玄武洞は5つの洞をもつ名勝。160万年前の噴火が作り出した芸術に圧倒される

公開日:2018/12/22 更新日:2019/11/12

トラベルパートナー:トラベルパートナー: ASAHI
兵庫県出身。 関西を中心に、たまーにアジアの情報を発信します。 気ままな日帰り一人旅とノリノリ親子旅がお気に入り。 悠久の歴史と自然まとえるスポット探して日々さすらっております。 親子で遊べる場所もご紹介~
こんな規則正しいパターンが自然に出来上がるなんてほんまびっくり!

兵庫県豊岡市の玄武洞は自然の驚異と偉大さに畏怖を感じるパワースポットだということをご存知ですか。知られざる玄武洞の造形美や自然の美しさをご紹介したいと思います。

玄武洞で大自然の造形美を感じよう

玄武洞は、まさに自然によって作られた芸術品。その美しい造形美に圧倒されること間違いなし。古くから景勝地でもあったこの場所は、時を経て今もなお、大自然の力を感じられる観光スポットとなりました。

玄武洞はマグマによってできた岩の塊

玄武洞(げんぶどう)は国の天然記念物で、約160万年前の噴火によるマグマによって形成された玄武岩の洞窟です。洞窟は採掘跡地で人工的にできた洞穴で、名前の由来は伝説上の動物 玄武で、亀甲の形や黒ずんだ色味などからきていると言われています。

玄武岩の美しい造形美

玄武岩は主に六角柱で、中には五角、八角などもあるので、探してみるという楽しみ方もあり面白いです。玄武岩のように、規則正しい割れ目が柱状になったものを柱状節理(ちゅうじょうせつり)といいます。ここの玄武岩は地磁気が現在の磁気と反転しており、地球科学の新しい発見の地として世界的に有名。ちなみに、玄武岩命名は玄武洞に由来しています。

山陰海岸ジオパークの玄武洞公園内

玄武洞は、山陰海岸ジオパークにある玄武洞公園の中にあります。この山陰海岸ジオパークの敷地は広大で、東京都より大きいとされています。

玄武洞公園は古くからの景勝地

玄武洞公園は、玄武洞をはじめ5つの洞をもつ名勝です。古くから景勝地として知られており、江戸時代後期に玄武洞と命名されました。1931年(昭和6年)には国の天然記念物に認定されて以来、地元の方々には愛され続けています。玄武洞公園には入場料はありませんが、有料のガイドさんに依頼することで玄武洞公園の歴史について詳しく解説してくれます。

山陰海岸ジオパークの一員

京都、兵庫、鳥取をまたぐ日本海岸沿いの地形や地質、それに伴う文化や歴史に触れられるエリアで、日本が大陸とつながっていたころから現在までの地形や地質をみることができます。2018年までは世界ジオパークの認定も受けている、実はすごい場所なんです。

中国神話の四神から命名された5つの洞

玄武洞、青龍洞、白虎洞、北朱雀洞、南朱雀洞と5つある洞窟は、それぞれ中国神話の神の名前から命名されています。洞窟によって特徴があり、中には恋愛成就のパワースポットとしても知られています。

玄武洞

美しい形の柱状節理は、マグマが冷え固まる際に割れ目が順に起き、内部まで伸びていったものです。玄武岩の切り出しのよさから、かつて、ここは石の採掘場だったとされています。規則正しい造形はため息が出るほどに素晴らく、自然の雄大さを感じることができますよね。

青龍洞

うねるように伸びる節理が龍が昇る姿に似ているということで命名された青龍洞は、柱状節理の様子がわかりやすい絶壁でパワースポットして人気です。ふもとに池があり、水面にうつる岩や太陽の光が反射する様子はとても神秘的な景色を見せてくれます。



白虎洞

白虎洞は、横に伸びた柱状節理を観察できるポイントです。玄武洞と比べて柱状節理が細かいことから、白虎洞の付近は溶岩が早く冷えて固まったことが分かります。断面になった岩にハート型の石があり、恋愛のパワースポットとしてご利益があるとされています。

北朱雀洞

公園内で一番小さな洞で、最初の見学ポイントとしておすすめなのが北朱雀洞です。小さいといえども洞の高さは33mあります。駐車場からの階段をあがってすぐの位置にあります。

南朱雀洞

南朱雀洞は、北朱雀洞の横にあり規模が小さいので、近くまで行って観察できますし、水が流れていて幻想的です。北朱雀洞と南朱雀洞には沢ガニがたくさんいるので立ち寄られた際は覗いてみて下さいね。

玄武洞に足を運んだら会ってみて寄ってみて

厳めしい風景の玄武洞には玄武洞をモチーフにしたゆるキャラがいます。その名も玄さん。顔には怒りマークがついていますがその性格は義理と人情に厚い、頼れるキャラクターです。

玄武洞の玄さんに出会えればラッキー

土日祝日にお出迎えしてくれることもある、豊岡市の元祖しゃべるゆるキャラ 玄さんは、なんと玄武洞と同じ推定年齢約160万歳。山陰海岸ジオパークと豊岡市の観光PRのために日々奮闘中です。

できたての玄武洞ミュージアム

玄武洞ミュージアムは、玄武洞公園の玄関口にある2018年3月にできた博物館で、県内最大級の約2500点の石を展示しています。玄武洞によって作られた六角柱の展示もされているため、玄武洞の観光と併せて見学しておきたいところ。

さらに、こちらのミュージアムでは、レストランやお土産ショップも入っており、地元の味と工芸品や菓子などの購入を楽しめます。杞柳(こりやなぎ)細工の体験プログラムで、旅の思い出にお土産を手作りするのもおすすめです。

Address 〒668-0801 兵庫県豊岡市赤石1362
Hours AM9:00-PM5:00
Closed なし
Tel 0796-23-3821
Web http://genbudo-museum.jp/

玄武洞へのアクセス

電車での行き方

最寄り駅はJR山陰本線 玄武洞駅で、城崎温泉駅と豊岡駅の間にあり、各駅停車の電車利用になります。玄武洞駅は玄武洞の丸山川対岸にあります。玄武洞駅前からは渡し船を利用でき、玄武洞ミュージアムに予約すれば迎えに来てもらえるので是非利用してみてください。



車での行き方

駅からタクシーで行く場合は、豊岡駅から約15分、城崎温泉駅から約10分となっています。自家用車で行かれる場合は、北近畿豊岡自動車道 日高神鍋高原ICから約35分、山陰近畿自動車道 京丹後大宮ICから約50分で行くことができます。

レンタサイクルでの行き方

城崎温泉駅、豊岡駅でレンタサイクルを借りることができます。片道20~30分で着きますし、電動アシスト付自転車があるので安心ですね。丸山川沿いを走る気持ちのよいルートなので、時間と天候が許せば是非おすすめです。

Address 〒668-0801 兵庫県豊岡市赤石
Hours 24時間
Closed なし
Tel 0796-23-3821
Web http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/info/genbudou.html

まとめ

あまり知られていないパワースポットなので人もそこまで多くなく、城崎温泉などに行った際は途中で寄ってみるといいかもしれません。自然の魅力を感じながら自然のパワーももらって日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。