浮島海岸で磯遊びを100倍楽しめる。伊豆にいながらココロは沖縄

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

西伊豆で磯遊びやシュノーケリングするなら浮島海岸がいいら~

海水浴やシュノーケリング、ダイビング、シーカヤックまで楽しめるのがここ浮島海岸です。青く澄んだきれいな海の中にはカラフルな熱帯魚が泳いでいて、間近で見ることもできます。そんな浮島海岸の見どころと楽しみ方をご紹介します。

透明度抜群で磯遊びに最適なスポット

浮島海岸は波が穏やかな入り江で、カラフルな熱帯魚が泳ぎ回りダイビングなどが楽しめます。特徴的な形の岩もあり見どころ盛りだくさんです。

伊豆半島にある浮島海岸は堂ヶ島と田子の間にある、景観の美しい長さ100mほどの小さな入り江です。映画「真夏の方程式」のロケ地としても有名で、波が穏やかなゴロ石の海岸が特徴。浮島海岸は海水浴やシュノーケリングが楽しめる西側海岸ポイント、奇岩の景観が楽しめる南側海岸ポイントの2つに分けられます。

ダイビングやシュノーケリングスポットとしても有名で、夏場は海水浴場として賑わいます。海岸付近には数件の民宿、旅館やペンションがあり、7月下旬から8月下旬の監視所設置期間には、海の家が1件営業しています。トイレや無料のシャワーはもちろん、駐車場もあり、歩いて2分ほどで共同浴場のしおさいの湯もあるので、快適に海水浴が楽しめます。

また南側にあるのは伊豆ジオパークのひとつに数えられている奇岩。ソラスズメダイなどが群がっていて赤や青、オレンジ色といったきれいな熱帯魚を観察することができます。

ソラスズメダイなど熱帯魚が群がる海岸

浮島海岸は洞窟の中をシュノーケリングできる場所として有名です。入り江のため波の影響が少なく、透明度抜群でシュノーケリングには最適。きれいな海の中をソラスズメダイなどの熱帯魚が泳ぎ回る様子が見られるので、まさに最高のロケーションです。

海水浴やシュノーケリングが楽しめる西側海岸ポイント

西側海岸ポイントではシュノーケリングやダイビングが楽しめます。そして神秘的な洞窟もあってその中を泳ぐこともできます。

3つのポイントをすべて制覇しよう

多くの人で賑わう西側海岸ポイントは3つに分けられて、海に向かって右側が洞窟ポイント、海岸中央が中央ポイント、左側が左岸ポイントです。快晴時の海の色は透明度の高いエメラルドグリーン。色々な熱帯魚を観察できてシュノーケリングをしながら長時間海面に浮いていられます。波も穏やかで、シュノーケリング初心者でも安心して楽しむことができるスポットです。

生物がたくさん群がる洞窟ポイント

大きな洞窟はシュノーケリングスポットとして有名で、泳いで洞窟を抜けることができます。洞窟の長さは10mほどで、そこに広がるのは神秘な光景。洞窟中央付近は影になっていて不気味さを感じますが、色々な魚やエビ、サンゴを観察できます。

水温は少し冷たく感じられて、夏場の気持ち良さは格別。洞窟を抜けると水深は3mになり大きな岩がお出迎えです。洞窟は浮島海岸の象徴で神秘さを感じるパワースポットなのです。

浮き輪やシュノーケリングで楽しむ中央ポイント

中央ポイントは海水浴ができるゴロ石の海岸で左右100mの湾になっています。サンシェードが立ち並ぶポイントで、家族連れやカップルが多いのが特徴。波は穏やかで泳ぎやすいですが、急深なので浮き輪があると沖まで出やすいです。ここでは稚魚の群れを観察できたり、石をひっくり返すとカニがいることも。

また海水浴客、ダイバー、シュノーケラーが多く点在するダイビングエントリースポットなのでダイバーには注意が必要です。海底には丸い大きな石が転がり、ウツボやカニ、タコ、大きな魚までも見ることができます。

岩が多く珍しい魚が観察できる左岸ポイント

左岸は浅瀬で海底には岩が転がっていて、珍しい魚を観察することができます。洞窟のような入口がありますが、通り抜けはできません。たくさんの魚がいてソラスズメダイなどの小魚の群れの美しさは圧巻。シュノーケリングで多くの魚と泳いだり、餌付けをすることも可能です。運がいいとタナゴの群れに遭遇することもあるので、多くのダイバーが泳いでいます。

奇岩の景観が楽しめる南側海岸ポイント

奇石がそびえ立つ景観で見ごたえがあるのが南側海岸ポイント。ここは磯遊びより景観を楽しむ場所で、外海と直結していて流れがあり、波が高く落石などの恐れもあるので海遊びには向きません。トイレ横の草むらを通りすぎる見えてきますが、目立たないので穴場中の穴場の海岸ポイントです。

多数の奇岩は、無数の岩脈によって構成された火山の根と呼ばれるもの。これはかつての海底火山のマグマの通り道である岩脈群で、伊豆半島ジオパークのひとつの観察エリアとなっています。

シーカヤックで浮島海岸を満喫する

沖まで行けるシーカヤックを利用すれば海の世界はさらに広がります。もっと海を楽しみたい方にぴったりのアクティビティです。

中央ポイントでは沖へ出られるシーカヤックに乗ることが可能です。いくつかある洞窟を朝から夕方までシーカヤックで楽しむことができます。沖に出ると大きな魚が見られたり、シュノーケリングでは会えない魚に近づけるのが魅力。海水客やダイバーがいるため、出航する際にはぶつかったり迷惑にならないように注意が必要です。

シュノーケリングで出会える熱帯魚

海の中には様々な姿形の魚が泳ぎ回っています。中にはエサを与えると近くに寄ってくる魚もいるので間近で観察することもできます。

好奇心旺盛なソラスズメダイ

人に近づいてくる好奇心旺盛な魚は別名コバルトスズメとも呼ばれるソラスズメダイ。体の上部が青色で下部が黄色という、とても色鮮やかできれいな体が特徴で海中でもすぐに目につきます。体長は7~8cmと比較的小型の魚です。

足元に寄ってくるオヤビッチャ

気付いたら足元が魚だらけになる愛嬌のある魚はオヤビッチャ。5本の黒い横縞と背中の黄色が目印で、パンやご飯粒をあげるとたくさん寄ってくるので海で一緒に遊んでいる気分になります。体長はおよそ20cmほどの魚です。

黄色が目印のチョウチョウウオ

かわいらしい口が特徴的で、きれいな黄色が目印の魚はチョウチョウウオ。模様は目を通る太い黒帯が1本とその横の白い帯が目立っていて、体側の茶色縦線が平行に走っています。警戒心が大変強いので近くで観察することは困難です。

派手さが一番ニシキベラ

ニシキベラは肉食系で貝が大好物の派手な魚。色は緑や青、オレンジなど原色をしていてとても目立ちます。眼のまわりには紅褐色の斑紋があり、体長はおよそ20cm。岩場で採取した貝を与えると、好物めがけてたくさん寄ってきます。

変わった形のダツ

ダツは泳ぎが得意な魚。英名ではニードルフィッシュ(針の魚)と呼ばれていて細長い体が特徴的です。比較的大きなサイズを観察することができますが、泳ぐのがとても速いので追いつくことは難しいです。先端が尖っていて人体に刺さり、大けがをすることもあるので十分に注意してください。

夏のみ営業する飲食店

夏季限定で営業する、いしい食堂は海遊びのオアシスです。海で遊んでお腹が空いたらしっかり食べて栄養補給しましょう。

海岸から徒歩2分のところにある、いしい食堂魚料理やカレーやラーメンなどが良心的な金額で食べられる食堂です。料理のメニューが豊富なので、ダイバーや海水客、シュノーケラーなど多くの人で賑わっています。海で遊んでお腹が空いても、すぐ近くで食べられるのはうれしいポイント。

浮島海岸へのアクセス

車でのアクセス

沼津インターチェンジで降りて、伊豆縦貫自動車道(無料区間)に乗ります。そのまま進むと国道136号に、そのまま南下していくと修善寺道路に。修善寺方面へ南下していき、国道414号と国道136号のY字に分かれるので、国道136号に乗り西伊豆方面へ向かいます。西側へ進み土肥金山を通り過ぎて海岸沿いに出て南下していき、田子南交差点で右折しそのまま道沿いに進むと到着です。

住所|〒410-3514 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2217
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0558-52-1268
公式サイト|なし

まとめ

多くの熱帯魚が観察できて、子供から大人まで楽しむことができるのがここの魅力。3つのエリアに分かれているので遊び方でエリアを選ぶと良いでしょう。熱帯魚の餌付けをする場合にはパンやご飯を持参するのがおすすめ。

近くの共同浴場で海水をきれいに洗い流せて、トイレやシャワーが無料なため夏場も安心して遊ぶことができます。海水浴、ダイビング、シュノーケリングが楽しめる浮島海岸で夏を満喫してみませんか。