しながわ水族館の魅力を徹底解説!トンネル水槽はまるで海の中

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Nana

北海道出身・東京在住で、歴史を感じられる観光名所が大好き。本州をメインに一人旅をする事と、城や寺院など建築物を見る事が好きなので各名所の見どころや魅力を多くの方々にお届けできればと思っています。

カップルでもファミリーでも楽しめる!しながわ水族館の魅力をたっぷり教えます

しながわ水族館は東京都品川区の区民公園の一角にある、海や川とのふれあいをテーマにした水族館です。東京湾の生態系を学んだり、かわいらしいイルカやアザラシ、ペンギンの姿に癒されたりと見どころがたくさん。そんなしながわ水族館の見どころをたっぷりご紹介します。

トンネル水槽で海中にいる気分を味わおう!

トンネルの形になっている水槽からは頭上や横をウミガメや魚が縦横無尽に泳いでいきます。まるで海の中にいるような気分になれるのでおすすめです。

海中気分を味わえるトンネル水槽が人気!

トンネル水槽は全長22mの海の散歩道です。中に入ると、まるで海の中にいるような感覚に。およそ900尾もの魚たちが泳ぎ回る大海原が天井いっぱいに広がっていて、さまざまな角度から魚たちの泳ぐ姿を眺めることができます。頭のすぐ上をエイやウミガメなどが悠々と泳いでいく姿は圧巻です。

生き物たちにエサをあげるフィーディングタイムは必見!

フィーディングタイムでは、魚たちがエサを食べる様子を飼育員が解説してくれます。サバを丸飲みしたりエサを求めて素早く泳ぐ姿はまさに圧巻です。エサを丸呑みしたり口で突いたり、魚によって食べ方が違うところにも注目です。

迫力満点のサメを近距離で観察!

水槽終盤にあるシャークホールでは、シロワニという名前のサメが展示されています。悠々と水槽を泳ぐシロワニの巨大な姿は必見。鋭くとがった歯、泳ぐのに適した体型などをじっくり観察することが可能です。サメの歯に関するパネルや剥製の展示もあるので詳しく学ぶことができます。

地域ごとの生態を感じる展示は見どころ満載!

地域によって変わる生き物の生態に触れることで新しい発見があるかもしれません。

東京湾をテーマにした展示を見てみよう!

細部までこだわりのつまった東京湾の干潟を表現したエリアでは、波が打ち寄せる様子を再現。こうした展示では東京湾を育む森の役割など、自然のつながりを感じることができます。

また「品川と海」のコーナーでは、現在の品川の海岸地域をジオラマとともに再現しています。都市化で失われつつある自然を取り戻そうとしている東京湾にはクロダイやスズキなどが生息。ビル群を背景に普段は見ることのできない海目線での都市や港を知ることもできます。

東京湾に生息する珍しい生物も見られる!

「東京湾に棲む生物たち」の展示コーナーではイボヤギのようなイソギンチャクの仲間など鮮やかな生物を見ることができます。明治時代に東京湾で発見されて以来発見されていなかったムギワラエビというエビも展示。

2015年には135年ぶりに東京湾でムギワラエビの生息が確認されて話題になりました。東京湾は環境保護思想の浸透とともにきれいさを取り戻しつつあります。

アマゾン地帯など世界の生物も見ることができる!

熱帯アマゾン地帯の展示コーナーではピラルクなど大型の生き物たちが紹介されていて、ここでは世界各地からやってきた大型淡水魚たちに出会えます。以前日本で大ブームとなったウーパールーパーもここで見ることができます。

群れで泳ぐ生き物の生態を見てみよう

「群れを作る魚たち」のコーナーでは、マイワシやネンブツダイなど群れになって泳ぐ生態を活かした展示です。群れを作ることは外敵に捕食される確率を減らすだけでなく、子孫を残すのにも有利であると考えられています。同じ方向を向いて泳ぐため、とても大きな大群となり神秘的な光景です。自然の神秘、生態の不思議を間近で見ることができます。

仲間と助け合って生きる生き物たち

「共生水槽」では、ファインディングニモで有名になったカクレクマノミとイソギンチャクの共生を見ることができます。毒を持ち他の生き物を寄せ付けないイソギンチャクは、カクレクマノミに生息や産卵の場所を提供しています。カクレクマノミは動きまわり水や空気を循環させて良好な環境を提供するという互いにメリットのある関係です。その他にもテッポウエビとハゼなど様々な共生関係を見ることができます。

大人気!水族館のアイドルたちを見に行こう

とってもキュートなイルカやペイギン、ゴマアザラシたちもしながわ水族館でみることができます。

距離が近く感じるイルカショーは迫力満点!

しながわ水族館のイルカショーは面積が広くない分、客席からステージまでの距離が近いのが特徴です。そのため間近でイルカの身体能力を体感することができます。季節に合わせたテーマがあったりと、いつ行っても楽しめる工夫がされています。

マゼランペンギンはしながわ水族館のアイドル!

「ペンギンランド」では、南アメリカ沿岸に棲んでいるマゼランペンギンを展示しています。6つの巣穴は野生のマゼランペンギンが土を掘って作る巣穴を再現。巣穴がぽこぽこと開いた展示になっていて、巣穴から顔を覗かせたりペンギンのかわいらしい表情を見ることができます。

いろんな角度からゴマフアザラシを見てみよう

「アザラシ館」は、トンネル水槽になっていていろんな角度からアザラシを見ることができます。ここは冷たいオホーツク海から流氷とともにゴマフアザラシが北海道の沿岸にやってきた所をイメージして作られています。

水量240トンと大型の水槽のおかげで、少し遠い存在のアザラシを身近に感じることができます。アザラシのトンネル水槽はなんとここが日本初です。アザラシと一緒に写真を撮れるシャッターチャンスもあるかもしれません。

しながわ水族館限定のスポットはココ!

しながわ水族館ならではの魅力を体験できるスポットを紹介します。普段なかなか見ることのできないタコの特技や綺麗なクラゲ、真珠取り出し体験やドクターフィッシュなど、見る楽しさと貴重な体験ができる楽しさがあります。

タコの身体能力に驚く「タコ紹介コーナー」

タコの身体能力を紹介するコーナーでは、水槽と水槽の間にタコの身体に比べるとかなり細い通路が設けられています。変幻自在に身体の形を変えて、通路を渡っていくタコを見ることができたらラッキーです。もし直接見られなくてもVTRがありますので映像でも見ることができます。

クラゲのフォトスポットは写真映え間違いなし!

「クラゲたちの世界」のコーナーでは、LED照明により演出された4本の変形水槽で優雅に舞うクラゲたちとその生態を紹介。ミズクラゲの水槽では水槽越しに一緒に写真を撮ることができます。神秘的な写真が撮影できるとインスタグラムで話題になっています。

これは驚き!真珠取り出し体験ができる

真珠取り出し体験イベントでは実際に自分で貝を開いて、本物の真珠を取り出すことができます。特殊な器具を用いて貝を開けますが、スタッフが丁寧に説明してくれるので初めてでも問題ありません。取り出した真珠はネックレスや指輪、ピアス等に加工することもできます。

ドクターフィッシュ体験で角質ケア!

ドクターフィッシュ体験のコーナーでは、なんと水族館で角質ケアができてしまいます。魚についばまれる不思議な感覚が癖になり、リピーターが多いコーナーです。たくさんの魚が寄ってくると少しくすぐったいですが、痛みはないので安心して体験できます。

しながわ水族館へのアクセス

最寄り駅は大森海岸駅・大森駅なので注意!

品川駅から歩いてすぐのところにあるアクアパーク品川とは全く別の施設なので間違わないように注意してください。電車を利用して大森海岸駅から徒歩5分、大森駅からは徒歩15分の距離です。大井町駅東口からは無料送迎バスもあり約20分で到着します。

住所|〒140-0012 東京都品川区勝島3-2-1
営業時間|10:00~17:00
定休日|毎週火曜日
電話|03-3762-3433
公式サイトはこちら

まとめ

小規模だからこそ生き物との距離が格別に近く感じられるしながわ水族館。展示物や体験ブースにも力を入れていて、楽しむポイントがたくさんあります。普段は見ることができない海や川の多様な生物を間近で見られる癒しのスポットです。カップルでもファミリーでも楽しむことのできるしながわ水族館に是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。