「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは

長崎県の南東部、島原半島の西側に、雲仙(うんぜん)温泉という温泉地があります。雲仙は日本初の国立公園(雲仙天草国立公園)であり、それ以前はなんと、「温泉」と書いて「うんぜん」と読ませていたという、言わば”生粋の温泉地”なのです。標高700mという地形から夏場も涼しく、明治・大正期にはセレブの保養地としても栄えた雲仙温泉。今回はそんな「温泉の中の温泉地」である雲仙温泉の歴史と魅力をたっぷりご紹介してまいります。

雲仙温泉の歴史

1300年以上の歴史を持つ古湯

1300年以上の歴史を持つ古湯

image by PIXTA / 26040129

雲仙妙見岳の南西、標高700mの場所に湧き出る雲仙温泉。
温泉街を囲むようにある噴気帯は別名「雲仙地獄」とも呼ばれ、観光の目玉となっています。
観光地として賑わい始めたのは明治以降のことですが、雲仙周辺に湯が出ていることは、古代から既に知られていたようです。

開湯は1300年以上前、時は飛鳥時代から奈良時代へと移ろうかという頃。
701年(大宝元年)、奈良の大仏造立に尽力したことで知られる僧侶・行基(ぎょうき)によって雲仙山(当時は温泉山)が開かれ、満明寺というお寺が建てられ、これが今日の雲仙温泉の始まりであると考えられています。
このとき、近くに四面宮(しめんぐう・四面神を祀った神社)と呼ばれる神社を創祀。
当初、雲仙周辺に4箇所の温泉神社が創建されたため”温泉四面神”と呼ばれるようになったとも、九州を表す4つの地名にちなんだ神様を祀ったことからそう呼ばれるようになったとも言われています。

現在でも島原周辺には温泉神社と呼ばれる神社が十数社。
もちろん、雲仙温泉にもあり、今なお地元の人々の信仰を集めています。

江戸時代の雲仙温泉

江戸時代の雲仙温泉

image by PIXTA / 32530114

古くから良質の湯が湧き出ると知られていた雲仙温泉。
満明寺は何度も焼失を繰り返しながらも再興し、最盛期には1000を超える坊を備え多くの修験者を抱える大きな寺院であったのだそうです。

そんな雲仙温泉が、湯治場として、温泉地として広く知られるようになったのは江戸時代に入ってからと言われています。
江戸初期、島原半島一帯では日本史上最大規模とも言われる一揆「島原の乱」が勃発し、鎮圧された後も領民たちの間には不安と混乱が広がっていました。

そんな中、江戸幕府のもと、肥前島原藩の藩主となった松平忠房は、混乱を鎮めて藩を立て直すため、様々な政策を繰り出します。
そのうちのひとつが雲仙の開拓。
焼き払われた神社仏閣を建て直し、1653年に初の共同浴場「延暦湯」を開きました。
このとき湯守に任命された加藤善右衛門は湯宿を創業。
四面宮、満明寺を再建し散り散りになった僧侶たちを呼び戻すと、次第に湯治客が増え、温泉地としての賑わいを見せるようになったのだそうです。

17世紀後半、鎖国時代に長崎の出島に滞在していたドイツ出身の医師ケンペルは、日本での見聞をまとめた書物『日本誌』の中で雲仙を紹介。
これにより、雲仙温泉は広くヨーロッパで知られるようになります。

一方で、雲仙はたびたび地震や火山の噴火に脅かされ続けてきました。
1792年には雲仙普賢岳の山頂火口から噴火が始まり、地震、山崩壊、津波などの災害が続くこと数ヶ月。
「島原大変」と呼ばれたこの大災害では、死者・行方不明者が1万5000人にも及んだといいます。
近年に於いても、1991年の雲仙普賢岳の大火砕流は記憶に新しいところです。

近代の雲仙温泉

近代の雲仙温泉

image by PIXTA / 8124083

江戸末期に、シーボルトが自著『日本』の中で雲仙のことを”UNZEN TAKE”と紹介したのを皮切りに、幕末から明治にかけて、雲仙温泉の存在は広く外国人に知られるようになります。
開国後、外国から、特に上海租界地域在住の欧米人が避暑として雲仙にやってくるようになり、外国人客が増加。
これを受けて、外国人客向けの洋式ホテルが建設されます。

また、船による航路以外にも鉄道(島原鉄道や小浜地方鉄道など)が整備され、交通の便が向上。
ますます観光客が増えていきます。
1934年(昭和9年)には、日本初の国立公園に指定。
それまで地元では「温泉」と書いて「うんぜん」と読んでいましたが、国立公園の名称としての登録を期に「雲仙」という表記に統一されたのだそうです。

戦後は一時期、アメリカ駐留軍によってホテルやゴルフ場、テニスコートなどが差し押さえられていましたが、1950年(昭和25年)は解除され、その数年後には富士山と共に国の「特別名勝地」に指定されます。
さらに、温泉利用を促す目的で設けられた「国民保養温泉地」にも選出され、温泉地・観光地として多くの観光客が訪れるようになっていったのです。

一度は訪れたい!雲仙温泉の名刹・古刹

雲仙温泉の歴史はこの寺院から「満明寺」

雲仙温泉の歴史はこの寺院から「満明寺」

image by PIXTA / 21339625

大乗院満明寺(だいじょういんまんみょうじ)は温泉旅館が建ち並ぶ街の中心地にある真言宗御室派の仏教寺院。
温泉街の中の小高い丘の上に建ち、1300年以上もの間、雲仙温泉の移り変わりを見つめてきた歴史ある名刹です。

701年(大宝元年)、奈良時代に広く仏教を説いたことで知られる行基によって開山された温泉山(うんぜんざん)。
その際建立された満明寺は、真言密教の修験道場として栄えました。
ひところは1000を超える坊を有する大きな寺院であったと言われています。

1571年(元亀2年)に起きた僧兵の内紛や、1638年(寛永14年)の島原の乱の際に建物は焼失。
その後も何度か、自然災害や火災の影響で建物が焼け落ちるという災難に見舞われますが、敷地内には唯一、開山時期を記した石柱が残っており、当時の姿を今に伝えています。

長い長い石段を上った先の小高い丘の上にあるため、境内から見える温泉街の景色も見どころのひとつですが、上まで上がったら是非、本堂の中に鎮座する雲仙大仏に手を合わせていってください。
全長5m、全身純金箔の眩いばかりのお姿は大迫力。
厳しさと穏やかさを併せ持ったような目で、訪れた人々を静かに迎えてくださいます。

本堂からさらに少し上に上がったところには、小さな菩薩像が並んでおり、20分ほどでひと巡りできる四国八十八ヶ所のミニチュア版が。
こちらもご利益がありそうです。

雲仙屈指のパワースポット「温泉神社」

雲仙屈指のパワースポット「温泉神社」

image by PIXTA / 35997532

「おんせんじんじゃ」とは読まずに「うんぜんじんじゃ」と読む、温泉街に鎮座する歴史ある神社。
満明寺と同時期に建立され、奈良時代に開山されてから昭和に入って国立公園に指定されるまで、”温泉”と書いてうんぜんと読んでいた時代を垣間見ることができる歴史あるスポットです。
残念ながら温泉が湧いているわけではなく、お湯に縁があるわけでもないのですが、一帯を”雲仙”と表記するようになってからも「温泉神社」と呼ばれています。
島原半島には他にもいくつか「温泉神社」という名の神社がありますが、雲仙岳を信仰する神社の分社としてここ雲仙の温泉神社から、山の麓の各地域へと広がっていったものなのだそうです。

九州の守り神を祀ったことから「四面宮」とも呼ばれ、地元では「おしめんさん」の愛称で親しまれている温泉神社。
境内はこじんまりとしていますが、満明寺とも近く雲仙温泉の中心街にあるため、散策ついでに訪れる人で賑わっています。

特にこれといって見どころがなさそうな小さな神社ですが、立ち寄る機会があったら是非、社殿の奥まで足を進めてみてください。
樹齢200年以上と言われる大きな柿の木が2本、仲良く並んで立っていて、なかなか見応えがあります。
この木は「夫婦柿」と呼ばれ、恋愛成就のご利益があるのだとか。
両手で幹に抱きついて撫でながら願い事を唱えると、願いが叶うのだそうです。
あまり広い場所ではないので人目が気になるところですが、祈願できたら柿の木が勇気を与えてくれるかも?しれません。

巨木に囲まれた静かな神社「岩戸神社」

巨木に囲まれた静かな神社「岩戸神社」

image by PIXTA / 10478963

古い温泉地には神話に関係する神秘的な場所が多々あるもの。
雲仙温泉の中心地からは少し離れていますが、島原半島の北部にある瑞穂町に、岩戸神社(いわどじんじゃ)と呼ばれる神社があります。

地元の人々には「岩戸さん」の愛称で親しまれている神社。
瑞穂町を流れる西郷川の上流にあり、水と緑に囲まれた、人里離れた森の奥という場所ながら、近年、パワースポットとして観光客にも大変人気があります。
山間の荒々しい岩肌にぽっかりと空いた巨大な洞窟の前に小さな祠が建てられており、その洞窟そのものを御神体としているのだとか。
祀られているのは岩の神、山の神、水の神、そして作物の神。
樹齢300年はあろうかという巨木たちが連なる鬱蒼とした森と、そこかしこから聞こえる水の音、そして大きく開いた岩穴。
祠の前に立つと不思議と、凛とした気持ちになります。
雲仙温泉の中心地からはかなり離れていますが、わざわざ足を運ぶ人が多いのもうなずける、神秘の力に満ちた場所なのです。

山道の先に立つ木の鳥居の手前に立つ案内板によれば、岩戸神社の洞窟は縄文時代以前から人の暮らしがあったのではないかと考えられているのだとか。
また、昔は足場の悪い斜面を登らなければお参りできなかったようですが、平成に入ってから、祠の手前に51段の石段が設けられ、上まで登りやすくなりました。
とはいえかなり急勾配な石段。
周囲は岩が多く滑りやすいので、歩きやすい靴でお出かけください。

雲仙の歴史と自然を満喫できるオススメスポット

立ち上る蒸気と荒々しい岩肌「雲仙地獄」

立ち上る蒸気と荒々しい岩肌「雲仙地獄」

image by PIXTA / 17162919

”地獄”といっても閻魔様が待ち受けているあの地獄のことではありません。
火山周辺地域や温泉地で絶えず噴煙が上がり、熱湯や湯気が噴出している場所のことを”地獄”と呼んでいるのです。
九州で有名な地獄といえばまず別府が思い浮かびますが、雲仙の地獄もなかなか見ごたえがあります。

場所は温泉宿や土産物店が立ち並ぶ温泉街の中。
大小合わせて30カ所近くの地獄が、温泉街の東側と西側に集中しています。
それぞれ、地獄の様子を間近で見学できるよう手すりや遊歩道が整備されているので、もうもうと水蒸気が上がる様子を徒歩で見てまわることが可能で、もちろん、見学は無料。
遊歩道を全部まわるなら一時間ほどかかります。

荒々しい岩肌から湧き上がる大量の水蒸気と熱気、そして硫黄の強い臭い。
温泉の最高温度は98度、水蒸気の温度は120度にも達するそうで、ぐつぐつと湧く温泉の音を間近で聞くこともできます。
歩き疲れたら散策路の途中で販売している温泉卵やレモネードで一休み。
どちらも人気商品で、休日には夕方ごろに売り切れてしまうこともあるのでお早めにお求めください。

展望360度の大パノラマ空中散歩「雲仙ロープーウェイ」

展望360度の大パノラマ空中散歩「雲仙ロープーウェイ」

image by PIXTA / 8123930

国立公園としての雲仙の景観を満喫したいなら、ロープ―ウェイがオススメです。
1957年(昭和32年)に開業した雲仙ロープ―ウェイは、標高1,100mを超える仁田峠駅からおよそ1,300mの妙見岳駅の間、標高差170m余りを結び、その距離およそ500m。
開業時のゴンドラは最新型で、四季折々の雲仙の景色を一目見ようという観光客で賑わったのだそうです。

現在運行されているゴンドラは、定員36名(大人)で、開業時と変わらない500m間をおよそ3分で行き来します。
天気がよければ有明海や天草諸島を見ることができ、その美しさは息を飲むほどです。

また、1991年に噴火した雲仙普賢岳を間近に見ることも。
噴出した溶岩によって形成された「平成新山」の形もくっきりとわかります。
生まれたばかりの荒々しい山肌と、裾野に広がる花々や紅葉のコントラストも見逃せません。
春はツツジが咲き乱れ、夏は一面に可憐なヤマボウシの白い花の絨毯が、秋はカエデやドウダンツツジが大地を赤く染め、冬は標高が高いため霧氷で白く輝きます。

妙見岳駅の屋上は展望台になっていて、また一段とよい眺望を楽しむことが可能。
また、駅から数分歩いたところには、四面宮が祀られた妙見神社があります。
小さな社ですが、山を見守る神社として、手を合わていく観光客や登山客も多いようです。

日本を代表するクラシックホテル「雲仙観光ホテル」

雲仙の温泉街の中にあってひときわ目を引く、木のぬくもりが感じられるスイスのリゾートホテルのような洋館。
雲仙に来たら是非立ち寄っていただきたいのが「雲仙観光ホテル」です。

開業は1935年(昭和10年)。
昭和の初めごろの日本では、外国人客を誘致するため、日本各地に外国人向けの本格的な様式ホテルが建設されていました。
意外に思われる方も多いかもしれませんが、雲仙は明治・大正時代から、主に上海に住む欧米人を中心に多くの外国人客が訪れていたのです。
標高が高い雲仙は夏も涼しく、九州の中でも屈指の避暑地。
加えて雲仙の雄大な自然はアルプスの景観を彷彿とさせるところがあり、外国人にも人気だったようです。

第二次世界大戦中~戦後はしばらくの間、駐留米軍の管轄下に置かれていましたが、1950年(昭和25年)に営業を再開。
1954年(昭和29年)には人気ラジオドラマの映画版「君の名は」の舞台にもなり、その影響もあって観光客が押し寄せるようになりました。
現在、建物は国の登録有形文化財に登録されています。

大自然に抱かれた歴史ある良泉・雲仙

強い酸性の硫黄泉で殺菌効果があり、切り傷や皮膚病によく、美肌効果も高いと言われる雲仙温泉。
基本的には透明ですが、地獄からの引き湯の状態によって白く濁ることもあるそうで、旅館によっては白濁の湯も楽しむことができます。
大自然の中で、大地のパワーを感じつつお湯に浸かれば疲れも吹っ飛び元気全開。
お肌もツルツルになりますよ!
photo by PIXTA