魚沼の里で風味豊かな新潟グルメを堪能しよう。もちろん八海山も味わって飲もう

トラベルパートナー

現地在住のトラベルパートナーが、おすすめスポットについてトコトン掘り下げてご紹介!
スポットを訪れるべきベストシーズンや、地元の人しか知らない穴場情報など、お出かけ前にぜひ参考にしてください。

魚沼の里でうんめもん食べなせ~!

新潟県魚沼市長森、霊峰八海山のふもとにある魚沼の里。雪国ならではの郷愁とやすらぎをテーマにした場所です。遊歩道が整備された散策を楽しみながら、点在するグルメスポットを探訪。もちろん酒処ですから、おいしい日本酒を味わうこともできます。そんな魚沼の里を紹介します。

里山に囲まれた食のテーマパーク

雪国魚沼は、酒、米、そばの名産地。そんな地元素材を活かしたいろいろな食し方を覚えることができるのが、食のテーマパーク 魚沼の里です。

田園風景を眺めながら絶品グルメとお酒を堪能

のどかな田園風景が広がる食のテーマパーク、魚沼の里には様々な施設があります。酒処として外せない日本酒を貯蔵する雪室には、お酒を試飲できるスペースがあり自分好みのブランドを探せます。他にもビール醸造所、スイーツショップに食堂など、様々なグルメスポットが点在。晴れた日には、遊歩道を散歩しながらのんびりとした食べ歩きが可能です。

おしゃれなお店がいっぱい

ただおいしいものを食べられるだけでなく、建物もまるで美術館のようなデザインでセンスの良さが感じられます。もちろん背景となっている自然とうまく融合させたものばかり。食事や試飲を楽しむのと同時に、建物を含めた景観を楽しむこともできるスポットなのです。

雪室で日本酒を楽しもう

八海山雪室は、1000トンの雪を収めた雪中貯蔵庫で、長期間日本酒を熟成させています。館内には焼酎貯蔵庫なども併設され、酒処魚沼の生活や、食文化を知ることもできます。

天然冷蔵庫の八海山雪室

雪を利用した天然の冷蔵庫。日本酒の有名ブランド純米吟醸酒 八海山は、こうした自然を利用した施設で製造されているのです。その八海山雪室の貯蔵庫をスタッフの説明を聞きながら体感することもできます。試飲コーナーもあり、ここでしか飲めない日本酒を味わうことも可能です。

雪室でボトルキープ

日本酒だけでなく、館内には焼酎の貯蔵庫もあります。ここでは自分だけのメモリアル焼酎を作り、ボトルキープをしておくことが可能。他にもカフェやお土産ショップ、キッチン雑貨を集めたセレクトショップなど日本酒にまつわるものを味わい、見て、買うことができる施設です。

地ビールののどごしを感じよう

小高い丘に建つ猿倉山ビール醸造所は、景色も楽しめる施設。魚沼の市街地を一望しながら飲むビールは、一味違いそうです。

猿倉山ビール醸造所

芝の階段を上がるとスタイリッシュな建物。ここはオリジナルの地ビールが作られている猿倉山ビール醸造所です。ビールスタンドやベーカリー、リカーショップが併設。ガラス越しに醸造用のタンクを見ることもできます。

自然を眺めながら地ビールを楽しむ

猿倉山ビール醸造所のビールスタンドでは、できたての地ビールが味わえます。ソーセージ盛りやシイタケのバター焼きなどのおつまみも充実。季節のジェラートの他、ホットドッグなど軽食もあるので、ビールが苦手な人でも大丈夫。魚沼を一望できる景観を楽しみながら、お腹も満たされる施設です。

魅惑のグルメを満喫

酒処、米どころの土地は、おいしい水があってこそです。そんな魚沼には、まだまだ自慢のグルメがあります。

そば屋長森

自然に馴染む、古民家風のたたずまいを見せているお店が、そば屋長森。県外からも食べに来る人がいるほどの人気店です。とくにおすすめなのが、新そばの時期で、香り高いそばを味わうことができます。囲炉裏のある板の間、太い梁のある天井、旧家の一部を移築した店内も見どころのひとつです。

みんなの社員食堂

明るい開放的な魚沼の里で働く人たちの社員食堂は、ランチタイム限定で一般にも開放されています。社員食堂ということで、価格はリーズナブル。地元食材を使った料理は日常的なものですが酒造りに関わる舌の肥えた人たちを満足させているもので、味は保証付き。もちろんお米は、魚沼産こしひかりです。

さとやベーカリー

地元で人気の菓子処さとやがプロデュースするベーカリー。お菓子同様に地元で人気の高い自家製パンが買えるのは、猿倉山ビール醸造所と社員食堂横の農園クラブハウスです。人気が高いのは、酒粕の酵母を使った香りのいいあんパン。焼きたてのパンをテイクアウトして、屋外で食べるのがおすすめです。

魚沼の里で選べるお土産

おいしい食べ物、お酒が盛りだくさんの魚沼の里。お土産として買ってて帰れるものが多いので、食べきれなくても心配ありません。

さとやのバウムクーヘン

地元で大きな支持を受けている菓子処さとや。とくにバウムクーヘンは、バターの香りとしっとりとした味わいを楽しむことができると評判。魚沼のお土産としても定着している人気商品です。他にも和洋のお菓子を買うことができます。

八海山雪室ショップではピクルスが人気

八海山雪室のショップで、評判の高いお土産品はピクルス。見た目もカラフルで、おしゃれな雰囲気なところも人気の理由。おつまみとして合わせやすいので、日本酒だけでなくワインやウイスキーが好きな人への、贈り物におすすめの一品です。

一番人気はやはり日本酒

人気のお土産はいくつもありますが、やはり一番人気は日本酒。とくに評判なのは、純米吟醸 八海山雪室 貯蔵三年。熟成された深い味わいが特徴です。試飲をすることができるので、味を確かめながら選ぶのもいいでしょう。

近隣の観光スポット

雪の多い新潟の中でも、豪雪地帯として有名な魚沼。レジャーとなるとスキーや温泉をイメージしますが、見どころもある街です。

雲洞庵

上杉謙信の跡を継いだ養子の上杉景勝、その家臣で愛の文字を兜に掲げた直江兼続が、幼少期に学んだとされる雲洞庵(うんとうあん)。人気のある武将に縁があることから、県外の観光客も多く訪れます。「雲洞庵の土踏んだか」という言葉は、この寺の参道を歩くだけでご利益があることからきたものです。県の指定文化財に指定されている本堂の他、歴史をもつ建物、観音像など見どころ満載。秋の紅葉はもちろん、雪に包まれた静寂の景観も雪国ならではのうつくしさです。

住所|〒949-6542 新潟県南魚沼市雲洞660
営業時間|AM9:00 – PM5:00(冬季はAM10:00 – PM3:30)
定休日|毎週水曜日
電話|025-782-0520
公式サイトはこちら

三国街道 塩沢宿 牧之通り

中山道の高崎から、北陸街道の寺泊までをつないだ三国街道。その宿場町として栄えた雰囲気を再現した、塩沢地区の牧之通り。ノスタルジックな中に現代風のおしゃれなカフェやお土産屋さんが並び、のんびり散歩を楽しむことができる場所です。

住所|〒949-6696 新潟県南魚沼市六日町180ー1
営業時間|なし
定休日|なし
電話|025-773-6662
公式サイトはこちら

魚沼の里へのアクセス

電車での行き方

JR上越新幹線、浦佐駅からタクシーで約15分。上越線、五日町駅から、タクシーで約10分です。

車での行き方

関越自動車道の六日町ICから車で約20分。駐車場約90台収容。豪雪地帯なので、冬はチェーンなどしっかり準備をしておきましょう。

住所|〒949-7112 新潟県南魚沼市長森343-9
営業時間|施設による
定休日|施設による
電話|025-775-3866
公式サイトはこちら

まとめ

グルメや遊歩道を散策しながら見られる景色はもちろんのこと、魚沼の里のもうひとつの見どころは建築。数々の賞を受賞している八海山雪室をはじめ、古民家が移築されたそば屋長森など、自然の中に馴染みながら個性的なたたずまいを見せる建物があります。そんなデザインにも注目してみてください。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ