徳島城の青みがかった青石が美しい石垣とを見に行こう。桜や藤の季節がベストシーズン

公開日:2018/12/20 更新日:2019/11/12

トラベルパートナー:トラベルパートナー: kana
徳島県出身。徳島県を中心に、四国と住んだことがある大阪府、愛知県の記事を書いています。旅行は夫か母、友人などとの二人旅がメインです。神社仏閣や歴史が好きなので、そのスポットにまつわる豆知識をふまえて見どころをご紹介します。
お城はないけど阿波の青石でできた石垣がごっついきれいなんじょ!

徳島県徳島市にある徳島城は蜂須賀家正が築城した城であり、日本の名城100選にも選ばれています。お城を臨むことはできませんが、美しい石垣を季節の花々と共に見学しましょう。広大な敷地なので、見学の後は徳島グルメもしっかり堪能してください。

阿波25万石の繁栄を今に伝える徳島城

江戸時代でも四国で一番栄えていたのが徳島城です。

四国で一番栄えていた徳島城

徳島城は蜂須賀家政が天正13年(1585年)に築城したお城。阿波藩は25万石、江戸時代は四国で一番栄えていました。廃城令のあとも唯一残っていた鷲の門も戦争で焼失し、徳島市政100年を記念して市民の寄贈で再建されたもの。鷲の門と石垣だけがお城の面影を残しており、現在は徳島中央公園として整備されています。徳島城は日本100名城のひとつです。

徳島県には四国で唯一現存天守がない

徳島以外の四国3県には現存天守閣がありますが、徳島にはありません。徳島城の天守閣は江戸時代初期にはすでに壊されており、東二の丸が仮天守として幕末まで使われていました。明治維新の廃城令によって仮天守の東二の丸や他の城郭もすべて取り壊されてしまったとか。

阿波の青石をふんだんに使った美しい石垣

青みが買った石を使っている珍しい石垣があります。

徳島城の見どころは現存している石垣

天守などの建物は残っていませんが、石垣や堀はそのまま残っています。阿波の青石と呼ばれる青みがかった石が使われているのが徳島城の石垣の特徴。かなり広大な敷地なので、城郭のあとを見て回るだけでもけっこう時間がかかります。(城跡をじっくり見て回るなら1時間~2時間は必要)

石垣を間近で見られる

石垣をかなり間近でみることができるのが徳島城観光のポイント。城山のふもとにある石垣は積み方がかなり豪快です。

同じ青石でも色合いがそれぞれ違っていて個性があるのも面白く、石垣の積み方にもいろいろなパターンがあるので違いを見るのもおすすめです。とはいえ、青石は割れやすいので、大きな石の間に小さな石を詰め込んで強度を高めているとか。

刻印を探そう

徳島城の石垣には刻印がある石があります。天下普請の場合は大名が家紋を刻画みますが、それ以外で石垣に刻印があるのは珍しいです。「大」と彫られた石や魔除けのための図案が書かれたものなど、確認されているものは全部で10個くらいあります。石垣を見るときは探してみましょう。

五輪塔が埋め込まれた不思議な石垣

本丸の東石垣の下部には五輪塔の一部と思われる石が埋め込まれています。(下から三段目の細長い石に乗っている石)、近くで見るとこれだけ青石ではないのでわかりやすいです。

城山はもともと霊山で複数の寺社があり、築城のとき立ち退きをさせましたが、清玄坊という修験者が最後まで応じなかったためやむなく謀殺しました。その後、蜂須賀家に不幸が続いたため鬼門の石垣に五輪塔を埋めて天守には清玄坊を祀る神社を建てたところ、変事がおさまったと言い伝えられています。

石垣だけじゃない!徳島城の見どころ

徳島城の見どころは石垣以外にもあります。歴史深い見どころなのでチェックしましょう。



藩祖・蜂須賀家政公がお出迎え

城郭は残っていませんが、徳島城跡はかなり広くていろいろと見どころがあり、城山のふもとには徳島藩の藩祖・蜂須賀家政の像があります。戦前は蜂須賀小六(正勝)の銅像がありましたが、戦時中の供出でなくなり、戦後に家政像として再建されたもの。銅像はちょっと頭が大きくて、ずんぐりむっくりした愛嬌あるお殿様です。

珍しい遺構が残る

徳島城には、舌石(したいし)と呼ばれるとても珍しいものがあります。他のお城にはないものです。(写真の右下の石垣から突き出た黒っぽい石)舌石とは屏風折塀(びょうぶおれべい)という折れ曲がった塀を支える支柱のこと。

塀の一部を屏風のように曲げて堀川に突き出し、鉄砲や矢を打つ穴をあけることで側面からも敵に攻撃できて城の防御力を高めることができる構造になっています。舌石があるのは昔は寺川という川が流れていた場所です。今は埋め立てられて徳島駅の操車場に。思わぬ場所にありますが、線路をまたぐ歩道橋からこの舌石を見ることができます。

竜王さんのクス

徳島城には樹齢600年といわれる大きな楠があり、かつて城内にあった竜王神社にちなんで竜王さんのクスと呼ばれることも。昭和初期の室戸台風で倒壊してしまいましたが、倒れたまま成長しているんです。近くでみると象の足のような迫力があり木目も禍々しいです。かなり大きくて、全景を写真に収めるのは難しいかも。

徳島城は花の名所

徳島城は蜂須賀桜、藤、メタセコイヤなどが咲き誇り、花の名所とも呼ばれます。

春は蜂須賀桜

城山には原生林があったり、バラ園があったりと季節の花と自然の風景が楽しめる場所としても知られています。城山の北側には助任川(すけとうがわ)が流れていて、昔は天然の堀の役割もあったとか。春には川沿いに蜂須賀桜が咲き誇ります。

蜂須賀桜はソメイヨシノより開花が早く、2月下旬からが見頃。徳島以外には全国に7か所でしか見られないレアな桜が贅沢に鑑賞できます。公園内部にもソメイヨシノなど他の品種の桜がたくさんあるので、お花見スポットとして人気です。

桜の次は藤が咲き誇る

藤の花は桜が散ると咲き始めるので、4月下旬から5月上旬くらいが見頃。藤棚の近くは蜂が多いので鑑賞するときは気を付けましょう。

オレンジに染まるメタセコイヤ

秋にはイチョウの下は黄色いじゅうたんのようになります。メタセコイヤ並木もオレンジに色づいて美しく、池の近くにあるので水面に映る並木が芸術的。

徳島城博物館で歴史を学ぶ

徳島城のことを詳しく知りたいのであれば、徳島城博物館がおすすめです。



現存する最古の和船も見られる

城跡を散策したあとは、徳島城博物館で徳島城の歴史を見学しましょう。博物館には美しい日本庭園もあり、博物館の受付には100名城スタンプがあります。

博物館の常設展示のいちばんの見どころは現存する最古の和船、徳島藩御召鯨船(おめしくじらぶね)千山丸、ほぼ完全な形で残っている貴重なもので国の重要文化財に指定されています。

歴代藩主も眺めた景色

徳島城博物館の旧徳島城表御殿庭園は歴代藩主も眺めたとても美しい庭園。枯山水庭と築山泉水庭のふたつがあります。大名が住まう御殿の目の前に庭園があるのは珍しい形式で、全国的にあまり見られないもの。池に豪快に配置された石は上を渡ることもできます。

庭園にも巨大な青石

枯山水の庭園には世界一長い阿波の青石があり、巨大(全長10.5メートル、重さ13トン)。石の上を歩いて渡ることができます。この石は途中で割れていますが、家政公の息子、蜂須賀至鎮が妻に毒を盛られたときに苦しさと悔しさから踏み割ったという伝説が。そのため、義伝公踏み割り石と呼ばれています。

枯山水の庭園には17本のソテツの木が植えられていて、当時とても高価なものであったことから蜂須賀家の繁栄ぶりがうかがえます。

カステラ伝来時の味を再現した、殿様かすていら

徳島城博物館のお土産におすすめなのが、殿様かすていら。藩士の奥方が書き残したカステラ伝来当時のレシピを再現したものです。パッケージの蜂須賀家の家紋の卍がイマドキですよね。バラ売りのほかに箱入りもあり、カステラというよりは見た目はマドレーヌに近いものがあります。

Address 〒770-0851  徳島県徳島市徳島町城内1番地の8
Hours 9:00〜17:00
Closed 月曜日(祝日は開園)
Tel 088-656-2525
Web https://www.city.tokushima.tokushima.jp/johaku/

徳島城周辺グルメも楽しんで

お城の散策のあとは、旅の醍醐味であるグルメも楽しみましょう。

蜂須賀家政公も認めた逸品

和田乃屋の滝の焼餅は徳島城築城を記念して蜂須賀家政に献上され、御用菓子となったものです。400年の歴史がある焼餅で、徳島市民遺産にも選ばれていて昔から市民に親しまれています。店舗は複数ありますが、徳島駅ビルの地下にもあるので徳島城観光のときは、徳島クレメント店がおすすめ。

Address 〒770-0831 徳島市寺島本町西1‐61
Hours 8:00 -20:00
Closed なし
Tel 088-656-3135
Web http://wadanoya.com/yakimochi/

サンドイッチの断面を愛でる

フルーツサンドの断面のインパクトで人気のサンドイッチ屋さん、デリキッチンcocoが徳島駅近くにあります。テイクアウトもできるので、サンドイッチを買ってピクニック気分で徳島城へ行くのもおすすめ。フルーツサンド以外にもカツサンドやエビアボカドなどおかず系サンドイッチも充実しています。

Address 〒770-0832 徳島県徳島市寺島本町東1-11-1
Hours 11:00-18:00
Closed 毎週日曜日
Tel 088-661-0181
Web https://sandwich-deli-kitchen-coco.business.site/

徳島城へのアクセス

徳島城はアクセスしやすい場所にあるので、公共交通機関でも車でも訪れることができます。



徳島駅からのアクセス

徳島城は徳島駅のすぐ裏手にある、徒歩で10分かからないくらいの市街地にあるお城。高速バスや鉄道利用の場合、JR徳島駅が最寄り駅です。徳島駅からはすぐ城山が見えるので、線路に沿って歩いていくと徳島城方面への歩道橋があります。歩道橋を渡るとすぐ徳島城跡がある徳島中央公園に入ることができます。

車でのアクセス

徳島自動車道徳島インターから国道11号線経由で10分。鳴門インターから国道11号線経由で20分~30分くらいです。城山に近いのは東駐車場、11号線経由なら案内標識があるので表示通りに進みましょう。城山から離れた西・南駐車場は市立体育館の近くにあり、ちょっと遠いですが駐車台数は多め。

Address 〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番外
Hours なし
Closed なし
Tel 088-621-5295(徳島市公園緑地課)
Web https://www.city.tokushima.tokushima.jp/shisetsu/park/chuo.html

まとめ

徳島城はできれば桜や藤などの花が咲くときに訪れたい場所。日本の名城100選にも選ばれているということもあり、その素晴らしさはお墨付きです。城そのものを見学するのではなく、石垣の種類や積み方などを見学するのが一般的です。

徳島城に来たのであれば、周辺のグルメを堪能しなければもったいないです。殿様カステイラ、滝の焼餅、フルーツサンドなどスイーツ好きには見逃せません。