京都鉄道博物館は珍しい車両や懐かしい車両に会える鉄道の聖地

トラベルパートナー: Takeshi

出身地は京都。得意なエリアは関西近郊です。 日本全国様々な町を野に咲く花のように風に吹かれながら旅をしています。 そんな旅先で出会った人達とのふれあいや素晴らしい風景を写真で皆様にお届けしたいと思っています。 グルメ好きで特におむすびが好きなので、地元グルメも紹介したいと思っています。よろしくお願いします。

京都鉄道博物館へおこしやす~

2016年4月にオープンした京都鉄道博物館は、連日多くの鉄道ファンで賑わっている施設。普段見ることができない車両や懐かしい車両を見学したり、運転体験したりできます。この施設の素晴らしさはとにかく規模が大きく、展示されている車両の数が違うということ。その他にはどのような魅力があるのか探ってみました。

鉄道の全てがここに集結

オープンしてまだ数年ということもあり、新しく、最新の施設が揃っているのが京都鉄道博物館の特徴です。

鉄道の歴史やしくみが学べる

京都鉄道博物館は、歴代の実物大の鉄道列車の展示や歴史が学べる施設。シュミレーターを使った運転手や車掌、指定室、保線などの職業体験ができます。乗車体験や駅弁販売、スタンプラリーなどの毎月期間限定イベントなども行っています。

期間限定で懐かしの車両を展示するということも。ホームページでイベント情報をチェックして見逃さないように。大型のジオラマ(Nゲージ)を展示しているので、見逃さないように。細部にこだわりが見えて素晴らしいです。

スタイリッシュな入口

入口の隣は、大きな梅小路公園があります。この近辺は京都鉄道博物館になる前は梅小路蒸気機関車館と言われていましたが、現在は京都鉄道博物館はJR西日本及び交通文化振興財団が運営。梅小路公園、京都水族館は京都市が運営しています。入口は現在のJR改札機入口を模造した作りになっています。

懐かしい車両が立ち並ぶプロムナード

蒸気機関車をはじめ初代0系新幹線や過去の在来線車両を展示しています。屋根付き屋外の展示場なので、天候に左右されずに展示を楽しめる点が魅力。未来技術遺産に指定されている車両もあり、外観だけでなく内装も見ることができます。

貴重な車両が展示される本館1階

こちらには主に特急列車を中心に展示しており、吹き抜けの室内展示構造なので開放感があります。国産製造車両だけでなく英国キットソン社製の車両も展示。海外の車両はメディアでは見かけることがありますが、実際に見ることはなかなかありません。貴重な展示が多いのも京都鉄道博物館の特徴です。

旧国鉄時代の車両も展示

懐かしい昔の車両から現在の車両を展示しています。雷鳥は現在では稀な食堂車や座敷風個室グリーン車を有していました。雷鳥からスーパー雷鳥と形態を変え運行していましたが、2001年に惜しまれつつ引退。現在の特急列車 サンダーバードに統合されています。

特急列車以外にも普通列車も展示

昔の在来線車両も展示してあります。写真の車両は大阪環状線を走っていたもの。どこか懐かしい気持ちになり、当時を思い出す人も多いとか。

現在では珍しいディーゼル機関車も展示してあり、ディーゼル機関車は主に貨物車で使用されます。1階のメインフロアの車両は見て、触れる事ができる体験型の展示です。

トワイライトプラザには幻の長距離列車がある

こちらにはトワイライトエクスプレスや鉄道の旅を演出する寝台車両も展示してあります。新幹線や航空、高速道路、高速バスの整備が進んだ結果、寝台列車そのものは衰退してしまいました。現在ではなかなか見ることができないということもあり、この展示は興味深いものです。

トワイライトエクスプレスは大阪~札幌間を運行。人気の列車でしたが、青函トンネルの電圧変更や車両の老朽化により2015年に惜しまれつつ引退しました。屋根付き屋外スペースなので見学しやすいです。

体験が出来る2階フロア

運転シュミレーターや指令室を再現しており、鉄道運行体験ができます。体験コーナーは混雑時は1時間以上の待ち時間が発生することも。大型のジオラマを展示してあるので、季節に合わせた光景が楽しめます。2階には眺めのいいレストランも併設。ICカード ICOCAが使えます。

電車好きにはたまらない3階スカイテラス

京都の街並みや東海道本線、嵯峨野山陰線、東海道新幹線などを眺めることができます。屋外型なので雨の日は注意しましょう。また日差しが強く京都の夏は暑いので熱中症にも気を付けましょう。実物の運行情報表示装置が設置されており、景色を眺めながら列車の運行をリアルタイムで楽しむことができます。

SL専用修理場のSL第二検修庫

SL専用の車庫で実際に点検や修理を行っています。本来あった検修庫は重要文化財の建物ということもあり、建造物改修が行えませんでした。現在の検修作業方法が行えなかったため、第二検修庫を使用することとなります。2階連絡デッキより作業風景を見ることができます。

壮大なスケールの扇形車庫

現存する扇形車庫としては国内最大のもの。扇形車庫は重要文化財に指定されています。車庫中央に転車台が設置され、これにより車両の向きを変えることができます。主に明治から昭和時代に活躍した車両を展示。1~7番は動態保存車、8~20番は静態保存車です。

体験乗車も出来るスチーム号

本物の蒸気機関車が毎日約500メートルを展示運転しています。最終列車が人気で、列車運行後には車両を切り離し転車台に移動し、その後、給水・給炭などの整備作業を見ることができます。SLスチーム号の乗車体験は入場料とは別に費用がかかります。

お庭が綺麗な梅小路公園

梅小路公園は京都鉄道博物館の入口付近にある大きな公園です。公園の奥には京都水族館があります。レストランが併設されており、大きな広場や四季折々の景色が眺められるお庭があり、京都らしい雰囲気が感じられる公園です。

懐かしい路面電車

路面電車発祥地は京都市。当時は電気が貴重な時代でしたが、京都は琵琶湖疎水による水力発電システムにより電力が豊富にあり、路面電車運行に条件が整っていたために最初に認可がおり発祥地となったそうです。

すざくゆめ広場~市電ひろば間の210メートルを運行。現在はリチウムイオン電池で運行するように改修されています。

住所|〒600-8835 京都市下京区観喜寺町56-3
営業時間|AM9:00~PM10:00
定休日|なし
電話|075-352-2500
公式サイトはこちら

京都鉄道博物館へのアクセス

環境問題に敏感な京都ですから、アクセスは公共交通機関がベスト。

電車やバスでの行き方

京都市は環境問題にとても敏感な街。そのためマイカー規制をしています。京都鉄道博物館と梅小路公園のアクセスは同じですが、運営会社が違うので連絡する際は注意しましょう。京都駅から徒歩20分、嵯峨野線 丹波口駅から徒歩15分かかります。

京都駅より京都市営バス急行103・急行104・急行110・86・88系で10分。梅小路公園・京都鉄道博物館を降りてすぐです。駐車場はありません。

住所|〒600-8835 京都府京都市下京区観喜寺町
営業時間|AM10:00~PM5:30
定休日|毎週水曜日(祝日の場合は営業)
電話|0570-080-462
公式サイトはこちら

まとめ

京都鉄道博物館は、メディアでも多く取り上げられた鉄道博物館です。懐かしい車両から寝台車両などあらゆる車両が展示してあります。鉄道の歴史を見学するだけでもワクワクしますが、実際に体験することができるブースがあるのでポイントが高いです。

お土産屋ではお菓子やグッズが売られており、デザイン性の高いアイテムも多数あります。また、隣接する梅小路公園は京都らしい雰囲気を残した公園であり、あらゆる楽しみ方ができるでしょう。