コンドイビーチに現れる幻の島を歩こう。周辺スポットもご紹介

トラベルパートナー: Akko

出身は千葉県で、メインスポットは沖縄県・神奈川県。暖かくて海がきれいな場所が大好きで、旅行では年1回の沖縄が定番です。世界中の海や絶景スポットを見つけるのが趣味で子どもが生まれてからは、公園やレジャー施設などの日帰りスポットもよく行くようになりました。

でーじ綺麗な海だからさ、来てみたらいいさ~

沖縄の竹富島には幻の浜を歩くことができるビーチがあります。エメラルドグリーンの海で、海水浴も楽しめるビーチがコンドイビーチです。この絶好のビーチには魅力がたっぷり詰まっています。

八重山諸島屈指のビーチ コンドイビーチの魅力

八重山諸島にあるコンドイビーチは、砂浜の白とエメラルドグリーンの海とのコントラストが美しい天然のビーチです。石垣島からのアクセスも良いことから、人気のビーチとなっています。

どこまでも続く白い砂浜とエメラルドグリーンの海!

コンドイビーチとは、沖縄の竹富島の西側にある人気の天然ビーチです。さらさらとした白い砂浜とエメラルドグリーンのきれいな海が最大の魅力で、CMやドラマなどでもよく使われています。

コンドイビーチからは遠くに小浜島や西表島を眺めることができ、見晴らしが非常に美しいです。潮の満ち引きによって、海の色や白い砂浜が表情を変わるのも魅力的で、見ているだけで癒やされるでしょう。

遠浅で抜群の透明度

八重山諸島の数あるビーチの中でも、コンドイビーチは有数の透明度を誇ります。海は遠浅で砂地がメインですが、波が穏やかなので海水浴には最適です。

竹富島で唯一泳げるビーチとなっていて、子供連れでも安心して楽しむことができます。ただし沖の方まで砂地になっているので、シュノーケリングには不向きなビーチでしょう。

石垣島から船で10分という手軽さ

石垣島からコンドイビーチのある竹富島まで、フェリーに乗って約10分で行くことができます。竹富島はとても小さい島なのでツアーに参加したり、レンタカーを借りたりすることなく、自転車や徒歩で気軽に移動することができる島です。

コンドイビーチの干満と幻の浜とは

コンドイビーチには幻の浜と呼ばれる場所があります。潮の満ち引きのタイミングによって見ることができるので、ビーチに行く際には満潮と干潮の時間もチェックしておくと良いでしょう。

楽園のような幻の浜(サンドバンク)

ビーチの潮が引いてくると現れるのが「幻の浜」で、潮が引くことによって砂の島が作られます。沖縄には数多くの幻の浜を見ることができますが、コンドイビーチでは潮が引いたタイミングなら膝下くらいの深さなので、幻の浜まで歩いていくことができるのが特徴です。また、潮の満ち引きで海の色や砂の島の大きさ、形が変わるので幻の浜の違いを楽しむことができます。

潮の満ち始めがおすすめ

潮が引いたときが一番浜を歩きやすいですが、潮が満ちてくるときも見逃せません。真っ白な砂浜が少しずつ青々とした海に隠れていく瞬間を見ることができ、そのコントラストは見応えがあります。

満潮でも深さは腰の高さくらいまでなので沖まで渡ることもできますが、波や風が強かったり少しでも危ないと感じた時は、ビーチから眺めるだけにしておきましょう。

コンドイビーチは猫の楽園でもあった

竹富島は猫がたくさんいることから猫の島としても有名な島で、中でもコンドイビーチにはたくさんの猫がいます。人馴れしている猫が多く、観光客に近付いてくることもあるほどです。竹富島にいる猫は写真集や雑誌の特集にされることも多く、コンドイビーチのもう一つの見どころになっています。

コンドイビーチの設備は

コンドイビーチにはどういった施設があるのでしょうか。トイレやシャワーなどの設備もあるので、コンドイビーチを思う存分楽しめるようになっています。

トイレとシャワー完備!

コンドイビーチはカイジ浜、西桟橋といった竹富島にあるビーチの中で唯一海水浴ができるビーチなので、トイレやシャワー、更衣室などの設備も充実しています。ただし、コインロッカーはないのでホテルや宿の金庫に入れたりフロントに預けたりなど貴重品の管理はしっかり行いましょう。

パラソルのレンタルや売店も

パラソルの他に、チェア、浮き輪などを無料でレンタルすることができます。また5月~10月のシーズン中は、移動パーラーで飲み物や軽食が販売されているので、長時間ビーチで過ごせるでしょう。夏場のビーチは日差しが強く日陰がないので、パラソルを必ずレンタルするようにしましょう。

コンドイビーチのおすすめシーズン

沖縄では3月下旬頃から海開きが行われ、10月くらいまで楽しむことができるでしょう。コンドイビーチの海開きは日本一早く、3月中旬頃には海開きされています。沖縄の海は入れる期間がとても長く、6月〜9月頃が海水浴にはおすすめの時期です。

沖縄は台風が多かったり天候が変わったりしやすいですが、晴れた日のコンドイビーチのエメラルドグリーンの海は光り輝いていて、まさに楽園に居る気分になれるでしょう。

オフシーズンも楽しい

 

海に入ることができないオフシーズンのビーチの砂浜には、たくさんのヤドカリがいます。ゆっくり散歩をしながらヤドカリに触れたり、一緒に写真を撮ったりなども沖縄の自然豊かなビーチならではの楽しみ方です。

オフシーズンは幻の浜を眺めよう

コンドイビーチの幻の浜は1年を通して見ることができるので、オフシーズンでもタイミングが良ければ砂の島が浮かび上がります。夏頃は人も多く訪れますが、オフシーズンになると訪れる人は減り、静かなビーチで幻の浜を独り占めできる可能性もあるでしょう。

ビーチで遊んだあとは竹富島のランチを食べよう!

海で楽しんだあとに訪れたいのが、竹富島です。ここでは沖縄料理はもちろん、美味しいランチを食べることができますよ。

かにふ

かにふは竹富島にある一番大きな定食屋さんで、解放感のあるおしゃれな店内で美味しい料理を食べながら、ゆっくりとした時間を過ごせると人気のお店です。

ボリュームたっぷり!

メニューは沖縄の食材である石垣牛や島豆腐、八重山そばなどの定番メニューはもちろん、島野菜カレーやてびちそばなどのオリジナルメニューがあり、その時の気分で選べるようバラエティー豊かなメニューが揃っています。定食はセットメニューから選べるようになっていて、椀そばや小鉢を付けることもできます。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町竹富494
営業時間|ランチ 11:00~L.O.15:30 ディナー 18:00~L.O.20:00
定休日|不定休
電話|0980-85-2311
公式サイトはこちら

カフェテードゥン しだめー館

竹富港から徒歩15分のところにあるしだめー館は、こじんまりとした雰囲気の落ち着きのある定食屋さんです。昼間は定食やデザートメニュー、夜は居酒屋メニューなど、昼と夜でメニューが違い種類も豊富です。場所も集落の中心部にあるので比較的立ち寄りやすく、人が集まりやすい人気のお店になっています。

看板メニューのもずくそば

しだめ一館で看板メニューとなっているのがもずくそばで、八重山そば選手権のオリジナル汁そば部門でグランプリを受賞しました。しだめ一館に来たら必ず食べておきたい一品です。

他にもしだめ一館が発祥の竹富そばが人気メニューで、竹富島長命草と半熟卵、特製三枚肉といった豪華なトッピングが食べ応えのある一品となっています。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町字竹富361
営業時間|ランチ 10:00~17:00 ディナー 18:00~21:00(L.O.20:00)
定休日|不定休
電話|0980-85-2239
公式サイトはこちら

そば処 竹の子

そば処 竹の子は創業40年以上の老舗のおそば屋さんで、ガイドブックなどに必ずと言っていいほど載っている人気店です。八重山そばが人気メニューで、ランチの時間帯になると必ず行列を作ります。

基本は昼間のランチのみ営業しているお店ですが、夜も不定期で営業していることがあるので、夜行きたいという人は電話で問い合わせてみるといいでしょう。

人気のソーキそば

そば処 竹の子のソーキそばには、ジューシーで迫力のある大きい三枚肉が乗っていて、食べ応え十分です。老舗らしい素朴な味わいが人気メニューとなっていて、美味しさと一緒に懐かしさを感じられる一品でしょう。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町字竹富101-1
営業時間|ランチ 10:30~16:00 ディナー 19:00~21:00(不定期)
定休日|不定休
電話|0980-85-2251
公式サイトはこちら

竹富島の原風景もおすすめ

ランチのあとは竹富島を散策してみましょう。徒歩や自転車で十分回ることができる竹富島では、沖縄らしい風景を満喫できます。赤瓦屋根やシーサーなど、見慣れていない町並みを見ながら歩くだけでも楽しい時間になるでしょう。

竹富島といえば水牛車!

水牛車に乗って竹富島の集落を巡るツアーが定番となっていて、ガイドさんが三味線で沖縄民謡を歌ってくれることもあります。お願いすれば記念に水牛と写真を撮ってもらうこともでき、沖縄でしか体験することのできないツアーです。竹富港から水牛乗り場までは送迎バスが出ているので、迷うことなく乗り場まで行けます。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町竹富97
営業時間|始発 9:00 最終便 16:00
定休日|種取祭の2日間と悪天候時
電話|0980-85-2103
公式サイトはこちら

コンドイビーチへのアクセス

石垣島まで


石垣空港まで成田空港からは直行便で約3時間40分、羽田空港からは直行便で約2時間50分で行くことができます。成田や羽田のほかにも、名古屋、関西、福岡からそれぞれ直行便が出ています。

竹富東港へ

石垣港離島ターミナルから高速船またはフェリーで約10分です。竹富島へは安栄観光と八重山観光フェリーの2社が、1日にそれぞれ1時間に2~3本就航しています。本数も少なくないですが、ピークを迎えると希望の便に乗れないこともあるので、予約しておくと安心して行くことができるでしょう。

コンドイビーチへはレンタサイクルが便利!

竹富東港からコンドイビーチまでは自転車で約15分、集落からは約10分で到着します。レンタサイクルできる会社が竹富島には4社あり、価格もお手頃で気軽に利用できるでしょう。コンドイビーチの入り口には駐輪場もあるので、レンタサイクルを考えている人も安心して自転車を利用できます。また、竹富東港から送迎バスも出ているので、荷物が多い人などはバスを利用するのも便利です。

住所| 沖縄県八重山郡竹富町竹富
営業時間|なし
定休日|なし
電話|【竹富町観光協会】 0980-82-5445
公式サイトはこちら