川中島の戦いと真田家で有名な「松代城」の歴史を知ろう!

松代城と聞いて、まずなにを思い出しますか?

長野のお城、真田信之が上田から移った城、佐久間象山をうんだ松代藩のお城。というのがほとんどではないでしょうか。

しかし、この松代城はもっと古くから大事な軍事的拠点として、武田信玄が造った城だと知っている人はどのくらいいるでしょうか?

武田信玄が?と思われる方には「海津城」と言ったら「ああ!」と思われる方もおられると思います。

この戦国からはじまったお城の始まりから、江戸幕府のはじまりから終焉にかけて不思議な役割をもった歴史を紐解いていきましょう。

海津城はなぜ重要拠点なの?

松代城は、先にも書きましたが「海津城(かいづじょう)」と呼ばれていました。
また「貝津城」とも、茅が生い茂っていた土地から「茅津城(かやつじょう)」とも呼ばれていたともいいます。

この城は「武田信玄」が建立しました。
なんのため? それは「上杉謙信」との5回にもわたる「川中島の戦い」の軍事拠点としてです。
戦国時代の中でも、誰もが知っている川中島の戦い!それにこの城がどう関わっていったのかを説明しましょう。

甲斐の虎・武田信玄の川中島までの道

甲斐の虎・武田信玄の川中島までの道

image by PIXTA / 6702335

武田信玄の先祖は「源頼朝」や「足利尊氏」と同じ、清和天皇を祖とする「清和源氏」ですが、早くから甲斐(山梨県)地方の守護として力を持っていたので、単体で「甲斐源氏」とも呼ばれています。
鎌倉幕府が滅びて、室町幕府の力が衰えてきた戦国時代に入る頃には、内乱や従っていた国衆達の反乱や、他の土地からの土地狙いのイザコザで、さすがの武田家も力が衰えてきていました。

それを一代で武力によって勢力を盛り返し甲斐を統一したのが、武田信玄の父親の「武田信虎(たけだのぶとら)」でした。
信虎は駿河(静岡県)の「今川家」や、「扇谷上杉(おうぎがやつうえすぎ)家」との関係を強くして、相模(神奈川県)の「北条家」と敵対していました。
信虎は跡継ぎを信玄ではなく弟に継がそうとしたしたために、信玄に追放されて今川家へ隠居することになったのでした。

当主となった信玄は信濃(長野県)へ侵攻をはじめ、後ろから攻め込まれないように北条家とも和睦しました。
その時に信玄から攻められた信濃の国衆や「村上家」が、越後(新潟県)の「上杉謙信」に助けを求めます。
それが「川中島の戦い」の始まりでした。

越後の龍・上杉謙信のの川中島までの道

越後の龍・上杉謙信のの川中島までの道

image by PIXTA / 8208964

上杉謙信は、越後守護代の「長尾為景(ながおためかげ)」の息子として生まれました名前は「虎千代」。
その頃の越後(新潟県)国は内乱が続いて父は戦い続ける毎日を過ごしています。
越後守護「上杉房能(うえすぎふさよし)」と、関東管領(関東地方を管理する役目)「上杉顕定(うえすぎあきさだ)」 を討ち滅ぼして、妹婿である「上杉定実(うえすぎさだざね)」を越後守護にして、越後を平定しようとしていました。

父のあとを兄が継いだものの統治能力がなく内乱も治まらないことから、主君の上杉定実の仲介で後を継いで守護代になります。
名前は「長尾景虎(ながおかげとら)」となります。

上杉定実が後継ぎを決めずに亡くなってしまったことから、室町幕府十三代将軍「足利義輝(あしかがよしてる)」の命令で、謙信は国主となったのでした。
しかしそれに反対する者も多く、それに増して味方をする者も多く、22歳で越後を統一したのです。

ようやく平和になった越後に、北条氏に侵攻されて関東管領の「上杉憲政(うえすぎのりまさ)」が謙信を頼ってやってきました。
後にその礼に上杉憲政は謙信を養子にして「上杉」の姓を与えたのでした。
同じ年、武田信玄が信濃を攻めます。
それによって追われた信濃守護の「小笠原長時(おがさわらながとき)」、次の年に信濃国葛尾城主の「村上義清(むらかみよしきよ)」が助けを求めてきました。

海津城誕生!

海津城誕生!

image by PIXTA / 26751935

川中島の戦いは5回の合戦となりました。
第1次合戦は天文22年(1553年)、第2次合戦は天文24年(1555年)、第3次合戦は弘治3年(1557年)、第4次合戦は永禄4年(1561年)、第5次合戦は永禄7年(1564年)。
いずれも決着がつかず引き分けとなっています。

さて、この戦いの真っ最中の「1553年」に海津城は築城されたと、武田家の戦略・戦術を記した軍学書である『甲陽軍鑑(こうようぐんかん)』に書かれています。
しかし実際の所は不明のようです。

今は「1559年」というのが有力のようですね。
その年といえば第3次合戦が終わった頃。
それまでの第2次合戦の時は200日かけても勝負がつかず、第3次は互いに成果もなく終わったので、信玄は次こそは決着をつけねばと思ったことだと思います。

場所は千曲川のほとりで、信玄が国衆の清野氏の館を「山本勘助(やまもとかんすけ)」に命じて城にしたといわれています。
清野氏というのは、川中島の戦いの原因の1人である村上氏をリーダーとした国衆たちの1人だったようで、ちょうど大河ドラマの「真田丸」の最初の頃に真田氏を中心に国衆達が集まっていたのと近いものがあったのかもしれません。
武田軍による戸石城攻めの時に「清野清寿軒」が武田軍にくだったとされています。
築城は川中島四郡(更級・埴科・高井・水内)の国衆が出仕したとされています。

海津城は川中島の拠点とされ「高坂弾正(こうさかだんじょう)」という重臣が配置されています。

城の形態は平城で千曲川を背後に堅固なものでした。
また武田氏独特の「甲州流築城術」の特徴があるといわれています。
特に有名なのが「馬出し」と呼ばれるものです。
城の出入口の守備を堅実にするために土塁や石垣を積んだ曲輪(くるわ)を築いたもので、ここからは守りだけでなく攻撃も容易で内側から鉄砲で狙い撃ちができます。
大河ドラマ「真田丸」に出てきた真田丸はまさしくその形で、戦闘シーンでその強固さを観ることができました。

The 川中島の戦い!と海津城

The 川中島の戦い!と海津城

image by PIXTA / 11536690

いよいよ川中島の戦いで最も有名な第4次川中島の戦いの始まりです。

この戦いは「川中島の戦いといえば、この戦い!」といわれるほど有名な戦いとなりました。

後の講談などで多少は脚色されているところもありますが、まず1561年8月、謙信が越後を出て海津城の南にある「妻女山」に陣をはります。
その知らせを海津城の香坂から受けた信玄は海津城に入ります。
先に謙信が陣をはっていたのだから海津城をさっさと攻めればいいものの、なぜか謙信は動かず武田軍が入るのを待っています。
にらみあいが続き、山本勘助が中心となって「キツツキ戦法」というのを考えます。
味方を二手に分けて、香坂軍が夜のうちに妻女山に登り背後から攻めて、上杉軍がたまらず山を下りたところを本隊が鶴の羽のように広げた布陣で挟み撃ちにするという戦術です。
キツツキが木をコンコンくちばしで叩いて、あわてて出てきた虫を食べるというところから名前がついているそうですね。

謙信は逆に海津城から「狼煙(合図の煙)」が何度も上がるので「これは挟み撃ちだろう」と直感して、夜のうちに山をくだります。
そのために山攻めに行った大軍は空振りとなり、待ち構えていた軍は霧が晴れたら目の前に上杉軍がいたのでビックリ。
追いかけるように山を下った軍は、逆に上杉軍が待ち構えているという体たらくで、山本勘助はじめ、信玄の弟など有力な武将が亡くなっています。

そこで川中島の戦いといえば一番の見せ場、謙信が単身で武田本陣に馬を走らせて、陣で座っている信玄に向って斬りつける!信玄が持っていた軍配で受け止める!という名シーンが(本当にあったかどうかわかりませんが)銅像になって残っています。

しかし、山からの別働隊も時間はかかったものの到着し、かろうじて持ちこたえていた本隊は元気つき、上杉軍は軍を引き上げて行き修了となりました。

その後も、武田家が滅亡するまで海津城は武田の重要な城で、高坂弾正がそのまま城代となっていました。

江戸幕府が開かれるまでの役割とは?

武田信玄が亡くなり、後を継いだ「武田勝頼(たけだかつより)」の時代に「織田信長」が信州に侵攻してきました。
有名な「長篠の戦い」で武田軍が大敗して力が衰えてきます。
海津城は後陣を守る役割で高坂弾正は動きませんでした。
その後の謙信の死後に起った後継ぎ問題からの越後の内乱「御館の乱(おたてのらん)」では、北条氏の一族から謙信の養子に入っていた「上杉景虎(うえすぎかげとら)」に対して、高坂弾正が中心となって武田は謙信の甥である「上杉景勝(うえすぎかげかつ)」に味方をして勝利を得ます。
北条氏の上杉景虎が越後の国主となると挟み撃ちにあうという危惧からだったかもしれませんね。
しかし武田は滅びてしまいました。

織田信長時代の海津城

織田信長時代の海津城

image by PIXTA / 2165104

1582年3月に武田氏滅亡した後、海津城を中心とした信濃川中島四郡に、織田信長の家臣であり「本能寺の変」で信長と最期を共にしたことで有名な「森蘭丸(もりらんまる)」の兄である「森長可(もりながよし)」が入ります。

それを不服とした御館の乱から上杉家と結びつきが強くなっていた旧家臣たちの反乱が起りますが、武功に優れた森軍の前には歯が立たず2日で決着がつきました。

支配することが大変だと痛感した森長可は、支配下となった武田旧家臣たちや反乱に荷担した住民たちの妻子を人質として海津城城下に住まわせることにしたのでした。
その反面に家臣となった武将達との会談や領地安堵なども精力的に行っています。

同年5月、織田軍が越後を侵攻すると同時に、森長可は軍を率いて応援に駆けつけます。
その勢いで上杉家の城「春日山城」近くまで攻め込んでいた6月2日、本能寺の変が起り織田信長が亡くなってしまいました。

それを聞いた武田旧家臣達は、後に「真田家」に仕える「出浦盛清(いでうらもりきよ)」以外すべて裏切り、森長可は人質を楯にして命からがら海津城から逃げました。

織田信長の死によって、わずか3ヶ月弱の支配で終わったのでした。

江戸幕府までの海津城

江戸幕府までの海津城

image by PIXTA / 20776952

城代だった高坂弾正の死後は、息子「春日信達(かすがのぶたつ)」が後を継いでいました。
信達は森長可の退却の時に旧家臣たちを率いて逃げるのを妨害しました。
後に海津城は上杉景勝の配下になります。
しかし信濃で独立を目論んでいた「真田昌幸(さなだまさゆき)」や北条氏と内通していることがわかり処刑されてしまいます。

しばらくは上杉景勝の支配下となっていた海津城ですが、1598年「豊臣秀吉」の命令で景勝は会津へと移転となり、海津城は秀吉の直轄地となりました。
そして城主に「田丸直昌(たまるなおまさ)」が入ります。
の時に8年前、兄の長可の退却の邪魔をした春日一族は根絶やしにされています。

1600年2月、田丸直昌と領地を交換する形で、森長可の弟の「森忠政(もりただまさ)」が入り、豊臣家の直轄ではなくなり「川中島藩」の初代藩主となりました。
これを機に海津城は「待城(まつしろ)」へと改名されます。
この名前は「兄と同じ土地へ入り兄の恨みを晴らすのを心待ちにしていた」からつけられたのだといわれています。
実際に退却の邪魔をした春日(香坂)一族は根絶やしにされました。

この年は天下分け目といわれる「関ヶ原の合戦」が9月15日が行われています。
森忠政は「徳川家康」率いる東軍に味方していますが、家康の息子の「徳川秀忠」が率いる真田昌幸との戦いである「第2次上田合戦」には出馬要請がなかったために待機していたものの、真田昌幸が降伏した後に起きた一揆を制圧したために領地は安堵されました。

真田が来た!

1603年に森忠政は津山藩へ転封されて、家康の六男の「松平忠輝(まつだいらただてる)」が入りました。
忠輝は越後高田藩主になりましたが、この川中島藩も引き続き領有しましたが、1616年改易され流罪にされてしまいました。

次に家康の次男の「結城秀康(ゆうきひでやす)」の次男である「松平忠昌(まつだいらただまさ)」が入り、城の名前が「松城」となり藩の名前が「松代藩」となります。
1619年「酒井忠勝(さかいただかつ)」が入りますが、1622年に庄内藩(山形県)に転封。

そして、真田昌幸の長男の「真田信之(さなだのぶゆき)」が入城します。
この城はこれより明治維新まで真田の居城となったのでした。

真田信之という人は実は凄い

真田信之という人は実は凄い

image by PIXTA / 18430505

真田家は真田昌幸の次男である「真田信繁(さなだのぶしげ)」という弟のほうが注目されがちですね。
大河ドラマ「真田丸」では実直な人物として描かれてますが、実は武功の数では信繁以上(信繁が有名になったのは大坂の陣)の成果をたてています。
中でも上杉との戦いでは何度も海津城を錯乱させに攻め込んだという記録があります。

大河ドラマ「真田丸」で描かれていたように、真田家は元々武田旧家臣でした。
信玄が亡くなり武田家が滅亡すると小国の国衆だった真田家は生き残るために尽力し、北条についたり上杉についたりします。
しかし徳川と北条が同盟を組み沼田と上野を勝手に割って領土とした時には、徳川の大軍を少数の家来達とゲリラ作戦で撃破(第1次上田合戦)して名をあげ、最後は豊臣秀吉の家臣となりました。
それによって同じ豊臣の家臣になっていた徳川家康と和睦します。

かねてより信之の武功実力を見込んでいた徳川家康は、徳川四天王の「本多忠勝(ほんだただかつ)」の娘「小松姫(こまつひめ)」を養女として信之と結婚させました。
これが関ヶ原の合戦で徳川の東軍になった原因といわれています。

松代藩主になる

松代藩主になる

image by PIXTA / 22483693

関ヶ原の戦いには徳川秀忠の配下として、西軍に参加した父の昌幸と信繁のいる上田城を攻めることになりました(第2次上田合戦)。
その時に父を説得しようと試みますが失敗。
しかし真田同士で戦わないように策をとり砥石城を守っていた信繁は上田城に引き上げ、信繁はそのまま城にとどまって戦いに参加しませんでした。
この戦いのため秀忠は関ヶ原の合戦に間に合いませんでした。
戦後は、父の領地の上田を引き継ぐことになりました。

父と弟を処断しようとしていた家康に、義父の本多忠勝と同じく四天王の「井伊直政(いいなおまさ)」の力添えもあって、命を救うことができました。
九度山に隠居させられた父と弟達のために、上田合戦や浅間山の度重なる噴火や天候不順から荒廃していた上田領内の復興で苦しい中でも援助を続けます。
なかなかできることではありませんね。

1614年からはじまった「大坂の陣」では病気のため参戦できず、長男と次男が参戦しています。
そのため加増されて松代藩の藩主となったのでした。

その後、長男とその嫡子が亡くなっていたので、次男の「信政( のぶまさ)」に藩主を譲り隠居します。
しかし信政も2年で亡くなってしまいます。
そのため長男の次男と信政の六男との跡目争いがおき、結局は信政の六男である「幸道(ゆきみち)」が三代藩主に決まるものの2歳だったために、藩政をとることになってしまいました。

波瀾万丈な一生だった信之は、なんと当時では珍しいほどの高齢な93歳で亡くなったのでした。
辞世の句は「何事も、移ればかわる世の中を、夢なりけりと、思いざりけり 」信之の一生を思うと深いですね。

江戸時代の松代藩

信之は上田藩から松代藩に移る時には20万両という大金を持ってきました。

しかし、幕府からの何度も手伝普請という名目(各藩が力をためないように普請を命じて疲弊させる政策)によって、三代目の幸道の時にはなくなってしまいました。
その後の藩主たちは災害などの復興のための復興に借金は増えていき、何度も財政再建のために努力しますが幕末のあたりになるとお手上げ状態になっていきます。

財政難とたたかう松代藩

財政難とたたかう松代藩

image by PIXTA / 32882098

1711年、幸道の時に幕府の命令で、お城の名前が「松代城」となりました。

1717年、火災がおきて本丸・二の丸・三の丸が焼失。
幕府から1万両を借りて1718年に再建します。

1742年、5代目藩主「信安(のぶやす)」の時に台風の影響と思われる千曲川と犀川流域で発生した大洪水( 戌の満水)の被害で、城主が松代南にある開善寺へ船で避難しました。
そのため、1752年に幕府から1万両を借りて千曲川を河川改修を行います。
そのため水害被害はなくなります。

財政再建のために家臣の給料を減らしたり年貢の前倒し徴収を行ったために、全国でも珍しい足軽たちのストライキということが起きたり、一揆が起きることになってしまいました。

6代目藩主「幸弘(ゆきひろ)」の時に、1758年藩校「文学館」を開設します。
1770年、花の丸に御殿を移します。

後継ぎの男子を次々と亡くした幸弘は、幕府の重臣である井伊家より養子を迎えます。
それが7代目藩主「幸専( ゆきたか)」となります。
幕府との結びつきを強くするということもありますが、借金の取り立てをゆるくしてもらうための苦肉の策だともいわれています。

幸専も財政再建の為にがんばりますが、逆に幕府から隅田川の工事などを命じられて財政がより厳しいものになっていきました。
そういう中の1804年に、城内の御蔵屋敷北側に新堀を造りました。

幕末にむかう松代藩

幕末にむかう松代藩

image by PIXTA / 32882090

幸専も後継ぎが授からず、徳川幕府8代将軍の「徳川吉宗(とくがわよりむね)」の孫である老中筆頭の「松平定信(まつだいらさだのぶ)」の長男の「幸貫(ゆきつら)」を養子に迎えて8代藩主とします。

この人は幕府の老中になった人でした。
「水野忠邦(みずのただくに)」が提唱した「天保の改革」を助けるという仕事をしました。
そういう人は藩内はあまり熱心でないことが多い中、藩内での殖産興業や産業開発や人材育成にも力を入れています。

1828年に城地北側に「佐久間一学(さくまいちがく)」を起用して「不崩(かけ)ずの土手」を造らせ、その息子の「佐久間象山(さくましょうざん・さくまぞうざん)」も起用して洋学を推し進めて幕末に大勢の人材が生まれる基礎を作った人ともいえます。

しかし1847年に「善光寺地震」がおきて、松代城の本丸・二の丸・三の丸の囲い塀や、櫓・番所などが倒壊するほどの被害が起きました。
その復興をするために、またまた幕府から借金をすることとなり、負債は10万両になってしまいました。

幸専は本来の真田家の血筋を求めて養子を迎えますが15歳で亡くなってしまったために、庶子だった「幸教(ゆきのり)」を9代藩主として迎えることになりました。

幸教は病弱であったといわれています。
財政難なのに「ペリーの浦賀来航」の時には横浜の応接場の警備を命じられたり、外国への防備として作られた江戸湾の第六台場の警備を命じられ務めたことで、財政は破綻寸前となってしまいました。
追い打ちをかけるように不穏な状態の京都の警護にあたらされて「禁門の変」の時は朝廷を守る役割をしました。

先代に比べて力のない幸教を廃すという議論が藩内で起きはじめます。
候補がいくつか上がった中で、宇和島藩主「伊達宗城(だてむねなり)」の長男「幸民(ゆきもと)」が養子となり、最後の藩主となります。

明治維新と松代藩

松代藩は早くから「倒幕」という意見で藩内が一致していたといわれています。
朝廷から信濃一帯に「これからは朝廷の時代で、幕府はもういらない」とふれ回る役割を受けました。
戊辰戦争では朝廷側の「官軍」として参加して、大いに武功を立てました。
その報奨に「松代県」という名をもらいましたが、後に長野県に統合されることになったのでした。

明治維新と佐久間象山

明治維新と佐久間象山

image by PIXTA / 11538203

「明治維新(めいじいしん)は、なぜ起ったか」という命題があります。

原因は、大名達の財政難といわれています。
なぜかと言えば「〇〇藩〇〇石」といわれていますが、この「石」は米が単位で幕府が開かれて以来変わらない価値だったそうですね。
物価は上がっていくのに変わらないというのは藩だけでなく、大名達や家来達の生活もどんどんきつくなっていき、幕末の時に一斉に爆発したのだといわれています。

その時期に、松代藩が生んだ天才・佐久間象山の役割は大きなものでした。
弟子には「勝海舟」「吉田松陰」「坂本龍馬」「高杉晋作」「河井継之助」「山本格馬」「宮部鼎蔵」など、佐幕派や勤王派の大物たちが門下生として集まっています。
佐久間象山がいなかったら「明治維新」というもの自体行われていなかったのかもしれません。

現在までの略歴

現在までの略歴

image by PIXTA / 32882085

1872年、松代城は全国の多くの城と同様に廃城となりました。
その跡地は旧藩士たちに分け与えられて農地となります。

1873年、1853年に続いて火災で花の丸御殿が全焼して、跡地の多くが宅地となります。

1879年、旧花の丸に「松代城花之丸旧跡」という石碑が建ちます。

1904年、最後の藩主だった幸民の長男「真田幸正」が藩士達に分けていた土地を買い取って遊園地として一般に開放しました。

1921年、 松代町長「矢沢頼道」が「松代開府300年祭」を催して、本丸に「海津城址之碑」が建立しました。

1925年、海津城址公園内に噴水、番所を建設。
二の丸に市民プール、グランドが整備。

1951年、「真田幸治」により本丸が市に寄付されます。

1964年、本丸を中心に城址の一部が県の史跡に指定されます。

1981年、県の史跡だった本丸を中心に城址の一部と、1864年に城外御殿として建てられた「新御殿(真田邸)」が国の史跡に指定されました。

2004年、太鼓門・堀・石垣・土塁などが復元。

2006年4月6日、26番目の「日本100名城」に選定されました。

戦国時代ファンにはたまらない場所「松代城」

全国の多くの城と同様に、松代城は取り壊されてしまいました。
松代も現在は長野市と統合されています。

しかし、真田家の以後の当主達と地元の人達の協力で現在は復元されたものも多く、今は国の史跡や県の史跡などになって残っています。

「真田宝物館」というものが、当時の建物も含めて統括しています。

お城がないのが寂しいといえば寂しいですが、歴史探索はその場所に行って土を踏みしめ、そこの空気を吸って、名物を食べるというのが醍醐味です。
武田信玄と上杉謙信の「川中島の戦い」に想いをはせるもよし、大河ドラマ「真田丸」に想いをはせるもよし、一度行ってみるべし!な所です。

photo by PIXTA