雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる

九州はなぜか名将中の名将が多く輩出される場所ですが、それは、そこがとにかく大小問わずの群雄割拠の時代が長かったからなのかもしれません。その中の大物のひとり・大友宗麟(おおともそうりん)に仕えた武将たちは粒ぞろい。中でも、立花道雪(たちばなどうせつ)の強さは際立っていました。多くの伝説を残すほどの勇将であり、生涯を大友家に捧げ続けたその姿勢は、まさに武士の鑑とも言えるでしょう。今回はその立花道雪の戦まみれの人生を追ってみたいと思います。

元服前から戦場で活躍

元服前から戦場で活躍

image by PIXTA / 20889430

最初にお断りしておきたいのですが、立花道雪は、生前にこのフルネームを名乗ったことはありません。
そして、その経緯は一連の流れの中でご説明していきますね。
便宜上、この記事では道雪で統一していきます。

永正10(1513)年、豊後(大分県)を支配していた大友家に仕えていた一族・戸次親家(べっきちかいえ)の二男として、道雪は生まれました。
長男が早逝したために、彼が嫡男となります。

しかし、父の親家は病弱だったため、道雪は元服も済ませていないうちから戦に出ることになりました。
14歳で初陣を飾っています。
この時、自軍2千の兵に対し、5千の敵軍に勝利したというんですから、大した傑物ですよね。
天性の才能も持ち合わせていたに違いありません。

この直後に父は亡くなり、道雪は正式に家督を相続、元服して「戸次親廉(ちかかど)(親守り/ちかもり、とも)」と名乗ります。
その後、主の大友義鑑(よしあき)から一字をもらい、「戸次鑑連(あきつら)」と改名しました。

大友家お家騒動「二階崩れの変」

大友家お家騒動「二階崩れの変」

image by PIXTA / 2997025

ところが、天文19(1550)年、主君・義鑑と嫡男の義鎮(よししげ/後の宗麟)との間に確執が生じます。
義鑑が側室腹の子を可愛がり、こちらを後継ぎにしたくなっちゃったんですね。
すると、それを察した義鎮側の家臣が先んじてクーデタを起こし、義鑑やその子らを殺害してしまったんです。
これが大友家のお家騒動「二階崩れの変」と言います。

この際、道雪は義鎮側に回りました。
そしてこの後、義鎮の重臣として仕えるようになったというわけです。

しかし、その3年後の天文22(1550)年、43歳の道雪は突如、甥の鎮連(しげつら)に戸次家の家督を譲り、隠居します。

とはいってもまだ43歳の若さ、このまま隠居しているつもりもなかったようで、それからの彼の戦場での活躍ぶりには驚かされますよ。
それを次項からご紹介しましょう。

「参上・戸次道雪」の矢で敵を震え上がらせる

「参上・戸次道雪」の矢で敵を震え上がらせる

image by PIXTA / 569470

義鎮に代替わりした頃の大友家は、全盛期を迎えていました。
豊後だけでなく、筑前(福岡県西部)に進出を始めています。
太宰府とかがある辺りですね。

ただ、関門海峡を挟んだ向こう側、本州の中国地方には、こちらも全盛期にあった毛利元就(もうりもとなり)が控えていたんです。
彼もまた、海を越えて九州への進出を画策しているところでした。

また、両者の間には因縁がありました。

元々、毛利家の主筋だった周防(山口県)の大内家の養子として義鎮の弟・義長(よしなが)が入っていたんですが、毛利家のクーデタによって討たれています。

加えて、毛利家が筑前進出のために、大友家の家臣を密かに味方に引き入れていたんですよ。

こういうわけで両者がぶつかることとなったのが、門司城(もじじょう)の戦いです。

これは4度に渡る戦の内、第4次の戦いで道雪は相手にトラウマ的な爪痕を残します。

弓矢隊を組織した彼は、矢羽に「参らせ候(そうろう) 戸次伯耆守(ほうきのかみ)」と書かせたものを雨あられと討ち込んだそうなんですよ。
グサグサと味方を倒していく矢に名前が書いてあったら、そりゃあ忘れられなくもなりますよね。

しかし結局、その戦い自体は大友側の敗戦に終わり、これを契機に義鎮は出家し、宗麟と名乗るようになります。
それにならって道雪も出家、ここで初めて「戸次道雪」となったんですよ。
永禄5(1562)年、52歳の時でした。

離反者続出の大友家を支える

離反者続出の大友家を支える

image by PIXTA / 2556247

かつて討伐した相手の再起や、毛利家への敗戦などで大友家が不安定になると、当然、毛利への離反者も続出しました。
その内の1人が、立花山城主・立花鑑載(たちばなあきとし)です。
道雪はこれを激戦の末に破り、後に数々の戦功の褒美としてこの城と立花氏の名跡(みょうせき/武家の名字のこと)を受け継ぐこととなります。
ここでやっと、立花という姓が出てきましたね。

といっても、立花氏はいわば宗麟に謀反した罪人の名字だったわけで、道雪はこれを名乗るのをはばかったんです。
そのため、生涯を通じて戸次姓を名乗ったということなんですよ。
立花姓に代わるのは、彼の次の代からなんです。

また、同様の戦いがもうひとつありました。

高橋鑑種(たかはしあきたね)も宗麟から離反し、戦となったのですが、この時に道雪はあらかじめ陣を空にして旗印だけを立て、兵たちを四方に隠れさせておいて相手を急襲し、撃破しました。
その後の夜襲も予想し、兵に軍装を解かせずにおいて対処するなど、武将として完璧な采配をしています。

後に道雪の後を継ぐこととなる宗茂(むねしげ)の実父・高橋紹運(たかはしじょううん)は、この高橋氏の姓を名乗っているんですよ(元々は吉弘姓)。

こうした家同士が後に婚姻で結びつくというのは、興味深いことだと思いませんか?

毛利家と因縁の再戦、道雪の策が的中

毛利家と因縁の再戦、道雪の策が的中

image by PIXTA / 27981440

何とか大友家中を鎮めたものの、肥前(佐賀県・長崎県)で勢力を誇る龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ)が大友家にとっては厄介な存在でした。
そこで永禄12(1569)年に討伐軍を出したのですが、龍造寺は毛利家に助けを求めたんです。

そして登場したのがまたも毛利家。
元就の息子・吉川元春(きっかわもとはる)と小早川隆景(こばやかわたかかげ)、猛将と知将というバランスの良い組み合わせは、道雪にとっても強敵でした。

しかし、ここでも道雪は独自の策を展開します。

「早込」という鉄砲での作戦なんですが、鉄砲を持つ兵ひとりひとりが、あらかじめもう一発分の火薬を詰めた筒を肩にかけておき、一発撃ったらすぐにまた撃てるという状態をつくり出したんです。
そして、その後に槍を持った隊が突撃して相手を一掃するというもの。

これで毛利軍は苦境に陥り、それに加えて本拠地・中国地方の敵対勢力にも兵を割かねばならない状態となったため、吉川・小早川両将はやむを得ず撤退していったのでした。

まあ、15年前に「道雪参上」の矢の雨あられ作戦を知っていたはずですから、毛利方としても道雪を相手にするのは嫌だったかもしれませんね。

雷を斬った男・道雪

雷を斬った男・道雪

image by PIXTA / 13654292

毛利軍が撤退した翌年、元亀元(1570)年には、大友家は再び龍造寺討伐を行いますが、この時の道雪は輿に乗っていたといいます。
というのも、彼は半身不随になっていたんですよ。
それはどうしてなんでしょうか?

いつごろなのか時期が特定されていませんが、ある時、道雪が大木の下で昼寝をしていると、にわかに夕立が起きてその大木に雷が落ちたそうです。
当然、道雪にも雷撃のダメージがあり、それで半身不随となってしまったと言われているんですよ。

しかし、それで終わらないのが道雪。
雷に打たれた瞬間、愛刀・千鳥(ちどり)を抜き放ち、雷を斬ったという伝説があるんです。
これ以降、千鳥は「雷切(らいきり)」という別名で呼ばれるようになりました。

以後、道雪は100人ほど供を従え、輿を担がせて戦場に向かうようになりました。
しかし、ただ乗っているだけではありません。
自ら刀を脇に置き、指揮棒を片手に、「行け!突っ込め!」と命じて敵陣に突っ込んでいったというんですよ。
晩年に差し掛かってもこのスタイルで行ったそうですから、さすが「闘将」、「軍神」と称されただけありますね。

同僚に頼み込み、その息子を養子にもらう

同僚に頼み込み、その息子を養子にもらう

image by PIXTA / 513063

天正3(1575)年、道雪は立花家と立花山城を、なんと娘の誾千代(ぎんちよ)に譲っています。
わずか7歳の少女が城主とはこれいかに…?ですよね。
それもそのはず、道雪には男子がなかったんです。

そこで道雪が目を付けたのが、先ほど名前が登場した高橋紹運の息子・統虎(むねとら)でした。
道雪は紹運に「どうしても統虎を誾千代の婿にしたい!」と何度も頼み込み、紹運が根負けして統虎を養子に迎えられることとなったのでした。
これが天正9(1581)年のことです。

統虎は紹運の長男、つまりは高橋家の跡取り(一応、弟がいましたが)ですから、これがどれほど異例だったかお判りかと思います。

そして誾千代の婿として立花家に入った統虎が、後の立花宗茂となるんです。

道雪、婿にキビシイ教育

道雪は宗茂に厳しい教育をしたようですよ。

ある時、道雪は宗茂を連れて散歩に出ますが、その最中に宗茂がトゲだらけの栗を踏みつけてしまいました。
当時は草履ですから、足にトゲが刺さった宗茂はそれを抜いてくれと供に頼みます。

しかしそこで道雪の眼光がギラリと一閃。
それを見た供は、栗を取り除くどころか、逆にギュッと宗茂の足に押しつけたんです。
宗茂は悲鳴を上げたいところでしたが、道雪がすごい形相で見ているのでそれもできず、ただ我慢するしかなかったということでした。

宗茂は後に「あの時は困ったよ…」と回想しています。

しかし、道雪のその厳しい教育が、名将・立花宗茂の元となったんですよ。

厳しい軍律でも、それを上回る心遣い

道雪は自分の兵たちにも厳しい態度を示すことがありました。

長引く戦の中、年を越してしまったため、兵の一部が無断で家に戻ってしまったことがありました。
すると道雪はすぐさま追っ手を放ち、その兵のみならず、親まで殺させたんです。

ひどすぎると諌められた道雪ですが、「戦のさなかに陣地を離れるのは罪。
それを追い返さない親にも罪があるのだ」と厳しく言い放ったそうですよ。

ただ、こうした厳しさを上回る優しさが、道雪にはありました。

彼は日頃から「武士に弱い者はいない、いるならばそれは主が励まさないから悪い。
私の元に来れば、必ず功を挙げさせてやる」と言っていたそうですよ。

武功のない部下に対しては、「武功は運だ。
お前が弱くないことを私は百も承知しているぞ」と声をかけ、その部下が活躍すると皆の目の前で褒めたたえたそうです。

また、宴会で粗相をした部下がいると、「こんな奴だが、戦では何人分も働くので勘弁してやって下さい」とフォローし、自分の侍女と密通した者には「若いのだから色恋は当然だ」と一笑に付しました。
この者は後に道雪を守って戦死したそうです。

この懐の深さ、上司としてはパーフェクトですよね。
だからこそ、兵たちは道雪のためならばと死力を尽くして戦い、道雪の不敗神話を支えたのです。

島津に大敗、大友家の斜陽

島津に大敗、大友家の斜陽

image by PIXTA / 6171841

さて、毛利家が撤退した後、宗茂を養子に迎えるまでの間に、道雪仕える大友家には大きな危機が訪れていました。

この頃、九州では勢力図に変化が表れつつあったんです。
薩摩(鹿児島県)の島津家が急速に力を付け、ついには九州制覇に乗り出してきたんですよ。

そこで、宗麟は島津家と対決することを決断します。
道雪の反対にも耳を貸すことはありませんでした。
これが、天正6(1578)年の耳川の戦いです。

結果はというと…勢いに乗った島津方を止めることができず、大友方は大敗を喫することになったのでした。
しかも多くの有能な家臣を失うことになり、大友家に陰りが生じてしまったんです。

道雪はこの戦の後、主である大友宗麟、その家督を継いだ嫡男の義統(よしむね)や合戦の指揮の中心にいた家臣たちを批判しています。

道雪の言うことを聞いていれば、こんなことにはならなかったのかもしれないのに…と思いますよね。

主・大友宗麟への諫言

耳川の戦いに関しては道雪の言葉を聞かなかった宗麟ですが、基本的に宗麟に諫言できる人物は道雪しかいなかったんですよ。

それを示す逸話をご紹介しましょう。

宗麟は猿を飼っており、それを家臣にけしかけてびっくりする様子を見ては大笑いするという、あまりよろしくない趣味を持っていました。

しかし道雪は、猿が寄って来るなり鉄扇で叩き殺してしまいました。

驚く宗麟に、「人を弄べば徳を失い、物を弄べば志を失いますぞ」と道雪はチクリと言ったそうです。

また、酒色が大好きな宗麟は、毎日宴会にふけってばかりで家臣を誉めもせず、罰しもしないでほったらかしでした。
道雪が会おうとしても、怒られるのがわかっているので会おうともしません。

そこで道雪は、逆に自分が美女を屋敷に呼んで連日のように大宴会をし始めました。

お堅い道雪がそんなことをしていると耳にした宗麟は、興味本位で道雪の屋敷にやって来ます。
すると、道雪は真面目な顔で「罰を受けても主の過ちを正すのが家臣のつとめ。
私は命など惜しくありませんが、主が世間から信頼を失うのが残念なのです」と、静かに宗麟を諌めました。

これ以後、宗麟は道雪の諫言だけは聞くようになったそうですよ。

これが耳川の戦いのときに役立たなかったのが残念ですね…。

軍神・道雪、戦場で迎えた最期

軍神・道雪、戦場で迎えた最期

image by PIXTA / 15451689

耳川の戦いで島津家に大敗してからは、大友家は龍造寺家や鍋島家など肥前付近の豪族との戦いに終始します。
道雪も高橋紹運と共に出陣し、3万の相手を1万の兵で打ち破るなど、さすがの采配を見せました。

しかし、すでに老境に差し掛かっていた道雪を病が襲います。
紹運も必死の平癒祈願を行い、看病しましたが、道雪はついに力尽き陣没しました。
天正12(1581)年、73歳でした。

道雪の死を聞いた宗麟は、道雪の妻に手紙を出して長年の忠節を称えました。
晩年の宗麟は暴君化し、大友家の斜陽化は加速する一方でしたが、ずっと裏切らずに忠誠を誓い続けてくれた道雪を失ったことは、宗麟にとっても痛手だったはずです。

また、道雪の死の翌年、宗茂の実父・高橋紹運も、岩屋城の戦いで城兵もろとも凄絶な玉砕を遂げています。
道雪と紹運、2人の名将を失った大友家は、島津家に攻められ、弱体化していきました。
そして秀吉の傘下となり、やがて改易され大名の地位すら失うこととなります。

真っ直ぐな忠誠心、それこそ武士道

「道雪」という彼の名には、「道に落ちた雪は消えるまで場所を変わることがない。
つまりは、武士も最初に仕えた主君に死ぬまで尽くすべきである」という意味があるんだそうです。
それを貫いた道雪は、真の武士と言えるでしょう。

一方、道雪の器を受け継いだ立花宗茂は、天下に知れ渡るほどの名将に成長しました。
大友家の没落を歯噛みしながらあの世で見ていたはずの道雪、これだけは安心したのではないでしょうか。

photo by PIXTA