千仏鍾乳洞で一生に一度はやりたい洞窟探検を楽しもう。周りの鍾乳洞ではケイビングもできる

この記事の情報提供者

福岡在住トラベルパートナー

福岡在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

鍾乳洞探検は、怖さ半分ワクワク半分でやめられんスリルを感じられるとよ

夏の避暑地や気軽に楽しめる探検スポットとして大人気の千仏鍾乳洞。夏場の午後ともなると駐車場に入るのも困難なほどの人気ぶりです。そんな鍾乳洞の不思議と探検前の注意点をご紹介します。これから行く予定なら、事前にチェックしてから出かけましょう!

地底に向けて大きく開いた口のよう!な千仏鍾乳洞

幾千万年という長い時間をかけて、雨水に侵食されてできた千仏鍾乳洞(せんぶつしょうにゅうどう)。地底に向けて開いた穴の中に入るという体験は、整備されたレジャー施設では味わえないスリルがあります。千仏鍾乳洞の見どころをチェックしてみましょう。

全長1キロを超えるスリル満点の地底体験

天然記念物に指定されている千仏鍾乳洞は、福岡県北九州市のカルスト台地、平尾台にある鍾乳洞です。周辺には200を超える鍾乳洞があり、見学できる場所もいくつかあるため、気軽に冒険気分が味わえるスポット。1年を通じて気温が16℃、水温14℃と一定なので、夏は涼しく冬は外気より暖かく、快適に見学できる点も魅力です。

鍾乳洞の全長は1キロを超える長さで、細くなったり低くなったりする岩場を進むのでスリル満点の地底体験ができます。入口に立つだけでもワクワクが止まらなくなります。

大石柱や大黒柱の中を進む

入口から約400mほどは、大石柱・大黒柱などの見どころが満載。足場はゴツゴツした岩ではありますが水はなく、歩きやすいので子供や高齢の方でも安心して進めます。左右、天井部分にも見どころがたくさんあるので、前ばかり向いて進んでいると見落としてしまいます。冒険している気分で、ゆっくり周囲を見渡しながら進みましょう。

やがて水の中に突入

入り口から480メートル進んだ奥の細道と呼ばれる場所からは、水の中を進まなくてはいけません。サンダルのレンタルもありますが、歩きなれたものを持参するのがベスト。短パンとタオルも必須です。更衣室もあるので、現地で着替えることも可能。

有料のコインロッカーが完備されているので手荷物がある場合は預けていきましょう。鍾乳洞では、持ち物がかなり邪魔になります。また、洞内では滑ることもあり、スマホや財布などの貴重品を水没させる人も。防水ケースに入れておくかネックストラップなどを活用して、落とさないような対策も必要です。水場は真夏でも長時間使っていると、足の感覚がマヒするほどキンキンに冷えています。

さらに暗闇の中

奥に進むとラスト200mは地獄トンネルと呼ばれ、その先には照明がありません。懐中電灯持参で挑戦するか、引き返すかはそれぞれ自由に選択できます。少し恐怖を感じるかもしれないので、無理をせず楽しみましょう。

時々天井から水滴が落ちてくることもあるので、気になる人はタオルを首筋にまいておく、帽子を被るなどの対策を。ただ、その水滴も私たちの冒険心をくすぐってくれます。

千仏鍾乳洞近辺の他の鍾乳洞も見どころ

千仏鍾乳洞周辺には、他の違った楽しみ方ができる鍾乳洞がいくつかあります。せっかく鍾乳洞探検に来たなら、できるだけ多くの鍾乳洞に入ってみましょう。

地底に下りていく感覚が味わえる牡鹿鐘乳洞

恐竜の落とし穴と言われる牡鹿鐘乳洞(おじかしょうにゅうどう)は、世界的にも珍しい垂直型の鍾乳洞。洞底までは階段で降りながら見学するのですが、下に降りている最中に帰りはここを昇るのかと考えると、下まで行くのが怖くなります。しかし、降りるごとに雰囲気が出てくるのでワクワクが止まらず、つい下まで降りて後悔することも。

階段は大変ですが、洞底から上を見上げた景色は圧巻で、アニメや映画の中に入り込んだような気分になります。階段の昇り降りが安全にできるよう、履きなれた靴で行きましょう。

住所|〒803-0186 福岡県北九州市小倉南区新道寺
営業時間|AM10:00-PM17:00 曜日、季節によって変動あり
定休日|不定休
電話|093-451-0165
公式サイト|なし

ケイビングを楽しむなら目白鍾乳洞

駐車場からすぐの場所にある目白鍾乳洞は、水場もなく公開されているのが200mと短いので、小さい子供や高齢の方でも気軽に行けるのが魅力。日本最大級の1枚岩の天井は圧巻ですし、湧き水を飲むこともできます。こちらもタオルは持っていった方がいいでしょう。

また、目白鍾乳洞は、ケイビングができることでも人気。ケイビングとは洞窟探検のことで、ヘッドライトなどの装備をつけて本格的な探検をするスポーツのことです。ケイビングをする際には、管理者への届け出が必要なので、初めて体験する場合は、体験からスタートするのがベスト。他にも初心者コースから上級者向けコースもあるので、事前に予約する際に詳細を確認してください。

住所|〒803-0180 福岡県北九州市小倉南区平尾台3丁目1-1
営業時間|AM10:00-PM17:00
定休日|不定休
電話|093-451-6315
公式サイトはこちら

鍾乳洞以外の周辺の見どころは

鍾乳洞周辺には、他にも見どころがたくさんあります。探検に満足したら、他のスポットにも立ち寄ってみましょう。1日ゆっくり遊べますよ。

自然が一杯の平尾台

千仏鍾乳洞や牡鹿鐘乳洞、目白鍾乳洞へのアクセスに便利な県道28号線からすぐの場所にあるのが平尾台自然の郷。国定公園にも指定されている平尾台は、標高400~600mほどの場所にあり、夏でも爽やかな風が吹き抜けます。避暑地としても人気で、夏場はたくさんの人で賑わいます。

宿泊施設や体験工房、植物園などがある複合施設で、季節ごとにイベントも多数開催されています。体験教室もたくさんあるので、家族みんなが満足できます。

キャンプが楽しめるエリアも

平尾台自然の郷には、キャンプが楽しめる施設もあります。車が横付け可能なテントサイトは11区画、集合型も同じく11区画、小屋付きの宿泊施設は2区画あり、温水コインシャワーや水洗トイレも完備。ログハウスタイプの丸太小屋付きサイトは、人気のため早めの予約が必要。そのほかの区画も、キャンプシーズンには大人気なので予約は早めに行ってください。

広大なキャンプサイトでは、小高い場所から草スキーを楽しむこともできます。鍾乳洞で探検し、平尾台で思う存分体を動かせば、大人も子供も自然を存分に堪能できます。キャンプサイトは日帰り利用も可能です。

施設内にはレストランや売店も

施設内には、広いファミリーレストランと軽食が楽しめるファストフード店の2店舗があり好みで選べます。無料休憩所もあるので、疲れた体をゆっくりやすめることも可能です。観光シーズンや週末には移動販売ワゴンが出店していることもあるので楽しさは倍増。

最寄りのコンビニまでは車で15分ほどかかるので、売店もかなり助かります。持ち込みもOKなので、ジュースやお菓子などは事前に購入しておくのもいいですね。

住所|〒803-0180 北九州市小倉南区平尾台1-1-1
営業時間|AM9:00-PM17:00 季節により変動あり
定休日|毎週火曜 年末年始
電話|093-452-2715
公式サイトはこちら

千仏鍾乳洞付近のグルメスポットは

鍾乳洞探検に夢中になるとお腹も空きます。千仏鍾乳洞からすぐ行けるグルメスポットも押さえておきましょう。

こだわりの地鶏の旨味がたまらない地鶏のさと ひらお

千仏鍾乳洞から車で5分の場所にある地鶏のさと ひらおは、店主こだわりの仕入れによる地鶏料理が自慢のお店。炭火で焼き上げる地鶏の美味しさはたまりません!釜めしも人気ですし、からあげもおすすめです。

テイクアウトもできるので、平尾台自然の郷でキャンプするときに持ち込んでおつまみとして食べるのもいいですね。掘りごたつ席もあり、ゆっくり食事するのにぴったりです。

住所|〒803-0180 福岡県北九州市小倉南区平尾台1-6-1
営業時間|AM11:30-PM20:00
定休日|毎週火曜日
電話|093-451-6145
公式サイト|なし

十割そばが人気 平尾台蕎麦処えん

千仏鍾乳洞から車で3分の場所にある平尾台 蕎麦処えん。十割そばがおいしいと遠方からも客が訪れる人気店なので、待ち時間に余裕を持って訪問してください。また、そばがなくなり次第終了なので、お昼を少し過ぎていたら電話で確認してから行くと安心です。

営業は、4~11月の週末と祝日のみの営業なので、そちらも注意が必要。メニューはそばだけでなく、普通サイズと小ぶりサイズのカレーなどもあるので、そばが苦手な人や物足りないという方にも安心。素朴な美味しさで誰の口にも合う味ですよ。

住所|〒803-0180 福岡県北九州市小倉南区平尾台2-8-7-1
営業時間|AM11:00-PM15:00
定休日|月~金
電話|093-452-0354
公式サイト|なし

千仏鍾乳洞へのアクセス

千仏鍾乳洞のある平尾台は、車でのアクセスが便利です。公共交通機関でも行けますが、着替えを持っていかなくてはいけないことや、帰りのことを考えても車の方がおすすめです。

車での行き方

九州自動車道小倉ICから車で約25分。千仏鍾乳洞には無料駐車スペースが100台分ありますが、当然野天なので夏に行く場合は車用のサンバイザーがあるといいでしょう。また、夏場は昼前後からかなり込み合うので、朝早い到着を目指すとスムーズに入館できます。

公共交通機関での行き方

最寄はJR日田彦山線の石原町駅下車。そこからはタクシーで行くしかないので、事前に調べて予約しておきましょう。JR日田彦山線は、現在2017年の九州豪雨の影響で添田と夜明駅の間は不通なので、JRを利用する際は最新情報をチェックして出かけてくださいね。

住所|〒803-0180 福岡県北九州市小倉南区平尾台3丁目2番1号
営業時間|AM09:00-PM17:00 曜日・季節により変動あり
定休日|なし
電話|093-451-0368
公式サイトはこちら

まとめ

自然が形成した鍾乳洞の中でも、特に見応えのある千仏鍾乳洞。探検のワクワクを味わうと共に、自然が織りなす大地の神秘を気軽に体感できるスポットでもあります。子供はもちろんのこと、大人もいつの間にか童心に戻り、夢中になること間違いなしです。

完成されたレジャースポットとは違い、足場の悪い場所もありますし、転倒などの心配もあるの、事前の準備をしっかり行い存分に楽しんでください。リピーターも多いので、あなたも一度行くと虜になるはず!暑くてヤル気の起きない季節には、ぜひリフレッシュしに探検に出かけましょう。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ
-->