浅草グルメ18選!実際に1週間かけて実食&徹底レビュー

公開日:2019/3/15 更新日:2020/3/5

1-4.【天丼】創業70年以上の老舗の天丼専門店!“葵丸進”

103062:1-4.【天丼】創業70年以上の老舗の天丼専門店!“葵丸進”

撮影/Churako

某店主から「天丼ならこちらがおすすめ」と教えていただいた葵丸進さん。なんと1階から7階まですべてが店舗、総座席数は388という大きなお店です。

大人数の団体旅行だけでなく、会食などの利用も人気……というと敷居が高そうですが、入ってしまえばフレンドリーなスタッフさんたちが迎えてくれるので、一人でも全然OKでした!

場所は雷門通りです。

103063:

撮影/Churako

中に入るとどーんと広い待合が。この時はランチタイムにはちょっと遅めの時間でしたが、それでも1階は満席。
2階席に行くことに。

103064:

撮影/Churako

葵丸進さんは天丼の専門店なので、メニューは天丼メインです。
お蕎麦はありません。
ページ右側の特上天丼や車海老天丼に目が吸い寄せられていたのですが……

103065:

撮影/Churako

なんだかすごいお得なメニューを発見。
季節の野菜天丼は、この時はキノコの天丼とのこと。
気になって思わずこちらを注文しました。

103066:

撮影/Churako

(ご飯は控えめによそってもらいました)キノコは、マイタケ、シイタケ、エリンギ、シメジなど種類がたくさん!

ふわっと香るゴマ油の香ばしい匂いが食欲をそそります。

写真をあれこれ撮っているうちに、ツユを吸ってより天丼がしんなりしてきてしまいました。
早く食べないと!(笑)

103067:

撮影/Churako

いただきまーす!ツユの味がしっかりと衣にしみていて美味しく頂戴しました。
キノコって揚げるとさらに美味しいですよね~!

サービスタイムといえど、浅草の老舗なのにこの価格は破格なのではないでしょうか。

次回は車海老天丼や定食をぜひ食したいと思いつつ、満腹でお店を後にするのでした。

103068:

撮影/Churako

店頭で販売している揚げたての天ぷら。
お弁当もできます。
お土産にも喜ばれそうですね!

天麩羅 葵丸進住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目4−4

営業時間:11:00~20:00

定休日:なし

電話:0570-090-141

詳細はこちら

1-5.お寿司屋さんのようなおにぎり専門店”浅草宿六”でプロフェッショナルのおにぎりを

103348:1-5.お寿司屋さんのようなおにぎり専門店”浅草宿六”でプロフェッショナルのおにぎりを

撮影/Churako

浅草「宿六」は、プロが握る美味しいおにぎりのお店。
なんと昭和29年創業。
東京で一番古いという本格的なおにぎりのお店です。

言問通り沿いで、各線浅草駅からは徒歩で12分程度、つくばエクスプレス浅草駅からは10分弱です。

103349:

撮影/Churako

入ってみると、中はまるでお寿司屋さんのよう!間接照明が大人の雰囲気ですね~

103350:

撮影/Churako

おにぎりの具が、カウンター越しのガラスケースに収められて陳列されています。

103351:

撮影/Churako

メニューは壁に木札が下げられ、1個ずつオーダー可能。おにぎり2個以上であれば、ランチセットにすることもできます。

■おにぎり2個660円より※■おにぎり3個900円より※

ともに、豆腐味噌汁・沢庵つき

(※より、とあるのは、おにぎりの金額によって差額があるからです)

103352:

撮影/Churako

そこでオーダーしたのは2個セット。まずはおにぎりの超定番“さけ”。

おにぎりは1つずつかごに入れて供されます。
何個頼んでも必ず食べる前に1個ずつ握ってくれる
ので、出来立てを味わうことができるのです。

103353:

撮影/Churako

食べてみると、お米が甘い!ご飯がツヤツヤで程よい塩気。炊き加減も、冷まし加減も完璧です。

柔らかい甘塩のさけが惜しみなく入っていて、海苔の香ばしさとパリパリ具合も相まってこれは美味しい!

103354:

撮影/Churako

続いて“しらす”こちらもまた、しらす自体も美味しい。

おにぎりの具・ご飯・海苔の三位一体の素晴らしさ。
おにぎりって誰でも作れると思われがちですが、ご飯の炊き方、冷まし方、塩加減、具の量、握り方などなど……細部にまで注意を払ったプロの技はやはり違いますね。

添えられた赤だしの豆腐の味噌汁とたくあんが、またおにぎりと合います。

103355:

撮影/Churako

気さくなお兄さんの会話も楽しいです。夜の部はまたメニューが変わるとのこと。

ちなみに、テイクアウトもできますし、量が多い場合は事前に電話して予約しておくことも可能ですよ。

浅草 宿六住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草3丁目9−10

営業時間:11:30~17:00 18:00~2:00 (日曜は18:00~2:00のみ、水曜は11:30~17:00のみ)

定休日:なし(営業時間変更などはFACEBOOKページ(以下リンク)をご確認ください)

電話:03-3874-1615

詳細はこちら

1-6.国産牛肉の手ごねハンバーグをアツアツの鉄板に載せて―”モンブラン”浅草店

103338:1-6.国産牛肉の手ごねハンバーグをアツアツの鉄板に載せて―”モンブラン”浅草店

撮影/Churako

さて、ハンバーグ好きとしては相当気になっていた”モンブラン”ですが、一部喫煙席があって行けない……と思っていたら!この度全日終日禁煙に変わっていましたので、めでたく訪問することができました!グルメサイトの情報より直接行くべきという好例。ちゃんと公式サイトには”全日終日禁煙とさせていただきます”との文言が。

雷門通り沿い、先ほど紹介した”葵丸進”すぐそばにあります。
各線浅草駅から徒歩5分程度。

103339:

撮影/Churako

有名店だけあって、店内の壁にはサインがズラリ。

103340:

撮影/Churako

メニューを見ると、どれも美味しそうなハンバーグが並んでおり、正直、端から持ってきて~!的な気分なのですが……

103341:

撮影/Churako

ここはやはり、半端ないチーズにくるまれた”オランダ風”に。
写真にも湯気が映り込む熱気がたまりません……!

103342:

撮影/Churako

割って見ると、みっちり詰まったひき肉が食べ応え十分。

103343:

撮影/Churako

いっただきま~す♪鉄板でジュウジュウと焼けるハンバーグ、チーズの塩気とお肉の旨みが合わさって、あっという間に完食でした!こうして振り返るとまた食べたくなってしまいますね。

今回は食べ歩きだからできなかったけど、次回はモンブラン名物”洋食食べ放題”にチャレンジしてみたいものです……!

モンブラン 浅草店住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目8−8−6

営業時間:11:00~21:30(2018年1月より変更)

定休日:水曜日

電話:03-5827-2771

詳細はこちら


次のページ
浅草のおしゃれなカフェ! >>