阿蘇ミルク牧場は遊んで学べる体験型牧場。動物達とのふれあいを楽しもう

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

牧場の動物さんたちかわいかよー

熊本県阿蘇郡にある阿蘇ミルク牧場は、動物と近い場所で触れ合えるスポット。小さな子供でも触れ合える動物が多数おり、乳牛の乳絞りをはじめとするさまざまな体験が行われています。また、園内のレストランでは牧場では作られた乳製品や野菜を使ったメニューが並び、お土産屋さんもこちらの牧場ならではの商品がいっぱいです。ファミリーや動物と触れ合うのが好きなカップルや友達同士で出かけてみませんか。

動物がいっぱい阿蘇ミルク牧場

阿蘇ミルク牧場は自然いっぱいの環境で動物たちがのんびりと育っています。

阿蘇ミルク牧場は酪農マザーズが経営する動物との触れ合いができる牧場です。自然いっぱいの場所にあり、料理体験や実際に牛の世話をするなど経験を伴うイベントに力を入れていることから、大人も子供も楽しめる牧場になっています。熊本の震災では被災していましたが、今は元気に経営が再開されました!

動物たちと触れ合おう

ここの動物たちはストレスの少ない状況の中で暮らしており、羊や子ヤギも牧場内を歩いています。

国内でも珍しい五大品種乳牛に会える

ここには、ジャージ牛、ホルスタイン牛、ガンジー牛、ブラウンスイス牛、エアシャー牛の五大品種がいます。国内でも珍しい五大品種乳牛に会えるのはこちらの牧場ならでは。

ストレス軽減のために繋がれていない環境で育っており、人間に興味津々のかわいい乳牛です。時期によっては子牛がミルクを飲んでいる可愛い姿をみることもできますよ。

お昼場牧場をお散歩中のモコモコ羊たち

阿蘇ミルク牧場は羊もたくさんいます。日中は園内を自由に動き回っている羊たちを触ることもでき、モコモコの感触が気持ちいいです。

夕方になると飼育員に指示されなくても自分で寝床に帰っていく不思議な習性がある、お利口さん。その時間になると皆急ぎ足で帰る姿が面白いので、タイミングが良ければ見学することをおすすめします。

気分はハイジ。可愛い子やぎとも触れ合える

ヤギの親子も園内を自由に散歩しています。子ヤギを心配している母ヤギの姿は、見ていて心がほっこりします。子ヤギは抱っこすることもできますし、有料でエサやりもできるので、子供たちが子ヤギに触れ合うには最適です。

これらの動物以外でも、園内ではあらゆる動物が気ままに散歩しているので、ゆっくり散策しているとたくさんの動物と触れ合うことができます。基本的に、園内にいる動物たちはほとんど人見知りをしないので、近い距離で触れ合うことができるでしょう。

体験イベントも満載

阿蘇ミルク牧場では体験型のイベントが多く、料理教室などが開催されています。

季節毎に違う手作り体験

阿蘇ミルク牧場では、ソーセージやチーズ、お菓子やパンなどの月毎に違う料理を手作り体験が行われています。バジルを使ったものや、柚子胡椒を使ったものなど個性的な手作り体験も。

所要時間や料金はメニューによって違うのでホームページで確認するようにしましょう。どの体験も良心的な価格なので、気軽に参加することができそうです。もちろん、自分で作ったものは持ち帰ることができます。

レースの予想をして動物たちを応援!

ヤギや羊、豚などの動物たちが走る、わくわくレースは人気のイベント。1位と2位を当てるとプレゼントを貰うことができるので、是非参加しましょう。はずれた場合も抽選で商品が当たるチャンスがあります。

牧場に来たからにはやってみたい、乳絞り体験

牧場と言えば、牛の乳絞り体験が気になります。阿蘇ミルク牧場でも行っており、4才以上が対象で有料です。実際に牛に触れ、乳絞りするという貴重な体験ができます。牛の大きさなどをリアルに体験でき人気のイベント。乳絞り体験の後には、瓶牛乳もしくは瓶コーヒー牛乳がプレゼントされます。

ポニーに乗って園内を散歩

ポニーに乗り係員に綱を引いてもらい園内をまわる有料イベントもあります。小さなポニーなので子供でも安心して乗ることができ、阿蘇の雄大な自然と共に写真撮影もできるという貴重な体験ができます。ポニーはしっかり調教された馬なので初心者でも安心して乗ることができます。

自家製のミルクやお肉を使った料理を楽しむことも出来る

阿蘇ミルク牧場はレストラン目当てに訪れる人もいるほどです。

乳製品たっぷり、新鮮な食材を使ったバイキング

自家製乳製品や肉製品と、地元の旬の野菜を使用したバイキングレストラン、マザーズキッチンは人気のレストラン。マザーズ牧場で生産された乳製品や牧場内にある畑で採れた野菜や、阿蘇で採れた旬の野菜を使ったメニューをビュッフェスタイルでいただくことができます。中にはミルク牧場ならではの乳製品を使った和食メニューも並び、ここだけのメニューも。

また、全日本司厨士協会西日本地区本部料理コンクール ランチ部門で3位を受賞したこともあり、内容はお墨付き。さらに、季節毎にフェアが行われ、デザートバイキングなどがある時期も。詳しくはホームページで確認を。

地元のブランド牛を使ったステーキ

ジュージューハウスでは、熊本産あか牛と国産牛を使ったバーベキューが楽しめます。オープンテラス席からは熊本市内が一望でき、屋内席もあるので雨の日や外がツラい季節でも大丈夫。

牧場に来たら外せない、ソフトクリーム

阿蘇ミルク牧場名物の手作りソフトクリームは大人気。搾りたての生乳で作られているので、濃厚で美味しくボリュームも満点です。その他軽食などの販売も行っています。

ミルク工場で作られるフレッシュな乳製品や肉製品

阿蘇ミルク牧場に来たのであれば、乳製品や肉製品のお土産を購入しないと勿体ないです。そう言えるようなおいしい商品がたくさんあります。

やっぱり欠かせないチーズたち

阿蘇ミルク牧場に来たなら、絶対に外せないのがこの牧場独自の乳製品や肉製品です。その中でも特に注目したいのが、カチョカヴァロ。2011年 第8回 All Japanナチュラルチーズコンテスト優秀賞を受賞していることもあり絶品。

チーズは濃厚なチーズから軽めの味わいのものまで多種多様。好みにあったものを選びやすく、お土産にも購入しやすいです。この他にも発酵バターなども販売しています。さらに、牧場だからこそできるチーズがたっぷり乗ったピザも人気で、こちらを購入する人も多いとか。牧場ならではのお土産がたくさんあり、ついついたくさん購入してしまいそうです。

濃厚さが違うオリジナル牛乳

オリジナル牛乳は、牧場にいる世界五大品種乳牛の牛乳をブレンドしたもの。コーヒー牛乳も生乳96%で他にはない濃厚な味わいです。飲み切りサイズだけでなく、900ミリリットルのお持ち帰り用サイズもあります。

肉製品も充実している

人気のおつまみベーコンを筆頭に、ここでしか手に入らない肉製品がたくさん販売されています。ボリュームがすごい馬蹄フランクスパイシーソーセージもおすすめ。牛味噌漬けなんていう牧場ではあまり見かけない商品もあります。

阿蘇ミルク牧場へのアクセス

阿蘇ミルク牧場の周りは大自然が広がっており、敷地が広いことから駐車場の広さに驚きますが、その一方で公共交通機関の利用は難しそうです。

阿蘇の広大な敷地の中にあることから、マイカー約1000台対応の大型駐車場があります。公共交通機関を利用してのアクセスは難しく、車がない場合はレンタカーを利用すると良さそうです。

住所|〒861-2404 熊本県阿蘇郡西原村河原3944-1
営業時間|10時から17時
定休日|不定休
電話|096-292-2100
公式サイトはこちら

まとめ

自然の中で人見知りしない動物たちと触れ合うことができ、ゆっくりと流れる時間の中で自然を楽しむことができます。基本的に体験型の施設なので、あらゆる体験をすることがこの牧場の醍醐味。ホームページで確認し、予約できるものは予約することをおすすめします。

お腹が空いたら、人気のビュッフェスタイルの園内のレストランがおすすめ。牧場内で作られた乳製品や園内の畑で採れた旬の野菜を使ったメニューを堪能しましょう。