忠臣蔵・赤穂浪士四十七士の故郷「赤穂城」をご存知ですか?

赤穂の47人の浪士たちが主君の仇討をする物語『忠臣蔵』。江戸城松の廊下での刃傷沙汰や、雪の中吉良邸に討ち入りに出向く浪士たちの話はよく耳にしますが、吉良に切りつけた浅野内匠頭や赤穂浪士たちの故郷について語られる機会は少ないのではないでしょうか。兵庫県赤穂市には、今も赤穂城の跡が残っています。赤穂城とはどんな城だったのか、赤穂藩とはどんな藩だったのか、歴史を紐解きながら辿ってみたいと思います。

元禄の大事件『忠臣蔵』とは?

『忠臣蔵』とは?赤穂藩と吉良上野介の関係

『忠臣蔵』とは?赤穂藩と吉良上野介の関係

image by PIXTA / 35076177

播州赤穂藩(現在の兵庫県西部)の第3代藩主浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)は幕府から、天皇の使者(勅使)の江戸での接待役を仰せつかります。
これは大変重要な役目。
様々なしきたりを守って接待しなければなりません。
儀式に詳しい役職の吉良上野介がご意見番のような形でいろいろ口利きをしてくれることになり、浅野家は吉良家に贈り物をして教えを請おうとしました。
しかし懐具合の厳しい浅野家は十分な贈り物を用意することができず、吉良の機嫌を損ねてしまいます。

難しい役目をこなさなければならない上に吉良からチクチクいじめられ、浅野氏の怒りは頂点に。
とうとう、江戸城内で吉良とすれ違った際に脇差を抜き切りかかるという大事件を起こしてしまうのです。

江戸城内で刃傷沙汰(にんじょうざた)など言語道断。
浅野氏はその場で取り押さえられ、当日切腹。
赤穂浅野家は取りつぶしということになりました。
吉良には特にお咎めなし。
このことが、赤穂藩の家臣たちに遺恨を残すこととなったのです。

赤穂城は幕府に引き渡され、家臣たちは浪人に。
赤穂藩家老の大石内蔵助(おおいしくらのすけ)は長い時間をかけながら、浅野家再興と吉良上野介の処断を実行しようと、密かに活動を始めます。
しかし再興はなりませんでした。
かくなるうえはと大石は浪士たちを集め、吉良邸に押し入って吉良上野介を切ろうと目論みます。

吉良邸討ち入りと赤穂浪士たちの最期

吉良邸討ち入りと赤穂浪士たちの最期

image by PIXTA / 4418502

浪士たちは大石を主軸として1年以上の月日をかけ、念入りに吉良邸討ち入りの準備をします。
吉良の警戒を解く意味もありましたが、何より浪士たちは吉良上野介の顔を知らなかったので、討ち取る相手の顔を確認する時間が必要だったのです。

旧暦元禄15年12月14日(1703年1月30日)、47名の赤穂浪士は吉良邸に討ち入ります。
しかし吉良は間一髪寝床から逃げ出しており、浪士たちは屋敷中をくまなく探索。
吉良を討ち取り、内匠頭の墓がある泉岳寺へ。
後日、赤穂浪士たちに切腹の沙汰が下ります。
処刑ではなく切腹。
裁定に背いて仇討を慣行した赤穂浪士たち。
助命には至らなかったものの、幕府からすれば寛大な措置をとった、ということになるのかもしれません。

主君浅野内匠頭の死から2年。
粘り強く時を待った赤穂浪士たちに、江戸の町民たちは賛辞の声を上げます。
勧善懲悪、諦めずに困難に立ち向かう浪士たちの姿は、後々、芝居の演目などに取り上げられ、語り継がれていくことになるのです。

と、これが『忠臣蔵』の大筋。
討ち入りの顛末や吉良上野介の最期などについては、いくつかの説があり、わかっていないことも多いそうですが、浪士たちは本懐を遂げ、主君の墓所の近くに手厚く葬られました。

吉良邸跡と泉岳寺

吉良邸跡と泉岳寺

image by PIXTA / 31904079

吉良を討った後、赤穂浪士たちは吉良邸から泉岳寺まで、その距離13㎞ほどを歩いて移動しています。

吉良邸があったのは、現在の東京都墨田区両国。
浪士たちが吉良を探し出すのに手間取ったと言われるところからも、かなり広大な屋敷だったと考えられています。
現在では「本所松坂町公園」という公園として屋敷の一部が保存されていますが、実際にはこの50倍以上の広さの屋敷だったのだそうです。

一方、浅野内匠頭と赤穂義士たちが眠る泉岳寺は東京都港区高輪。
広い敷地を持つ名刹です。
敷地の中には大石内蔵助の像や浪士たちに関する資料を展示した赤穂義士記念館などもあり、年に2度「赤穂義士まつり」も行われます。
浅野家と泉岳寺とのつながりは、討ち入りのおよそ60年前。
寛永の大火で焼失してしまった寺の再建に、毛利や丹羽などと共に浅野家も携わったことに始まるのだそうです。

『忠臣蔵』は数々の小説やドラマ、映画、舞台などのモチーフになっているため、吉良邸跡や泉岳寺の場所を知っている人は大勢います。
では、赤穂浪士たちの故郷、赤穂のお城については?と聞かれると、どういうお城なのかよく知らない、という人も多いのではないでしょうか。

浪士たちが命をかけてまで主君の汚名を注ぎ、再興を願った赤穂藩の城、赤穂城。
いったい、どんなお城だったのでしょうか。

赤穂浪士の故郷・赤穂城とは

室町時代に建てられた加里屋城が前身

室町時代に建てられた加里屋城が前身

image by PIXTA / 24196426

播磨国(兵庫県南西部)の西にある赤穂。
赤穂城は瀬戸内海に少し突き出た海沿い、千種川の河口付近にありました。

もともとは室町時代、応仁の乱の少し前頃に築城が始まったと見られています。
築城当時は「加里屋城(かりやじょう)」と呼ばれていました。
築城主は岡光広とありますが、史料がほとんど残っておらず、どういう人物か詳細はよくわかっていません。
ただ、播磨国は室町時代、赤松氏や山名氏など、応仁の乱の西軍方の面々の領地が多かったため、赤松氏家臣の岡豊前守である可能性が高いと思われます。
城は小高い山ではなく海城と言ってもいいような場所に建てられた平城で、瀬戸内海を行き来する船ににらみを利かせる目的があったようです。

その後、戦国時代には宇喜多氏が、関ヶ原の戦いの後は徳川家臣の池田氏が播磨国を統治。
池田輝政は姫路藩主として姫路城に入りますが、その弟・長政が赤穂領主となり、加里屋城のあった場所に赤穂城の前身となる大鷹城を築城します。
まだ当時は藩としては石高も少なく、城も小規模なものだったようです。

その3年後に、輝政の次男の忠継が領地を受け継ぐこととなり、城に堀や石垣、櫓などを造営。
忠継の弟・政綱の代になってようやく3万5000石の赤穂藩が立藩。
池田政綱は赤穂藩初代藩主となります。

池田氏乱心・赤穂城主は浅野氏へ

池田氏乱心・赤穂城主は浅野氏へ

image by PIXTA / 4418536

池田政綱の後は、さらにその弟の輝興が城主を引き継ぎますが、正保2年(1645年)3月15日、輝興が突如乱心。
正室や侍女を切り殺すという大事件が起きてしまいます。

この事件を受け、幕府の命を受けて笠間藩(現在の茨城県のあたり)から浅野長直が5万3000石で赤穂城入り。
池田氏が手掛けていた城の整備を完成させるべく、赤穂城築城工事を開始します。
さらに長直は入浜塩田法を導入して良質の塩の増産に成功。
赤穂の塩は全国的に広まっていくのです。

寛文元年(1661年)、大規模な改修工事が完了し、ようやく赤穂城が完成。
本丸の周囲を二ノ丸が星形のような不規則で複雑な形を形成しており、その外側にやはり入り組んだ形の三ノ丸が形成された珍しい形状の海平城。
本丸の横に天守台が設けられましたが、天守は造られなかったそうです。

浅野家は長直の長男で2代目藩主の長友、そしてその息子で3代目藩主となる長矩(浅野内匠頭)へ。
塩田による収益は上がっていましたが、改修された赤穂城は5万石の浅野家には負担で、台所事情はひっ迫していたとも言われています。

そして元禄14年(1701年)、長矩が江戸城で刃傷沙汰を起こし、浅野家は取り潰しとなってしまうのです。

浅野内匠頭亡き後の赤穂城

浅野内匠頭亡き後の赤穂城

image by PIXTA / 26003913

元禄14年(1701年)、浅野長矩改易(現職者の任を解き新任者を補任すること)の後に赤穂城に入ったのは下野(しもつけ・現在の栃木県のあたり)を治めていた永井直敬でした。
この翌年、浅野家旧臣たちによる吉良邸討ち入りが起こります。
浪士たちには切腹の沙汰があり、赤穂に残っていた浅野家の分家にもおとがめがありますが、完全な取りつぶしにはならなかったようです。

一方の赤穂城のほうはというと、何か不備があったわけではなさそうですが、最初から一時的な城入りの予定だったのか、永井氏が4年ほどで信濃国へ移動となり、変わって備中(現在の岡山県のあたり)西江原藩第2代藩主の森長直が2万石で赤穂城入り。
以後、13代165年に渡って赤穂城の城主は森氏が代々受け継いでいくのです。

明治時代に入り、1873年(明治6年)、廃城令が発布され、時代の流れには逆らえず赤穂城は廃城に。
赤穂城は売却され、建物は次々に壊されて、城の敷地だった場所には神社や学校などに利用されていきます。

赤穂城を史跡として整備し再建する動きが出始めたのは昭和に入ってからのことです。
1971年(昭和46年)には国の史跡に指定され、本格的な整備が始まっています。

現在の赤穂城を訪ねて

赤穂城跡を歩く

赤穂城跡を歩く

image by PIXTA / 23488969

現在の赤穂城跡は、1955年(昭和30年)に復元された大手門(一部)と大手隅櫓や、平成に入ってから整備された本丸庭園や本丸門を筆頭に、現在も少しずつ整備が進められています。

江戸時代以降、平和な時代に入ってから築かれた城ではありますが、幾重にも張り巡らされた複雑な堀や石垣など、戦にも対応できる造りになっているところが特徴です。
川沿い・海沿いという地形を活かした堀の造りは、赤穂城跡内の見どころのひとつとなっています。

城の中はどのようになっているのでしょうか。

JR播州赤穂駅から続く道を進むと、まず正面に昭和30年に復元された大手門。
堀にかかる橋を渡って城内へ入ると、そこはかつて三ノ丸だったエリアで、現在は大石神社や武家屋敷跡などが並んでいます。
大手門はさほど大きくもなく、言い換えれば非常に実用的で無駄のない造りだったのかもしれません。

道なりに進むと、二ノ丸エリアがあり、その先にさらに堀と門が見えてきます。
城内に高低差はありませんが、堀が二重三重になっていて、石垣が複雑に入り組んでいて不思議な形状。
守りが厳重な城であることが伺えます。

この門をくぐると本丸エリアです。

本丸御殿と天守台

本丸御殿と天守台

image by PIXTA / 5064204

門を抜けて本丸エリアに入ると、真ん中に池が造られ、美しい庭園が広がっています。
平成に入ってから整備された庭園ですが、2002年(平成14年)には国の名勝に指定されています。

本丸は想像以上に広く、かつてここに巨大な本丸御殿が建っていました。
残念ながら廃城時に取り壊され、一時期高等学校の敷地として使われています。
1981年(昭和56年)に学校が移転した後、発掘調査が行われましたが、本丸御殿の遺構や痕跡は発見されなかったそうです。

しかし、永井家文書という史料の中に、本丸御殿の見取り図が発見されます。
それをもとに、1989年(平成元年)より、本丸内に御殿の間取りの復元作業が行われました。
現在、本丸内の案内板にその見取り図が描かれており、さらに敷地内に原寸大の間取りが再現されています。
残念ながら本丸御殿そのものが再建されているわけではないのですが、それでも間取り内を歩けば、どれほど大きな御殿があったのか容易に想像することが可能です。

本丸の先にある石垣が天守台で、高さは9mほど。
上に上がってあたりを見渡すことができるようになっています。
立派な天守台ですが、この上に天守が建てられたことは一度もないのです。
築城当時は5層天守を設ける計画があったらしいのですが、幕府の許可が下りなかったとも伝わっています。

あわせて巡りたい!赤穂城跡周辺の見どころとは

あわせて巡りたい!赤穂城跡周辺の見どころとは

image by PIXTA / 35726158

赤穂城跡の周辺にも、赤穂城や赤穂藩のことがわかる施設や史跡があります。

まず訪れたいのが、城跡のすぐそばにある「赤穂市立歴史博物館」。
「塩と義士の館」とも呼ばれている、赤穂の郷土資料を多数展示した資料館です。

「赤穂の塩」「赤穂城と城下町」「赤穂義士」「旧赤穂上水道」の4つのテーマに分かれた展示を行っており、特に赤穂城模型は見ごたえあり。
赤穂城の全体像や堀の仕組みなどがよくわかります。
お城をより理解するためなら、先にこちらを見ておいた方がよいかもしれません。

赤穂城跡とあわせて巡りたいスポットがもうひとつ。
赤穂城から少しJR駅のほうへ歩いたところにある「花岳寺」という大きなお寺にも、浅野内匠頭長矩や赤穂義士のお墓があります。
敷地の中には赤穂義士の宝物館もあり、中には大石が吉良にとどめを刺したとされる短刀など貴重な品々を展示。
また、1735年から少しずつ70年ほどかけて作られたという義士たちの木像を展示した義士木像堂も見ごたえがあります。

こちらは、元禄の大事件が起きる前から、もともと浅野家の菩提寺だったそうで、東京の泉岳寺とは特に繋がりは無いようです。
しかしどちらも同じ”岳”という字がつくところから、不思議な縁を感じさせるとして、赤穂浪士を忍ぶ観光客にも人気のあるスポットとなっています。

堀や石垣は見ごたえあり!きっとまた行きたくなる赤穂城

歩いてみると、復元された門や櫓はどれも美しく、石垣や堀もきれいに整備されていて、とにかく丁寧に作業が進められていることがわかります。
今後、もしかしたら本丸御殿の再建や模擬天守の建設などの計画が持ち上がるかもしれませんが、今のままで、訪れる人たちがそれぞれ頭の中で赤穂城を想像するだけでも、十分楽しめるような気がしました。
浅野内匠頭と赤穂浪士たちのふるさと、赤穂城。
ゆかりの場所というと東京・泉岳寺が有名ですが、赤穂城にもまたいずれ足を運んでみたいと思います。
photo by PIXTA