小浜温泉は足湯の長さ日本一。温泉の熱を利用した蒸し料理を満喫しよう

トラベルパートナー: Yu

京都府出身、海が大好きで国内、海外ともに海の写真をよく撮りにいきます。

夕日を眺めながら入る温泉は最高ったい

小浜温泉は長崎を代表する温泉です。日本一長い足湯や海上露天風呂などいろいろな温泉に入ることができます。温泉を利用した蒸し料理や地元産の海や山の幸を使用したグルメも絶品。小浜温泉の魅力を基本情報から観光スポットまで、余すことなくご紹介します。

小浜温泉とは

小浜温泉は長崎県雲仙市ににある温泉。海の近くに位置しているため、旅館やホテルなどでは新鮮な魚介類を使った料理が提供されます。旅館やホテルの温泉はオーシャンビューになっており、絶景を楽しみながら入る温泉は別格です。

小浜温泉に行くなら冬がおすすめ

小浜温泉に行くおすすめの季節は冬ですが、おすすめなだけに観光客や宿泊客も多い。旅館やホテルに泊まっての温泉もいいですが、日帰りで入れる温泉が多いので宿泊しなくても入浴できます。温泉はもちろんですが、ちゃんぽんや蒸し料理などの料理でも体を温められます。

小浜温泉のおすすめ旅館

温泉街だけあって宿泊施設もたくさんあり、どの施設でも温泉に入ることができます。おすすめの旅館をご紹介します。

むつみの宿 旅館 和田屋

むつみの宿旅館 和田屋は広い大浴場と貸切風呂を備えた旅館なので、カップルや家族連れにおすすめの旅館です。貸切風呂は檜風呂を採用していますので、硫黄の匂いだけではなく檜の香りも楽しみながら入浴できます。客室は10室しかないため旅館を満喫したい人には最適。食事も客室でゆっくりいただくことができます。日帰り入浴も受け付けていますので、日中であれば宿泊客でなくても入浴できます。

住所|〒854-0514 長崎県雲仙市小浜町北元町930
営業時間|10:00 am - 9:00 pm
定休日|なし
電話|0957-74-2234
公式サイトはこちら

旅館ゆのか

旅館ゆのかは大浴場と貸切風呂を備えた宿泊施設。半露天風呂付き客室もありますので、周りを気にすることなくゆっくり入浴したい人におすすめ。夕食には温泉街ならではの温泉の熱で食材を蒸した料理が提供されます。

大浴場は旅館の屋上に設置されているので、景色を存分に楽しみながら入浴できます。夕方に入浴すれば、きれいな夕日を見ながらの入浴もできます。混雑を避けるなら昼間に入浴するのがおすすめ。

住所|〒854-0514 長崎県雲仙市小浜町北本町905-26
営業時間|9:30 am -10:00 pm
定休日|なし
電話|0957-75-0100
公式サイトはこちら

旅館國崎

旅館國崎は貸切風呂を3つも備えた宿泊施設で、檜風呂と露天風呂がおすすめです。客室が少ないためのんびり過ごせる旅館で、恋人や家族など大切な人と温泉をゆっくり楽しみたい人には最適。貸切風呂の石風呂では入浴しながらの冷酒の提供も行っていますが、過度なアルコールの摂取は厳禁です。

住所|〒854-0513 長崎県雲仙市小浜町南本町10-8
営業時間|0:00 pm - 8:00 pm
定休日|なし
電話|0957-74-3500
公式サイトはこちら

様々な温泉を楽しむ立ち寄り湯

小浜温泉ではいろいろな温泉に入浴できるように、湯めぐり札の販売をしています。いろんな温泉に入って違いを体感してみませんか。

湯めぐり札で温泉を楽しもう

湯めぐり札とは、小浜温泉街の宿湯と外湯をそれぞれ2ヶ所の計4ヶ所の温泉が利用できるお得な回数券。小浜温泉を満喫したいのであれば購入をおすすめします。観光協会で販売されていますが、ゴールデンウィークなどの連休は売り切れる場合もあるので、早めに購入して確保しておくことを忘れずに。

海上露天風呂 波の湯茜

海上露天風呂 波の湯茜は名称のとおり、海沿いに露天風呂があります。防波堤の内側ではなく海側に温泉があり、海に入っている感覚で入浴することができます。場所柄、天候や波浪の状態によっては入浴できない場合もあるのが難点。

水平線に沈んでいく夕日をほぼ海と同じ高さで見ることができるので、夕方の入浴をおすすめします。ほかの観光客が気になる人は貸切で予約することもできるので、貸し切って贅沢な時間を味わってみては。ロッカーなどの私物を保管できる設備がありませんので、特に貴重品の管理は厳重にしてください。

住所|〒854-0517 長崎県雲仙市小浜町マリーナ20
営業時間|10:00 am - 6:00 pm
定休日|なし
電話|0957-74-2672
公式サイトはこちら

脇浜温泉浴場 おたっしゃん湯

脇浜温泉浴場 おたっしゃん湯はレトロ好きにはたまらない温泉施設。いわゆる銭湯のような佇まいの昔ながらの大衆浴場で、今ではあまりお目にかかることのできない木製のロッカーがあります。温泉街から少し離れたところに位置しているためか、観光客は少ないのでのんびり温泉を堪能できます。

住所|〒854-0513 長崎県雲仙市小浜町南本町7
営業時間|8:00 am - 9:00 pm
定休日|なし
電話|0957-74-3402
公式サイトはこちら

小浜温泉付近で絶対行くべきおすすめグルメスポット

海に面している小浜温泉は温泉だけではなく海の幸もおいしいです。おすすめのグルメスポットをご紹介します。

海鮮市場 蒸し釜や

View this post on Instagram

蒸し釜屋で蒸し料理?❤

A post shared by 山中 さつき (@s.a.t.s.u.k.i.33) on

海鮮市場蒸し釜やは旅館ゆのかの姉妹店で、温泉の熱を利用した蒸し料理や地元産の海産物を提供しています。広い店内でゆったり食べるのもいいですが、温泉街の雰囲気に包まれながらテラス席で食べることもできます。

豊富な蒸し料理のメニューの中でおすすめなのは、野菜セットと蒸し鶏セット。地元産の野菜をふんだんに使用したヘルシーなメニューです。セットに含まれていない野菜も注文することができるので、じゃがいもを頼んでじゃがバターにして食べると絶品です。

住所|〒854-0517 長崎県雲仙市小浜町マリーナ19-2
営業時間|11:00 am - 3:00 pm、5:00 pm - 9:00 pm
定休日|不定休
電話|0957-75-0077
公式サイトはこちら

味処湯処よしちょう

味処湯処よしちょうは温泉水を使用して調理した、めずらしい小浜ちゃんぽんを提供しています。海鮮ダシの効いたクリーミーなスープとボリュームたっぷりの野菜の入った一品。ちゃんぽんだけではなく、長崎名物の皿うどんや新鮮な海の幸を使った海鮮丼もおすすめのメニューです。

住所|〒854-0514 長崎県雲仙市小浜町北本町903-32
営業時間|11:00 am - 9:30 pm
定休日|第3水曜日
電話|0957-75-0107
公式サイトはこちら

オレンジジェラートでは小浜の塩ミルクを

オレンジジェラートは、いろいろなフレーバーのジェラートを提供しています。おすすめのフレーバーは、入浴後のデザートに最適な甘すぎずさっぱりしている小浜の塩ミルク。温泉街を散策していて甘いものが欲しくなったらぜひ。

住所|〒854-0517 長崎県雲仙市小浜町マリーナ20-3
営業時間|10:00 am - 7:00 pm
定休日|不定休
電話|0957-75-0883
公式サイト|なし

小浜観光のおすすめスポット

温泉を堪能したら観光も忘れずに。日本最長の足湯施設や世界三大花木の1つであるジャカランダの花など観光スポットもたくさんあります。

日本一長い足湯 ほっとふっと105

日本一長い足湯のほっとふっと105は、全長105mの日本一長い足湯施設。観光名所ですがとにかく規模が大きいので、人が多くて入れないということはほとんどありません。座ってのんびりするだけではなく、ウォーキング足湯やペット用の足湯など風変わりな足湯もあって楽しめます。

海岸線に沿って作られているので、足湯でリラックスしながら景観を楽しむことできるおすすめスポット。屋外施設ですが屋根がついているので、多少雨が降っても問題なく利用できます。天気がいい日は夕方になるときれいな夕日も見ることができます。

住所|〒854-0514 長崎県雲仙市小浜町北本町905-70
営業時間|8:30 am - 7:00 pm(4月~10月)、8:30 am - 6:00 pm(11月~3月)
定休日|1月4日、5日、荒天時、源泉清掃日
電話|0957-74-2672
公式サイトはこちら

小浜温泉のジャカランダ

小浜温泉には、日本ではめずらしいジャカランダ(和名は紫雲木)があります。ジャカランダが花を咲かすのは6月の期間限定で、見頃に合わせてジャカランダフェスタが毎年開催。フォトコンテストや地元特産品のブースが立ち並んで賑わいます。夜間はライトアップされるので、神秘的な光景を温泉の帰りにご覧ください。

住所|〒なし 長崎県雲仙市小浜町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

小浜温泉へのアクセス

自動車での行き方

公共交通機関は便に限りがあるので、自家用車やレンタカーなど自動車でのアクセスをおすすめします。島原鉄道の島原駅より車で55分ほどで到着します。JR長崎駅からは長崎自動車道を経由して1時間15分ほどで、高速を下りる諫早ICより50分ほど。駐車場は周辺の民営有料駐車場をご利用ください。

住所|〒なし 長崎県雲仙市小浜町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0957-74-2672
公式サイトはこちら

まとめ

小浜温泉は日本一長い足湯や温泉を利用した蒸し料理など、温泉を満喫することができる観光スポット。温泉につかりながら眺める海に浮かぶ夕日は絶景です。海に面していることから新鮮な海の幸に舌鼓を打つこともできます。小浜温泉を訪れて心身ともに癒やしませんか。