七ツ釜は唐津にある神秘の洞窟。自然の作り出した芸術に圧倒される

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

呼子を満喫しんしゃい

佐賀県唐津市にあるとても神秘的な洞窟である七ツ釜は、唐津市の人気観光スポットのひとつ。ここは雄大な自然を堪能できる場所として知られています。また、約3,000年前から海底より隆起してできたということもあり、歴史を感じますし、神秘的な魅力に溢れています。ファミリーでもカップルでも満足できるスポットに出かけてみませんか。

不思議な洞窟、七ツ釜

七ツ釜(ななつがま)とは、佐賀県唐津市の海岸にある海食洞のことです。7つの海食洞があるということから、七ツ釜と名付けられましたが、実際には7つ以上の洞があるとか。屋形石の七ツ釜として、1925年に国の天然記念物に指定されました。

美しい七ツ釜を探索しよう

七ツ釜は海の美しさも相まって、よりミステリアスな印象です。あらゆる場所から眺めることができるので、場所を変えて楽しむのもよさそう。

玄界灘を見渡せる

上の草原からも七ツ釜を観察することができます。高い場所からの眺めということもあり、ここは玄海灘を見渡すことができる絶景スポット。

七ツ釜という名前の由来は、洞がかまどに似ていることに起因しますが、実際に近くで見てみると、水晶が集まったようにも見えます。遠くから見ると雄大なイメージが先行しますが、近くで見ると印象が違うという声が多数あります。

近づくと美しい海が堪能できる

玄海灘の荒波で侵食され自然の力で作られた洞窟ということもあり、洞窟の間口は3メートル、奥行きは110メートルもあります。船に乗って中に入ることもできるほどの大きさ。洞窟の中の水は青く透きとおり、幻想的で神秘的な光景を見ることができます。

無料のキャンプスペース

キャンプを行うことができますが、整備されたものではありません。手ぶらで気軽に参加できるタイプのキャンプ場ではなく、テントなどは自分で準備して出向くキャンプ場。キャンプ慣れしている人向きのイメージを持たれた方が良さそうです。とはいえ、炊事場やかまど、トイレは設置されているので使うことができますし、何よりもここから見える朝日や夕日は美しいです。

呼子港からクルージング

呼子と聞くと、有名なのはやはりイカ。遊覧船そのものもイカやクジラをかたどったものもあり、乗る前からワクワクします。

イカの形が可愛い、イカ丸

呼子名物のイカをモチーフにした七ツ釜遊覧船は、イカ丸です。波が低い日は遊覧船ごと洞窟の中に入ることができるので、天候が気になるところ。自然の雄大さを感じたい人は、船首に乗ることをおすすめします。

お腹の中に入れちゃうジーラ

同じく呼子港から出ている、青とピンクのクジラの形をした半潜水型海中展望船の名前はジーラです。船の中から海面下にいる魚たちを至近距離から観察することができ、魚になったかのような気持ちに。年中無休なのでオールシーズンさまざまな魚を楽しめます。

住所|〒847-0303 佐賀県唐津市呼子町
営業時間|8:00~17:00
定休日|年中無休だが海上不良時は欠航
電話|0955-82-3001
公式サイトはこちら

ここまで来たら立ち寄りたい、周辺オススメスポット

七ツ釜はもちろん素晴らしいのですが、ここまで来たのであれば、ほかの観光スポットも巡ってみたいもの。周辺には素敵な観光スポットやおいしい海の幸が満載です。

珍しい海中展望台

玄海海中展望台は非常に珍しい海中展望台です。海上デッキからは玄海灘の島々を見渡せますし、地下7メートルの海中展望台からは魚や海草・貝類の自然な姿が観察できます。その種類は約30種類。ここは、海流がぶつかる場所なので、ときには美しい熱帯魚まで見ることができます。

住所|〒847-0404 佐賀県唐津市鎮西町波戸1628番地1
営業時間|4月~9月 9:00~18:00 10月~3月 9:00~17:00
定休日|年中無休
電話|0955-82-5907
公式サイトはこちら

恋人の聖地・波戸岬

海中展望台がある玄海国定公園内のインスタ映えスポットがこちら。ハートをモチーフとしており、ハート岬と呼ばれています。恋人たちの聖地にも選ばれていることもあり、カップルには見逃せないスポットのひとつ。特に、夕日の時間帯には絶景が楽しめます。フォトジェニックな写真を狙うなら夕方がおすすめです。

絶品イカの活け作り

呼子と言えばイカの活き作りが有名ですが、お店の数も多数あります。こちらの店は、呼子の海に浮かぶ珍しい海中レストラン。採れたて新鮮なイカの活き作りは絶品でゲソは天ぷらでいただくことができます。イカ以外にも鯛や鰤、さらにヒラメなども。満足できる食事ができること間違いなしです。

住所|〒847-0304 佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦
営業時間|平日11:00~18:00(オーダーストップ17:00、土日祝10:30~20:00(オーダーストップ19:00
定休日|第三木曜日
電話|0955-82-5333
公式サイトはこちら

大迫力の呼子大橋

こちらは、呼子から加部島に通じる全長約728メートルの斜長橋・呼子大橋。イカ丸に乗ったときに近くで見ることもできるので、見逃さないようにしましょう。非常に景色が良いのでドライブにおすすめのスポット。

住所|〒847-0304 佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

呼子の新名所の直売所

呼子台場 大漁鮮華では呼子の新名所です。それは、直売所で購入した新鮮な魚介類をバーベキューで食べることができるから。ブランド牛である佐賀牛の販売や、イカの塩辛などの加工品の販売も行っているとか。購入した魚はさばいて貰うことができますし、有料で刺身にもできます。

住所|〒847-0303 佐賀県唐津市呼子町呼子1740-11
営業時間|9:00~18:00
定休日|第3水曜日
電話|0955-82-3331
公式サイトはこちら

毎日行われる朝市に行こう

呼子は毎日朝市が行われています。新鮮な魚介類や野菜や果物を手にすることができますよ。

極上ウニが食べられる呼子朝市

呼子の名物のひとつは、新鮮な魚介類や野菜や果物が並ぶ朝市です。露店で売られている取れたてのウニをその場で割ってもらい、食べることもできます。同じくその場でアワビをさばいて貰うこともできます。一見すると手軽にウニが食べられることに注目してしまいますが、ウニそのものの味に注目するとビックリ。極上のものが揃っています。

名物イカの一夜干し

呼子名物のイカの一夜干しは持ち帰りやすいのでお土産にも最適。お刺身でも美味しいイカですが、それを干した贅沢な一品はお酒のおつまみにピッタリ。買ったその場で炙ってもらってもいいですね。

お土産にも可愛いイカ煎餅

薄味でパリパリの大きな煎餅は、イカがプレスされてそのまま入っています。メディアでも取り上げられていることから、既に知っている人も多いと思いますが、見た目が面白いのでインスタ映えしますし、食べてみると味にも満足です。

住所|〒847-0303 佐賀県唐津市呼子町呼子
営業時間|7:30~12:00
定休日|元旦のみ
電話|0955-53-7160
公式サイト|なし

七ヶ岳へのアクセス

七ヶ岳へは、車でのアクセスが良さそう。数多くのスポットを訪れることもできますし、海を臨むドライブもできます。

車での行き方

唐津駅から車で40分ほど。無料駐車場が約50台あるので、利用しやすいです。また、公共交通機関は最寄りのバス停が七ツ釜入口ですが、徒歩20分と少し遠いのが難点。荷物が多いときには徒歩20分が負担になるかもしれません。

住所|〒847-0135 佐賀県唐津市屋形石
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0955-72-9127
公式サイトはこちら

まとめ

七ツ釜は国の天然記念物にも指定されているスポット。雄大な自然を堪能できるだけではなく、七ツ釜ができた歴史を踏まえて眺めるとより一層感動します。周辺には、観光スポットはもちろんですが、有名な呼子のイカやそのほかの海産物を堪能できるお店も数多くあり、おなかもしっかり満足できそうです。

お土産を購入したいというときは、呼子の朝市がおすすめ。干物などの持ち帰りやすい海産物もあるので、呼子らしいお土産も選べるでしょう。アクセスは基本的に車を利用する方が良さそうです。