上諏訪温泉は諏訪湖の湖底温泉が源泉。映画にも出てきた温泉に立ってつかろう

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

上諏訪温泉は美肌の湯ともいわれていて、お肌がすべすべになるんだに~!

長野県の中央に位置する諏訪湖。その諏訪湖を源泉とする温泉地、上諏訪温泉をご存知ですか。長野県にある上諏訪温泉は、車や電車でもアクセスしやすい人気の観光スポットで、映画のロケ地にもなった重要文化財の美しい浴場や、アルカリ性のしっかりしたお湯が楽しめる穴場温泉など、さまざまな湯を楽しむことができます。

上諏訪駅からのアクセスも良し

上諏訪温泉は、駅の近くにあるアクセス良好な温泉地です。諏訪湖畔に佇むホテルや旅館は数多く、無料で利用できる足湯もあるので、散策がてらに寄ってみるのもおすすめ。湖畔には美術館もあり、温泉と併せて楽しめるスポットが豊富です。

諏訪湖に見える7つの穴

上諏訪温泉は、JR上諏訪駅から徒歩10分圏内にあり、アクセス良好な温泉地です。昭和10年代までは、真冬に氷結しても東側にある7箇所の湖底源泉の湖上だけは氷結せず、湖上に7つの穴が開いて見えたことから、湖底の源泉は七ツ釜と称されていました。その七ツ釜のお湯は現在、上諏訪温泉をはじめ、諏訪湖間欠泉センターや湖畔公園足湯などに引かれ活用されています。

諏訪湖畔に佇むホテルや旅館

諏訪湖畔には遊歩道があり、諏訪湖沿いには温泉宿やホテル、日帰り入浴施設が建ち並んでいます。無料で利用できる足湯や、上諏訪温泉の間欠泉もあるので、散策しながらぷらっと寄ってみるのも良いですね。湖畔には美術館も多く、上諏訪温泉とあわせて楽しめるスポットが多いので観光にもぴったりです。

上諏訪温泉の日帰り温泉施設

上諏訪温泉には、映画のロケ地で有名な温泉や、昔ながらの公衆浴場など、ぜひ行ってもらいたい温泉施設がたくさんあります。サービスエリアの日帰り温泉もおすすめです。

芸術の中で温泉につかれる片倉館

1928年(昭和3年)に建築された片倉館は、大正から昭和初期にかけて製糸業で発展した、片倉財閥の二代片倉兼太郎氏が、創業50周年を記念して建てた温泉宿です。映画「テルマエ・ロマエⅡ」のロケ地としても有名です。

こちらは幅4m、長さ7.5m、深さ1.1mの千人風呂。なんと立って入る珍しい温泉です。贅沢な大理石造りの浴槽は、底に玉砂利が敷き詰められていて、足ツボが心地よく刺激されます。浴槽の縁には二段の段差があるが、深い方の段差に腰掛けるとちょうど良い深さになります。周囲の彫刻やステンドグラスも素晴らしく、豪華絢爛な美術品に囲まれながら入浴しているようで、とっても贅沢な気分に浸れます。

浴場と写真の会館、渡廊下の3棟は国の重要文化財に指定されています。噴水池と石塁は、重要文化財の附(つけたり)指定で、浴場の南側に建つ会館棟の外装はスクラッチタイル貼りとなっています。片倉館は入浴とともに、素晴らしい建物や彫刻等を気軽に見学することができるのでおすすめです。

住所|〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り4-1-9
営業時間|AM10:00 - PM9:00(受付はPM8:30まで)
定休日|第2・4火曜日
電話|0266-52-0604
公式サイトはこちら

上諏訪温泉 大和温泉

上諏訪の民家の路地裏にある、昔ながらの上諏訪温泉の公衆浴場は穴場スポットです。個人経営の小さな共同湯ですが、アルカリ性pH8.8のかなりしっかりしたお湯で泉質が抜群に良い。泉質重視な方にオススメな共同浴場です。

住所|〒392-0024  長野県諏訪市小和田17-5
営業時間|AM7:00~PM10:00
定休日|水曜日
電話|0266-52-3659
公式サイト|なし

諏訪湖サービスエリアの日帰り温泉

中央自動車道の諏訪湖サービスエリアには、上下線とも温泉施設が設けられています。諏訪湖を一望できる展望風呂で、夜には夜景を眺めながら浸かることができて素敵ですよ。上下線で住所が異なる(上り線は諏訪市・下り線は岡谷市)ため、利用料金も異なります。

ぷらっと寄って浸かれる上諏訪温泉の足湯

上諏訪温泉は気軽に寄れる温泉の宝庫で、諏訪湖畔や駅構内にも足湯があります。足ツボを刺激しながらお湯のなかを歩く自然浴さんぽ路は人気で、湖畔散策の休憩にもぴったりです。

湖畔公園足湯

間欠泉センターに隣接した公園内には、上諏訪温泉を利用した足湯の設備が無料開放されています。七ツ釜源泉を引いている天然温泉の足湯では、諏訪湖や南アルプスの山々を望みながらゆったりとした時間を過ごすことができます。40人程座ることができ、観光客で賑わっています。

奥に行くと熱く、手前はぬるくなっているので、自分の好みのお湯の温度の場所で過ごすことができます。湖畔散策の休憩にもぴったりで、周りには足裏のツボを刺激する自然浴さんぽ路もあって旅の疲れを癒せます。

住所|〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り2丁目208-307(諏訪市湖畔公園内、諏訪湖間欠泉センター隣)
営業時間|AM9:00~PM6:30(4月~11月)、AM9:00~PM5:30(12月~3月)
定休日|年中無休(8月15日と9月の第1土曜日の花火大会当日は休業)
電話|0266-52-4141(281)都市計画課 公園緑地係
公式サイトはこちら

上諏訪駅構内の足湯

さすが温泉の街上諏訪です。なんと足湯は上諏訪駅の構内にも設置されているんです。乗車券か入場券があれば誰でも利用可能です。これで電車の待ち時間も苦痛なく過ごすことができます。

諏訪湖畔に立ち並ぶ宿泊施設

諏訪湖の東岸を中心に30軒程の温泉宿や大型ホテル、日帰り入浴施設が建ち並んでいます。全国屈指の湧出量を誇る上諏訪温泉を宿泊しながら堪能できる人気のエリアです。夏の花火大会や秋の新作花火大会は有名ですが、宿泊は1年前から予約が入っているので、当日は難しいです。早めの計画を立てて行きましょう。

宿泊施設で日帰り入浴可能な施設

上諏訪温泉には、宿泊以外でも開放しているお宿が数多くあります。ぬのはん、渋の湯、ホテル鷺乃湯、ホテル紅や、しんゆ、湖泉荘、かんぽの宿、RAKO華乃井ホテルなどでしたら、日帰りでも入浴利用できるので、憧れお宿の贅沢な気分をちょっとだけ味わいたい時にもおすすめです。

住所|〒392-8511 長野県諏訪市高島1丁目22番地30号 諏訪市役所観光課内
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認 
定休日|なし
電話|0266-58-1123
公式サイトはこちら

諏訪湖間欠泉センター

諏訪湖畔にある間欠泉は、かつては高さ50mの噴出があったが、現在は5mほどになりました。噴出時間になると湖岸から吹き上がるさまを見ることができ、大勢の見物客が訪れます。七ツ釜の湯煙が間近で見られる貴重な光景です。

住所|〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り2
営業時間|AM9:00~PM6:00(4月~9月)、 AM9:00~PM5:00(10月~3月)
定休日|年中無休
電話|0266-52-8282
公式サイトはこちら

諏訪湖イルミネーション

諏訪湖の湖畔公園で行われる諏訪湖イルミネーションは、毎年11月下旬から2月末までの冬季に開催されています。雄大な諏訪湖を彩るイルミネーションはとてもロマンチックで、澄んだ夜空に広がる星空とともに楽しめます。

マンホールも上諏訪温泉仕様

湖畔沿いには温泉旅館やホテルのほか、美術館も立ち並んでいるので、じっくり散策してみるのもおすすめです。諏訪地方の大祭、御柱祭を描いたマンホールを見かけたりと、ゆったり歩くことで新たな発見もあって楽しいです。ダックツアー(水陸両用バス)に参加して、諏訪湖畔をめぐるのもいいですよ。

上諏訪温泉へのアクセス

車での行き方

東京からは、中央自動車道で約2時間30分です。名古屋からは中央自動車道で約2時間40分。いずれも諏訪ICで降りて、車で約15分で到着です。

電車での行き方

新宿駅からは、特急スーパーあずさで2時間15分。名古屋駅から特急ワイドビューしなのに乗り、塩尻駅で乗り換え、JR中央線上諏訪駅まで2時間30分です。いずれも上諏訪駅からは徒歩で約8分で到着です。

まとめ

長野県にある上諏訪温泉は、諏訪湖を源泉とする歴史ある温泉地で、真冬に氷結しても湖底源泉だけは氷結せず、湖上に7つの穴が開いて見えたことから、七ツ釜と称されていました。周辺には諏訪湖の美しい湖畔や美術館など見どころ満載なので、ぜひ素敵な計画を立てて巡ってみてくださいね。