イタリア絶景の名所カプリ島。青の洞窟や海が生み出す美しい風景を見に行こう

イタリアを訪れたら一度は行ってみたい風光明媚な観光地カプリ島。海水の侵食でできた有名な青の洞窟は、見る人すべてを虜にする不思議な魅力にあふれています。今日は青の洞窟の楽しみ方と、他にもたくさんあるカプリ島の見どころをご紹介します。

カプリ島の絶景スポット「青の洞窟」

イタリアを訪れたら一度は行ってみたい絶景スポットとして有名なカプリ島にある青の洞窟。水面が青く鮮やかに光って見える不思議な現象はフォトジェニックにもってこいな幻想的な風景が広がります。おすすめポイントと合わせて、見るための条件をご紹介しましょう。

視界すべて青く染まる美しすぎる場所

洞窟の中に入り口からの光が差し込んで、水面が青く鮮やかに光って見える不思議な現象です。これは気象条件がそろわないと見ることができないため、運良く見られたときの感動はひとしおです。

小舟に乗って狭い洞窟の入り口を通り抜けるため、とてもスリリングな上、船頭さんによっては洞窟の内部で歌を披露してくれます。美しい歌声が洞窟内に反響し、とても雰囲気がありますよ。

青の洞窟に入る気象条件

洞窟の入り口は極端に狭く高さが低いため、残念ながら風が強い日や波が高い日は洞窟内に入ることができません。また、海の水位が上がるため高潮の時だけでなく、雨が降ると入れなくなることがほとんどです。こうなってしまうと、青の洞窟は運試しとも言えそうですね。

青の洞窟に入れる確率

イタリア観光局によると、カプリ島周辺の天候が安定する6~8月は8~9割の高確率で洞窟に入ることができるということです。逆に洞窟に入れない確率が高いのは1、2月でその期間はわずか1割程度しか洞窟を見られないのだとか。

ここはやはり、美しい青の洞窟を見るためには6~8月に行くことをおすすめします。

青の洞窟の見学方法

洞窟には陸と海から行く方法があります。海から行く場合はマリーナでツアーボートに乗船します。ボートで洞窟の入り口付近まで行き、そこから小舟に乗り換えて見学します。

また、陸から洞窟へ行く場合はアナカプリから青の洞窟行きのバスに乗り、青の洞窟のある崖の上で下車します。そして設置されている階段で崖の下まで下りて、そこから小舟に乗り換えるという方法が定番です。

青の洞窟であると便利な持ち物

これはずばり、酔い止め薬です。青の洞窟付近は観光待ちの状態で、早ければ30分程度で入れますが、混雑していると2時間程度ツアーボートや小舟の上で揺られながら待つことが多く、船酔い状態に陥ることが少なくありません。ぜひ、持って行きましょう。

次に必要なのはチップ用の小銭です。船の上で財布をあけると海に落とすことも多くて危険です。ここはあらかじめ1ユーロかそれ以上をポケットに入れておくと良いでしょう。また、チップの支払いは下船の時に渡してくださいね。

そして最後に忘れないようにしておきたいのは、カメラ用の防水バッグやビニール袋を準備しておくことです。美しい青の洞窟の写真は絶対押さえておきたいポイントですが、実際には波しぶきが高く、カメラが海水で濡れて壊れることも少なくないようです。ここは万全を期して、濡れないようにしっかり対策をしておきましょう。

カプリ島の見所

カプリ島には青の洞窟以外にも素敵な観光地がたくさんあります。合わせて周っておきたいおすすめのスポットをご紹介しましょう。

花々と水平線に囲まれるアウグスト庭園

観光客の多い中心地から少し離れて、美しい花々の咲く庭園でのんびり静かにリフレッシュできる公園です。小高い場所にあるため、周囲には目の覚めるような青い海が間近に見えて圧巻ですよ。入場料も安く、身も心もリラックスできるとっておきの場所になることでしょう。

住所|〒80076 Via Matteotti, 2, 80076 Capri NA, Italy
営業時間|AM9:00~PM7:30
定休日|なし
電話| 39 081 838 6214
公式サイトはこちら

モンテ・ソラーロの丘

標高580メートルのモンテ・ソラーロの丘はカプリ島で一番高い山として有名です。山頂までは1人乗りのリフトで約13分。バスでも行くことができますよ。

山頂からぐるりと見渡すカプリ島の景色は言葉を失うほど美しく、ぜひ見ておいて損はありません。

岩のトンネル

カプリ島一周ツアーで観光できる不思議な名所です。トンネルのようになった岩の間を船で通り抜けるときにそっとキスすると、その二人は幸せになれると言われているそうですよ。カップルで訪れる際にはぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、ここはアウグスト庭園からも小さく見えるので、公園からチェックしてみてくださいね。

緑の洞窟

緑の洞窟

エメラルドグリーンの美しい海面が楽しめる洞窟です。ここも青の洞窟にはない明るい美しさがあって、いつまでも眺めていたくなるはずです。この場所はカプリ島一周ツアーで観光できます。ツアーでは他に、珊瑚の洞窟や白の洞窟など、さまざまな色彩の洞窟を見ることができるのでおすすめですよ。

マリーナ・グランデ

カプリ島の玄関口にあるボートツアーの出発地です。停泊している大小さまざまなボートをのんびり眺めながら散歩するだけでも雰囲気があって楽しめます。海に面したレストランで、のんびりと風景を眺めながら休憩するのにもぴったりの場所ですよ。

カプリ島でオススメのお土産

せっかくカプリ島に来たのならここでしか買えないカプリ島ならではのお土産を買って帰りませんか。温かいイタリア南部に位置するカプリ島ではレモンの生産も有名なので、レモンに関するお土産も充実しています。

レモンチェッロはイタリア自慢のお酒

温かいイタリア南部ではレモンの生産が盛んで、ジューススタンドでもフレッシュなレモンジュースが外せません。そしてこのレモンの皮と実をふんだんに使ったイタリア自慢のリキュールがレモンチェッロ。爽やかで飲みやすいのでお土産にも喜ばれます。もちろん自分の分もお忘れなく。

カプリウォッチ

1900年にカプリ島で生まれた有名な時計ブランドです。華やかでカラフルなデザインたくさんあって、カップルで使うと幸せになれると言われることでも有名です。

でも、あまりにも人気なので最近は偽物がたくさん出回っていますので、購入の際にはくれぐれも気をつけてくださいね。

カプリ島へのアクセス

フェリーの利用が最適

カプリ島周辺の町から船が出ています。ナポリやソレントから船に乗るのが定番です。観光客が多いアマルフィやポジターノからも船が出ていますが、こちらは便数は少なめです。

また、船のチケットは当日でもとれますが、オフシーズンの冬などは便数が少なくなるので気をつけて。普段でも満席の場合もありますので、できればチケットは早めにとっておくことをおすすめします。

ツアーを利用する

ガイドさんのわかりやすい案内を受けながらカプリ島のワンデイツアーに参加するのもおすすめです。これらのツアーはアマルフィ、ポジターノ、ローマから出ています。ただし、ローマからカプリ島は少々遠いため、カプリ島での滞在時間が短いのがデメリットかもしれません。

スケジュールに合わせてツアーをチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。ロマンチックでスリリングな美しい景色の数々。せっかくカプリ島を訪れるのでしたら、青の洞窟や雄大なブルーの海を楽しみたいものです。カプリ島に行くなら天候の安定している夏の旅行がおすすめです。もちろん、青の洞窟に入れなくても魅力的な場所はまだまだたくさんありますので、美しいカプリ島の絶景を大いに楽しんできてくださいね。