戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ

織田信長が戦に負けるイメージってありますか?正直、強い印象しかないと思います。しかし、彼を10年もの長きにわたって苦しめた相手がいたんですよ。しかも、ただの武将じゃなくて、僧侶。顕如(けんにょ)を頂点とした浄土真宗本願寺教団は、当時は戦国大名を上回る力を持っていたんです。彼と本願寺教団の強さ、信長との抗争、そして教団の分裂に至るまでをご紹介したいと思います。京都にある西本願寺と東本願寺も関わってきますよ。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

12歳で僧籍に入る…「顕如」誕生

12歳で僧籍に入る…「顕如」誕生

image by PIXTA / 6300641

日本にポルトガルから鉄砲が持ち込まれた天文12(1543)年、顕如は生まれました。
父は親鸞を祖とする浄土真宗本願寺派10世宗主・証如(しょうにょ)。

ただ、顕如が12歳の時、父は39歳の若さで亡くなってしまいました。
そのため、顕如はすぐに得度(とくど/剃髪し僧となること)の儀式を済ませ、第11世宗主の座に就いたんです。

そして弘治3(1557)年、15歳で妻を迎えます。
浄土真宗は妻帯が許可されているんですよ。
妻となった如春尼(じょしゅんに)は、父が公家の三条公頼(さんじょうきんより)で、姉が武田信玄の正室・三条夫人。
つまり、顕如と信玄は義兄弟ってことになったんですよ。
何だかスゴイですよね。
貴族と武家と僧侶が全部親戚なんですもの。

この結婚も、武家と同様の政略結婚でした。
しかし2人の仲はとても良かったそうです。

寺の強化の陰には…強い祖母あり!

寺の強化の陰には…強い祖母あり!

image by PIXTA / 13552352

まだ若い顕如については、周囲が全力でサポートしたわけですが、中でも祖母・鎮永尼(ちんえいに)の手腕が物を言いました。
ただのおばあちゃんじゃなかったんです。
本願寺の潤沢な資金力を背景に、朝廷とのパイプをつくったり、各地で起きる一向一揆のコントロールもしていたりしたんだそうですよ。

それに加えて、公家や室町幕府との結び付きも強化しています。
顕如の妻を三条家から娶ったのもそうですが、彼を九条家の猶子(ゆうし/財産や家督相続のない養子関係)としました。
如春尼も、三条家の出身ながら幕府の管領(かんれい/将軍の補佐、事実上のNo.2)をつとめる六角家の猶子となってから嫁入りしています。

これには、本願寺を「門跡(もんぜき)」にしたいという思惑があったんです。
門跡は皇族や公家が住職となるくらいの高い寺院であったため、顕如を公家の中でも格の高い九条家の猶子とし、本願寺自体の格を高めようとしたんですね。
そうした工作が実り、永禄2(1559)年に本願寺は門跡となっています。

一向一揆とは?

先ほどもちらっと名前が出てきましたが、一向一揆というものがここではとても重要な存在となってきます。

一向一揆とは、全国で起きた一揆ですが、その中心は浄土真宗信徒たちでした。
そして、彼らは権力層の圧力に対して一揆を起こしたというわけなんですね。

特に、加賀(石川県)で起きた一向一揆は幕府守護を滅ぼすほどの勢いを持っていたんです。
この後、顕如の元で多くの一向一揆が起きることになります。

ところで、なぜ「浄土真宗」の信徒が起こしたのに「一向」一揆と言うのかについてご説明しましょうね。

「一向宗」というのは、本願寺教団のことを外部の人間が呼んだ名称であり、教団自身は自分たちを一向宗徒とは言わなかったそうです。

ちなみに、鎌倉時代に勃興した別の「一向宗」というものと混同されてしまうこともありました。

まさに「城」だった石山本願寺の全盛

まさに「城」だった石山本願寺の全盛

image by PIXTA / 4202594

後に信長との「石山合戦」で有名となる大坂の石山本願寺は、顕如の父・証如が天文2(1533)年に建てた本願寺教団の拠点です。
堀や土塁に囲まれた山の上にあり、石山本願寺城とまで呼ばれたほどの立派な要塞だったようですよ。

こんなところを拠点としているくらいですから、本願寺教団は戦国大名をしのぐ勢いを持っていたわけです。
大坂は経済と軍事の要でもありましたしね。

城下町ならぬ寺内町が大いに栄え、顕如の頃に全盛を迎えていました。
イエズス会の宣教師などは、「日本の富の大部分がこの坊主のものだ」と手紙に書き記したほどだったんですよ。

織田信長の登場と顕如の忍耐…そして対立へ

織田信長の登場と顕如の忍耐…そして対立へ

image by PIXTA / 14383830

さて、顕如率いる浄土真宗本願寺教団が全盛を迎えたところで、戦国時代においても大きな存在が生まれました。

織田信長です。

彼は、室町幕府の実権を握っていた三好家から追放されていた足利義昭(あしかがよしあき)を将軍とするべく、彼を奉じて上洛し、将軍の座に就けました。
これで信長の室町幕府・将軍への影響は大きくなり、天下取りへの道を着々と固めていたんです。

そんな信長は、本願寺に対して軍資金の提供を求めてきました。
最初、顕如はこれに応じています。

というのも、本願寺派8世宗主であり中興の祖でもあった蓮如(れんにょ)の「王法為本(おうほういほん)」という考えが教団の基本にあったからなんですよ。

これは、「王法をもって本と為す」、すなわち「王に従い、信仰は心の内に持っておく」という意味なんですね。
そのため、顕如ももちろん最初は王=信長に従おうという考えがあったんです。

しかし、信長の要求はどんどん無理難題化していきました。

何をするにつけても信長に報告すること、本願寺として命令を出す時は信長の許可を受けること、他の戦国大名との関係を断つこと…そして、きわめつけには石山本願寺を明け渡すようにと要求してきたんです。

これには、顕如以下本願寺教団は我慢の限界に達しようとしていました。

ついに信長討伐の檄文を飛ばし、石山合戦の勃発

ついに信長討伐の檄文を飛ばし、石山合戦の勃発

image by PIXTA / 13998266

顕如たちの怒りが沸点に達しようとしたまさにその頃、元亀元(1570)年、信長によって幕府中枢から追いやられた三好一族、三好三人衆が信長に対して挙兵します。
そして、それを契機に顕如もまた全国の門徒に檄文を飛ばしたのでした。

「信長が本願寺を明け渡せと言ってきている。
本願寺を守るため、門徒は皆、大坂に参れ!」

これが、以後10年に及ぶ「石山合戦」の始まりでした。

顕如は、三好三人衆と交戦中の信長軍に、突如として攻撃を仕掛けます。
これにより信長はいったん退却を余儀なくされます。

一方、この間にも、信長と将軍・義昭の仲が険悪になっていました。
義昭は各地の戦国大名に呼びかけ、武田氏、朝倉氏、浅井氏などがそれに応じて、信長包囲網を形成します。
この輪に顕如も参加していました。
その間にも、彼は積極的に動き、紀州(和歌山県方面)に勢力を持っていた鉄砲集団・雜賀衆(さいかしゅう)や、中国地方の雄・毛利輝元(もうりてるもと)らとのパイプを作っています。
これが後で役に立つんですよ。

長島一向一揆と越前一向一揆

長島一向一揆と越前一向一揆

image by PIXTA / 14882896

顕如の挙兵に呼応し、尾張(愛知県)と伊勢(三重県)の境界付近の長島(三重県桑名市)で一向一揆が起きます。
この勢いはすさまじく、第一次(元亀2/1571年)・第二次(天正元/1573年)と織田方を退けるほどでした。

手こずった信長は、天正2(1574)年の第三次長島一向一揆において、ついに自身の主力武将を全投入し、7~8万という大軍で一揆を殲滅にかかったんですよ。
そして、降伏者や逃亡者をすべて殺害し、残った人々も火攻めにして、まさに殺戮という言葉以外何物でもない作戦を実行したんです。

また、朝倉氏が信長に滅ぼされた後の越前(福井県)では、統治を任された旧朝倉家臣に対して天正2(1574)年に一向一揆が起きました。
この頃、信長は長島一向一揆や武田氏との戦いなどにも兵を割かねばならず、苦境に立たされていたんですよ。
あの信長が、ですよ。

しかし、越前一向一揆は内部分裂が起きてしまい、勢いが落ちていきます。

信長はちょうど武田氏を長篠の戦いで破った直後で意気軒昂、直々に兵を率いて越前に乗り込んできました。
そして、またもや一揆勢を殲滅したんです。

そのあまりにも残虐な作戦に、一揆も沈静化していくこととなったのでした。

ほんの少しの時期の違いが、信長有利へと傾いていったんですね。

石山本願寺での籠城戦

石山本願寺での籠城戦

image by PIXTA / 27635687

長島・越前一向一揆の間に、武田信玄は病没し、浅井氏・朝倉氏は信長によって滅亡させられ、信長包囲網は脆弱化していきました。
将軍・義昭は追放され、毛利輝元の庇護下にあったんです。

そこで、顕如は、天正4(1576)年、自身が義昭を奉じて挙兵したんですよ。
義昭のバックには毛利氏がおり、越後(新潟県)の上杉謙信もまた、信長包囲網に参加してきたんですね。
その勢いに乗ろうとしたわけです。

天王寺砦の戦いにおいては、鉄砲を操る雜賀衆の力も借り、砦を守る明智光秀が信長に助けを求めるほどにまで追いつめました。
しかし信長によって押し返され、顕如は石山本願寺での籠城戦を選びます。

そこに兵糧を運び込もうとした毛利方が、それを阻止しようとする織田方の水軍と戦うのですが、それが第一次・第二次木津川口(きづがわくち)の戦いです。

第一次は毛利方の大勝利でしたが、第二次の戦いでは敗れてしまい、ついに石山本願寺は兵糧や弾薬などの補給路を抑えられてしまったのでした。

これでは、戦線を維持することはできません。

この頃になると上杉謙信も亡くなっており、各地の一揆も鎮められていました。

苦境に立たされたのは、今度は顕如でした。

彼は苦渋の選択をします。
それが、信長との講和でした。

講和成立も、本願寺教団が分裂

講和成立も、本願寺教団が分裂

image by PIXTA / 27635685

天正8(1580)年、朝廷を仲介とし、顕如は信長と和睦します。
そして、顕如は石山本願寺を退去し、紀伊(和歌山県)の鷺森御坊(さぎもりごぼう)に移ったのでした。

これで収束…というはずだったんですが、そううまくはいきません。

実は、顕如の長男・教如(きょうにょ)は講和に大反対。
父が石山本願寺を退去しても、まだ残って半年近く抵抗を続けたんですよ。
これで父子の分裂が起きてしまったんです。

何とか教如を石山本願寺から退去させることにはなりましたが、彼が退去した直後に寺は炎上。
2日間にわたって燃え続け、「石山本願寺城」とまで呼ばれた難攻不落の要塞は灰燼に帰してしまったのでした。
失火とも言われていますが、教如による放火とも言う説もあります。
教如、やったんじゃないかと思いますよね…この終わり方…。

このゴタゴタの間に、信長の方でもとんでもないことが起きました。

天正10(1582)年、本能寺の変にて信長自身が討たれてしまったんですね。

そして、顕如は信長の後に実権を握った豊臣秀吉とも和睦を結び、何とか本願寺教団を守ろうと奔走しました。

教団の弱体化と無念の死

教団の弱体化と無念の死

image by PIXTA / 641332

ところが、なんと、秀吉は石山本願寺の跡地に大坂城を建設します。
そして、顕如らを自身の監視下に置くべく、大坂城下に本願寺教団の本部を置かせました。
これが天満本願寺(てんまほんがんじ)です。
当然、本願寺教団は以前のようには独立支配ができなくなりました。

そんな顕如に追い打ちをかけるかのように、天正17(1589)年に、秀吉の豪邸・聚楽第の壁への落書き事件が発生します。
これは秀吉の政治への批判が書かれていたんですが、犯人が天満本願寺の寺内町に匿われているとされて、本願寺関係者が処罰(斬首された者もいた)されてしまったんですよ。
これ、ほぼ言いがかりです。

しかも、この2年後、本願寺はまたも秀吉の命によって京都へ移動させられます。
これが現在の本願寺(西本願寺)です。

教団の力をあっという間に削がれた顕如は、失意のうちに亡くなりました。
京都へ移動してからわずか1年、天正20(1592)年のことでした。
享年50。
無念の思いはあったことでしょうね。

本願寺の分裂:東西本願寺の存在のわけ

本願寺の分裂:東西本願寺の存在のわけ

image by PIXTA / 1502054

さて、石山本願寺退去の際、顕如と長男・教如の間に対立が生じたことはすでに述べましたが、これによって、顕如の後継ぎは三男の准如(じゅんにょ)に変更されており、彼が本願寺教団の宗主となりました。

しかし、豊臣秀吉が亡くなると、実権を握ったのは徳川家康。

なんと彼は、教如に土地を寄進したんですよ。
そして、慶長7(1602)年、東本願寺が創設されました。

これで、京都には本願寺(西本願寺)と東本願寺が存在することとなり、現在に至るというわけなんですね。
そして、本願寺(西本願寺)の宗派は「本願寺派」、東本願寺は「大谷派」となりました。
なぜ京都に東西の本願寺があるのか、おわかりいただけたかと思います。

顕如と石山本願寺なくして、信長は語れない

「あの」織田信長を10年も苦しめたのが戦国大名でなく僧侶だったということは、とても興味深いですよね。
信仰という目に見えないものが彼らの精神を支えていたからこそ、力技に頼らざるを得ない戦国大名は苦戦したのでしょう。
石山合戦と一連の一向一揆の戦いぶりを知ると、現代とは比べ物にならないほど仏教が人々の心に浸透していたんだなと感じさせられました。
すべての民を救う仏の使者である僧侶が戦うのですから、そりゃあ強いわ…と思わされた次第です。
photo by PIXTA