なんと美しい平城宮。広大な朱雀大路も再現されている

トラベルパートナー: midori

静岡県出身、歴史好きが高じて奈良県に移住しました。奈良県の記事をメインで書いています。旅行は家族で出かけることが多いです。神社仏閣の紹介が得意です。散歩や食べ歩きが趣味で、カメラを片手に日々新たな撮影スポットやおいしいお店を探しています。

とにかく広くてびっくりやで!

奈良の平城京といえば和銅3年(710年)に首都として日本の政治・経済・文化の中心地となった当時の大都会。歴史の教科書でお馴染みですが、リアル平城京のスケールを実感できるのが奈良県奈良市二条大路にある平城宮跡歴史公園です。平城宮跡の見どころと楽しみ方、グルメまでご紹介します。

なんと美しい平城宮跡。その規模に呆然

奈良県奈良市二条大路にある平城京跡は世界遺産、古都奈良の文化財の構成資産の1つで、710年に藤原京からこの平城京へと遷都があり、都となった場所。その後京都に都が移ってからは廃れてしまい、平城京にあった建物は全てなくなってしまったと言われています。

近代になって地元の人たちを中心に平城宮跡の保存活動が盛んになり、発掘や復元事業が始まりました。現在の平城宮跡とされる場所は平城京の中心部の一部分だけで、本来はもっと大きく、近鉄奈良駅の興福寺のあたりまでが平城京であったと言われています。

2018年に平城宮跡内に新しく朱雀ひろばがオープンし、平城宮跡歴史公園という名称になりました。広大な敷地の公園は無料で入れるので、ランニングやウォーキングなどに利用している地元の方も多く見かけます。また、公園内の芝生で寝転がるだけでもリフレッシュできる緑の豊かさが魅力です。

平城宮跡の見どころはここ

優雅な第一次大極殿

大極殿は平城京最大規模の建物で、天皇の即位式や外国使節との面会など、国の重要儀式の際に使われた施設です。当時の設計図や参考になるような絵画などが残っていなかったため、現存する古代建築や文献資料を参考に想定復元されたものだそうです。館内は中は資料館のようになっていて、無料で見学ができますよ。

住所|〒630-8012 奈良県奈良市二条大路南三丁目5番1号
営業時間|AM9:00~PM4:30
定休日|毎週月曜(祝日の場合は翌日)
電話|0742-36-8780
公式サイトはこちら

広さに驚く朱雀門

先ほどの大極殿よりも先に1998年に平城宮跡で最初に復元されたのが、間口約25m、高さ約20mの入母屋二重構造の平城京の正門。お正月に天皇がこの門まで出向きお祝いをしたり、外国からの使節などが通ったという朱雀門前の朱雀大路は当時と同じ道幅(75m)で再現されています。とにかくその広さには驚くばかり。当時の国の繁栄ぶりが伺えます。

この復元も大極殿と同じく実際の姿を正確に示す資料が残っておらず、現存する古代建築や文献資料を参考に想定復原されたものです。しかし、朱雀門から正面に復元された大極殿の眺めはかなりの迫力があるので必見ですよ。

平城宮跡資料館で理解を深めよう

平城宮跡で発掘された土器や瓦、木簡などが展示されています。平城京の建物模型や航空写真、発掘のジオラマ模型などもあり、ここに来ると一気に平城宮跡についての理解が深まるでしょう。西大寺駅から徒歩で行くと、最寄りの佐伯門を入ってすぐ左側にあります。

住所|〒630-8577 奈良県奈良市 2丁目9-1
営業時間|AM9:00~PM4:30
定休日|毎週月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
電話|0742-30-6753
公式サイトはこちら

東院庭園

ここは平城宮の南東端にあり、奈良時代当時はこの庭園周辺に皇太子の宮殿である東院があったそうです。東院内にあったこの庭園では貴族が儀式や宴会をしたと言い伝えられています。

発掘では遺構がほぼ当時のままの姿で見つかり、その成果に基づき慎重に復元されました。植物も文献や発掘された花粉や種子を参考にしっかりと再現されています。中国の影響を受けた飛鳥時代の庭園とも違い、また、この後の京都のいわゆる日本庭園とも違う、過渡期の奈良時代の日本庭園の風景を実際に見ることができる貴重なものです。

東院庭園は日本で約40箇所しかない特別名勝に指定された貴重な庭園です。秋は紅葉が美しく、紅葉シーズンはかなりの観光客で賑わいます。広大な平城宮跡の端にあるので少々遠いですが、レンタサイクルを使うと快適にアクセスできますよ。

住所|〒630-8003 奈良県奈良市佐紀町
営業時間|AM9:00~PM4:30
定休日|毎週月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
電話|0742-32-5106
公式サイトはこちら

平城宮跡歴史公園の新スポット 朱雀門ひろば

展望台がある天平みはらし館

平城宮跡の歴史がドラマ仕立てのCGアニメで学べます。1回の上映は10~20分程度ですが、バーチャル映像で大迫力、かなりの見応え。屋上には展望デッキがあり、若草山や東大寺までの眺めが素晴らしく写真撮影にも適していますよ。みはらし館1階ではレンタサイクルの貸し出しもあるので、効率よく平城宮跡をまわりたい人にはおすすめです。特に春、秋はサイクリングが気持ちいいですよ。

住所|〒630-8012 奈良市二条大路南4-6-1
営業時間|AM9:00~PM5:00
定休日|月曜日(祝日の場合は翌日)12/28~1/4
電話|0742-35-8201
公式サイトはこちら

珍しいお土産が揃う天平みつき館

奈良のお土産が揃うショップ、平城京肆(へいじょうきょういちくら)があります。ここにはお菓子やお酒だけでなく、一般的なお土産店では買えないような奈良の工芸品や奈良の作家さんのポストカードなどがあっておすすめですよ。お菓子もオシャレなものが多く、ハイセンスな奈良土産が揃うでしょう。

住所|〒630-8012 奈良市二条大路南4-6-1
営業時間|AM9:30~PM6:00(物販はPM9:00まで)
定休日|なし
電話|0742-35-8201
公式サイトはこちら

魅力たっぷり平城宮いざない館

https://www.instagram.com/p/Bn0KyWGHsOV/

いざない館は平城宮跡の魅力を伝える資料館で、4つの展示室に分かれています。墨で文字が書かれた木片を作るバーチャル木簡コーナーでは、自分の架空の職業と万葉仮名表記の名前を教えてもらえます。当時の平城宮の様子を復元模型とスクリーン映像で学べるコーナーもあり、特に模型の精密さには思わず古都奈良の世界観に引きこまれるでしょう。

住所|
営業時間|AM10:00~PM6:00
定休日|2月・4月・7月・11月の第2月曜日 (祝日の場合は翌日) 12/29~1/1
電話|0742-36-8780
公式サイトはこちら

天平うまし館でほっと一息

レストランの tokijiku kitchen 平城京とカフェのIRACA COFFEEが入っています。特におすすめはイラカコーヒー。日本初導入の高性能ラテアートマシーンでも有名で、季節によってクリスマスツリー、奈良市キャラクターのせんとくん、しかまろくんなどさまざまなラテアートを施したコーヒーがいただけます。鹿をかたどったクッキーがかわいい奈良パンケーキもあります。季節限定のすももドリンクなどもおすすめですよ。

住所|〒630-8012 奈良県奈良市二条大路南4-6-1 天平うまし館
営業時間|AM9:30~PM10:00
定休日|なし
電話|0742-93-9014
公式サイトはこちら

リアル遣唐使船に乗ろう

天平うまし館には遣唐使船解説コーナーがあり、パネルやアニメの映像で遣唐使船について学べます。ここで予習してから外にある遣唐使船を見学すると、実感が湧いてくることでしょう。復元された遣唐使船は全長約30m。奈良時代と同じ材質で造られています。船には無料で乗船できるとあって、絶好の記念写真ポイントになっています。

住所|〒630-8012 奈良市二条大路南4-6-1
営業時間|AM9:30~PM6:00
定休日|なし
電話|0742-35-8201
公式サイトはこちら

平城宮跡のイベント 平城京天平祭

天平衣装で平城京の住人になろう

春・夏・秋には平城宮跡で毎年お祭りが開催され大変人気です。イベント内容は開催年度などによって変わりますが、鮮やかな天平衣装に身を包んだ人々による天平行列などは当時の平城京の賑わいを表していますよ。天平衣装の有料レンタルもあるので、観光に訪れても着替えて平城宮跡を散策することができます。

お祭りの時期は夜のライトアップも大変美しく、特に夏のお祭りのときは燈花会と同じようにろうそくの灯がたくさん揺れて幻想的。露店や屋台もたくさん出ます。奈良地元のお店も多く出店するので、ご当地グルメが一堂に楽しめますよ。大道芸のパフォーマンスも行われます。

天平祭期間中のみ御朱印がもらえる

https://www.instagram.com/p/BpWrc0SBX8T/

お祭り開催中は、特設コーナーの御朱印授与所が建てられ大極殿の御朱印がもらえます。平城宮跡オリジナル御朱印帳もありますよ。大変人気で混んでいると番号札を渡されて並んで待つこともしばしばありますので、行列覚悟の上でぜひいただきましょう。

世界遺産平城宮跡を走る近鉄電車

近鉄電車は平城宮跡の中を走っています。大和西大寺駅から新大宮駅の間の5分程度の間に通るので、ぜひ電車からも美しい平城宮跡を眺めてみてください。国定公園で世界遺産の敷地内を電車が通る珍しい場所とあって鉄道マニアの間でも人気の一大撮影スポットとなっています。

平城宮跡へのアクセス

バスでの行き方

JR近鉄奈良駅から西大寺駅行きのバスで20分、平城宮跡で下車、徒歩すぐです。土・日・祝日ならJR奈良駅から出ている周遊バスのぐるっとバスを利用すると便利です。

徒歩での行き方

近鉄大和西大寺駅の南口から徒歩でも行くことができます。南口を出て左に進み、高架下に入るトンネルをくぐり直進、線路沿いをまっすぐ進むと左手に踏み切りがあるので渡ってそのまままっすぐ行くと平城宮跡の佐伯門に到着します。

車での行き方

JR奈良駅から国道369号線か奈良バイパス、県道1号線を通っていずれも約10分~15分ほど(渋滞していない場合)で到着します。平城京跡には有料駐車場がありますが、観光シーズンは道路が渋滞し、駐車場はどこも満車のことが多いので交通情報のチェックをお忘れなく。

住所|〒630-8577 奈良市佐紀町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0742-27-8973(平城宮跡事業推進室)
公式サイトはこちら

まとめ

奈良時代の大都会が広がっていた平城京跡、その広大な公園はまだまだ今から数々の発見と施設を増やしていくに違いありません。お天気のいい日の平城京跡内散策は気持ちがいいですよ。レンタサイクルを活用してくまなく楽しんでみてくださいね。