金峯山寺は修験道と桜の聖地。吉野葛をつかった葛餅は絶品

トラベルパートナー: Mina

出身は東京都。幼少からの歴史好きから、歴史スポットやお寺・神社を巡るのが趣味に。関東地方を中心に、主にひとり旅でのんびり回っています。有名無名問わずに、気になった寺社を回っています。風景写真を綺麗に撮れるよう、写真は勉強中。

金峯山寺の帰りには葛きり食べてぇや

伝説の呪術者が創立した修験道の総本山 金峯山寺には貴重な国宝や文化財がズラリ。桜の聖地とも呼ばれるパワースポットで歴史のロマンに触れたあとは、ここでしか味わえない極上の和スイーツを楽しんで心と身体をリフレッシュしませんか。

金峯山寺ってどんなお寺

奈良県の吉野山にある金峯山寺(きんぷせんじ)は、7世紀の伝説の呪術者 役小角(えんのおづの)が創立したとされる修験道の総本山。本尊は吉野山のシンボルでもある蔵王権現であり、古来聖地とされてきた吉野は日本有数の霊場でもあります。役小角は修験道の開祖とされている人物で、役行者(えんのぎょうじゃ)とも呼ばれ、これまで文芸作品などでも度々取り上げられてきました。

修験道とは、日本古来の山岳宗教に神道、道教、仏教が混合して成立した神仏習合の宗教であり、現在でも多くの僧侶や山伏と呼ばれる修験者が回峰行(かいほうぎょう=一日、山中を歩き巡る行)と呼ばれる厳しい修行を行なっています。金峯山寺蔵王堂は2004年、紀伊山地の霊場と参詣道の一つとしてユネスコの世界文化遺産に登録されました。現在、道は整備されているものの山中にあり、道中は坂や階段も多いため、歩きやすい服装で行くことをおすすめします。

役小角とは

役小角は7世紀に活躍した人物とされ、奈良県の葛木山・金剛山などで修行し、様々な法力を持っていたと言われているのです。続日本記にも登場する実在の人物ではありますが、鬼神を使役したり、空を飛ぶこともできる神通力を持っていたなどの逸話によって後世の伝説がより有名となっています。上記画像は金峯山寺蔵王堂近くにある役小角像で、左右にお供として鬼の前鬼(ぜんき)・後鬼(ごき)を従えています。

黒門

ケーブル吉野山駅から徒歩数分のところに建つのが黒塗りの高麗門です。吉野山の入り口であり、金峯山寺の総門でもある黒門は1985年に再建されました。かつては公家大名でも馬を下り、槍を伏せて通ったと言われる格式高い門として伝わっています。

銅鳥居

銅鳥居(かねのとりい)は全国でも珍しい青銅製の鳥居です。黒門と金峯山寺の間に建つ聖地への入口は、俗界と聖地の境界であり、ここで修行に入る決意を高める場所とされていました。安芸宮島の朱塗りの鳥居、大阪四天王寺の石の鳥居と並ぶ日本三鳥居の一つでもあります。

山の中を歩いていると現れる大きな鳥居はなかなかのインパクト。創立年代は不明ですが、東大寺盧舎那仏像(奈良の大仏)に残った銅で建立したとの言い伝えも残されています。

仁王門

本堂(蔵王堂)の北側に位置するのが仁王門です。現存する門は室町時代・康正2年(1456年)に再興されたもので、国宝に指定されています。蔵王堂が南を正面とするのに対し、仁王門は北を正面とし、互いに背を向けるように建っているのが特徴です。これは熊野から吉野へ(南から北へ)向かう巡礼者と、吉野から熊野へ(北から南へ)向かう巡礼者の双方に配慮したためと言われています。

門の左右に安置された仁王像は重要文化財に指定されており、東大寺南大門の仁王像に次ぐ日本で二番目の大きさを誇ります。実際に目にするとかなりの迫力です。

蔵王堂

その大きさと造りに圧倒される蔵王堂。建築物としても十分な見ごたえがありますが、建物以外の見どころポイントについても併せてご紹介します。

木造の古建築である蔵王堂

金峯山寺の本堂である蔵王堂。現存する建物は仁王門と同じく康正2年(1456年)に再興されたもので、こちらも国宝に指定されています。木造の古建築としては東大寺大仏殿に次ぐ規模を誇り、木を自然のままに利用して作られた柱は重厚そのもの。特に下から見上げると圧倒されるほどの迫力が感じられます。

青い秘仏は大迫力

本尊は三体の蔵王権現で、青い姿に赤い髪を逆立てた怒りの形相が印象的な仏像(秘仏)です。今にも飛び出してきそうな迫力、圧倒的なパワーが感じられる仏像は普段は閉扉されているため、鮮やかな色彩がしっかりと残されています。一般公開(御開帳)はされるものの、不定期のため拝観できる機会は限られており、当然ながら撮影は禁止です。

大塔宮御陣地

蔵王堂の正面、石柵で囲まれた中に4本の桜の木が植えられている地が大塔宮御陣地です。南北朝時代の元弘3年(1333年)、後醍醐天皇第二皇子 大塔宮護良(もりよし、もりなが)親王が北条幕府の大軍に攻められ、吉野に立て籠った際、落城を覚悟して、桜のある前庭で最期の酒宴を開いたとされる場所と伝えられています。

銅灯籠

大塔宮御陣地の石柵の中に置かれた立派な石灯籠。文明3年(11471年)、妙久禅尼という尼から寄進されたもので、室町時代の秀作灯籠として重要文化財に指定されています。

御朱印

View this post on Instagram

吉野シリーズ③ 世界遺産 金峯山寺(きんぷせんじ)と これも世界遺産の吉水神社へ⛩ まずは吉水神社へ。一目千本で有名な所で、テレビにも出ている宮司さんがいらっしゃるのを横目に見つつパシャ📷✨ 確かに綺麗なんだけど、すごい人でいっぱいで看板を撮るのがやっと😅ステキな衣装の女性の方に御朱印を書いて頂きました。 次は金峯山寺へ。5/6までの期間限定で青黒の金剛蔵王大権現の特別拝観ができます。せっかくなので子供らと一緒に拝観しました。大きくてすごい迫力😳 青い神様は珍しいんじゃないでしょうか。期間限定の御朱印もキレイな青色😆金色の文字もキレイ✨ 初めての吉野山は、中千本から上千本の坂のキツさに驚愕😅 でも天気も良く、花も見頃でいい思い出になりました。次はもう少し鍛えて奥千本まで行きたいです😄 #吉野#吉野山#金峯山寺#期間限定御朱印 #吉水神社#御朱印#御朱印巡り#世界遺産#奈良 #yoshino#yoshinoyama#kimpusenji #yoshimizushrine #gosyuin #worldheritage #nara

A post shared by 岩川 ようこ (@yokoiwakawa) on

金峯山寺の御朱印は、蔵王堂から向かって右手の授与所で受け付けており、オリジナルの御朱印帳の販売も。御朱印の種類は6種類と豊富で、本尊の御開帳の時期などは期間限定の御朱印が登場します。上記画像がまさに本尊御開帳時の期間限定の御朱印で、本尊に合わせた青地に金色の文字が美しく輝いています。

吉野山は日本有数の桜の名所

古くは古今和歌集にも出てくる吉野山の桜。その美しさは今も昔も多くの人々から愛されてきました。山々を圧倒するほどの桜の数ですが、実は、お花見用として植え続けられたものではありませんでした。

優美な桜の吉野山

金峯山寺が建つ吉野山は、平安時代から桜の名所としても有名です。毎年、3月末から5月初めにかけての桜の開花時期には、多くの観光客が訪れにぎわいます。役行者が桜の木に蔵王権現の姿を彫ったと伝えられることから、桜が御神木として手厚く守られるようになったと言われています。修験道の信者や行者が、花見のためではなく蔵王権現や役行者に対する信仰の証として献木し、植え続けられたそうです。

一目千本

吉野山には山桜を中心に約200種、3万本の桜が密集しており、特に遠景が素晴らしいと言われています。千本桜、一目千本(一目に千本見える豪華さ)など、古くからその美しさは称えられてきました。1594年には時の天下人である太閤 豊臣秀吉が大々的に花見の宴を行ったことでも有名です。また、平安~鎌倉時代に活躍した歌人 西行法師も吉野山の桜を愛し、三年間庵を結んでいました。

吉野といえば吉野葛

吉野には、桜以外にも代表的なものがあります。吉野でとれる吉野葛も古くから多くの歌人たちから愛されています。この葛を使った和スイーツは、吉野に来たらぜひ食べてほしい一品です。

吉野葛とは

マメ科のツル性植物である葛はその花の美しさから古来より人々に愛され、紀貫之など多くの文人・俳歌人に歌われてきました。花・茎・根と全ての部位が利用でき、中でも有名なものが葛の根から採取したでんぷんである本葛粉です。

葛100%の本葛粉に対し、葛+さつま芋でんぷんの混合である葛粉など種類も様々。吉野は古来から葛の名産地であり、現在では希少な国産本葛粉の葛きりや葛餅などのスイーツが作られています。そして、吉野葛を名乗ることが許されるのは吉野周辺で作られた上質の葛粉のみなのです。

中井春風堂

金峯山寺蔵王堂前にある、吉野本葛にこだわった葛菓子専門店 中井春風堂。おすすめは何と言っても名産地ならではの葛きりや葛餅です。店主が目の前で用意してくれる出来たての葛餅は、喫茶スペースで味わえます。時間が過ぎると急速に劣化してしまうため賞味期限は10分。文字通り、ここでしか味わえない逸品です。

観光シーズンは混雑することが多いものの、店頭でのみ予約を受け付けています。現地に着いたらまず予約を申し込み、待ち時間の間に金峯山寺の参拝などを行うのが良いでしょう。

住所|〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山545
営業時間|10:00~17:00(オーダーストップ16:30)
定休日|水曜日(冬季は土日のみ営業)
電話|0746-32-3043
公式サイトはこちら

金峯山寺へのアクセス

電車でのアクセス

近鉄吉野線吉野駅よりロープウェイを利用すると5分で到着可能です。または、吉野山駅より徒歩で行くと10分ほど。ただ、ロープウェイは事故による復旧工事中のため運行を休止しており、2018年末時点での復旧時期は未定のため、現在は代行バスが運行中となっています。

住所|〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
営業時間|8:30〜16:30
定休日|無休
電話|0746-32-8371
公式サイトはこちら

まとめ

修験道の総本山であり、国宝や文化財が豊富にあるパワースポットの金峯山寺。歴史や見どころに触れながら参拝すればより一層パワーを得ることができるでしょう。また、春は桜の名所として美しい桜を愛でてみてはいかがでしょうか。