恐山温泉は境内の中にある温泉。日本でも珍しい泉質のお湯に浸かろう

トラベルパートナー: wakame

31歳1児のママ。秋田県出身。 転勤族のため全国11箇所に住んだ経験があり、特に青森県中心に書いています。東北地方の歴史・文化・民間伝承が好き。実際に住んだからこそわかる情報を盛り込んだ記事作成を心がけています。

湯さ行くなら恐山が良いっきゃ!湯治にも良いべし

温泉マニアにも注目される温泉が、青森県むつ市にあります。その名も恐山温泉。境内の中にあり、さらには、日本でも珍しい泉質をもち効能も多くあるという、とても興味深い恐山温泉の歴史、魅力についてご紹介します。

温泉マニアが好むような秘湯

当初は恐山にお参りに来た際に身を清めるためものだったという恐山温泉。その特殊な温泉は、温泉マニアを唸らせること間違いなしです。

恐山の境内にある恐山温泉

恐山温泉は、青森県むつ市にある恐山菩提寺の境内にある温泉です。境内の真ん中にあるので、入山料を納めて境内に入れば誰でも入浴することができる温泉ですが、気が付かずに通り過ぎてしまいそうなくらい素朴なため、何も知らない観光客が覗いてしまう可能性もあり、入浴するときには注意が必要です。

参拝前に身を清めていた

現在では、温泉として親しまれている恐山温泉。昔は恐山にお参りに来た際に身を清めるために全員が入浴するというきまりがありました。新滝の湯、滝の湯、薬師の湯、花染の湯、冷抜の湯の薬湯五湯と呼ばれる5つの温泉が以前はありましたが、現在は新滝の湯は使われていません。その代わりに、宿坊にある御法の湯を加えて薬湯五湯と呼ばれています。

肌が弱い人や怪我がある人は注意

恐山全体が硫黄などの火山性ガスを絶えず吹き出す岩場。恐山温泉も強酸性の強い泉質です。病気や傷が悪化してしまう場合もあるため、肌が弱い人や皮膚病などがある人は注意してください。また、はじめて恐山温泉に浸かる人は、効能をしっかり確認した上で、様子を見ながら少しずつ体を温めるようにしてください。

恐山は日本三大霊場の一つ。地獄と極楽の体現の地

そもそも恐山とは何をさすのか、恐山に伝わる信仰や伝説など、昔から恐山が人々に畏敬の念を払われてきた理由をご紹介します。

日本三大霊山である恐山

青森県の恐山は、日本三大霊山と呼ばれる山の一つとして滋賀の比叡山、和歌山の高野山と並んで名を連ねています。そもそも恐山とは、下北半島の中央にそびえ立つ、鶏頭・地蔵・剣・大尽・小尽・北国・屏風・釜臥と呼ばれる8つの外輪山一帯のことを指します。地蔵信仰で死者を供養する場であり、水子供養に多くの人が訪れる場所となっています。

平安時代末期に、夢のお告げにより慈覚大師円仁がこの地を彷徨い、見つけたのが恐山で、地獄と極楽が入り乱れ混沌としたような景色に円仁和尚は驚かれたと伝えられています。このほかにも、下北半島むつ市の各地には、円仁和尚にまつわる伝説や言い伝えも。

恐山の冷水は、ひばの原生林から噴き出した澄んだ水で、飲めば力が漲るとも言われています。むつ市最大のお祭りである田名部祭りで踊られる盆踊りの唄である「おしまこ」の中では、恐山から流れてくる小川の水でおばあさんが若返るという歌詞が出てきます。

地元の人々の間では、「人は死んだらお山(恐山)さ行く」といわれ、昔から恐山は敬われていました。恐山は地蔵信仰や山岳信仰などの信仰の場としてだけでなく、あの世とこの世の境のような、畏れ多い場所とされています。

一面に火山性ガスが噴き出ている

恐山では、あちこちに火山性ガスが噴き出ており、その独特の硫黄の匂いが周囲を覆い、岩場に供えられた小銭は、火山性ガスにより硫化・酸化し、変色したり変形したりしています。その様子と硫黄の匂いで、少し不気味に感じるかもしれません。

イタコがいることでも有名

恐山は、イタコがいることでも有名ですが、年中いるわけではありません。夏の大祭と秋詣りの年に2回恐山に集まり、イタコの口寄せでは、死者を呼び出し話すことができると言われる口寄せを参拝者の依頼で行っています。イタコの口寄せは予約制ではなく、当日、順番待ちをする必要があり、行列は長蛇なものに。

恐山温泉の種類

恐山温泉には4つの湯が存在します。おすすめポイントと注意点と合わせてどこにある温泉なのかチェックしましょう。

硫黄臭がたちこめる薬師の湯

薬師の湯は恐山境内の中心に位置し、ただの小屋のようにも見えますが、れっきとした源泉かけ流しの温泉です。男女交代制の湯となっていますが、温泉小屋内は硫黄臭が立ち込み、中毒となる危険性があり、窓が常に解放されているため、温泉とは知らずにのぞいてくる参拝客もいるので女性は注意が必要です。

唯一の混浴温泉 花染の湯

花染の湯は宿坊の裏の見つけにくい場所にあります。恐山温泉唯一の混浴温泉で、湯船に浸かると肌が桜の花のようにパッと染まり、入浴後には若返って見えるという中国の神泉 朱砂湯のような効能がある国内唯一の温泉といわれています。

冷抜きの湯と古滝の湯

冷抜きの湯と古滝の湯は、恐山の参道の左側、薬師の湯の反対側にある2棟の木造の建物の中にあります。冷抜の湯が男湯で、古滝の湯が女湯となっているため、混浴などが気になる女性にはこの古滝の湯がおすすめです。

恐山温泉の効能

硫化水素含有酸性緑ばん泉という日本特有の泉質で、数が少なく貴重なため、温泉マニアからも注目されています。神経痛、リウマチ、胃腸病に効くほか、強酸性で殺菌力があるため、水虫やニキビなどの肌トラブルにも効くとされ、昔から湯治に使われていますが、酸性で刺激が強いため、温泉慣れしていない人は湯上り前によく洗い流すのがおすすめです。

恐山温泉へのアクセス

バスでの行き方

最寄りのJR下北駅から恐山線のバスで40分。バスは1日に4本ほどしかないため、時間を確認しておきましょう。11月~4月の間は雪のため恐山に行くための道路が完全封鎖されます。夏と秋の大祭の時期は混雑することが多いため、時間に余裕をもったスケジューリングが必要となります。

車での行き方

むつ市内・田名部から車で20分ほど。かなりくねくねした山道を行かなければならないため、運転には細心の注意が必要です。恐山街道の途中にある湧き水の冷水は、1杯飲めば10年、2杯飲めば20年、3杯飲めば死ぬまで若返ると言われている水です。

住所|〒035-0021 青森県むつ市田名部宇曽利山3-2
営業時間|6:00~18:00
定休日|11月1日~4月30日 ※雪のため閉鎖
電話|0175-22-3825
公式サイトはこちら

まとめ

温泉マニアでなくとも、ぜひ、その美肌効果などを試してみたくなるのではないでしょうか。ちょっと変わった体験がしたい、しっかり効能がある温泉に行きたい、と思われている方は、ぜひ恐山温泉を訪ねてみてください。恐山の風景を見た後に入る温泉は、心も体も若返らせてくれそうです。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ