太鼓谷稲成神社は日本五大稲荷神社のひとつ。お揚げをお供えして願望成就を祈ろう

公開日:2018/12/19 更新日:2019/11/12

トラベルパートナー:トラベルパートナー: nanoha
出身地は広島。得意なエリアは中国地方です。パワースポットや食べ歩きが好きなので、神社仏閣やグルメが楽しめるスポットの紹介が得意。列車での旅はもちろん、サイクリングやドライブでのお出掛けも好きです。
美しい千本鳥居でも有名な神社に行ってごさん

島根県には、京都の伏見稲荷神社と並ぶ日本五大稲荷神社のひとつがあることをご存知ですか。島根県の津和野にある太鼓谷稲成神社は、風情あふれる町に佇む美しい神社で、稲成大神である宇迦之御魂神と、熊野大神である伊弉冉尊の二神を祀っています。周辺には江戸時代の歴史情緒を残す町もあり、見どころ満載の太鼓谷稲成神社。その魅力をご紹介していきます。

日本5大稲荷神社の1つ

島根県にある太鼓谷(たいこだに)稲成神社は、稲成大神である宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)と、熊野大神である伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀っている神社で、1773年に津和野藩主7代亀井矩貞(かめいのりさだ)によって建てられました。京都の伏見稲荷神社などと並ぶ、日本五大稲荷神社のひとつです。

願いを叶えるお稲成さまの言い伝え

この神社に伝わるお稲成さまの言い伝えがあります。むかし、城の蔵番をしていた男が鍵を失くしてしまい、お殿様から7日間以内に見つけることを命じられましたが見つりませんでした。いよいよ困り果てたその男が、お稲成さまに祈ったところ、鍵が見つかったとの逸話。

その逸話から願望成就の御神威が高いお稲荷さまということで、「成」という字をとって、その名前を稲荷から稲成に変更するようになったのだといわれています。読み方は同じ「いなり」です。

壮大な千本鳥居

参道は263段の階段になっており、両側には朱色の鳥居が約千本も続いています。ずらりと立ち並ぶ鮮やかな鳥居は圧巻で、厳かな美しさです。階段から下の景色を見下ろすと、鳥居が並ぶ壮大な風景を眺めることができます。頂上付近では、津和野の街並みを一望することもでき、解放感あふれる景色です。

朱色の鳥居が続く表参道

神社の参道は263段の階段になっており、両側には朱色の鳥居が約千本も続いています。この鳥居は、お参りをする人たちが建てているもので、神様への御礼の意味を込めたものが8割、祈祷の意味を込められたものが2割なのだといいます。ずらりと立ち並ぶ鮮やかな鳥居は圧巻で、厳かな美しさがあります。

上っている最中の風景も美しい

階段を上っている最中に下の景色を見下ろすと、鳥居が並ぶ壮大な風景を眺めることができます。頂上付近では、津和野の街並みを一望することもでき、解放感あふれる美しい景色です。あまり景色に見惚れすぎて、足を踏み外さないように注意してください。

作法を守ってお参りしよう

稲成大神と熊野大神が祀られており、参拝する場所には、四ヶ所参りと呼ばれる作法があります。決められた順番で4か所参る参拝方法のことで、それぞれの場所には献供台と燭台があるので、お揚げとろうそくをお供えしていきます。

ありがたいご利益がある

祀られている稲成大神と熊野大神には、それぞれに異なるご利益があるとされています。稲成大神は商売繁盛や願望成就、失せ物発見などのご利益があり、熊野大神は夫婦円満や良縁成就、病魔退散などのご利益があるのだそうです。どちらもありがたいご利益ですね。

四ヶ所参りをしよう

参拝する場所には、四ヶ所参りと呼ばれる作法があります。四ヶ所参りとは、元宮、命婦社、親殿、新殿裏奉拝の順番で4か所参る参拝方法のことで、それぞれの場所には献供台と燭台があるので、そこにお揚げとろうそくをお供えしていきます。お稲成さん(お稲荷さん)だけあって、油揚げをお供えするのがユニークですね。

御朱印をいただこう

太鼓谷稲成神社の社務所では、御朱印をいただくことができます。千本鳥居をあしらった御朱印で、旅の記念にもなるありがたいものなので、お参りした際には是非いただいて帰りたいところです。

かわいいグッズの販売がある

太鼓谷稲成神社では、オリジナルの御朱印帖やお守りなどが販売されています。陶器製の白狐の中におみくじが入ったきつねみくじもこの神社ならではのデザインで人気を集めています。ほかにも、狐がデザインされたキュートなグッズもあり、お土産にぴったりです。

紅葉スポットとしても人気

秋は紅葉スポットとしても人気で、千本鳥居と紅葉が織りなす風景は息をのむ美しさ。黄色や橙色に染まった落葉の絨毯が表参道を埋め尽くす様も、また綺麗です。

千本鳥居と紅葉がおりなす風景

太鼓谷稲成神社は紅葉スポットとしても人気があります。毎年11月になると、周囲の木々が紅葉によって色付き、趣のある光景を眺めることができます。千本鳥居と紅葉が織りなす赤の競演は、まさに息をのむ美しさです。どちらの赤も強調されて、さらに華やかに艶やかに、ぱっと目をひきますね。



舞い落ちる落葉に風情がある

落葉の絨毯が表参道を埋め尽くす様も、また綺麗です。黄色や橙色に染まった階段は、風情があって写真映えすること間違いなし。ぜひお気に入りの一枚を写真に収めてみてはいかがでしょうか。真っ赤な鳥居にオレンジ色の落ち葉、まるで映画のような世界ですね。落ち葉で階段が滑りやすくなっているので、足元にはくれぐれも注意してください。

定期的に神楽の公演がある

太鼓谷稲成神社では、11月に行われる例祭などの場で、石見神楽の公演が行われることがあります。石見神楽とは、神楽の様式のひとつで、島根県を中心とした地域で伝統的に受け継がれている舞踊です。神聖な雰囲気のなか、大迫力の舞を観賞するのも素敵ですね。

太鼓谷名物の黒いいなり寿司

太鼓谷稲成神社の表参道ふもとにある美松食堂では、名物のいなり寿司を味わうことができます。ここのいなり寿司は、黒っぽい色をしているのが特徴的で、甘くて濃い味付けがクセになる一品です。せっかくお稲成さんの本拠地にいくのですから、美味しいいなり寿司を食べない手はないですね。

Address 〒699-5605 島根県鹿足郡津和野町後田ロ59-13
Hours AM10:00~PM5:00
Closed 毎週水曜日
Tel 0856-72-0077
Web なし

周辺には美しい街並みがある

神社の周辺には日本の美しい街並みがあります。殿町通りは、城下町の面影を残す町並みで、江戸時代の歴史情緒を感じることができます。水路では300匹の鯉を見ることができ、美しい光景です。

殿町通り

こちらは、城下町だった頃の面影を残す町並みが見られる殿町通りです。カトリック教会や藩校養老館跡などがあり、江戸時代の歴史情緒を肌で感じることができます。土産物店やカフェも並ぶおしゃれな通りなので、観光にぴったりのエリアです。

水路では鯉が泳ぐ

町の水路では、なんと300匹以上の鯉を見ることができます。白壁の街並みに色とりどりの鮮やかな鯉が映え、とても美しい風景です。悠然と泳ぐ鯉の姿に日頃の忙しさを忘れて癒されます。

Address 〒699-5605 島根県鹿足郡津和野町後田
Hours なし
Closed なし
Tel 0856-72-1771
Web http://www.tsuwano.ne.jp/kanko/

太鼓谷稲成神社へのアクセス

電車での行き方

電車で行く場合は、JR津和野駅を下車しましょう。駅から徒歩で30分ほど歩くと到着します。

車での行き方

施設内には駐車場もあるので、車で行くのも良いでしょう。六日市ICを降りて車で1時間ほどの場所にあります。

Address 〒699-5605 島根県鹿足郡津和野町後田409
Hours AM8:00~PM6:00
Closed なし
Tel 0856-72-0219
Web http://taikodani.jp/

まとめ

島根県にある太鼓谷稲成神社では、両側に立てられた約千本もの鳥居は圧巻で、紅葉シーズンになると色づいたもみじとの朱色の鳥居の競演が美しい絶景を見せてくれます。江戸時代の歴史情緒を残す殿町通りでは、水路で泳ぐ鯉がとっても綺麗。近くのお店で味わえる名物の黒いいなり寿司や、ここだけで手に入る狐のありがたいグッズなどもぜひチェックしてみてくださいね。