むらかみ牧場で北海道ならではの酪農体験。動物たちと思いっきり触れ合おう

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

むらかみ牧場で酪農体験もいいんでないかい~

北海道元気応援バラエティ番組「タカトシ牧場」の撮影現場にもなっていた話題のむらかみ牧場を紹介します。動物との触れ合いや乳搾り、子牛のエサやり、バターづくり、アイスクリームづくりなど北海道の酪農が満喫できるスポットです。

動物と触れ合えるむらかみ牧場

様々な体験を通し動物と触れ合えるむらかみ牧場の魅力ををご紹介します。

観光客に人気のむらかみ牧場

むらかみ牧場は北海道恵庭市にある体験型牧場です。酪農を営みながら観光型の牧場として乳搾り、子牛のエサやり、バターづくりといった酪農体験や牛乳、乳製品の販売を行っています。また、札幌や千歳などの大都市から近いこともあり、多くの観光客が訪れる人気スポットとしても知られています。

北海道の人気芸人タカトシとコラボ

むらかみ牧場は、北海道文化放送の北海道元気応援バラエティ番組「タカトシ牧場」の撮影現場にもなっていたスポットで、北海道出身の人気お笑いコンビのタカトシにちなんだ神社や顔出しパネルなどが牧場内の至る所に設置されています。

中でも牧場のシンボルである赤いサイロ(飼料を蔵置・収蔵する倉庫)には、牛が赤い旗の入った瓶を支えるユニークなタカトシ牧場のレリーフが描かれていて、撮影スポットとして人気です。タカトシ牧場はどこですか?と訪れる観光客も多いといいます。

むらかみ牧場で乳搾り体験

むらかみ牧場では、乳搾りや子牛のエサやり、バター作りなど酪農体験をすることができるのも魅力です。酪農体験は、3月末頃から11月末頃までの冬季休業期間を除いた営業日の10時30分と13時の1日2回開催しており、体験を希望する方は前日までの予約が必要になります。

乳搾りでは、大人の牛は近くで見ると大きくて迫力があるため最初はびっくりする方もいるかもしれませんが、穏やかな牛ですので安心です。また、牛の乳搾りはスタッフが行うと一見簡単そうに見えますが、実際に体験してみると上手にミルクが出なかったりと難しい一面もあり、生物相手の難しさや逆にミルクが出た時の感動など、貴重な経験をすることができます。

子牛のエサやり体験では、その年に生まれたばかりの子牛に餌をあげることができます。子牛はとても可愛いので、小さな子供でも安心してエサやり体験が可能です。ぜひ子牛が美味しそうにエサを食べる姿を観察してください。

また、フレッシュな牛乳を使ったバターづくりも評判で、生クリームと牛乳を入れたペットボトルを思いっきりシェイクするという簡単な作業で手づくりバターがつくれます。作業はなかなかハードですが、出来立てのバターの味は格別です。

むらかみ牧場では子牛にミルクをあげることもできます。育ち盛りの子牛は一日に4リットルものミルクを飲み干してしまうということで、その豪快な飲みっぷりに思わず笑顔がこぼれます。ごくごくと一生懸命ミルクを飲む子牛の姿はとても愛おしく、時間を忘れて楽しめます。

ふれあい動物広場で動物と触れ合う

むらかみ牧場では牛だけではなく、様々な動物と触れ合うことができます。牧場内にあるふれあい動物広場では、ミニブタやダチョウ、ヤギなどの動物が飼育されていて、餌をあげたりして動物たちと触れ合うことが可能です。運が良ければ春に生まれた子ヤギと触れ合うこともできるといいます。

自家製ソフトクリームで一休み

牧場と言えば美味しいソフトクリームや牛乳製品にも期待したいところです。むらかみ牧場では牧場内にある緑色のショップFarmShopグレースコートで、搾りたての牛乳からつくられたこだわりの自家製のソフトクリームが味わえます。

その日の朝搾った新鮮な牛乳で作られたソフトクリームはミルクの味が濃厚でとっても人気があります。通常の牛乳ソフトのほかにマスカルポーネやミルクコーヒーのソフトクリームもあり、友人や家族とシェアして味わうこともできます。ソフトクリーム以外にもタカトシ牧場特製のメイプルソフトや牧場パフェ、限定手作りプリンも人気です。

牧場体験の後は恵庭のグルメを食べつくそう!

むらかみ牧場で牧場体験を終えたら恵庭市のグルメを堪能しましょう。牧場の周辺には魅力的な恵庭のグルメが充実しています。

釜めし いちえ

まず紹介するのが釜めし いちえです。恵庭市で人気の釜めし屋さんで、イクラやサケ、ウニなど北海道の食材がふんだんに使われた釜めしは恵庭に来たら是非食べてみてほしい一品です。昆布や鮭節を使った出汁がご飯にしみわたって、噛めば噛むほどうまみがあふれます。

また同店では、人気の釜めしをギフトセットとして販売。美味しい釜飯を店内だけではなく、インターネットでも購入することができます。ずわい蟹やホタテ、知床どりなど北海道の食材を使用した釜めしは北海道のお土産やギフトにぴったり。父の日や誕生日などの記念日に大切な人に贈るという人も多いといいます。

住所|〒061-1423 北海道恵庭市柏木町3丁目3-2
営業時間|11:00-15:00、17:00-22:00
定休日|火曜日
電話|0120-036-151
公式サイトはこちら

チョコラチョコラ

続いて紹介するのがチョコラチョコラです。恵庭市でパンケーキといえばチョコラチョコラと言われるほどパンケーキの有名店です。王道のふんわりしっとりとしたパンケーキに甘いクリームがベストマッチで、シンプルなものからフルーツやクリームがたっぷり乗ったものまで種類が豊富でどれを食べようか迷ってしまうほどです。

パンケーキはデザート系だけでなくチリビーンズやエビとアボガド、ベーコンとソーセージなどミール系のものまで豊富に揃っているため、ランチにもおすすめ。ボリューム満点でおなか一杯になってしまいます。家族や友人と一緒であれば、デザート系とミール系両方頼んでシェアするのもおすすめです。

住所|〒061-1449 北海道恵庭市黄金中央3-11-4
営業時間|11:00-21:00
定休日|月曜日、第二火曜日
電話|0123-29-3790
公式サイト|なし

道の駅花ロードえにわでショッピング

お腹を満たした後はショッピングはいかがでしょうか。恵庭市にある道と川の駅花ロードえにわでは恵庭市の名産品を購入することができます。中でも道の駅内にあるショップ8760のえにどらはおすすめで、えびすかぼちゃのフレークが生地とクリーム両方に練り込まれていて、お土産として人気の商品です。また、直売所では取れたての地場野菜などを購入できます。

他にも、ベーカリー工房カリンバのパンも評判で、名物のえびすかぼちゃを使用したかぼちゃプリンパンやかぼちゃメロンパンがおすすめです。ほんのり甘いかぼちゃの風味が口いっぱいに広がるとテレビや雑誌などでも紹介されるほど人気の商品となっています。

住所|〒061-1375 北海道恵庭市南島松817-18
営業時間|9:00-19:00(11月から3月は17:30まで)
定休日|年末年始
電話|0123-37-8787
公式サイトはこちら

むらかみ牧場へのアクセス

車での行き方

札幌市内から車でアクセスする場合、国道36号線を千歳方面へ走り、えにわの湯手前の交差点を左折するとむらかみ牧場の看板が見えてきます。札幌市内から約60分で到着します。

新千歳空港からアクセスする場合は、国道36号線を北広島方面へ走り、えにわの湯が左手にある交差点を右折すると看板が見えてきます。新千歳空港からの場合は車で約30分で到着します。

電車での行き方

JR恵庭駅で下車後、タクシーに乗車しおよそ5分で到着します。なお、札幌駅から恵庭駅までは快速エアポートで約23分、新千歳空港から恵庭駅までは快速エアポートで約12分です。

住所|〒061-1405 北海道恵庭市戸磯156
営業時間|10:00~17:00
定休日|
電話|0123-32-5093
公式サイトはこちら

まとめ

今回はむらかみ牧場を紹介しました。動物との触れ合いや乳搾り、子牛のエサやり、バター作り体験など、北海道の酪農を体験してみたいという人におすすめのスポットです。近くには美味しいグルメが味わえる人気店やお土産スポットもあるので、ぜひ北海道に行った際は足を運んでみてはいかがでしょうか。