奇石博物館で宝石や珍しい石を観察。子供に人気の宝石探しも

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Khloe

静岡県出身。オーストラリア、東京に住んでいました。歴史が好きなので、歴史を感じる場所を、気ままにふらっとひとりで旅をするのが好き。

石好きも、そうじゃなくても楽しめるユニークなとこだで~

静岡県の富士山を望む奇石博物館は、さまざまな工夫がなされているので子供だけでなく大人もつい時間を忘れて楽しんでしまう不思議なスポット。そんな石の博物館の魅力をご紹介しましょう。

珍しい石や化石に出会える

化石と奇石を展示している奇石博物館。どんな石が展示されているのでしょうか。

貴重な石の博物館

奇石博物館に常時展示されている石ですが、どこでも見かけられるようなものではありません。収蔵標本約17000点、展示標本約1800点と莫大な数の石を見ることができます。石、化石、パワーストーンが好きな人にはたまらない博物館になることでしょう。

展示品は定期的に入れ替えが行われており、何度行っても新しい石を見ることができリピーターでも新鮮な気持ちで楽しめます。また、普段見られないような石の数々に「これが石?」と好奇心がくすぐられ、石にまったく興味のない人もいつの間にか夢中で館内を巡っているはずです。

存在感のある恐竜のモニュメント

奇石博物館の写真撮影スポットとして人気なのが、大きな恐竜の巨大モニュメント。季節によって恐竜に変化があるので、見ているだけで子供も大人も楽しい気持ちになりますしSNS映えも狙えます。

クリスマスには赤い帽子をかぶった恐竜と一緒に写真撮影できるかもしれません。モニュメント周辺も緑が多いので、ゆっくり散策しても気持ちよく過ごせます。

子供から大人まで楽しめる

奇石博物館に展示されている石の数々は大人も驚くものばかり。子供から大人まで楽しめる館内の様子をご紹介します。

化石エリア

恐竜の化石やアンモナイトなど各時代の代表的な生き物の化石を展示してある化石エリア。教科書で見ていた生き物たちの化石が見られるので、子供だけでなく大人も興奮してしまいます。化石についての詳しい解説もあるので、楽しみながら見学できます。

奇石エリア

奇石とは普通とはちょっと違った奇妙な石のことです。普段見かけない、または初めて見るような石ばかりで驚くこと間違いなし。饅頭石、桜石、こうもり石などレアな奇石がコーナー分けされ分かりやすく展示してあります。

宝石エリア

特に子供や大人の女性に人気なのが宝石エリア。宝石の原石やカット後の石を展示しており、キラキラとキレイな宝石にため息をついてしまうはず。普段あまり見られない宝石の原石を見るチャンスです。あなたの誕生石を探して、その美しさにときめいてください。

光る石エリア

幻想的で非日常の空間を味わえるのが光る石エリア。暗闇で美しく発光する石が見せる空間は、異次元を思わせます。このエリアは来館者も多いので、あなたも実際にその雰囲気を堪能してください。

紹介の仕方、説明が面白く魅力的

奇石博物館は石の紹介も面白いことで人気。紹介に隠されている仕掛けをご紹介します。

展示に仕掛けアリ!

博物館内ではただ石を展示してあるだけでなく、思わず笑いを誘う仕掛けが盛りだくさん。展示に恐竜が掃除をしているオブジェクトがあるなど、クスッとできる仕掛けが各所に施されています。

また、石への愛情が伝わる館長も人気で人柄に惹かれて通うリピーターも多いのだとか。さまざまな工夫がほどこされているので、付き添いで来た人や石に興味がない人も楽しめます。

土日祝日限定オープン 宝石わくわく広場

奇石博物館の中でも、特に人気の高い土日限定の宝石探し。どんなイベントなのか、その概要をご案内します。

30分間の宝探し

これをしたいがために何度も来場する人がいるほどです。屋内外の水槽の中から時間内に宝石を探せるイベントなので、夢中になりすぎて服を濡らす人が続出します。参加する場合は着替えを持っていくと安心です。

1回30分と時間制限があるので子供はトイレを済ませて参加しましょう。夏は冷たい水が気持ちいいのですが、冬は寒いので室内だけの開催となります。

持ち帰りOK!

有料で体験できる宝石探しは、採った石すべて持ち帰ることができます。クリスタル、アメジスト、サファイアなど、大小44種類の石が隠れています。最後に宝石リストがもらえるので、自分が採った石が何か調べてみましょう。レアな石が採れていたときの感動は大きく、大人でもクセになってしまうかも。

石の中にはサイコロが紛れており、見つけると宝石と交換してもらえます。書いてあるアルファベットでもらえる石が違い、これを目当てに宝探しに来る人もたくさんいます。宝探し終了後には、売店で売られているガラス瓶に採った宝石を入れて自宅に飾るとキレイです。

不定期のイベントも見逃せない

奇石博物館で不定期に開催されるイベントも見もの。過去に開催されたイベントの例をご案内します。

夏休み限定イベント

夏休みには小学生を中心に、自由研究や夏休みの課題に役出つワークショップが不定期で開催されています。例えば国立博物館の教授を呼び、恐竜の進化について解説してもらえるワークショップや、普段は触れない石に触れるガイドツアーなどがあります。

バレンタイン限定イベント

ほぼ毎年開催されているのが、化石のレプリカを使ったチョコ作り。子供たちに大人気です。化石の型にはアンモナイトや三葉虫などを使用し、珍しいチョコが完成します。参加は有料で子供だけの参加はNGです。お父さんお母さんも一緒に参加して、チョコ作りを楽しみましょう。

イベントに参加すると、作ったチョコはもちろんですが化石の型も持ち帰り可能なので、自宅でも化石チョコが作れます。お友達とは違うチョコを作りたいならぜひ参加してみましょう。

奇石博物館周辺の楽しめる施設

富士山の世界文化遺産登録を機に、2017年に創立された富士山世界遺産センターは水面に映る逆さ富士をイメージしてある外観が特徴的です。館内の様子をご覧ください。

富士山世界遺産センター

館内は螺旋スロープで上階へ上がっていく作りになっているのですが、これは富士山への疑似登山体験ができるようにとの工夫です。館内のガイドが必要な場合は、スマートフォンアプリをダウンロードします。日本語音声は松岡修造さんが担当されているので、それだけで元気がもらえそうですね。

施設の中央には1/1000スケールの富士山が和紙で作られており、照明とサウンド演出で富士山の四季の移り変わりを見ることができます。館内からは富士山が眺望できるので、気温を気にせずじっくり富士山を眺めることができます。

住所|〒418-0067 静岡県富士宮市宮町5-12
営業時間|AM9:00-PM5:00(7、8月は-PM6:00)
定休日|第三火曜日
電話|0544-21-3776
公式サイトはこちら

白尾山公園

山頂から広場まで全長65mのローラースライダーが人気の白尾山公園。他にもグラウンドやアスレチック、大型複合遊具などが揃っている広大さを誇り、1日ゆっくり遊べます。

公園からも富士山が望めて展望も最高、自然が多く芝生広場もキレイに整備されているので、お弁当を持ってピクニックに行くのもいいですね。子供だけでなく、大人もじゅうぶん楽しめるスポットです。

住所|〒418-0039 静岡県富士宮市野中1103
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0544-22-1168
公式サイトはこちら

富士山本宮浅間大社

富士山を御神体として、浅間大神・木花之佐久夜毘売命が鎮まっており本殿・拝殿共に、重要文化財に指定されている富士山本宮浅間大社。全国に祀られた1300余の浅間神社の総本宮で、多くの武将たちが参拝したといわれています。

晴天の日には青空と朱色が素晴らしいコントラストを見せ、富士山もきれいに拝めます。奥に進むと澄んだ水がキレイな湧玉池もありこちらも息をのむ景色です。境内には500本の桜の樹木が植えられているので、春には花見スポットとしても人気です。

住所|〒418-0067 静岡県富士宮市宮町1-1
営業時間|AM6:00-PM7:00
定休日|無休
電話|0544-27-2002
公式サイトはこちら

富士ミルクランド

富士山のふもとに位置し、山からは一番近い牧場である富士ミルクランド。入場料は無料で、動物と触れ合えるコーナーが数か所あり、牛の乳絞り、乗馬、バター作りなどの体験もできるのでファミリーで訪れるには最高です。ドライブの休憩にも使えるので、ふらっと立ち寄るのもOK。

新鮮な牛乳で作られたソフトクリームも人気で、寒い冬でも行列ができています。園内には宿泊できるコテージがあり、ランド内で購入した乳製品や地元の野菜を、夜にはバーベキューで食べることも可能です。

住所|〒418-0103 静岡県富士宮市上井出3690番地
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|なし
電話|0544-54-3690
公式サイトはこちら

奇石博物館へのアクセス

車での行き方

469号線を西に向かい、72号線との交差点で右折し約6キロ走ると到着。新富士インターからは約25分、富士インターからだと約30分です。

住所|〒418-0111 静岡県富士宮市山宮3670
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|水曜日、12月25日-12月31日、1月21日-1月25日
電話|0544-58-3830
公式サイトはこちら

まとめ

富士山の近くへ旅行へ来たら、ぜひ立ち寄ってほしい奇石博物館。国内ではこの施設ほど石や化石を展示している施設は少ないので、思い出深い体験ができるでしょう。

特に夏休みには子供の宿題を兼ねてイベントに参加し、宝探しで涼んで楽しむのがおすすめ。周辺施設も充実しているので、富士山を眺めながらいくつかの施設を回り、家族で楽しい思い出をたくさん作って帰ってください。