公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?

戦国大名でも妙に公家っぽい人物、いますよね。まず思い浮かぶのは、お歯黒をして輿に乗って戦に臨んだという今川義元でしょうか。しかし、西にも義元以上のお公家大名がいたんですよ。平安時代から続くとも言われる名門・大内家の事実上の最後の当主・大内義隆(おおうちよしたか)がその人です。大内家の全盛期に当主の座にありながら、あっという間に転落と衰退を遂げた元凶。そして、彼の死に関わったのは、かつての愛人でもあった人物でした。さて、なんとも奇妙な始まりですが、大内義隆の生涯について見ていきたいと思います。

名門・大内家の嫡男として誕生

名門・大内家の嫡男として誕生

image by PIXTA / 9010354

永正4(1507)年、義隆は周防(山口県)の戦国大名・大内義興(おおうちよしおき)の嫡男として誕生しました。
幼名は、歴代当主が受け継いできた「亀童丸(かめどうまる)」を与えられます。
これはつまり、義隆が正当な跡取りであることの証明でもありました。

大内家は義隆の代で31代目を迎える歴史ある名家なんですが、どうも代替わりの時に争いをしてしまうお家だったんですね。
本当に、しょっちゅう内紛してます。
学習能力に疑問符が付きそうですが、こういう家は割と多かったんですよ。

そのため、室町幕府将軍の後見人にまでなった「デキる」男でもある父・義興が先手を打って「こいつが跡取りだから、争ってはならん!」という姿勢を見せつけたわけなんです。

息子のためを思う父の親心だったんですが、亀童丸こと義隆は、乳母や女房たちに囲まれて大事に大事に育てられ、箱入り娘ならぬ箱入り息子として成長していきました。
おそらくこれが、義隆をいまいち覇気に欠けた戦国大名にしてしまったのかもしれません。
幕府との関係が近かったために、公家文化が身近だったことも影響しているんですが。

また、大内家当主が受け継ぐ官位が「周防介(すおうのすけ)」だったため、後に「介殿(すけとの)」と呼ばれるようになるんですが、人生の最後にはもはやバカ殿と呼びたくなってしまうほどの体たらくなのが皮肉と言うか何と言うか…いやはや。

大内家全盛の理由は…応仁の乱にあり?

大内家全盛の理由は…応仁の乱にあり?

image by PIXTA / 9164586

それでも名門大内家の跡取りですから、義隆は元服後、父と共に当時中国地方を大内家と二分していた尼子(あまご)家との戦に身を投じていくこととなります。
家督相続後は九州にも進出し、北九州を制して大陸(中国・明)との貿易も盛んに行いました。

このことによって、大内家はますます栄え、義隆の時代には全盛期を迎えます。
キリスト教宣教師も来訪し、その中にはフランシスコ・ザビエルもいたんですよ。

また、当時、応仁の乱によって荒れ果てた京からは多くの公家が逃げ出し、大内家に身を寄せていたんです。
このことが、周防を西の京都と呼ばれるほどに雅な国にしたんですね。
ですから、義隆が公家文化に傾倒したのも、まあ、うなずけることはうなずけるんですけれど…。
正室も公家の娘ですしね。
仲は悪かったですが。

意外と(?)有能な一面もあったようです

意外と(?)有能な一面もあったようです

image by PIXTA / 9010346

しかし、こうして見てくると、義隆の前半生は割と順風満帆ですし、彼自身もけっこうな外交手腕を発揮しているんですよ。

まだ当時は尼子家の傘下にいた毛利元就(もうりもとなり)を寝返らせたのは、他ならぬ義隆なんです。
これが功を奏し、天文9(1540)年からの吉田郡山城(よしだこおりやまじょう)の戦いでは尼子方に大勝利を収めました。

有能な家臣たちに恵まれたことも大きかったんですが、こうして全盛を迎えた大内家は、中国地方を制覇できるかも…という勢いにまで達していたんですよ。

世が世なら、中国地方の雄と言えば大内家になるはずでしたが、その鼻っ柱に強烈な一撃を食らうことになります。
その相手はやはり、尼子家でした。

月山富田城の戦いでの大敗と挫折

月山富田城の戦いでの大敗と挫折

image by PIXTA / 9177390

中国地方の覇者たらんと目論んだ義隆は、武断派と呼ばれる武将たちの強い要望を受け入れ、天文11(1542)年に出雲(島根県)遠征を決行し、月山富田城(がっさんとだじょう)の戦いに挑みました。

しかし、内政を任されていた文治派(ぶんちは)の家臣たちは反対していたんですよ。

武断派と文治派の争いは、関ヶ原の戦いの直前にもありました。
石田三成ら文治派と、加藤清正などの武断派の対立ですね。

その半世紀前から、文と武の対立の構図が大内家にはあったわけです。
裏を返せば、それだけ大内家が進歩的であったということでもあるんですけれどね。

文治派の反対を押し切って臨んだ月山富田城の戦いですが、ここで義隆は尼子方のゲリラ作戦にしてやられてしまいます。
加えて、この地方の豪族たちが尼子方へ寝返ったこともあり、大敗を喫してしまいました。

しかも、この退却劇のさなかに、可愛がっていた養子の晴持(はるもち)を失ってしまったんです。
しかしその死は戦死ではなく、溺死。
船で退却していたところ、そこに乗り込もうとする兵を供が蹴落とそうとしたため、船のバランスが崩れて転覆してしまったんです…。
こんな終わり方、嫌ですよね。
義隆の失意にも、さすがに同情します…。

しかし、これが大内家と義隆の転落のきっかけとなったのでした。

戦に背を向けた義隆…大内家に影が差す

戦に背を向けた義隆…大内家に影が差す

image by PIXTA / 9177389

月山富田城での敗北後、国に戻った義隆は、めっきりやる気を失ってしまいます。
失った領地を取り戻すための戦に出ようともせず、ただひたすら公家文化へ没頭していきました。
大内家に身を寄せている公家たちを集め、歌会や能楽、茶会に興じるばかりで、まったくの暗君化してしまったんです。
きわめつけには、馬ではなくて牛車に乗ってしまったりして…。
それではもう「殿」とは呼べませんよね。

元々そんな雰囲気はあったんですが、ここに至って、義隆は完全にダメ殿になってしまいました。

もちろん、文化面には良かったんですよ。
明との貿易で大陸の品々が大内家にもたらされましたし、ザビエルからは南蛮渡来の珍しいお宝をたくさん献上されています。

しかし、この状況に対して、武断派の家臣たちは危機感を抱き始めていました。
義隆が趣味のために湯水のように金を使い、増税を行って領民を苦しめている実状があったんですよ。
そして、義隆が文治派を重用することに対しても反発し、同時に文治派への敵対心も燃やすようになったんです。

そんな武断派の筆頭が、陶晴賢(すえはるかた)でした。

義隆の「愛人」・陶晴賢

陶晴賢は、大内家重臣・陶家出身。
父の興房(おきふさ)は戦上手な上に人望もあるという素晴らしい人物でした。

実は、「晴賢」を名乗ったのは最後のほんの数年間だけで、「隆房(たかふさ)」という名前の時期の方が長いんですが、「陶晴賢」という名の方が有名なので、ここでは「晴賢」で統一しますね。

戦国時代に男性同士の関係、いわゆる「衆道」が公然と存在していたのは事実で、特に主従関係の証として、元服前の小姓と主君が関係を結ぶというのは少なからずあったんですね。

義隆と晴賢も同様でした。
晴賢は、少年時代はとにかく美少年だということで有名で、義隆の寵愛を一身に集めていたんです。
義隆は5時間もかけて会いに行き、晴賢がぐっすり寝ていたので和歌を残して帰って行ったという逸話もあるくらいなんですよ。
だからこそ、元服の際には義隆の字をもらって「隆房」と名乗ったわけなんです。

こんな風に、義隆があまりに衆道に入れ込んでいるので、ザビエルはそれを非難し、逆に義隆の怒りを買ったりもしています。
こればかりは文化の違いなのでどうしようもないんですけどね。

晴賢なりの主への思いと危機感

成長し、やがて義隆との衆道関係も解消してからは、晴賢は大内家の重臣として数々の戦に参戦し、功績を挙げました。
武断派の筆頭格としての存在感も抜群だったんですよ。

しかし、主の義隆は月山富田城の戦い以降、まったくやる気を失い、文治派の相良武任(さがらたけとう)を重んじたばかりか、武断派の晴賢を煙たがるようになったんです。

かつては契りを結んだ主が、どんどんダメになっていく…しかも軟弱な(晴賢からすれば)文治派ばかりを重用するとは、これでは大内家までダメになってしまうと、晴賢は考え、危機感を抱いたに違いありません。

それが、晴賢をある行動へ移させたのでした。

重臣・陶晴賢の謀反:大寧寺の変

重臣・陶晴賢の謀反:大寧寺の変

image by PIXTA / 9177393

武断派家臣と義隆の間の溝は決定的なものとなっていました。
陶晴賢などは領地に引きこもり、義隆の元に顔を出すことさえなくなっていたんですよ。
そのため、彼らに謀反の噂も流れ、一時は義隆も武装して館に立て籠もるなど緊張が高まっていました。
そして、晴賢からの暗殺を恐れた相良武任などは、出奔してしまっているんです。

その際、側近らは陶ら武断派の討伐を義隆に進言したんですが、なぜか義隆はそれを受け入れることはありませんでした。
対立しているとはいっても、主従の契りを結んだ仲…裏切るはずがない、とでも思っていたんでしょうか。

こういうところに、義隆の主としての決断力の低さが見えてしまいますよね。
早くから家督を約束され、平和というぬるま湯に浸かって育ってしまったことが、多少なりとも影響があるとは言えないでしょうか。

そして、天文20(1551)年、陶晴賢は義隆に対して反旗を翻し、挙兵しました。

これが、後に本能寺の変と並び称される下剋上のモデルケース・大寧寺(たいねいじ)の変です。

全盛から一気に滅亡へ

全盛から一気に滅亡へ

image by PIXTA / 9010350

晴賢率いる軍勢は義隆の領地へと侵攻し、義隆が「彼らは敵にはなるまい」とタカをくくっていた他の武断派たちをも味方につけ、5千~1万という大軍勢となり、あっという間に迫って来ました。
そこで、ようやく義隆は事態の深刻さを悟ったのです。

義隆は、最初は津和野(つわの/島根県津和野町)の親族を頼ろうとしましたが、暴風雨のためにそこまでたどり着くことはできませんでした。
そこで、長門(ながと/山口県長門市)の大寧寺にこもりますが、すでにこの時、彼に味方する重臣はほとんどおらず、兵の数も3千に満たないほどだったそうです。

事ここに至り、義隆は腹を決め、大寧寺で切腹して果てました。
享年45。

晴賢の挙兵からたった2日しか経っていませんでした。

そして、義隆の嫡男・義尊(よしたか)も殺され、事実上、大内家は滅亡に追い込まれたのです。

大内家を頼って来ていた公家たちも、巻き添えとなってほとんどが殺されました。
武断派は、義隆を取り巻く公家たちを快く思ってはいませんでしたから、ひどい殺され方をした者もいたようです。
そして、その中には、武田信玄正室(三条夫人)の父・三条公頼(さんじょうきんより)までもが含まれていたんですよ。

晴賢はこの謀反劇について、こう言及したそうです。

「我が運も義隆の御運も、天道のはからいなり」

自分の運も、主・義隆の運も、すべては天の導き、運命によるものだということを主張したんですね。

あれだけ放蕩を尽くした義隆ですから、そんなことを言われてしまうのも仕方なかったのかもしれません。

その後の大内家

その後の大内家

image by PIXTA / 9164588

義隆を自害に追い込み、その嫡男を殺害した晴賢は、ひそかに近づいていた毛利家の援護を受けて、大友家内での自分への反対勢力を一掃。
そして豊後(ぶんご/大分県)の大友宗麟(おおともそうりん)の弟であり、一度は義隆の猶子となっていた義長を大内家の当主に迎えました。
まあ、事実上の傀儡です。

しかし、晴賢の時代も長くは続かず、厳島の戦いで彼が毛利元就に敗死すると、大内家は空中分解していったのでした。

この時、義長は実兄の大友宗麟に助けを求めましたが、宗麟は応じることもなく、義長もまた毛利勢に攻められて自害するという末路を辿ったんです。
宗麟、ちょっとひどくないですか…?

こうして、義隆の死からわずか4年後、戦国大名としての大内家は滅亡しました。

雅な公家文化がもてはやされ、西国一の大名と呼ばれた全盛期からのあっという間の転落劇。

信じられないほどのスピードで、大内家は地獄へと落ちてしまったのでした。

そのハンドルを握り、アクセルを踏んだのは、紛れもなく大内義隆だったんです。

命を絶つ瞬間に何かを悟った義隆

義隆の辞世の句とされているものがこちら。

「討つ者も 討たるる者も もろともに 如露亦如電(にょろやくにょでん) 応作如是観(おうさにょぜかん)」

「如露亦如電 応作如是観」とは、金剛般若経というお経の一節で、この世のものすべてが露や電光のようにはかなく一瞬のものであるのだから、そのことを頭に入れて物事を見ていきなさいという意味なんだそうです。

つまり、最期を迎えるに当たり、義隆は「討つ者・討たれる者みながはかなく一瞬で散るものだ」という、何だか悟りの境地に達したような句を詠んだんですね。
この心情で大内家を治めていたら、もっと違った未来がひらけていたような気がするのは、私だけでしょうか。

photo by PIXTA