも同伴できるので、この日もワンちゃんと一緒に公園内をお散歩しながら楽しんでいる方の姿もちらほら。
102640:

撮影/橋詰 真紀

インスタ映えしそうなフォトスポットも。
毎年ここでプロポーズをするカップルもいらっしゃるそうですよ。
こんなかわいいハートの真ん中で、ぜひ素敵な愛を誓っちゃいましょう!
102638:

撮影/橋詰 真紀

毎週土曜日と12/24(日)には夜空を彩る光と花火のショーが開催されまう。
土日祝日にはライブにナイトクラフト・ナイト食体験等、とにかくイベント盛り沢山。
ツインイルミネーション毎年地元でも人気のイベントなのでぜひ出かけてみては?また国営アルプスあづみ野公園 堀金・穂高地区⇒大町・松川地区までは車で30分程なので行かれる際にはぜひ2か所をご覧いただくのがおススメです。
102633:

撮影/橋詰 真紀

なお信州の夜は非常に大変、いやホントに冷え込みますので(天候によってはマイナス10℃いかなんてことも)暖かい服装でお出かけくださいね。
帽子に手袋、マフラー、携帯用のカイロも必須です。
また園内を散策するコースになっていますので、歩きやすい靴でお出かけくださいね。

9.定番スポット「あずみのスイス村」では安曇野の特産品やお土産が揃う

102752:9.定番スポット「あずみのスイス村」では安曇野の特産品やお土産が揃う

撮影/橋詰 真紀

安曇野I.Cから車で3分。
安曇野スイス村は信州の定番のお土産や農産物の直売所・食事処にワイナリーなど大型観光バスも多く立ち寄る定番スポットです。
102753:

撮影/橋詰 真紀

安曇野スイス村にある「ファーマーズランド安曇野」ここは地元の農家の皆さんが育てた新鮮な農産物や果物が満載です。
102737:

撮影/橋詰 真紀

新鮮な白菜も。
スーパーで見る物よりもちょっと大きめ。
地元の生産者の方々が出荷しているので品切れという事もあるそうです。
お買い得商品を見つけたら、その場でゲットしてくださいね。
102739:

撮影/橋詰 真紀

お店の奥に入るとお土産物屋さんがあります。
信州土産で欠かせないものといえば、やっぱり野沢菜漬け。
知ってましたか?信州人は3時のお茶の時には甘いお菓子だけでなく、野沢菜のような漬物を食べる文化があるんですよ。
おじいちゃんおばあちゃんの家に行けば必ずと言っていいぐらい、この時期は野沢菜漬けをお茶うけにして食べるんです。

ちなみに長野県は一人当たりの野菜の摂取量が日本一!しかも長寿日本一の長野県はこうした野菜を摂取する文化からなのかも?しれないですね。

102738:

撮影/橋詰 真紀

あ、わさび見つけた。
こちらのわさびはサイズにもよると思いますが、この日は500円。
安曇野のわさびはホントにおいしいんです。
生のわさびをするときは専用の鮫皮おろしでぜひ!この日は自腹買いしちゃいました。
102740:

撮影/橋詰 真紀

売店には長野県産のワインも種類が豊富に取り揃えられていました。
102750:

撮影/橋詰 真紀

敷地内にある「スイス村ワイナリー」ここ数年日本ワインが世界からも注目を集めている事ご存知ですか?中でも長野県はワインブドウの生産日本一。
県内にもワイナリーが増え、長野県ワインも国際的に高い評価を受けているワインが数多くあります。
ぜひおいしい長野県のワインを皆さん召し上がってみて下さいね。
またスイス村ワイナリーにはワイン以外にもおいしいぶどうやりんご・トマトジュースなどもラインナップ。
試飲や工場見学もできますので、実際に試飲をしてから選べるのは嬉しい限りですね。

10.「ホースランド安曇野」で動物たちに癒される。

102473:10.「ホースランド安曇野」で動物たちに癒される。

撮影/橋詰 真紀

安曇野スイス村の敷地内にある「ホースランド安曇野」ここではお子さんから大人まで乗馬体験~本格的な乗馬までができる施設です。
動物たちと触れ合えるコーナーもあり、人気のスポット。

102474:

撮影/橋詰 真紀

ひき馬体験は1,000円からとお手頃価格。
また親子2人乗りのコースから乗馬レッスンもあり、馬に親しみたいという方から本格的に乗馬を始めたいという方にもおススメ。
102563:

撮影/橋詰 真紀

かわいいお馬さんたちがいっぱい。
102564:

撮影/橋詰 真紀

場内にある馬のおやつは100円。
おやつを持って行くと、お馬さんたちから足のヒヅメを前後に動かして、オヤツちょうだいとおねだりされます。
おやつはここでは人参ではなく、野菜のフリーズドライした感じの物でした。
おやつを上げる時は、こんな風に手のひらに乗せて食べさせてあげてくださいね。
指先で持つと「ガブっ」とかじられちゃう場合があるのでご注意を(笑)
102475:

撮影/橋詰 真紀

オヤツをパクっ。
あっという間に食べ終えて。
102476:

撮影/橋詰 真紀

その後はいい子でナデナデさせてくれます。
うん。
お馬さんなんてかわいいんだ♡

10-1.「ホースランド安曇野」ひき馬体験をしてみた。

102459:10-1.「ホースランド安曇野」ひき馬体験をしてみた。

撮影/橋詰 真紀

せっかくなので、ひき馬体験ショートコース150mをお願いしました。
今回の私のパートナーはここ「ホースランド安曇野」で生まれたピーター君(8歳)
102478:

撮影/橋詰 真紀

実は私、乗馬経験は3回ほど。
お馬さん大好きなんですよね。
こうして馬の上に乗ると思った以上に目線が高くなります。
「ホースランド安曇野」では馬に乗りながら、北アルプスの絶景も一緒に楽しむことができます。
気分はもうサイコー!ピーター君はとってもおとなしいので、良い子で写真を撮らせてくれました。
ショートコースにせずにもう少し乗っていたかった。

次回はぜひ乗馬レッスンにチャレンジしたいなあと思いました。
乗馬は4歳ぐらいのお子さんから80代ぐらいまで可能との事ですよ。

102479:

撮影/橋詰 真紀

他にもヤギさんとも触れ合ってきました。
おやつを持っていると感づくと積極的に近寄ってきます(笑)こうして動物たちと触れ合っていると、なんだか日頃のストレスも吹っ飛んじゃう?!そんな気分になりますよ。

11.「あづみのガラス工房」で吹きガラス体験

102679:11.「あづみのガラス工房」で吹きガラス体験

撮影/橋詰 真紀

安曇野スイス村から約5分の所にある「安曇野の里」この敷地内にあるのが「あづみのガラス工房」ここでも吹きガラス体験が手軽に楽しむことができます。
料金は3,240円から。
工房にある8色のガラスを選んで模様をつける事ができます。
102683:

撮影/橋詰 真紀

工房で作業をする方の姿をショップ内から見ることができます。
吹きガラスの形は、そばちょこ・グラス・いちりんざし・クリーマーの4種類。
20分程で完成します。
なお作ったガラス細工はしっかりと冷やす必要があるので、その日は持ち帰りはできないので郵送か再度来店が必要との事です。
102681:

撮影/橋詰 真紀

コロコロとした形がかわいい、りんごのガラス作品。
工房のショップでは作品の販売もされていました。
102680:

撮影/橋詰 真紀

こちらは玉ねぎ。
アート作品ですが、割とお手頃な価格でも販売されていましたよ。
手軽にガラス細工の体験ができるのが魅力ですね。

12.地元で大人気の道の駅「旬の味 ほりがね物産センター」

102460:12.地元で大人気の道の駅「旬の味 ほりがね物産センター」

撮影/橋詰 真紀

道の駅アルプス安曇野ほりがねの里にある「旬の味 ほりがね物産センター」は地元で大人気の直売所。
ここでは地元の新鮮な農産物や果物、農家のかあちゃん達が作った手作りのお総菜に加工品、食堂も併設されています。
102487:

撮影/橋詰 真紀

朝10時ぐらいに訪れた所、お店には地元のお客さんがいっぱい。
直売所には新鮮な農産物がたくさん取り揃えられています。
もちろんお値段は地元価格。
きっと都会から来た方々はびっくりするようなお得な価格設定です。
こちらは地元産のネギ。
太くて立派なサイズのネギはジューシーで甘みもたっぷり。
今の季節ならば鍋に入れたら最高!

おいしい野菜がいっぱい食べられる地元の恵みに感謝ですね。

102488:

撮影/橋詰 真紀

果物類も充実。
こうしてみると、今は色々なりんごの種類があるんですね。
地元でしか食べられない品種もあるので色々と食べ比べてもいいですね。
102486:

撮影/橋詰 真紀

気になったのはこれ!「安曇野産完熟トマトのトマトケチャップ」絶対おいしいやつ。
102483:

撮影/橋詰 真紀

地元の母さんたちが作った日替わりの手作りおやき。
おやきは長野県の名産品でご存知の方も多いのでは?野沢菜やナス、あんこなどを小麦粉を使った生地で包んで焼いたものです。
懐かしい味わいなので是非一度食べてみて下さいね。

ちなみにおやきは地域によって作る方法が異なります。
そのまま焼いたり、蒸したり、油で焼いたり、囲炉裏などの灰の中に入れて焼くもの等様々です。
それぞれ味わいも違うので地域ごとの味を楽しんでみてはいかがですか?

102484:

撮影/橋詰 真紀

安曇野産の新米も種類豊富です。
米の産地と言えばお隣の新潟県が有名ですが、長野県もおいしいお米がたくさんあります。
私的にはやっぱり地元のお米が好きかな。

12-1.「かあさんのおむすびの店」では地元の味が楽しめる。

102491:12-1.「かあさんのおむすびの店」では地元の味が楽しめる。

撮影/橋詰 真紀

直売所に併設されている「かあさんのおむすびの店」では主に安曇野の食材を使い、地元のおかあさんたちが作った料理を楽しむことができます。
ここの人気は「おにぎり定食」と地元のメディアでも取り上げられた事があるボリューム満点の「常念天丼」やっぱりここは常念天丼でしょ。
という訳でオーダー。

あれ?お洒落旅じゃなかったの?とツッコミが入りそうですが、私どんぶりものとか大好きなんです。
どんぶり女子としては食べずにはいられません!

102458:

撮影/橋詰 真紀

キターーー!あの常念岳をイメージした天丼という事で、ボリューム満点。
付け合わせやお味噌汁がついて、なんと880円と安っ。
コスパ良すぎ、なんて太っ腹な価格設定なんでしょう。
102480:

撮影/橋詰 真紀

横から見るとモリモリの天ぷらがまさに常念岳のよう。
これも立派なSNS映えするフォトジェニックぶり。
どんぶりに乗っている天ぷらはなんと10種類。
鮭、エビ2本、さつまいも、じゃがいも、なす、まいたけ、かぼちゃ、カブ、菜の花。
その時期の季節の野菜が食べられます。
鮭とかカブって天ぷらにするのねと驚き。
しかもひとつひとつのサイズが、立派すぎ(笑)では、いざ常念へ。
102559:

撮影/橋詰 真紀

5合目付近まで到着。
あれ?まるで先に進んでいかないんですけど。
まだ立派な大盛り天丼に見えますけど。
いや、待ってろ常念。
必ず制覇してやるぞ!
102562:

撮影/橋詰 真紀

7合目まで来た気がします。
いやまだまだ普通の小天丼並み。
102560:

撮影/橋詰 真紀

常念天丼の手強さに登頂できる気がしない。
呆然とどんぶりを見つめる私。
ごめんなさい。
常念天丼なめてました。
かぼちゃとなすを残して泣く泣くリタイヤです。
おかあさん達、ごはん残してごめんなさい。
102481:

撮影/橋詰 真紀

この他にも日替わり定食があり、12時頃になるとお店はかなり混み合ってきました。
それにしても日替わり定食650円って安っ!ここは地元の穴場的なお店なので、ぜひ一度足を運んでみて下さいね。
地元のおかあさんたちの笑顔にも会えますよ。

さあ、長野県安曇野へ出かけよう。

102790:さあ、長野県安曇野へ出かけよう。

撮影/橋詰 真紀

久しぶりに巡った安曇野は「自然豊かで大地の恵みを感じられる場所だなあ。」と改めて感じました。
季節の移り変わりによって様々な姿を見せてくれる安曇野。
今回ご紹介した以外にもまだまだ素敵で魅力的なスポットがたくさん。
美術館やカフェ巡りも楽しいですよ。
次回はどこをご紹介しようかな?

さああなたも、自然がいっぱいの安曇野へ出かけてみてはいかがですか?Have a nice trip!

photo by PIXTA