行って良かった工場見学1位のトヨタ産業技術記念館。紡績から自動車まで日本の技術を見て学ぶ

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

これ見てみりん、一日中楽しめるトヨタ産業技術記念館だに

愛知県にあるトヨタ産業技術記念館は、トヨタの歴史を知る上で是非見学したいスポット。行って良かった工場見学1位に選ばれたこともあるだけにかなり期待できそう。トヨタテクノミュージアムと呼ばれることもあり、興味を持って見学できます。工場見学に興味がある人はもちろん、カップルやファミリーでも楽しめるスポットに出かけてみませんか。

トヨタの歴史を楽しく学べる記念館

トヨタは創業から長い歴史を持つ企業、まずは記念館でトヨタの歴史を見ていきましょう。

創業からこれまでのトヨタの歴史を、豊富な展示物やアトラクションから楽しく学ぶことができるのがこちらの記念館。創業当初のトヨタは機械による紡績業で利益を出し、それを自動車の開発に投入することによって自動車産業を成長させました。

施設は繊維機械館と自動車館に大きく分かれているので見学がしやすいです。二つの面からトヨタの歴史を体感することができ、見学する側が興味を持ちやすく、理解しやすいように作られていることが分かります。

トヨタの歴史は紡績から始まった

大正時代には日本国内に紡績工場が数多くありました。トヨタも紡績から始まった企業です。

繊維機械館では紡績産業からスタートしたトヨタの歴史を学ぶことができます。
広大な空間は総面積が約3500平方メートルもあり、大正時代の紡織工場を修復したもの。当時のレンガや柱などをそのまま使用している点は、当時を知る人にとっては懐かしく、そうでない人にも歴史を感じやすくなっています。

特に赤レンガの質感は素晴らしく、当時の紡績工場にタイムスリップしたような感覚で見学ができます。

トヨタの歴代自動車が展示

自動車館にはこれまでのトヨタの自動車が展示されています。かなり古い自動車がレトロでかっこいいです。

自動車館約7900平方メートルで、巨大な自動車工場のような構成になっています。トヨタ初の量産車から水素を燃料とするエコカーまで、トヨタの自動車の歴史を実際の車体の展示によって知ることが。古い写真の中でしか見たことのない車も実際に見ることができるんです。

「この車を自分が子供の頃に父親が運転していた」「子供心にかっこいい!と憧れた車が今ここに」というように、ある程度の年齢に差し掛かっている人には特に懐かしく感じることでしょう。独特の匂いや機械の作動音など、車好きな人だけではなく工場好きの人にもおすすめ。

トヨタのロゴの変遷を知る

トヨタのロゴは現在のものになるまで何度か変わっています。

創業初期から現代まで、トヨタのロゴの変化が展示されています。創業当初の商標はTOYOTAではなくTOYODAだったとか!現在のTOYOTAのロゴは、1936年に日本全国から募集した約2万7000の一般公募の中から選ばれたもの。ロゴの変化からも歴史を感じることができます。

創業者の豊田佐吉は偉大な発明家

日本の十大発明家の1人にも選ばれているのがトヨタの創業者である豊田佐吉です。

トヨタの前身を創業した豊田佐吉

記念館にはトヨタの創業者の豊田佐吉の胸像が展示されています。豊田佐吉は1867年に静岡県に生まれ、1902年にトヨタの前身である豊田商会を設立した人物。木製人力織機の開発に成功したことから、特許庁によって日本の十大発明家の1人に選ばれています。

トヨタ自動車を築いた豊田喜一郎

View this post on Instagram

#豊田喜一郎

A post shared by 😻にゃんこ先生😹 (@sei270616) on

豊田喜一郎は1894年に静岡県敷知郡吉津村に生まれました。創業者である父佐吉の紡績機械開発に協力しながら、国産自動車の技術開発に努めた人物。1937年にトヨタ自動車工業を設立し、現在の日本の自動車産業の基礎を築きました。

館内には名言が溢れている

記念館には、当時の創業者や社長の名言の数々が展示されています。当時のモノづくりへのこだわりや情熱を感じさせてくれますし、名言には私たち現代人が読んでも、心に止めておきたいものばかり。壁にぶつかったとき、迷っているときに背中を押してくれるような名言が揃っています。

自分の手で動かせる展示物

さすがトヨタと思わせる展示方法です。ただ見るだけではなく、実際に自分の手で動かせるようになっています。

記念館の展示物は見学者が実際に触れたり使用したりできることが特徴的。説明を読むだけでなく、ボタンを押して実際に操作することができるので、それまで興味がなかったものでも自然に引き込まれます。ただ見学するだけでは感じることができない感覚を得られます。

説明のための専属スタッフが常に待機しているので、知りたいことをすぐに質問し、解決することができます。

パートナーロボットによる演奏

トヨタが開発したパートナーロボットによる楽器の演奏を聴くことができます。

館内にはトヨタが2004年に開発したパートナーロボットが多数存在します。
こちらは製造業や福祉などの分野において、人間の活動をサポートするために開発されたものです。中にはバイオリンやトランペットなどの楽器の演奏を行う、パートナーロボットの楽団も。

子供が楽しめるテクノランド

興味深い見学でも、そろそろ子供たちは体を動かしたい時間かもしれません。テクノランドでは、アトラクションで遊ぶこともできます。

館内にあるテクノランドは、子供が楽しめる遊び場やアトラクションが充実した施設。アトラクションで遊びながら、自動車の動力や紡績の仕組みなどを自然に学ぶことができます。子供が実際に自動車の運転の体験をすることができるテクノサーキットは特におすすめ。

コストパーフォーマンスの高さも魅力

トヨタという企業の財力の高さは、記念館のコストパフォーマンスの高さにも表れています。

複数の施設が見学できる

トヨタ産業技術記念館はコストパフォーマンスの高さも魅力のひとつです。リーズナブルな価格で複数の施設を見学することができる上に、そのひとつひとつにこだわりがあったり、専属スタッフが待機していたりするので、満足度は高いです。一日中楽しめるほか、食事やお土産も充実していることから、リピーターも多いのも納得。

専属シェフによる本格レストラン

https://www.instagram.com/p/Brb-dMEhuT1/

工場見学のレストランも本格的。記念館にはランチを楽しめるレストランが設置されています。ハンバーグやパスタなどの洋風を中心としたメニューは、専属のシェフが調理した本格的なもの。広大な館内を歩き回るために、新鮮な野菜と十穀米を使用した薬膳石鍋スープカレーが滋養強壮としておすすめ。

工場併設のレストランということで、あまり期待せずに入る人も多いかもしれませんが、さすがトヨタ!と言えるレストランの内容とコスパの良さ。ランチメニューは季節によって変わるものもあり、ちょっとしたランチコースもあります。キッズメニューも充実しているので、どの世代でも楽しめます。

希少価値のある車グッズがいっぱい

View this post on Instagram

見てー 見てー ワックワクな、トヨタ産業技術記念館の お土産やよ〜♪ #トヨタ産業技術記念館 経理担当おかん( ͡° ͜ʖ ͡°)日帰り 駆け足で行って来ました〜♪ #日帰り旅行 皆さまはどの車がお好みでしょうか? 味は全部同じです笑笑 #メープルクッキー #クルマニア ワックワクにお茶しに ご来店お待ちしております〜♪ #ご来店お待ちしております #バイクのない風景 #やっぱりバイクが好きだ #バイクが好きだ バイカーズステーション金沢 広報部長チャコU^ェ^U #harleydavidson #バイクショップ #販売 #修理 #車検 #中古 #カスタム #バイカーズステーション #金沢 #石川県 #ミニチュアダックスフント#ヤマハ #ホンダ #カワサキ #スズキ #ツーリング #除雪機 #レンタルバイク #バイク女子 #リターンライダー

A post shared by Bikers Station 金沢広報部長チャコのつぶやき (@bikers_station_kanazawa_chako) on

館内のミュージアムショップではお土産を購入できます。施設限定のブルパップカーや、職人の手作りのクラシックミニカーなど、自動車関連のアイテムが充実。館内のレストランで使用されているカレーを購入することもできます。

トヨタ産業技術記念館のアクセス

車での行き方

名古屋駅から約5分、あるいは名古屋高速6号清須線 明道町出口から約5分。乗用車220台分の無料駐車場があり、車でのアクセスに優れています。

住所|〒451-0051 愛知県名古屋市西区則武新町4-1-35
営業時間|AM9:300 - PM5:00
定休日|月曜日
電話|052-551-6115
公式サイトはこちら

まとめ

紡績業からスタートした、トヨタ自動車の歴史と足跡を学べる記念館です。広い館内では、自分の手で機械を作動させたり、専属のスタッフによる実演などを楽しめます。見るだけの見学ではなく、実際に実践できたり、当時のものをそのまま残してあったりするので、興味を持って見学することができます。