ナイアガラの滝は迫力満点。自然の壮大さを肌で感じよう

トラベルパートナー: Alice

神奈川県出身。イギリス・カナダ・オーストラリア等、居住経験ある国の観光スポットをメインに紹介します。 日本以外の国への旅行回数は30回以上、親しい友人たちと一緒に。現地ではそれぞれ目当ての美術館や観光名所に分かれて一人で回ることも。

水しぶきを全身で浴びれば忘れられない思い出になる

一生に一度、ナイアガラの滝を生で見たいと思っている方も多いのではないでしょうか。何万年もかけて自然が作り出した絶景は想像以上にスケールが大きく、地球の大きさを身をもって体験できる場所です。自然の素晴らしさを肌で感じることのできるナイアガラの滝への旅を計画してみましょう。

ナイアガラの滝とは

世界中の誰もが知っているナイアガラの滝。大自然の力を肌で感じられる自然の傑作として、毎日たくさんの人たちが訪れるカナダきっての観光地です。

氷河期の最高傑作

ナイアガラの滝は約1万年前、氷河期の終わり頃に形成されたと言われています。ナイアガラの滝はその名前から一つの大きな滝をイメージしますが、実は3つの滝で形成されており、その三瀑布を合わせてナイアガラの滝と呼びます

カナダとアメリカの国境にあり、カナダ滝アメリカ滝ブライダルベール滝の3つの滝がとても迫力のある景色を作り出しています。

水量も多い夏がベストシーズンですが、寒さの厳しい冬の時期に凍った滝を見るのも迫力満点です。

写真を撮るときのおすすめスポット

一番人気のテーブル・ロック

写真撮影のスポットとして一番人気があるのがテーブル・ロックです。ナイアガラの滝観光の中心地でもあり、その名の通りカナダ滝の横にテーブルのように張り出している場所で、お土産物屋や観光案内所などもここにあります

常に轟音を響かせるカナダ滝は、ナイアガラの滝の中でも一番幅が広く水量も多いので迫力満点自然の雄大さを感じられる場所です。

テーブル・ロック・ウェルカムセンターで観光の計画を立てよう

テーブル・ロック・ウエルカムセンターには観光案内所、レストラン、ギフトショップがあります。ナイアガラの滝を訪れたのならまずはこのウエルカムセンターに立ち寄って、地図などをもらいましょう

ウエルカムセンターでは滝の近くへと行けるアトラクションがいくつか用意されています。その中でも歩いて行けるアトラクションとしておすすめなのが、ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ。水しぶきを前身に浴びてしまうほどの近さで見学ができ、さらには滝の裏側も見学できるツアーです。

住所| 6650 Niagara Pkwy, Niagara Falls, ON, カナダ
営業時間|なし
定休日|なし
電話| 1-905-358-3268
公式サイトはこちら

クルーズで滝の近くまで行ってみよう

一番人気は何と言ってもクルーズ

カナダ滝へのクルーズはテーブル・ロック・ウエルカムセンターから、南に少し歩いたところに乗船場があるホーンブロワー・ナイアガラクルーズです。当日券を購入することも可能ですが長蛇の列が予想されるので、ホームページから予め予約して行くのをおすすめします。

クルーズ船は毎年5月中旬から11月下旬くらいまで運航しており、多いときは15分間隔で出発して行きます。船には屋根のあるエリアもありますが、せっかくの機会ですからずぶ濡れになってみましょう。巻き上げられる水煙で目の前で広がり、前身ずぶ濡れになる豪快なクルーズはやはり夏がおすすめです。

絶対に濡れたくない方は、赤い雨合羽がもらえるので着用しましょう。スマホやカメラの防水対策は必須です。

虹が見られる

乗車時間20分ほどのクルーズの旅は滝のすぐ近くまで進みます。滝に近づくに連れて船の推進力が徐々に落ち、大きな船に乗っているにも関わらずカナダ滝の力強さを感じることができるでしょう。

流れ落ちる水の作る水しぶきの影響で、あちこちに虹が現れます。カナダ滝をバックに現れる虹はとても幻想的で美しい光景です。あまりの美しさに良い写真を撮ろうとする方も多いですが、カメラやスマホを落とさないように注意しましょうネックストラップなどを使うと安心して撮影できますね。

住所| 5920 Niagara Parkway Niagara Falls, Ontario, Canada
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

国境を越えて歩いて入国できる

カナダとアメリカを繋ぐレインボー・ブリッジは車でも徒歩でも、国境を超えることができます。アメリカ側からもナイアガラの滝を違う角度で楽しめ、さらにレインボー・ブリッジの上からも絶景を楽しめるので時間が許せば渡るのをおすすめします。

もちろん国境を超えて行くのでパスポートが必需品です。必ず橋の両サイドでパスポートコントロールを受けましょう。歩いて入国する場合は特別なビザなどは必要なく、一度アメリカ側に入国して数時間後に戻ることも可能です。

ナイアガラ・グレン自然保護区も絶景ポイント

ナイアガラの滝から車で約10分ほどの場所にあるのがナイアガラ・グレン自然保護区です。豊かな自然が残されている保護区は空気が澄んでおり、草木も青々と茂っている絶景ポイントで溢れています。川の色は角度によってエメラルドグリーンや深いディープブルーに色を変え、私達の目を楽しませてくれます。

川沿いを散策でき、ハイキングができる道までは鉄鋼でできた高い階段を下って行きます。高所恐怖症の方にとっては少し怖い階段かもしれませんが、下りた先には絶景が広がっているので頑張りましょう。ヒールなどは危ないので、必ず動きやすい服装と靴で出かけてくださいね。

住所| 3050 Niagara Pkwy, Niagara Falls, ON, カナダ
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし

ナイアガラの滝の周辺を散策するのもおすすめ

歴史のあるチェリー・アべニュー・ファーム

1799年から続く歴史あるファームで、日本ではあまり体験できない種類のフルーツ狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか。ナイアガラの滝からは車で25分ほどのチェリー・アベニュー・ファームでは季節によってチェリーやアプリコット、プラムなどのフルーツ狩りが楽しめます。

その場で食べ放題ではなく、取った分だけを買い取るスタイルなので食べ切れる量を箱に詰めて持ち帰りましょう。ホテルでのおやつにぴったりです。

住所| 4303 Cherry Ave, Vineland Station, ON カナダ
営業時間|なし
定休日|なし
電話| 1-905-562-5481
公式サイトはこちら

蝶観察館はインスタ映え間違いなし

ナイアガラの滝から車で15分ほどのところにある蝶観察館では温室の中で45種類、2000匹以上の美しい蝶がたくさん見られます。鮮やかな羽を持つ種類から小さな蝶々まで、様々な種類の蝶々が温室内を飛び回っています

お花の香りのするボディークリームなどを付けていると、蝶々が周辺を飛び回ってくれたり、手のひらに止まることも。インスタ映え間違い無しのスポットです。

住所| 2565 Niagara Pkwy, Niagara-on-the-Lake, ON カナダ
営業時間|なし
定休日|なし
電話| 1-905-358-0025
公式サイトはこちら

アウトレット・コレクション・アット・ナイアガラでお土産の購入を

ナイアガラの滝へ向かう準備やお土産を購入したい方は、アウトレット・コレクション・アット・ナイアガラへ出かけましょう。広大な敷地を持つアウトレットモールで、100以上の有名ブランドショップから、お手頃価格のショップまでが立ち並びます。

観光地価格ではなく地元価格で食事をしたい方は、アウトレット内のフードコートがおすすめです。

住所| 300 Taylor Rd, Niagara-on-the-Lake, ON カナダ
営業時間|なし
定休日|なし
電話| 1-905-687-6777
公式サイトはこちら

ナイアガラの滝へのアクセス

VIA鉄道

ナイアガラの滝へのアクセスは、トロント市内にあるユニオン駅から直通の快速列車が出ています。乗り換えも無しで2時間弱ととても快適な道のり。シーズンによってはいっぱいになってしまうこともあるので、事前に予約をしておきましょう。

電車とバス

ゆっくりと景色を見ながら向かいたい方は、同じくユニオン駅からレイクショア・ウエスト線に乗ってバーリントン駅へ向かいます。バーリントン駅からはナイアガラの滝行きのバスが出ているので乗り換えましょう。

電車とバスで向かう場合は2時間40分程度で到着します。ホームページでタイムスケジュールを確認してから向かうと良いでしょう。

長距離バス

ナイアガラの滝はカナダ屈指の観光地なので、トロント市内から直通の長距離バスも出ています。メガバスグレイハウンドの2種類のバスがトロント市内から出ていて、どちらもホームページから予約可能です。バスの場合は2時間程度で到着します。

住所| Niagara Falls, ON カナダ
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら

まとめ

写真や映像では感じられない本物のナイアガラの滝を見る旅に出かけましょう。目の前に広がる絶景に、しばし言葉を失ってしまうことでしょう。迫力満点のナイアガラの滝を見れば、きっと忘れられない思い出となるはず!