仁和寺の基礎知識。京都観光前に知りたいおすすめポイントは?

「仁和寺にある法師」徒然草に登場し、御室桜でも知られる仁和寺。訪れたことはなくても、名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。世界遺産にも登録され、皇室と繋がりの深いこの寺院を、京都旅行常連の筆者がおすすめスポットを紹介します。仁和寺へは電車よりバスのアクセスがよく、京都駅からバスで30分から40分ほどで到着します。お車の場合は有料の駐車場があり、100台のスペースがありますのでご安心ください。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

1.仁和寺はどんな寺院?歴史を見てみよう

1.仁和寺はどんな寺院?歴史を見てみよう

image by PIXTA / 7007761

真言宗御室派総本山の寺院。

886年に光孝天皇の発願で建てられ始められましたが、完成を待たずに光孝天皇は崩御。
次の宇多天皇によって、888年に完成しました。
最初は「西山御願寺」と称されましたが、後に年号をとって現在の仁和寺となりました。

宇多天皇は897年に譲位して出家、法皇となり仁和寺の最初の住職になります。
仁和寺に「御室(おむろ)」という僧坊を建てて住んだことから、御室御所と呼ばれ、以来皇族が住職を務める門跡寺院になりました。

応仁の乱にて伽藍は全焼。
戦火の中、本尊の阿弥陀三尊は難を逃れます。

江戸時代になり、徳川幕府によって復興が始まり、旧御所の紫宸殿、清涼殿などが仁和寺に下賜され1646年に復興が完了。
現在の金堂は旧紫宸殿になります。

1863年に門跡寺院としての役目を終えますが、現代でも京都で人気の観光スポットとして人気があります。

2.仁和寺の見どころは?

2.仁和寺の見どころは?

image by PIXTA / 1128189

仁和寺は敷地が広く、建築物を中心に見どころがたくさんあります。
旧御所から移築した建築物や少し変わったものなど、なかなか興味深いものが多いです。
また寺院の建物の屋根には、多くはその寺院の家紋などがありますが、ここ仁和寺はその建物に安置されている仏像の梵字になっているんですよ。
そういったところをチェックしながら散策してみてください。

2-1.平安時代の伝統を引く「二王門」

2-1.平安時代の伝統を引く「二王門」

image by PIXTA / 15565465

重要文化財に指定されている二王門。
1641年から1645年に建立され、高さは18.7メートルありとても重厚な造りをしています。
同時期に知恩院三門、南禅寺三門が建立されましたが、この2門は禅宗の造りに対して、仁和寺の二王門は平安時代の様式を受け継ぐ和様で統一されています。
なお通常は「仁王門」と表記されますが、仁和寺では「二王門」と表記されます。

2-2.寛永時代を代表する塔、「五重塔」

2-2.寛永時代を代表する塔、「五重塔」

image by PIXTA / 31425874

重要文化財に指定されている五重塔。
1644年に建立され、総高36.18メートルになります。
各層の幅に差がないのが特徴で、内部には大日如来、周りに四方仏が安置されています。
心柱や天柱、壁には真言八祖や仏様、菊花文様などの装飾画が描かれています。

2-3.屋根に仙人と亀?「金堂」

2-3.屋根に仙人と亀?「金堂」

image by iStockphoto / 85414981

国宝に指定されている金堂。
1613年に御所で建立された内裏紫宸殿を移築したもので、現存する紫宸殿では最古であり、宮殿建築を伝える建築物として非常に貴重な建築物です。
この金堂は一般的な寺院の本堂にあたり、本尊である阿弥陀三尊、四天王像や梵天像などが安置されています。

この金堂には見どころがもう一つ。
屋根を忘れずにご覧ください。
金堂の屋根瓦には、亀の上に乗った人の瓦があるんですよ。
この人は黄安(こうあん)という仙人で、亀は3000~4000年に一度顔を出し黄安はこの亀を3、4回見たと言われています。
永遠の象徴だそうです。

2-4.清涼殿の面影を残す「御影堂」

2-4.清涼殿の面影を残す「御影堂」

image by PIXTA / 6151410

重要文化財に指定されている御影堂。
1641年から1645年に、旧御所の清涼殿の一部を移築し建立されました。
現在も蔀戸の金具などは、清涼殿のものを利用しています。
内部には弘法大師像、宇多法皇像などが安置されています。

2-5.通常非公開、「観音堂」

2-5.通常非公開、「観音堂」

image by PIXTA / 713834

重要文化財に指定されている観音堂。
1641年から1645年に建立されました。
通常は非公開になっています。
内部は千手観音菩薩と脇侍である不動明王、降三世明王、二十八部衆が安置され、壁面や柱には白衣観音や仏など極彩色で描かれているそうです。
この観音堂は仁和寺に伝わる法流の相承などに使用されているそうですよ。

2-6.かつて宇多天皇が住んでいた「御殿」

2-6.かつて宇多天皇が住んでいた「御殿」

image by PIXTA / 27621412

かつて宇多天皇が住んでいた御殿。
勅使門、宸殿、白書院、黒書院は登録文化財、本坊表門、遼廓亭、飛濤亭は重要文化財に指定されています。
当時は旧御所の常御殿を移築して造られましたが1887年に焼失。
現在のものはほとんどが明治から大正にかけて再建されたものになります。
内部は美しい襖絵、整備された2つの庭など優雅な気持ちで散策できますよ。

3.春は御室桜、秋は紅葉

3.春は御室桜、秋は紅葉

image by PIXTA / 9832777

仁和寺は春には御室桜が美しく、秋は紅葉で真紅の世界が広がります。

御室桜は遅咲きの桜で背丈が低いので間近で桜を楽しむことができます。
この御室桜の歴史は長く、957年には仁和寺桜会が行われていました。
本数は約200本、昔は八重が多く現在は一重になっているそうですが、中には八重も残っているので探してみてはいかがでしょうか。

秋の仁和寺は真っ赤な紅葉で覆われます。
伽藍が朱に覆われ普段とはまったく違う仁和寺になりますので、紅葉の季節に仁和寺に訪れるのもおすすめですよ。

4.仁和寺に宿泊できるの?

仁和寺には参拝者が宿泊できる、宿坊「御室会館」があります。
一般的な宿坊は寝間着やタオルは持参しなければいけませんが、御室会館には浴衣、フェイスタオル、歯ブラシセット、リンスインシャンプー、貸出用のドライヤーなどがありますので荷物多くなることはありません。
夕食は旬の食材を使用した京料理、朝食は京湯豆富や焼き魚を使用した和定食で、お子様メニューも用意していただくことができます。
その他宿泊された方は、通常非公開の金堂で朝のお勤めに参加することができますよ。
有難い法話も聞けますので宿泊の際はぜひ経験してみてくださいね。

またこの会館は宿泊以外にも、会議や研修、会館内にある和食処「梵」での食事なども可能です。

5.御朱印はどこでいただけるの?

仁和寺で御朱印がいただける場所は2か所。
同じものをいただくことができます。

・金堂にある納経所

・御殿入口

いただける時間は拝観時間に準じており、季節によって異なります。

3月~11月は9時~17時、12月~2月は9時~16時、いずれも拝観受付は30分前になります。

仁和寺でいただける御朱印は御詠歌を含めて全部で7種類あります。
途中頒布されなくなる御朱印もありますのでご了承ください。

・旧御室御所

・「わけのぼる花の嵐の梢より御室の山に月ぞかがやく」の御詠歌

・御室弘法大師(真言宗十八本山の第6番札所)

・勢至菩薩(京都十三仏霊場の第9番札所)

・本尊阿弥陀如来(神仏霊場巡拝の道の第92番札所)

・水掛不動尊(近畿三十六不動霊場の第14番札所)

・薬師如来(毎月8日限定)

また仁和寺にはオリジナルの御朱印帳が4種類あります。
御室桜が描かれたものや菊紋など仁和寺独自の御朱印帳になりますよ。

なお、最近人気のある御朱印集めですが、スタンプラリーとは違い納経と同じ意味合いを持ちます。
軽々しく転売をしたり、お土産感覚で複数お願いしたりないようにしましょう。

格式ある仁和寺へ

格式ある仁和寺へ

image by PIXTA / 19174455

歴史が深く、旧御室御所でもある格式高い仁和寺。
境内はとても広いので多少混雑してもゆっくり散策できます。
御室桜や紅葉など、四季を感じながら散策するのも良し、歴史的に価値のある建築物をじっくり見るのも良し、自分の好みにあわせて訪れてみてくださいね。
photo by PIXTA and iStock