津久井浜観光農園は電車でいける農園。いちご狩りやサツマイモ掘りも

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: mika

兵庫県姫路市出身、神奈川県横浜市在住の2児の母です。兵庫県・神奈川県とその近郊を中心に、地元目線・郷土愛を交えて、各スポットを最大限に楽しめる情報をお伝えします。ワイワイ家族旅行も、一人でまったりする旅も大好きです。

おいしい農産物を収穫!山ほど持ち帰りできるのも嬉しい

関東近辺で子どもと果物狩りを楽しみたいと思っても、車がなくて行けなかったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが神奈川県にある津久井浜観光農園です。電車で行ける上に、気軽に農業体験もできます。さらに、果物や野菜をお腹いっぱい食べることができるスポットです。

収穫体験ができる

美しい自然が魅力の津久井浜観光農園では、観光だけでなく収穫を体験することが可能です。ここでは津久井浜観光農園でぜひとも見ておきたいポイントを紹介します。

つつじで有名な武山の麓にある農園

津久井浜観光農園は、神奈川県横須賀市の南部、三浦半島にある農園です。美しいつつじで有名な標高206mの武山(たけやま)の麓に位置し、5月にはつつじ祭りも行われています。観光農園とは、農産物の収穫体験ができる農園のこと。ここ津久井浜観光農園は、丘陵地帯にある緑豊かな観光農園です。

京急津久井浜駅から農園へ

春にはいちご狩り、秋にはさつまいも掘りやみかん狩りを楽しめる津久井浜観光農園には、京急津久井浜駅から山側へ歩いて約20分、ハイキング気分で行くことができます。土・日・祝日は駅から無料の送迎バスが出ているので、小さいお子さんと一緒の場合などは、送迎バスを利用すると便利です。

のどかで美しい広大な農園

のどかなキャベツ畑が広がる道を歩いて行くと、津久井浜観光農園につきます。丘いっぱいに広大な農園が広がっているのを見ることができるでしょう。思わずホッと癒される田園風景のなかには、美味しそうな野菜や果物の農園がたくさんあります。ほとんどの農産物は収穫体験をすることが可能です。

三浦半島の気候と土壌が育む味覚を楽しもう

三浦半島といえば、三浦だいこんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。三浦半島は気候が温暖で、野菜や果物の栽培に適している場所です。名物の三浦だいこんをはじめ、柔らかいキャベツ、完熟のこだわりかぼちゃといった、三浦野菜が数多く生産されています。

津久井浜観光農園では、いちご狩り、さつまいも掘り、みかん狩りを楽しむことができます。三浦半島の温暖な気候により、関東の他の地域よりも一足早く、春のいちご狩りや、秋のみかん狩りを楽しめるのもポイントです。また、津農家のみなさんが作った新鮮な三浦野菜や漬物、ジャムなども販売

甘くてふっくら、いちご狩り

とれたてのいちごを楽しむことができるいちご狩りは、施設の中でも特に人気のスポットです。ここではいちご狩りの魅力について紹介します。

大きな農園で楽しむいちご狩り

1月1日から5月5日までの期間中は、毎日午前9時~午後3時にいちご狩りを楽しむことができます。ホームページのいちごカレンダーで混雑具合をあらかじめ確認できるので、空いている日を選んで行くのがおすすめです。

ベストな実りの温室でいちご狩り

14の農家が集まってひとつの大きないちご農園となっています。実り具合や空き具合を見て、一番最適な農園を案内してくれるので、待ち時間や混雑具合を気にするストレスなく、いちご狩りを楽しむことができます。いちご狩りをする温室テント内は暖かいので、薄手の上着やカーディガンなど、着脱しやすい服装にしておきましょう。

みずみずしいいちごを思いっきり満喫

いちご農園では、持ち帰りは不可ですが、真っ赤に熟したいちごが30分食べ放題です。これだけの時間があればたくさん食べられるので、お腹いっぱいになるでしょう。普段は高価だからと大好きないちごを思いきり食べられない人や、いちご好きの方も満足すること間違いなしです。

津久井浜観光農園のいちご農園で味わえる品種は紅ほっぺと、やよいひめの2種類が栽培されています。いちごを食べる際に練乳を無料で利用できるのもうれしいポイントです。

ふっくらホクホクのさつまいも掘り

広大な景色の中で行えるさつまいも掘りは、大人から子どもまで幅広い年代におすすめです。普段土に触れる機会がない人でも楽しむことができるため、気になった方はチェックしてみてください。

津久井浜まで見渡せる景色の良い畑

9月の第2土曜日から11月第2日曜日までの期間中は、土日祝日に限り、さつまいも堀りを体験することができます。時間は午前9時から午後3時となっています。さつまいも掘りは、丘を見下ろす絶景のロケーションも魅力です。遠くには津久井浜の美しい海も見えて、とても気持ちよく楽しめます。この場所に立っただけでも満足してしまいそうになります。

大人も子どもも夢中で楽しめる

丹念に耕された畑なので、小さな子どもでも簡単にさつまいも掘りができます。自分で収穫できる喜びは貴重な経験になること間違いなし。もちろん、大豊作に大人も思わずはしゃいでしまうでしょう。友だちも誘ってみんなでワイワイいも掘りをすれば、楽しさも倍増しそうですね。

1株でも大豊作。まさにいもづる式

農家の方に掘る場所を案内され、5株分のさつまいも掘りを体験できます。たったの5株と思うかもしれませんが、1株引っ張れば、かなりたくさんのさつまいもを取ることができます。その様子はまさにいもづる式です。収穫量は大変多く、1人前で写真の量ほどになることも珍しくありません。

掘ったさつまいもは、もちろん持ち帰りが可能です。他にも現地で焼きいもを楽しむことができます。最高においしいホクホクの焼きいもをみんなで味わってみてはいかがでしょうか。

ジューシーで甘酸っぱいみかん狩り

とれたてのみかんが食べられるみかん狩りは、収穫のタイミングが限られているため、貴重な体験となるでしょう。その際は甘いみかんの見分け方を知っておくと役立つこと間違いなしです。

農家おすすめの区画でみかん狩り

10月20日から11月30日の期間中は、毎日午前9時から午後3時まで、みかん狩りが体験できます。その日食べごろの区画を案内してもらえるので、おいしいみかんが食べられます。しかも、案内してもらった区画のみかんは、時間制限なしの食べ放題です。しかし、持ち帰るみかんは別途で購入する必要があるため注意しましょう。

甘いみかんの見つけ方

つやつやのみかんは甘くてジューシーです。すぐにお腹いっぱいになってしまいそうですが、美味しくていくらでも食べられるから不思議です。甘さの多いみかんは、陽当たりがよい場所にあり、色が濃く小ぶりなものがねらい目となっています。おいしいみかんの見分け方は、ぜひ農家の方にも聞いてみましょう。気に入ったみかんを見つけたら、その木のものを集中的に食べるのが、おいしいみかんを食べ続けられるコツです。

津久井浜観光農園へのアクセス

電車でのアクセス

京急津久井浜駅から徒歩20分。土・日・祝日は無料送迎バスの利用が可能です。

車でのアクセス

横浜・横須賀道路佐原ICから約11Km。横浜・横須賀道路佐原ICを出て右折し、島田公園信号を左折します。京急野比駅入口を右折、134号線長沢駅信号を右折すれば到着。60台まで駐車可能の無料駐車場があります。

住所|〒239-0843 横須賀市津久井5-15-20
営業時間|AM9:00-PM3:00
定休日|いちご狩り・みかん狩り: 期間中無休、さつまいも掘り: 月〜金曜(土日祝のみの営業)
電話|046-849-4506
公式サイトはこちら

まとめ

気軽に農産物の収穫体験ができる津久井浜観光農園。子どもと一緒に自然を感じながら、おいしい果物などを味わってみてください。いつもと違った休日に、子どもだけでなく、大人も童心に返ってしまうはず。ハイキングを楽しんだあとに、津久井浜観光農園案内所で、とれたて野菜やジャムなどを購入するのもおすすめですよ。